2017/10/19

観光協会が「東浦おだいちゃん検定」を企画中。

観光協会が、来年の町制施行70周年を記念して「東浦おだいちゃん検定」の実施を企画しています。東浦には多くのすばらしい歴史や文化の資源があります。これらの「宝」を郷土の皆さんに再認識していただき、次の世代にしっかり伝え引き継いでいくことが、みんなが愛し誇れるふるさとづくりにつながっていくとの想いからこの企画が生まれました。

来年7月22日(日)に予定している本検定に先駆けて、今年の産業まつり(11月11日(土)・12日(日)に開催)のふるさとガイド協会のコーナーで「プレ検定(全10問)」を実施します。
歴史・文化・習慣・産業(村木砦、緒川城、八巻古窯、だんつく、巨峰ぶどう、ミニトマト、自動車部品・・・)など幅広い分野からの出題になりそうです。乞うご期待!

Kankoukyoukai3_odaichankentei0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/18

旬の置物

Dsc09040_360x800町長室の入り口に、時折、季節を感じさせてくれるようなものを誰かが気を利かせて置いてくれたりします。今は、自然環境学習の森で実った栗が置いてあります。

夏にはペンギンが涼んでいたり、年末になるとトナカイが来たりします。結構にぎやかなのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/17

「防災講演会・・・大震災からの復興と課題」 のご案内

東浦町から復興支援のために職員を派遣していた岩手県大船渡市の戸田公明市長をお招きして、東日本大震災に際して、どう対応し、いかに復興を進めてきたか、また未曾有の体験を通じて得たこと、これからの課題などについて、全体を俯瞰するトップの立場からお話しをいただきます。
将来災害が懸念される、この地域に住む一人一人として、ぜひ関心を持って聴いていただきたいお話しになると思います。

Bousaikouenkai20171024

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/16

平成29年度 住民懇談会 のご案内

平成29年度住民懇談会のテーマは、「子育て・子育ち」です。

日頃、子育てをされている保護者の皆さんや、子育てに関心がある方、皆さんの「生の声」をお聴かせください。アットホームは雰囲気で気軽に意見交換をできればと考えています。

お子さんと一緒に参加していただくことや、託児も可能です。

   日時                 開催場所
 10月21日(土)10時~11時半  うららん(総合子育て支援センター)
 11月14日(火)10時~11時半  緒川新田保育園
 11月15日(水)10時~11時半  藤江児童館
 11月27日(月)10時~11時半  森岡児童館

詳しくは、
http://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/gyosei/kocho/kondankai/1506304988338.html
をご覧ください。

29juuminkondankai20171021

| | コメント (0) | トラックバック (0)

県庁界隈

金曜日は、愛知県町村会の理事会に出席のため官庁街の一角にある自治センターへ。町村長と県の連絡会議のようなものです。

22467450_1883211515027772_330693872
自治センターの7階には愛知県公文書館が入っていて「旅」をテーマに展覧会を開いていました。

 22449990_1883211851694405_621498731 22519627_1883212101694380_488350258

官庁街のすぐ隣のブロックでは、「鉄道工事中」の看板が。リニア中央新幹線のトンネルが大深度でこの下を通ります。

Dsc09124_1024x768

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/15

今年は栗の当たり年?

うちの栗がたくさん採れたのでほくほくの栗ごはん。

Dsc09119_800x600

栗を生のままスライスにして食べてみると、歯応えがあって結構甘いのでした。

Dsc09127_800x600
 

季節は違うけど、夏ホヤの冷凍を戻してお刺身で。こちらは先日宮城県で買ってきたものです。特にお酒と一緒に、たまらないのが海のパイナップル「ホヤ」。大好物なのです。
ただ、時間がたつと苦味が出てきます。

Dsc09104_800x600

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/14

空模様が心配だった中、生路ンピックを開催。

朝方雨が上がって、生路区と生路小学校の合同体育祭「生路ンピック」が無事開催されました。この陰には、準備の方たちの見えない苦労があったんだと思います。

 Dsc09141_500x375 Dsc09150_800x602
           Dsc09156_500x375

運動場に砂を入れている方たちはもちろん、ベランダの照る照る坊主君たちの活躍もあったかも。

 Dsc09140_800x600 Dsc09147_800x600

 

雨上がりの酢橘。今年は豊作。柿もそろそろです。

 Dsc09133_800x600 Dsc09160_800x600

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/13

ヘルプカードを配布しています。

「ヘルプカード」って、何?

障がいのある人には、自ら「困った」となかなか伝えられない人がいます。
「ヘルプカード」は、障がいのある人が普段から身につけておくことで、緊急時や災害時、困った際に周囲の配慮や手助けをお願いするきっかけをつくるカードです。

 障がいのある人が困っていたら・・・

 「どうしましたか?」と声をかけてください。
 相手に伝わっているか確かめながらゆっくり話しましょう。
 ヘルプカードの裏面に手助けしてほしい内容が記載されています。

利用御希望の方は役場福祉課にお問い合わせください。

詳しくは、
http://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/kenko_iryo/hukushi/shogai/shogaishafukushi/1505348940551.html
をご覧ください。

Helpcard2017koho0915

以前、自分は、2005年度 愛知県 ひとにやさしいまちづくり連続講座を受講したことがあります。この時のグループワーク(Aグループでした)では、「やさしさを広めたい・・・なにかサインがあれば!」をテーマに「手助けしたい!サイン」の普及を提言しました。「サポートが必要!サイン」とは、逆のパターンですね。この手のサインはまだ普及していないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/12

夜の図書館でビブリオパーティ・・・など、出会いづくりのイベントがいっぱい!

 
20~45歳の本が好きな独身の方へ
「夜の図書館でビブリオパーティー」へのお誘いです。
解禁されたばかりのボジョレーヌーボーを飲みながら、お話ししませんか♪
お気に入りの本が結ぶ、素敵な出会いに乾杯!

11月25日(土)17時~21時、中央図書館にて。

詳しくは、
http://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/tosyokan/event/1505441701322.html
をご覧ください。申し込みが必要です。

※参加対象
 男性は、知多半島、刈谷市、高浜市に在住、在勤の方
 女性は、地域を問わず全国どこでも

Biblioparty20171125poster2

 

こちらは、ビブリオパーティーに先立つ10月21日(土)19時に、ルグランジュール(イオンモール東浦エンジョイライフ館1F)で開催予定の「ハッピーハロウィンパーティー」です。
対象は、25歳から45歳までの独身男性(東浦に在住または在勤)と独身女性(地域問わず)。
ハロウィンという異文化について、パーティー形式で楽しみながら学びましょう。
せっかく男女が集まるパーティーなのでカップリングも行います。カップリングに成功したお二人には、ルグランジュールフルコース無料チケットをプレゼントします。

詳しくは、
http://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/kanko_bunka/event/1507004695697.html
をご覧ください。事前申し込みが必要です。

Happyhalloweenparty20171021poster

 

さらに、12月3日(日)11時からは、緒川コミュニティセンターで、「一流シェフ直伝!婚活フルコース」と題して、ルグランジュール料理長によるクリスマス料理教室を開催します。共同作業を楽しみながら料理を学び、出来上がったものを一緒にいただきましょう。
対象は、25歳から45歳までの独身男性(東浦に在住または在勤)と独身女性(地域問わず)。11月8日から募集を開始します。

 

12月24日(日)18時からは、ルグランジュールにて、「実践!!クリスマスパーティでパーティーマナー講座」と題して、クリスマスパーティーを行いながらビュッフェや立食でのパーティーマナーを学ぶ講座を開催します。
対象は、25歳から45歳までの独身男性(東浦に在住または在勤)と独身女性(地域問わず)。11月24日から募集を開始します。

 

さらに、さらに、
来年の2月10日(土)18時からは、商工会青年部が「50対50 Go→婚 in 東浦」と題して、25歳から49歳の未婚の男女各50人(先着順)を対象に婚活事業を計画中です。

10月、11月、12月、そして来年2月と、これから東浦は出会いづくりのイベントがいっぱいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/11

東浦町太陽光発電設備の設置に関する指導要綱を制定

現在、住民の方々による反対運動が起きている、町内における太陽光発電設備の設置への対応ですが、森林保全を念頭におき、近隣住民と開発事業者の相互の理解を求めていくような条例制定を検討しています。しかしながら、関連法令に抵触せず、かつ、町内の工場立地など、他の土地利用を必要以上に阻害することなく、太陽光発電設備の設置に一定の制限を効果的に発揮する条文の作成に苦慮しているところです。したがって、条例制定については、もう少し時間をかけて慎重に検討してまいります。

これまで本町は、町として許認可権限を持たない中で、個人の財産権を尊重しながらも、住民の住環境と町の自然環境を守る観点も必要であるとの見地から、反対住民と太陽光発電設備設置事業者双方とかかわりを持ってきました。これらの一連の行政としての対応と事務手続きについては、必要な事項を太陽光発電設備の設置に関する要綱として定め、条例が制定されるまでの間、行政の対応と事務手続きの拠り所としていきます。

要綱の内容等については、東浦町ホームページをご覧ください。
http://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/oshirase/1507183587025.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/10

衆議院選挙が公示されました。投票日は10月22日。

衆議院議員総選挙が公示され、選挙戦が始まりました。

衆議院選挙は「小選挙区比例代表並立制」で、有権者一人が2票を持ち、小選挙区では候補者名を、比例代表では政党名を投票用紙に記入し投票します。

東浦町を含む知多半島4市5町(東海市、知多市、半田市、常滑市、東浦町、阿久比町、武豊町、美浜町、南知多町)は、小選挙区では愛知8区に属し、3人の候補者が立候補しました。候補者氏名は立候補届け出順です。このうち一人が投票によって選ばれます。

   候補者氏名            年齢   党派   当選回数
  長友 忠弘 (ながとも ただひろ)  58歳  日本共産党  0回
  伴野 豊 (ばんの ゆたか)     56歳  無所属     5回
  伊藤 忠彦 (いとう ただひこ)   53歳  自由民主党  3回

比例代表では、愛知県、岐阜県、三重県、静岡県は、東海ブロックに属し、8つの政党から84人の候補者が立候補しています。このうち21人が当選します。

全国では、小選挙区289人、比例代表176人の計465人が選挙で選ばれて衆議院議員となります。
また、衆議院選挙と同時に最高裁判所裁判官国民審査も行われます。

満18歳以上の国民は選挙権を持ちます。選挙権は、よりよい社会づくりに参加するための大切な権利です。
選挙に行かずにボヤいても全く意味がありません。一人一人が大切な選挙権を行使して、選良を国会に送り込み、日本の未来を選び取っていく責任を自覚しなければなりません。選挙には必ず行きましょう。

投票日は10月22日(日曜日)です。投票日に投票できない場合のために、期日前投票や不在者投票などの制度もあります。

 
衆議院選挙に関するニュース、立候補者、政党の公約などについては、各メディアをご覧ください。下記以外にもネット上で見ることができます。
  http://www.chunichi.co.jp/senkyo/shuin2017/
  http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2017/?from=ycnav2
  https://mainichi.jp/senkyo/48shu/
  https://www.nikkei.com/2017shuin/
  http://www3.nhk.or.jp/news/word/0000409.html
  https://seiji.yahoo.co.jp/senkyo/

各政党のホームページ等(東海ブロックの届け出順)は、以下をご覧ください。
  http://cdp-japan.jp/(立憲民主党)
  http://www.jcp.or.jp/(日本共産党)
  https://hr-party.jp/senkyo/shuin2017/(幸福実現党)
  https://kibounotou.jp/(希望の党)
  http://www5.sdp.or.jp/(社会民主党)
  https://special.jimin.jp/(自由民主党)
  https://www.komei.or.jp/campaign/shuin2017/(公明党)
  https://o-ishin.jp/(日本維新の会)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/09

東浦若者会議の参加者を募集しています。

東浦町では、これまでとかく地域社会への参加の機会が少ないと言われてきた若い世代「若者」の意見を、これから創り上げていく総合計画(行政運営の総合的な指針となる計画)に反映し、20年後も住み続けたいと思えるまちをつくるために、「若者会議」を開催します。

対象年齢は16歳から29歳。20年後には36歳から49歳になる世代の方たちに、ぜひ、皆さんが考える住み良いまちづくりについて提案いただき、町の将来の計画づくり積極的にご参加いただきたいと思います。

詳しくは、
http://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/oshirase/1505958766207.html
をご覧ください。

Wakamonokaigi20171028a

Wakamonokaigi20171028b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/08

文化協会の広報誌

文化協会の広報誌が発行されました。
今年は創立35周年。会長さんの書かれた文章です。

松本藩水野家の歴史についても併せてお読みください。

Bunkakyoukai20170915kaichou

Bunkakyoukai20170915mizunoke

※先月の広報ひがしうらとともに全戸配布されたものの抜粋です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/07

支え合いの地域づくりフォーラム・・・5年後10年後のまちづくりを!

一般の方にも広くご参加いただき、住民同士支え合える地域をつくるには私たち地域に住む者がどうしたらよいのか考える機会にしたいと、東浦町、社会福祉協議会、ボランティアグループにじの共催とNPO法人 絆の協力で、ご近所福祉クリエーター酒井保さんをお招きして講演会を開催しました。
ありがたいことに、最近、地域の住民の皆さんが、自分たちのできることを持ち寄って、さまざまな活動をしてくださるようになってきました。そんななかで、地域で取り組みを始めつつある3つのチームにも出演したいただいて、会場の皆さんも含めて本音トークができればと思います。
酒井さんがおっしゃるように、支え合いは一方通行では成り立ちません。支える人が居れば必ず支えられる人もいる。支える側だけの押し付けではいけませんし、そもそも100%支えるだけのヒト、100%支えられるだけの人もいません。人は必ず何かできることがあります。そんなできることを互いに出し合って、足らないところを補い合える、暖かい地域を築いていきたいものです。

Dsc08448_800x599

Dsc08453_800x600

Dsc08464_800x600

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/06

第18回 介護保険推進全国サミットinいわぬま へ行ってきました。

眼下に黄金色の水田が広がっています。この海岸線が津波に呑み込まれたのは6年半前のことでした。

Dsc08124_800x600
 
宮城県岩沼市は復興のトップランナーと言われています。その岩沼市で開催された介護保険推進全国サミットに参加しました。テーマは『地域共生社会へ向けて ―環境や人づくりによる「地域包括ケアシステム」の推進―』です。

Dsc_6511_800x600
 
“地域共生社会の実現を目指す地域づくりとは”と題したパネルディスカッションでは、亀井俊克 名張市長から、名張市では平成15年に「全ての市民の社会参加がかなう互助共生のまち」を掲げ、市内14地域に対する補助金を使途自由な一括交付金化、区長制度を廃止し基礎的コミュニティからなる地域づくり組織に整理、平成24年には各地区の地域ビジョンを策定、各地区で防犯・防災・子育て・教育・環境美化・観光などの取り組みをしており、市としても「まちの保健室」「名張版ネウボラ」「教福連携」などに取り組んでいるとのお話しがありました。

 Dsc_6515_800x600 Dsc08138_800x600

 
震災復興過程における取組の報告会では、菊地啓夫 岩沼市長と伊丹市、福岡市、雲南市から派遣され復興事業に携わった3名の行政職員から、それぞれの分野における復興の考え方と実際について報告がありました。2~3年の長期派遣で腰を据えて地域住民とともに復興に携わる多くの自治体職員ががんばっています。

 Dsc08157_800x601 Dsc08162_800x600

 
分科会では、“地域住民との協働でつくる地域福祉のあるべきサービス像”を考えるパネルディスカッションで、坂本昭文 前鳥取県南部町長、吉岡初浩 愛知県高浜市長、松本武洋 埼玉県和光市長のお話しを聴くことができました。コミュニティケア会議やネウボラなどの取り組みで知られる和光市では、自治会の組織率が4割。地域の結びつきが弱く、地域の人同士が知り合うきっかけのない中で、地区社協のイベントが意味を持つ。市長自身も団地のまつりから地域に興味を持つようになったと仰っていました。

Dsc08176_800x600_2
 
特別講演では、39歳でアルツハイマー型認知症と診断され、職場の理解を得て現在も自動車ディーラーに勤務されている丹野智文さんから、薬の副作用のことや、社長の顔も忘れる状態の中で職場で仕事の段取りを忘れないための工夫など、当事者でなければわからない日々の様子を聴くことができました。会場からの「感動したので是非岩手県でも講演してほしい」との声に対して、丹野さんが「話すことによって自分も救われる。だから、地元の当事者の方にお話ししてもらうのが一番良い。地元で話してくれる人を見つけ出すことが大切。」と答えられたのを聴いて、私もさらに感動しました。

来年の介護保険推進全国サミットは、愛知県の長久手市で開催されます。ころばぬ先の杖(開催地を受け継ぐバトンのようなもの)を受け取った吉田一平 長久手市長は、「何でもお金で解決するまちから、『たつせがあるまち』に変えていく。早くキチンと白黒つける役所文化から、だいたい、ほどほど、まあまあ、てきとう、多様性を認めて共生していくことが大事。」と挨拶されました。

 Dsc08190_800x600 Dsc08195_800x598
 Dsc08197_800x600 Dsc08198_800x600

 
帰り掛けに、東日本大震災で特に甚大な被害を受けた6地区の集団移転先として新たにまちづくりが進められた玉浦西地区、復旧された海岸堤防、復旧された貞山掘の河川堤防、嵩上げ道路、千年希望の丘を巡って、空港へと向かいました。岩沼市の津波対策の考え方は、高台移転ではなく、地域コミュニティを重視し同じ旧村内で少し内陸に入った水田地帯に大型店舗を含む20ha、300戸以上の新たな市街地をつくり、+7.2mの海岸堤防、+3.7mの河川堤防、+5m程度の嵩上げ道路などの堤と、ガレキを積んで造った+11m程の15基の丘により津波を和らげる減災、多重防御です。

Dsc08235_800x600

Dsc08276_800x600

Dsc08261_800x600

Dsc08333_800x596

Dsc08370_800x600

Dsc08394_800x600

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/10/05

美しい愛知づくり講演会2017 in 東浦 のご案内

愛知県・東浦町の共催で、「美しいまちづくり講演会2017 in 東浦」を開催します。

小松尚 名古屋大学大学院准教授 と 海道清信 名城大学教授 に講師をお願いし、美しいまちづくりの重要性についてお話ししていただく予定です。
お2人には、東浦町の景観行政にも関わっていただいています。海道先生には景観ワークショップの立ち上げ時からお世話になっており、現在は景観まちづくり委員会の委員長として、景観重点地区のあり方を議論していただいています。小松先生には個別の案件を審議する景観審議会の委員をお願いしています。
これからのまちづくりに景観の概念を取り入れていくことの重要性や、東浦町における景観まちづくりの考え方、他市町村の事例などについてわかりやすくお話ししていただけると思います。

10月25日(水)13:30~16:50 文化センターにて

どなたでも参加できます。

講演① 「人口減少時代の建築、そして景観」
名古屋大学大学院准教授 小松尚氏

講演② 「景観と風景を活かすまちへ ―東浦町の取り組みを中心に― 」
名城大学教授 海道清信氏

Utsukushiiaichidzukuri20171025a

Utsukushiiaichidzukuri20171025b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/04

老人クラブが2年続けて全国表彰を受けました。

緒川の老人クラブ「緒川東楽会」が、昨年、積極的な活動が認められ全国老人クラブ連合会の活動賞(世代間交流活動)を受賞しました。

今年も、緒川新田の老人クラブ「緒川新田万栄会」が全国老人クラブ連合会の活動賞(ボランティア活動)を受賞しました。「さつまいも掘り関連事業」「山神社および児童館・老人憩いの家周辺の美化清掃事業」「県道沿いの花壇の植栽と除草作業」など、地域の支え合い活動や奉仕活動が他の模範となるような先進的な取り組みとして認められました。2年続けて、同じ町の老人クラブが表彰されるのは珍しいことです。

緒川新田万栄会会長の橋本力信さんと東浦町老人クラブ連合会の水野広春さんが、9月26日に表彰を受けて、その足でさっそく町長室を訪ねてくださいました。
橋本さんは「子や孫にとってかけがえのない故郷になるよう、この地区は私たち老人会が守るといった強い気持ちをもってボランティア活動をしています。今回、活動賞を頂いたことで、日々頑張ってきたことが報われた気がしました。年をとっても褒められると嬉しいもの。まだまだ課題はあるが工夫して頑張っていきたいです」と活動への熱い思いを語ってくださいました。

Baneikai_hyousyou_20170926_800x530
いま、老人クラブの活動が変わりつつあると思います。
老人なんだから何かをしてもらって当たり前といった、受け身の姿勢から、地域の支え合いの輪の中で、地域に対して何ができるかという姿勢に変わってきているのを感じます。自分たち自身が主体的に地域社会に働きかけることによって、存在感や遣り甲斐につながっていくものと信じます。

10月16日(月)13時半からは、文化センターで講演会の企画もあるそうです。

Rc_am_kouen20171016

講演会のテーマは、アンガーマネジメント。先日の小石川傳通院でのお彼岸の法話でも、「イスラエルには、人の性格を知るには『酒(酔っ払った時の言動)と財布(お金の使い方)と怒り方』ということわざがある」と聞きました。徳川家康は「堪忍は、無事、長久の基(もとい)」と言ったそうです。「怒りのピークは6秒間。これをやり過ごして、怒りをコントロールしよう。」というお話しがありました。

先日のシルバーフェスタでは、各地区の老人クラブが積極的に参加し、活動紹介や勧誘のチラシを配っていました。

60歳からと言っても、昔と違ってとても若返っています!!
老人クラブという名称を変えていこうという議論もされているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/03

「東浦町家庭系ごみ減量化実施計画(案)」への意見募集

ごみの減量化に向けた基本的な考え方や今後の取り組みなどを「東浦町家庭系ごみ減量化実施計画( 案)」にまとめました。本計画の策定にあたり、皆さんからの意見を募集します。

●意見募集期間
 9月22 日(金)~10月23日(月)

●公表場所 
 環境課、本庁舎1階ロビー、町ホームページ
 ※詳細な条件は町ホームページをご覧ください。

●提出方法
 住所、氏名(法人・団体の場合は所在地、名称、代表者氏名)、意見を
 任意様式に記入のうえ、ファックス、メール、郵送(消印有効)、
 または直接問い合わせ先へ

●意見への対応
 後日、提出いただいた意見と町の考えを窓口と町ホームページで公表します。

●問い合わせ
 環境課 0562-83-9756 内線283
 ankyo@town.aichi-higashiura.lg.jp
 〒470-2192
 東浦町緒川政所20 まで。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「東浦町家庭系ごみ減量化実施計画(案)」
http://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/ikkrwebBrowse/material/files/group/27/yuryoukakeikakuann.pdf

 
■背景及び目的
 東浦町では、家庭からのごみの排出量の抑制、限りある資源の有効利用のため、昭和54年6月から資源ごみの分別回収を町内全域で開始し、その後、今日まで収集品目の見直しを重ねてきました。本町の取り組みの他にも小売店では、マイバッグ運動やレジ袋の有料化などにより、ごみの排出抑制、減量化を図ってきた結果、家庭からのごみの排出量は、減少傾向にあります。
 しかしながら、家庭から排出されたごみを可燃ごみと不燃ごみに分けると、不燃ごみの総量は着実に減少の一方、可燃ごみの総量は人口の増加に比例し、増加傾向にあります。このことから、今後は可燃ごみの減量に特に対策が必要と考えます。
 また、本計画の目的は、「ごみの減量化」、「住民負担の公平性の確保」及び「財政負担の軽減」です。本町では今後、上記の目的を達成するために、可燃ごみの排出量を現状より20%削減することを目標に、ごみの減量を進めていきます。

■町の考え方
 現在、家庭から排出されたごみの収集運搬及び処理に掛かる経費は、その全額を住民税で賄っています。この制度ではごみの排出量に応じた個々の費用負担でないため、環境に配慮し、ごみ減量化に努力している住民に不公平感が生じ、ごみ減量に対する意欲を削ぐリスクを含んでいます。
 本町の一般廃棄物は、東浦町、大府市、豊明市及び阿久比町で構成する東部知多衛生組合のクリーンセンターで処理をしていますが、クリーンセンターのごみ処理施設は、竣工から25年以上経過し、老朽化していることから、東部知多衛生組合では新たなごみ処理施設の建設を進めており、この費用を含むごみ処理経費は、今後増大していくことは避けられません。
 このような状況を踏まえ、本町では、「ごみの減量化」、「住民負担の公平性の確保」及び「財政負担の軽減」を目的として、ごみの排出量に比例した受益者負担の在り方を見直し、ごみ処理経費の一部を指定ごみ袋に課金することを骨子とした「東浦町家庭系ごみ減量化実施計画(案)」を策定しました。

詳しくは、
http://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/gyosei/kocho/public_comment/ichiran/1505206256945.html
をご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/02

ちた北部健康経営会議に出席しました。

大府市役所ホールで、ちた北部健康経営会議が開催されました。地域の企業における健康経営の取り組みなどを紹介する、勤労者の健康づくりの実践的な情報交換の場です。今年2月にあいち健康経営会議が開催され、その地域版第1号として、知多北部(大府市・東浦町、東海市・知多市)で開かれることになりました。地方自治体は地域で健康施策を展開していますが、企業経営の中でどんな健康施策が行われているかは詳しくありません。
東浦町では、これまで、健康診断に力を入れるとともに、あいち健康プラザとともに健康づくり教室、高齢者を中心とした健康体操などに積極的に取り組んできました。地域においては高齢者は健康に関心がありますが、一方で若い世代ほど関心が低くなる傾向があります。東浦町では平成27年度から、住民が自分自身のために自覚的に健康管理をすすめられるよう「高齢者いきいきマイレージ」を始めました。2年目の平成28年度には60歳以上人口の10%を超える人たちが参加するようになりました。来年からは、19歳以上に対象を広げようと考えています。
健康施策は本来全年齢が対象ですが、乳幼児、保育園、学校、勤労世代にあっては、企業、社会保険、国民健康保険、そして高齢者と、それぞれ実施主体や予算が分かれています。これらがお互いに、施策や想いを共有し、切れ目なく連携してくことはとても重要です。

会議では、大府市、東浦町、あいち健康の森の取り組み紹介や、地元企業の事例発表、スギ薬局やタニタの健康支援などの紹介がありました。地元の中小企業にも、ラジオ体操、運動プログラム、インフルエンザ予防接種助成、マスク配布、保健指導の勧奨、給料封筒に啓発メッセージなど、会社をあげた健康づくりの取り組みで表彰を受けているところがあります。
あいち健康の森では、健康づくり教室が企業の社員旅行として使われる例もあるそうです。

Dsc08087_800x600

Dsc08094_800x600_2

Dsc08099_800x600

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/01

「支え合いの地域づくりフォーラム」 のご案内

ふだんの暮らしの困りごと。

地域みんなが自分の「できること」で支えあう。

そんな支えあいのある地域をつくっていくにはどうしたらいいのか。

5年後、10年後の自分のため、みんなのため、私たちに何ができるのか、今後の暮らしについて一緒に考えてみませんか?

 
 日時: 2017年10月7日(土) 13時30分から16時まで

 場所: 文化センター ホール

 対象: どなたでも

 定員: 200名

 費用: 無料

 講師: 酒井保さん(ご近所福祉クリエーター)

 申込: 申込不要
      直接会場にお越しください。

詳しくは、http://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/oshirase/1504689333843.html
をご覧ください。

Sasaeai2chiikidzukurif20171007

講師の酒井保さんは、1961年広島生まれ。知的障害者施設、社会福祉協議会、認知症グループホームなどの施設長を経て、2014年に「ご近所福祉クリエーション」を創設。ご近所福祉クリエーターとして、全国各地で講演をされています。著書の「『見守り活動』から『見守られ活動』へ ~住民暦書とエゴマップのすすめ~」では、「『支える』と『支えられる』が相まって『支え合い』」「『自立』とは『できない』を『支えてもらうこと』」と説いています。
講演では、地域で芽生え始めた住民による取り組みをご紹介し、住民一人一人が自分たちでできることを考えるきっかけにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すっかり秋めいて・・・

急に涼しくなりました。栗が熟して落ち始め、銀杏もたわわに実ってきました。

 Dsc_6504_800x600 Dsc_6500_800x600

 
半田市制80周年。記念式典は、祝辞と功労者の表彰といった簡素なものでした。
その一方で、新幹線の車内販売の弁当に山車まつりの広告を入れているとのこと。シティプロモーションを忘れていません。亀崎の潮干祭り、赤レンガ建物、半六邸、半田運河、新美南吉生誕地、矢勝川の彼岸花、そして来週末は、はんだ山車まつりなど、見どころを整えて、人が訪れるまちづくりを着々と進めています。

 Dsc08058_800x600 Dsc08060_800x600

 
南ヶ丘コミュニティまつり。新しくできた住宅地だけあって、さすが若い家族が多いし、子どもたちで賑やか。
ちょうど自治会から要望をいただいていた、ごみステーション内のごみボックスの増設が決まったところです。
東浦町では、総合計画づくりが始まります。若い方たちも、まちづくりに自分事として積極的に関わっていただきたいと願っています。

 Dsc08066_640x480 Dsc08068_500x375
 Dsc08072_800x600 Dsc08074_640x480

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/30

サイエンスの秋! あいちサイエンスフェスティバルが開催されます。 山本尚名古屋大学名誉教授の一般向け講演も。

地域科学祭『あいちサイエンスフェティバル2017』が開催されています。

10月9日(月・祝)14時からは、名古屋大学で、
講演会「分子をつなぐキューピット!? 触媒が広げた化学の世界」
が開催されます。講師は、山本尚 名古屋大学名誉教授です。山本先生は、ルイス酸触媒による不斉合成を手掛けて来られた有機合成化学の権威で、ノーベル賞候補とも言われています。

講演の前、13時からは、中高生向けの「触媒のちから~光る分子合成実験」 のデモンストレーションもあります。いずれも名古屋大学にて。

Aichisciencefestival20171009l

Aichisciencefestival20171009e

 

市民と専門家との対話イベント! サイエンストーク も県内各地で開催されます。
スケジュールは以下の通りです。

D7c2569c2ce282d8863a52eeeacee7f0

※連続講座ではないので、1回ずつの参加が可能です。(申込不要、各回30名)
 開催時間は18:30~20:00(一部変更あり)、会場は会によって異なります。
 各イベントページをご確認ください。

10/06(金) 図書館サイエンス夜話~シリーズ"宇宙"~第一夜「月から読み解く太陽系の歴史」鶴舞中央図書館)
        ゲスト:
諸田智克講師(名古屋大学大学院環境学研究科)

10/11(水) 「おもしろレオロジー:どろどろ/ぐにゃぐにゃ物質の科学」文化系飲食店「ボクモ」)
        ゲスト:増渕雄一(名古屋大学大学院工学研究科教授)

10/16(月) 「遺伝子からみるがん研究の最先端」三井住友銀行 SMBCパーク 栄)
        ゲスト:近藤豊(名古屋大学大学院医学系研究科教授)

10/18(水) 「素粒子物理の実験屋が、視覚障がい児の科学教育に関わる理由」文化系飲食店「ボクモ」)
        ゲスト:児玉康一(愛知教育大学教授)

10/19(木) 図書館サイエンス夜話~シリーズ"宇宙"~第二夜「世界最大のプラネタリウムをつくる」鶴舞中央図書館)
        ゲスト:毛利勝廣(名古屋市科学館主任学芸員)

10/20(金) サイエンスコミュニケーター~生命科学を伝える仕事」三井住友銀行 SMBCパーク 栄)
        ゲスト:工藤光子(立教大学理学部特任准教授)

10/23(月) 「[バイオカフェinなごや]新たな品種改良法「ゲノム編集」とは?~健康によいキャノーラ油の作出をモデルとして」」三井住友銀行 SMBCパーク 栄)
        ゲスト:奥崎文子(玉川大学農学部准教授)

10/26(木) 図書館サイエンス夜話~シリーズ"宇宙"~第三夜「超小型衛星で切り開く宇宙フロンティア」鶴舞中央図書館)
        ゲスト:田島宏康(名古屋大学宇宙地球環境研究所教授)

10/30(月) 「自分をだます、触れる触覚」(Cafe&Bar Perms(パームス))
        ゲスト:岡本正吾(名古屋大学大学院工学研究科講師)

11/01(水) 「なぜ家族介護者は共依存に陥りやすいのか?~手を抜けと言われるのが辛い心理」文化系飲食店「ボクモ」)
        ゲスト:堀容子(一般社団法人ハッピーネット代表理事)

11/02(木) 「科学報道に求められるもの」Cafe&Bar Perms(パームス)
        ゲスト:辻篤子(名古屋大学国際機構特任教授/元・朝日新聞論説委員)

11/06(月) 「まちを育てる「アート」と「サイエンス」の力~「アルスエレクトロニカ」。ヨーロッパの小さな町の大きな挑戦」7th cafe
        ゲスト:鷲尾和彦(株式会社博報堂 クリエイティブ・プロデューサー)

11/10(金) 「神経難病・認知症の克服に向けた医学と社会の連携」三井住友銀行 SMBCパーク 栄)
        ゲスト:勝野雅央(名古屋大学大学院医学系研究科教授)

11/15(水) 「なぜ社会は右と左に別れるのか?分断の計算社会科学」文化系飲食店「ボクモ」)
        ゲスト:笹原和俊(名古屋大学大学院情報学研究科助教)

11/17(金) 「ダイアモンドで創る超高圧力の世界~沈む氷。目の前に広がる100万気圧の世界~」Cafe&Bar Perms(パームス)
        ゲスト:長谷川正(名古屋大学大学院工学研究科教授)

 

あいちサイエンスフェスティバルは、愛知県全域および周辺地域で開催する地域科学祭です。この地域にサイエンスやものづくりを気軽に楽しむ文化を育むため、大学や科学館・博物館等でつくる「あいちサイエンス・コミュニケーション・ネットワーク」の連携で開催しています。事務局は名古屋大学に置かれています。
一般の団体や有志もネットワークを通じてサイエンスイベントを告知するなど、サイエンスフェスティバルに参加することができるそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/29

「ショートムービー制作講座」 の参加者を募集しています

映画を手作りしてみませんか!
スマホで動画撮影、ドローンで撮影、編集など、映画製作の流れを学び、映画製作に挑戦するシリーズものの講座です。

21752270_1130900280375511_81472257521740323_1130900443708828_10977606321751763_1130900360375503_896944326

日時: 10月21日(土)、11月4日(土)、11月25日(土)、12月16日(土)、
     平成30年1月13日(土)、2月3日(土)、2月24日(土)、3月24日(土)
     の全8回

場所: なないろ(総合ボランティアセンター)にて
     ただし、10月21日と12月16日は緒川コミュニティセンター、
     11月25日は勤労福祉会館、1月13日は未定

対象: 東浦町に興味のある方
     (途中参加可能ですが、応募者多数の場合は全日程参加できる方を優先)

定員: 10名程度

参加費: 無料

講師: 名古屋市文化振興事業団芸術文化アドバイザー 水谷イズル氏
     元名古屋テレビ映像ディレクター(東浦町出身) 外山進一氏
     知多メディアスネットワーク㈱ 加藤嘉章氏

申込み: 10月17日(火)までに、「ショートムービー制作講座参加希望」の件名で、
       氏名、年齢、性別、住所、電話番号、メールアドレスを記入のうえ、
       下記問合せ先へ

問合せ: ひがしうら映画プロジェクト代表 村松愛子
        090-1752-1888
        higashiura.eiga2017@gmail.com
        https://www.facebook.com/higashiura.eiga.pro/
      又は、
       なないろ(総合ボランティアセンター)
        0562-51-7697

※この事業は平成29年度東浦町パートナーシップ推進補助金を受けて、ひがしうら映画プロジェクトが主催しています。

ひがしうら映画プロジェクトについて、詳しくは、
https://www.facebook.com/higashiura.eiga.pro/をご覧ください。以下、FBページからの引用です。

ひがしうら映画プロジェクトとは・・・
私たちが住む東浦町では平成 30 年に東浦町制 70 周年を迎えます。70周年のお祝いに、今回は「行政主導ではなく住民が主体となるコトをやりたい」その想いがこのプロジェクトの始まりです。ひとりひとりの個性が生かせるもので、単世代やコミュニティの繋がりだけではなく、多様化した交流が生まれ、継続的に繋がり・・そして後世まで語り継がれるような「コト」は何だろう・・・?と考え、辿り着いたのが「映画を作りたい!」という発想でした。現在、私たちのメンバーに「プロ」は居ません。しかし、「想いつづけること」「行動し続けるこ
と」で奇跡が起こせるかもしれません。どうかご支援・ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

プロジェクトの 2 年目に当たる本年度では「ショートムービー制作講座」を行います。
まずは一緒に講座に参加してみませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/28

第43回 東浦マラソン大会 の参加ご案内

第43回 ひがしうらマラソン を12月17日(日)にあいち健康の森公園で開催します。

全国から多数の皆さんの参加をお待ちいたしております。毎年4000人近くの参加があります。参加申し込みは10月5日(木)までです。

応募方法、コース等、詳しくは、
http://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/kanko_bunka/sports/1454930918161.html
をご覧ください。

Higashiuramarathon20171217a

Higashiuramarathon20171217b

 
過去の東浦マラソンの様子です。

 第42回(平成28年)
 http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2016/12/42-918d.html

 第41回(平成27年)
 http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2015/12/post-ca1b.html

 第40回(平成26年)
 http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2014/12/40-2e46.html

 第39回(平成25年)
 http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2013/12/post-dd02.html

 第38回(平成24年)
 http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2012/12/post-2258.html

 第37回(平成23年)
 http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2011/12/37-02f9.html
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/27

うのはな館の企画展「生路村の新田開発」 のご案内

江戸時代後期、新田開発のブームがありました。
須賀村(現:愛西市)の浅野勘左衛門が、生路村で着手した大規模な開発もその一つでした。成功すれば一攫千金。
しかし、そこに思わぬ事態が…。愛西市と東浦町双方に残る古文書からその顛末を探ります。

10月8日(日)まで、うのはな館(郷土資料館)にて。

Unohana20170909shindenkaihatsu

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/09/26

9月定例議会(平成29年第3回定例会)が閉会しました。

平成29年9月定例議会が終わりました。平成28年度決算の認定をはじめ、行政から提案したすべての案件は可決・認定されました。その他に、議員からの発議・意見書案が4件、提出されました。

 
 [条例・補正予算・その他]

①教育委員会委員の選任(野田雅代氏の再任)
②損害賠償の額の決定及び和解の報告(サイドミラー同士が接触,町の損害賠償額 約1.8万円)
③平成28年度健全化判断比率及び資金不足比率の報告(財政再建団体に陥らないよう警告する国の指標、東浦町を含め近隣の市町村はすべて基準をクリア)
④平成29年度一般会計補正予算(第2号)の専決処分の承認(法人住民税の還付)
⑤職員定数条例の一部改正(保育士の増員のため、町長部局を334から372人に、総計を391から429人に変更)
⑥文化広場条例の一部改正(テニスコート増設のため、ゲートボールコートを廃止)
⑦生きがい活動支援通所条例の廃止(手数料条例から「ひだまり」を削除)
⑧平成29年度一般会計補正予算(第3号)(地方交付税の確定、新庁舎建設基金の積み増し、固定資産税等返還補助金の計上など)
⑨平成29年度国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)(繰越金、療養給付費交付金等返還金の確定など)
⑩平成29年度後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)(広域連合納付金の確定)
⑪町道路線の廃止(イオンモールの増床に伴い、イオンモール内の路線を短縮)

⑤は、0~2歳児の保育が急増する中、正規保育士の増員をするため。
⑦で「ひだまり」を廃止したのち、全年齢を対象とした食事も提供できる居場所の試行を考えています。
上記議案は、すべて全会一致で可決されました。

 
 [決算認定]

①平成28年度一般会計決算の認定(歳入約151億円、歳出約146億円)
②平成28年度国民健康保険事業特別会計決算の認定(歳入約55.4億円、歳出約51.8億円)
③平成28度土地取得特別会計決算の認定(歳入・歳出約73.7万円)
④平成28年度後期高齢者医療特別会計決算の認定(歳入約5.71億円、歳出約5.70億円)
⑤平成28年度下水道事業特別会計決算の認定(歳入約14.5億円、歳出約14.5億円)
⑥平成28年度水道事業会計決算の認定(純利益約1.69億円)

①②は共産党(2)を除く賛成多数(13:2)で、他の議案は全会一致で認定されました。

 
 [発議・請願・意見書]

①議会のあり方検討特別委員会の設置
②北朝鮮による弾道ミサイル発射及び核実験に抗議する決議
③定数改善計画の早期策定・実施と義務教育費国庫負担制度の堅持及び拡充を求める意見書

④道路整備予算の確保及び道路整備に係る補助率等のかさ上げ措置の継続を求める意見書

①は公明党(2)を除く賛成多数(13:2)で、他の議案は全会一致で可決されました。

 ※本会議での審議結果については、http://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/ikkrwebBrowse/material/files/group/43/H29.9.26kojinnbetsu.pdf
をご覧ください。

 

以下、決算内容についての補足です。

平成28年度一般会計決算は、歳入総額151億4084万円余り、歳出総額145億9973万円余りとなりました。
収支については、歳入歳出差引額から翌年度へ繰り越すべき財源を差し引いた実質収支額は、5億1399万円余りの黒字決算となっています。この実質収支額のうち2億5700万円を財政調整基金へ積み立てました。
前年度に比べ、歳入では3.1%の増、歳出では5.0%の増となっています。この主な要因は、歳入においては繰入金、ふるさと寄附金の増など、歳出においてはふるさと寄附事業費、高齢者福祉対策事業費、および防災事業費の増などによるものです。
一般会計および特別会計では、町債残高が約184億円(前年度末)から177億円に減少、基金残高が約32.5億円(前年度末)から約39.5億円に増加。また、財政力指数は0.96(前年度)から0.96、経常収支比率は83.9(前年度)から85.5となってます。

国民健康保険事業特別会計決算は、歳入総額55億4224万円余り、歳出総額51億8042万円余りで、差し引き3億6181万円余りの黒字となっています。

土地取得特別会計は、歳入、歳出ともに総額73万円余りでした。

後期高齢者医療特別会計は、歳入総額5億7059万円余り、歳出総額5億6968万円余りで、差し引き91万円余りの黒字決算でした。

下水道事業特別会計は、歳入総額14億4947万円余り、歳出総額14億4884万円余りで、差し引き9万円余りの黒字決算でした。

水道事業会計は、収益的収支では、事業収益10億1249万円余り、事業費用8億2767万円余りで、純利益が1億6915万円余りとなりました。増益については、平成26年度からの会計基準の見直しの影響による、現金収入を伴わない会計処理上の利益であり、水道事業の経営を資金面で好転させるものではありません。
資本的収支では、資本的収入3869万円余り、資本的支出2億6318万円余りでした。
今後の水道事業経営において、人口減少や節水機器普及により水需要の伸びは期待できません。また、既存の水道施設を健全に維持、更新していくことが課題となっています。このように営業収益が伸びない中、量水器の修理・再利用、高性能・低コストな配水管の選定、長期国債による資金運用などで、収支の改善に取り組んでいるところです。

議会の決算審議では、執行について特に大きな問題点の指摘はありませんでした。しかしながら、さらなる行財政改革と人づくりを継続的に進めるべきとの声をいただきました。また、この一年間に具体的にどんな改善をしてどれだけの効果を上げられたのかを問う質問がありました。当然のことですが、節目毎に行った改善と得られた効果について各部署で振り返ってまとめておく必要があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/25

「共に学ぶ多文化共生講座」 のご案内

外国人との関わりにおいては、必ずしも語学が堪能でなくてもお手伝いできることは沢山あります。多文化共生に向けて私たちに「できること」を考えましょう!

国籍に関係なく豊かに暮らせるお手伝いは誰にもできます。
語学に堪能でなくても大丈夫。
「多文化共生って何だろう?」「どうやってお手伝いすればよいの?」
こんな疑問について一緒に考え、東浦町の多文化共生の現状や身近に潜む言葉のハードルなどについて学びます。

場所: 10月15日(日)、10月22日(日)、10月29日(日)、11月5日(日)、11月19日(日)
     全5回、各10時~12時

場所: 勤労福祉会館

対象: 地域の住む外国人のサポートや多文化共生、日本語学習ボランティアに
     興味がある高校生以上の方
     ※外国語能力は不問、外国人も参加可

定員: 20名(先着順)

受講料: 無料

講師: 名古屋大学国際言語センター特任教授 鈴木崇夫氏

コーディネーター: 日本語教室「にほんごひろば」
             日本語教育コーディネーター 松本美紀氏

申込み: 9月25日(月)から10月10日(火)までにFAX、メール、郵送にて。
      託児は、9月29日(金)までにご相談ください。

詳しくは、
http://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/soshiki/kyodosuishin/kyodosuishin/gyomu/koryu/multiculturalsociety/1452566343989.html
をご覧ください。

Tabunkakyousei20171015a

Tabunkakyousei20171015b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/24

大府市 福祉・健康フェア に出席

毎年この時期に、大府市の福祉・健康フェアにお招きいただいています。
大府市と東浦町は、久しくはウェルネスバレー、最近ではオレンジタウン構想などで共に深く関わり合いを持っています。大府市は、健康都市を掲げ、福祉、健康づくりにさまざまな先進的な取り組みをしています。最近では、認知症に対する不安のないまちづくりを推進するということで、全国に先駆けて、理念条例を制定し、認知症にやさしいまちづくりに向けて一歩前に踏み出そうとしているところです。今ちょうど条例案がパブリックコメントにかかっています。東浦町も(良きライバルとして)大府市の施策を参考にしながら切磋琢磨していきたいものです。
大府市の健康づくりと福祉のますますの発展と、市民の皆様のご健康とご多幸をお祈りすると同時に、今後とも両市町が互いにポジティブな影響を与え続けることを願っています。

 21764824_1864240116924912_845363899 21766590_1864240140258243_135315383

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/23

傳通院の彼岸会に行ってきました。

観光協会の方たちと、小石川の傳通院に行ってきました。お彼岸の法要に出席するためです。

Dsc_6458_800x600
朝、出がけに隣りのお宅の土手を見ると、ちょうど彼岸花が咲いていました。この植物の体内カレンダーは、いったいどうなっているんだろう?とつくづく感心します。
おもしろいのは、彼岸花(曼珠沙華ともいいます)は、バナナと同じく3倍体(染色体が3本)なので種子では増えずに、球根の株別れで増えていきます。ですから、もともと植えてない場所に生えることはなく、みんな同じ遺伝子を持っています。
球根はリコリンなどのアルカロイドを含んでいるため有毒。そのため、田畑を荒らす生き物を防ぐ目的で、土手や畔などに植えられたのではないかと考えられます。ただし、これらのアルカロイドは水溶性なので、飢饉の時には水にさらして食用にしたそうです。

さて、東京の話しに戻ります。
一緒に行った中には東浦のふるさとガイドボランティアをされている方もいます。少し早めに出かけて、文京区観光協会のガイドの方にモデルコースを案内していただきました。駒込駅に集合、六義園、富士神社、吉祥寺、東洋大学を通って、都営三田線の白山駅に至るコースです。

 Dsc07921_400x300 Dsc07928_800x600
 Dsc07994_800x599 Dsc08013_800x600

 
六義園(りくぎえん)は、5代将軍綱吉の側用人だった川越藩主 柳沢吉保が自らの下屋敷に紀州の和歌浦をモチーフにして1702年に整備した面積8.8haの回遊式庭園です。明治になって荒れていた庭園を三菱の創始者 岩崎弥太郎が買い取り、再整備。その後、東京市に寄付され、一般公開されるようになりました。
藤代峠と呼ばれる高台に上がると、周りはビルに囲まれているのがわかりますが、園内にはケヤキやクスやエノキの大木が沢山あって、池畔に立つと周囲の喧騒から隔絶された別世界に居るような感覚です。

Dsc_6461_800x600

Dsc07940_800x600

 
諏訪山吉祥寺は、もともと現在の水道橋駅あたりにあったそうですが、明暦の大火で門前町とともに焼け出され、寺は現在の駒込に移転、門前町は現在の武蔵野市吉祥寺(中央線吉祥寺駅付近)に移転しました。その後、東京大空襲で大伽藍のほとんどを焼失し、当時の建物としては、山門と経蔵が残っています。境内には広大な墓地があり、南町奉行を務めた鳥居耀蔵や、幕末から明治期にかけて活躍した榎本武揚や赤松則良が葬られています。

Dsc07996_800x600

Dsc08009_800x600

 
さてさて、傳通院ですが、正式名称を「無量山傳通院壽経寺」と言います。もともと近くにあった壽経寺を再興し、1602年に江戸の地に埋葬してほしいという遺言を残し75歳で京都伏見で亡くなった於大の方の菩提寺として建立されました。傳通院というのは於大の方の法号(戒名)「傳通院殿蓉誉光岳智香大禅定尼」からとったものです。
傳通院では、観光協会長をはじめ観光協会関係者、商工会事務局長、役場商工振興課職員とともに、傳通院殿(於大の方)のお墓にお参りし、お彼岸の法要に出席しました。彼岸会では、本尊の阿弥陀如来の前で焼香をさせていただき、法会に集まった檀信徒の皆さんの前でご東浦町を代表してご挨拶をさせていただきました。
麻生貫主をはじめ傳通院の皆さんには毎年欠かさず於大まつりにご参加いただいています。東浦町からも毎年お訪ねして、このご縁を末永く深めていきたいと思います。

Dsc08015_800x600

Dsc08018_800x600

Dsc08016_800x600

Dsc08028_800x600

最後に、法話でいただいたお話しの一部をご紹介します。
イスラエルには、人の性格を知るには「酒(酔っ払った時の言動)と財布(お金の使い方)と怒り方」ということわざがあるそうです。家康公は「堪忍は、無事、長久の基(もとい)」と言ったそうです。怒りのピークは6秒間。これをやり過ごして、自らの人格を貶めないようにした方が良いようです。
また、人に話しをするときには、「難しいことを易しく、易しいことを深く、深いことを面白く」話しなさいとのことでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/22

愛知駅伝の代表候補選手を募集しています

平成29年度「第12回愛知県市町村対抗駅伝競走大会」が、12月2日(土)に、モリコロパークで開催されます。

10月7日(土)に、東浦町代表選手の第3回選考会を開催します。あなたも東浦町チームの一員として走ってみませんか?

●募集選手
 小学生(男・女)、中学生(男・女)、ジュニア(男・女)、一般(男・女)、40歳以上(男女不問)
 ※ジュニア、一般、40歳以上の年齢制限については、問い合わせてください。

●第3回 代表候補選手選考会
 ・日時: 10月7日(土) 午前9時~11時
 ・場所: あいち健康の森公園 いのちの池 ジョギングロード
 ・申し込み: 10月4日(水)までに問い合わせ先へ(ファックス申込可・電話申込不可)
 ※申込書は町体育館と町内小中学校で配布または町ホームページからダウンロードできます。

●選考方法
 選考会の記録と各種大会の成績をもとに、各区間2名を東浦町の代表候補選手とします。
 なお、選出された方は、10月下旬~11月の合同練習会に参加していただきます。
 詳細は選考会後ご連絡します。

●問い合わせ
 東浦町役場スポーツ課(町内体育館)
  ℡: 0562-83-8333、0562-84-2203

募集について、詳しくは、以下をご覧ください。
http://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/kanko_bunka/sports/1454930918332.html

これまでの愛知県市町村対抗駅伝大会の結果(つれづれログの記事から)
 平成23年度 第6回大会
 平成24年度 第7回大会
 平成25年度 第8回大会
 平成26年度 第9回大会
 平成27年度 第10回大会
 平成28年度 第11回大会

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«秋の全国交通安全運動