2018/04/18

アチェメックの森ワークショップのお知らせ

以下の案内をいただきました。
あいち小児保健医療総合センター敷地内の里山で竹林整備の活動をするイベントです。

 <アチェメックの森ワークショップのお知らせ>

アチェメックの森の竹林に今年も筍の季節がやってきました。...
今回もタケノコや野草のてんぷらなど、春の森の恵みをみんなで楽しく味わいたいと思います。
その他、竹林の手入れ体験や、春の昆虫採集など、緑萌えるアチェメックの森を思う存分体感しましょう。
ご家族、お友達をお誘い合わせのうえ、ご参加ください。事前申し込みは不要です。

日時: 2018年4月22日(日) 10:00 集合

場所: あいち小児保健医療総合センター 竹林近くの駐車場(地図参照)

プログラム: 10:00 集合・オリエンテーション
        10:30 恒例:春の野草摘みと筍掘り・昆虫採集
         (みんなで竹の食器づくりや筍掘り、天ぷらにする野草摘みをします)
        12:30 昼食交流会
         (筍料理・春の野草てんぷら等を囲んでの楽しい交流会です)
        13:30 竹林の手入れ・散策路づくり・昆虫採集など
        15:00 後片づけの後解散

持ち物: 作業のできる服装・軍手・飲み物・弁当(おにぎり程度)
お持ちの方は、ノコギリ・剪定ばさみなどの竹林管理道具、スコップなどの筍掘り道具、
昆虫採集をされる方は捕虫網・虫かごなどをお持ち下さい。

その他: 参加費(大人500円・子ども無料 ボランティア保険料含む)
小雨決行(判断に迷う場合は、下記のいずれかの連絡先にお問い合わせ下さい。ただし当日午前7:00以降の問い合わせとしてください。)
     真弓090-9186-2666  篠原090-3855-2547

Achemec20180422a

Achemec20180422b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/17

Ready for 2019? 新たな自分にこのまちで出会う・・・東浦町職員募集!

今年度の新規採用職員募集のポスターが出来上がりました。

新採募集のポスターを作製するようになって、4年目。
 

1年目は、ちょっとスタイリッシュに! Posterrecruit20150501
 

2年目は、若い力でやりがいをもって楽しく! Posterrecruit20160524
 

3年目は、よっしゃ、みんなで化学反応を起こすぞ~! Posterrecruit20170501
 

今年は、今の殻を破って新たな自分を試す準備はできてるか! Poster_h30saiyo_2
 

今の自分を越えて、まちづくりに情熱を燃やす新たな自分に出会うイメージです。

Poster_h30saiyo_3
 

咲き誇れ!・・・今年から保育士募集のポスターも加わりました。

Poster_h30hoikushisaiyo
 

充実した「保育士 LIFE」のためのパンフレットもあります。フレッシュな保育士7人が、保育士を目指す皆さんに向けて、「仕事の実情や東浦町で働く楽しみを知ってもらいたい」という思いを込めてつくりました。

Hoikushi_saiyou2018pan1

Hoikushi_saiyou2018pan2
 

職員採用試験案内」「受験者のみなさんへ~先輩の声~」など、詳しくはhttp://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/gyosei/saiyo/index.htmlをご覧ください。
事務職と保育士の採用試験は、人物重視で選考するため、筆記試験を行いません。

※職員募集の動画も作成中です。昨年度は県の広報コンクールで表彰を受けました。乞うご期待!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/16

於大のみちの夜桜

今年は、沿道に竹灯篭が並びました。桜を照らす光も明るく感じます。

Dsc04669_800x600

Dsc04674_800x600

Dsc04678_800x600_2

Dsc04683_800x600

Dsc04690_800x600

Dsc04703_800x600

Dsc04713_800x600

Dsc04714_800x600

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/15

於大のみちの八重桜

明徳寺川沿いの八重桜がちょうど見ごろを迎え、いまにわかに散り始めました。あと一週間、於大まつりまでもってほしいのですが、ちょっと難しそうです。

Dsc04628_800x600

Dsc04633_800x600

Dsc04638_800x599

Dsc04657_800x451

Dsc04647_800x600

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/14

自然環境学習の森で草刈り

今日は一日公務なし。久しぶりに自然環境学習の森で草刈り作業をしました。新緑の季節になって草木も次第に元気が出てきました。草を刈るべきところは今のうちに叩いておかないと後が大変です。
ということで、今日は、ササやクズやセイタカアワダチソウが伸びてきた土手と、アシやガマやオギが生える湿地を担当しました。ワラビはちょっと手加減して刈残しておきました。田んぼの畔草を刈るメンバーもいます。隠れていた小さな生き物たちも表舞台にデビューです。

30727638_989498547869856_1621262386

Dsc04620_800x600

Dsc04611_800x600

 Dsc04571_800x600 Dsc04594_649x490
  てんとう虫の幼虫たち          アマガエルとナゴヤダルマかなあ
            Dsc04603_800x600_2
 

今日は、たまたま、水辺の会以外にも、於大まつり前夜祭の追い込みに忙しい竹灯篭の会自然観察会の参加者も混じって、とても賑やかな里山でした。

Dsc04586_300x225_2             水辺の会はミーティングの後で草刈り作業

Dsc04577_800x600             竹灯篭の会はLEDランタンの電池チェック

Dsc04580_800x600             自然観察会の人たちもいて今日は賑やか

自然観察会の今年のスケジュールです。町内のいろんな場所でいろんな時期のいろんな生きものと出会えます。自然の旬を楽しみましょう。子どもたちにとっても良い経験になると思います。

Shizenkansatsukai2018a_2

Shizenkansatsukai2018b_2

 

イタドリやセリなど刈ってしまうような雑草でも、若葉のうちなら、ちょっと湯掻いてお浸しや浅漬け、てんぷらなどでおいしくいただけます。

 Dsc04621_800x600 Dsc04622_800x600

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/13

「東浦おだいちゃん検定」を実施します。

東浦町観光協会が主催する「おだいちゃん検定」。

東浦の歴史や文化の知識量をチェックします。中には難問もありそうです。力試しをしてみませんか。

検定は、7月22日(日) 10時~11時、勤労福祉会館にて。
受験料は500円。

5月20日(日)には、検定のための勉強会を開催します。しっかり傾向と対策を授けます。

詳しくは、http://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/oshirase/1522831798751.htmlをご覧ください。

Odaichankentei20180722

Odaichankentei20180722a

Odaichankentei20180722b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/12

総会のシーズンです。うのはな館ではふるさとガイド協会、文化センターでは更生保護女性会。

新年度に入って各種団体の総会が続いています。一昨日はふるさとガイド協会と更生保護女性会、昨日は石浜老人クラブの総会に出席しました。

 

Dsc04532_800x600
ふるさとガイド協会は、発足10周年の比較的新しいボランティア団体です。町の補助金は交付しておらず、会員約40名の会費と社会福祉協議会からの若干の助成金、ふるさと散歩の参加費、オリジナル絵葉書の販売代金などを活動資金として、例年20回のオーダーメイドのふるさとガイド(約2000名参加)、例年8回の定期ふるさと散歩(約300名参加)の他にも、市民向け歴史講座、小中学校での地域学習支援、文化財消防訓練や清掃活動への参加、郷土の歴史や文化に関する出版物の発行、そして今年度は観光協会と協力して「東浦おだいちゃん検定」まで敢行してしまう、とてもアクティブな団体なのです。
私は、日頃の活動への感謝と、新たなメンバーの参加を積極的に募って世代を通じて持続的に活動を発展されることを祈念して、10周年の祝辞を述べさせていただきました。4月・5月のふるさと散歩のスケジュールをいただきましたので添えておきます。

Hurusatoguide2018a

Hurusatoguide2018b

 
ふるさとガイド協会の総会が開かれた郷土資料館(うのはな館)では、今、天白遺跡の出土品の復元作業が続けられています。膨大な出土品の中から、同じエリアで出土した土器の破片を一つ一つ照合して、(セメダインCで)接着していきます。ジグゾーパズルよりはるかに大変な、気の遠くなるような作業です。

Dsc04534_800x600
乾坤院の火災で焼失した堅雄堂の1/10模型と、屋根の宝珠瓦の復元が完成しました。宝珠瓦は、現場に残っていた瓦の破片に、質感の似た樹脂を接合して元の形に復元したものです。建物の模型に約450万円、宝珠瓦の復元に約90万円を要しました。

 Dsc04519_800x600 Dsc04516_600x800_5

 

更生保護女性会の総会では、会の活動の一つである「フイルムフォーラム」がきっかけとなって、会長さんたちが中心となり地域のボランティアで立ち上げたこども食堂「はるたま」の活動報告がありました。私も、更生保護女性会の広報紙の祝文の中で、会の活動から派生した新しい取り組みについて少しだけ触れさせていただきました。

            皆さんの多様な活動に期待

 更生保護女性会の活動は、犯罪を犯した人の更生と社会復帰、青少年の健全育成、子育ての支援を3つの柱としています。この中で、会の名称の由来ともなっている罪を犯した人の更生と社会復帰は、取り組みが難しく一般の人にもイメージしにくい分野です。
 非行防止と青少年健全育成町民大会では、北九州市でガソリンスタンドを経営する傍ら、不登校、少年院刑務所出身者や保護観察中の少年少女たちなど、20年間で130人もの若者を積極的に雇用し、社会復帰を支え続けていらっしゃる野口石油社長の野口義弘さんの講演がありました。野口さんは、「信じ続ければ応えてくれる」と題して、協力雇用主の苦労と遣り甲斐について熱く語って下さいました。わかり易いお話しで活動の一端を知ることができました。更生と社会復帰の実践は容易ではありませんが、今後の更生保護活動の方向性として、協力雇用主を増やす働きかけも考えられるのではないでしょうか。
 一方、青少年や子どもに対する取り組みとして、「いきいきファミリーフェスタ」や「フィルムフォーラム」などの活動もあります。また昨年は、石浜地区で「子ども食堂 はるたま」、新田地区で「みんなのいえ」がオープンしました。これは、更生保護女性会の活動ではありませんが、会のメンバーが少なからず関わっています。更生保護女性会は、活躍する人材の宝庫でもあります。
 こうした青少年や子どもたちを温かく包み込むような活動がまち全体に広がり、地域の中で、子どもたちが健全に育っていくことを心から願っています。
 今後とも、更生保護女性会の皆さんの活動に期待します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/11

図書館で「ぬいぐるみおとまり会」 のご案内

いつも一緒に過ごしているぬいぐるみを、図書館にお泊りさせてみませんか。
夜の図書館で何かが起こるかも?

♦ぬいぐるみがお泊りする日: 4月29日(日)16時から
 「ぬいぐるみだっこでおはなし会」をします。ぬいぐるみを持ってきてください。

♦お迎えに来る日: 4月30日(月)13時~5月6日(日)17時
 都合の良い日時に、ぬいぐるみのお迎えに来てください。
 そのときに、ぬいぐるみが選んだ絵本の貸し出しをします。図書館カードをお持ちください。

♣場所: 中央図書館 2階 小会議室にて

♣対象: 町内在住の小学生以下の方で、図書館カードをお持ちの方

♠持ち物: 好きなぬいぐるみ(ひとりひとつ)、図書館カード

♥申込み: 4月11日(水)~25日(水)に、中央図書館まで
      (電話84-2800でも申込できます。)

詳しくは、http://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/kanko_bunka/event/1522194942953.htmlをご覧ください。

Libraryotomari20180429

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/10

アジアの歴史地図

これは力作です。
時代とともに政権が変わっていく様子を動画で見られます。国がいつ成立したか、当時国境がどこにあったか、諸説あるかもしれませんが、見ていて面白いです。

Asianhistoricalmap

https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=2066326350049620&id=100000168267850&pnref=story

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/09

第10回 高等研究院レクチャー開催のご案内

以下の案内をいただきました。宇宙線物理学が考古学の謎に挑戦します。

 
この度、名古屋大学高等研究院では、
高等研究院レクチャーを下記のとおり開催いたします。

お誘い合わせの上、ぜひお越しください。
みなさまのご参加を心よりお待ちしております。
(入場無料 申込不要)

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽            
     第10回高等研究院レクチャー
  ~クフ王のピラミッドと素粒子物理学~
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

■日時: 平成30年4月18日(水)13:30~16:30

■場所: 名古屋大学(東山キャンパス)
      理学南館 坂田・平田ホール
     (地下鉄名城線「名古屋大学」駅下車 2番出口より徒歩5分)
      http://www.nagoya-u.ac.jp/access-map/index.html
      ※駐車場はありませんので、公共交通機関をご利用ください。

■参加費: 無料

■参加申込: 不要

■講演内容:

 ・森島 邦博(名古屋大学高等研究院特任助教)
 「宇宙線イメージングによるクフ王のピラミッド内部における新空間の発見」   

 ・河江 肖剰(名古屋大学大学院文学研究科附属
         人類文化遺産テクスト学研究センター共同研究員)
 「オープンイノベーションによるピラミッド群3次元調査」

  ※詳しくは、下記のHPをご覧ください。
  http://www.iar.nagoya-u.ac.jp/iarlecture.php

Nagoyau_poster20180418

<高等研究院レクチャーとは>
高等研究院レクチャーは、学内教員・大学院生を対象とする高等研究院の最も重要な学術講義です。学内外の特に優れた研究を採り上げ、学外にも公開します。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/08

於大公園では、新緑の中、スプリングコンサート。

今日は朝から、生路コミュニティの総会、ガールスカウト フライアップ式、大工さんなどの健康保険や労災を担っている建設組合連合の支部総会、ボーイスカウト第2団 入隊上進式に出席。
その合間に、於大公園このはな館で行われたスプリングコンサートを聴いてきました。ハーモニカ、オカリナ、ハープ、尺八などが登場。眩しい新緑とピンクの八重桜が背景です。

Dsc04421_1024x575

Dsc04434_800x600

Dsc04445_800x600

 Dsc04416_800x600 Dsc04464_800x600
 Dsc04472_800x600 Dsc04482_800x600

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018/04/07

各種団体の総会のシーズンです。自然環境学習の森ではタケノコ掘り。

午前は、東浦町赤十字奉仕団の総会に出席。町長が日赤東浦の分区長になっているのです。県内には日赤奉仕団のない市町村が7つあるそうです。その他すべての市区町村には奉仕団があって、何らかの活動をしているそうです。
東浦では団員の応急処置訓練や各地区防災訓練での救急指導、消防出初式の時の炊き出し訓練などをしています。東浦赤十字奉仕団は地区ごとに団員を募集しており、男性の団員もいます。お休みの日に総会に出席くださったみなさんに感謝いたします。
議事終了後は、日本赤十字社愛知県支部の加藤社会活動推進課長から日赤の理念と活動について講話をいただきました。

Dsc04368_800x600
 
自然環境学習の森で、タケノコ掘りのイベントがありました。参加者は、まず竹の搬出など里山保全作業の体験をして、それからタケノコ掘りをしました。今年は豊作で、みなさん大満足だったようです。大きな筍が採れるのはまだまだこれからです。

 Dsc04364_800x600 Dsc04410_800x600
 Dsc04386_800x600 Dsc04389_800x600
 Dsc04400_800x600 Dsc04406_800x599

 
明徳寺川沿いの八重桜が早くも開花しつつあります。河原には菜の花(カラシナか?)が咲いています。今日は急に寒さが舞い戻ってきましたが、於大まつりを開催する21日まで八重桜が持ってくれるか心配です。

Dsc04384_800x600
 
午前中は、赤十字奉仕団の総会や多文化共生ひがしうらの総会、タケノコ掘りなど、いろんな行事がありました。午後からは東浦防災ネットの総会が開催されました。午前中にあちこちで見かけたメンバーが一堂に会したような感じでもあります。まさに町内のいろんな分野で活躍されている人材が集まって、積極的な活動をしてくださっている団体です。防災ネットに新しいメンバーが順次加わって、持続的に発展されることを心から願っています。

 Bousainet20180407a Bousainet20180407b

 Bousainet20180407c_2 Bousainet20180407d

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/06

Sensuous City とは?

本当に住んで幸せな街 全国「官能都市」ランキング(島原万丈+HOME'S総研)を読みました。

Hontounisundeshiawasenamachi_2
本書は、本当に良いまち、居心地のいいまち、住んで良かったまちとは、どんなまちなのかを考察した書。
本当に豊かに楽しく幸せに生きられる魅力的なまちとは、五感に訴える、センシュアス(官能的)なまちではないだろうか。要は街がセクシーなのです。そんな価値観を提案しています。

インフラの充足度や人気投票などを拠りどころにした「住みやよさランキング」や「住みたい街ランキング」はよく耳にします。しかし、それは魅力的なまちの実態を表しているのでしょうか。
本書では、関係性と身体性に関わる下記の8つの指標を使って、官能度で、国内の都市(政令指定都市と県庁所在地)を再評価し、ランク付けをしています。
 ・共同体に帰属している
 ・匿名性がある
 ・ロマンスがある
 ・機会がある
 ・食文化が豊か
 ・街を感じる
 ・自然を感じる
 ・歩ける

著者は、直線的な道路、大きな区画で、人と車が分離された、用途地域が純化された、いわゆるル・コルビジェ式の“便利で安全で効率的で”車中心の画一的なまちづくりに警鐘を鳴らします。
そして、住宅・オフィス・商店・飲食店が混在するような、入り組んだ小さな路地の多い、古い建物と新しい建物がある、いつも人通りが絶えない、ジェイン・ジェイコブズ的な多様で人の息吹が感じられるまちづくりの大切さを訴えています。
実際に統計データに基づき、「住みたい街」ではなく、「住んで良かった」居住満足度または幸福実感度とセンシュアス度との相関を明らかにしています。
また、センシュアス・シティの考え方が、今日的な課題である地方創生や観光におけるインバウンドや空き家の利活用にも大いに役立つと指摘しています。

 →http://yadokari.net/interview/58845/
 →https://findhappiness.jp/article/article_06/

都市計画ではとかく「良好な住宅地開発」など、「良好な」という意味不明の言葉が多用されますが、幸せなまちが持ち合わせるべき条件とは一体何なのか? 長い間、私はうまく言葉にできない疑問を持ち続けてきました。その疑問が、(まだ十分とは言えませんが)この本を読んで少しすっきりした気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/05

第25回 於大まつり は4月21日(土)に開催予定です。

今年は花の開花が早くて、八重桜のつぼみも開き始めました。「第25回 於大まつり」を4月21日(土)に開催します。(雨の場合は22日(日)に順延します。)

今年は、町制70周年。2年に一度、刈谷市から「於大の方、於富の方、於上の方」のお三方が大名行列に加わる年でもあります。長篠・設楽原鉄砲隊の火縄銃演武は昨年よりさらにパワーアップします。また、昨年に引き続き今年も、水野家20代御当主ご家族と、徳川総家御令嬢がお出で下さることになりました。当日は関係市町や各団体の出店、ステージイベント、写生大会やボランティアガイドによる歴史案内などが予定されています。

それに先立つ4月9日(月)から、4月22日(日)までは明徳寺川沿いにある於大のみちの桜並木をライトアップ(18時半~21時)します。4月20日(金)の前夜祭「竹灯篭宵まつり」(18時~20時)では今年初めて提灯行列が登場します。

郷土資料館(うのはな館)では4月21日(土)から5月27日(日)まで春の企画展「家康の母 於大の方のものがたり ~於大の周辺の人びと~」を開催します。

町制70周年にあたる今年の於大まつりをご期待ください。
詳しくは、http://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/soshiki/shokoshinko/shokokanko/gyomu/odai/1490748702768.htmlをご覧ください。

Odaimatsuri20180421a

Odaimatsuri20180421b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/04

地元密着のフリーペーパーが創刊

今あちこちで、様々な生活情報誌(フリーペーパー・フリーマガジン)が発行されていて、飲食店のクーポンなどを利用されている方も多いと思います。東浦をカバーしているものでも、知多半島全域、知多北部地域、衣浦定住自立圏地域などを対象とする情報誌が発行されています。(写真はそれらの一部です)

Dsc03104_1024x768

2018年4月からは、「ぶらんくらぶ」が創刊になりました。ぶらんくらぶは大府市と東浦町を対象とした地域みっちゃく生活情報誌です。
大府市内に3万部、東浦町内に1万5千部、毎週第4金曜日にエリア内の各家庭に1軒ずつ手配りでお届けするそうです。AR(スマホで動画を見られる写真広告)も多用するそうです。地元の首長として、大府市長と交互に2ヵ月に1回、コラムを書くように頼まれています。創刊号では、7ページに岡村大府市長と私からの激励メッセージが載っています。

Buranclub20180401

Bran_club_20180401_1p7_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花見で一杯。

Dsc04224_800x600

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年はタケノコが大豊作!

大きな孟宗竹が本格的に出てくるようになりました。今年は大豊作!!

Dsc04341_800x600
定番は若竹煮でしょうか。

あとは、焼き筍、筍しゃぶしゃぶ、筍ご飯、パスタの代わりに筍ラザニア、筍多めの青椒肉絲、筍フォンデュ、筍餃子・・・何でもアリです。

Dsc04346_800x600_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/03

高野誠鮮さんのお話しを聴いて(再掲)

2月18日に文化センターで一般向けに、2月19日は役場で職員向けに、高野誠鮮(たかの じょうせん)さんに講演をしていただきました。以下は、その一部の要約です。

 
 高野さんは3年前まで羽咋市の公務員。組織の中では“出る杭”だったせいか、再任用の希望を聞かれなかったそうだ。
 学生の時は電子工学が専門。国連幹部に手紙を出したことがきっかけで渡米、アメリカに人脈を持つ。学費を払わなかったので早稲田大学を退学に。科学ジャーナリストとして取材・執筆活動をしていたが、故郷の寺を継ぐために帰郷、住職になるとともに羽咋市の臨時職員となり、後に正職員に。
 農政を担当した時に神子原という限界集落の再生を命ぜられる。数百万以上の金をかけてコンサルを雇うようなやり方では、これまでと同様成功の見込みはない。そこで、60万円の予算(ほとんど旅費)をとって、一々決裁をもらわないことを条件に引き受けた。やったことがない人、波風の立つことを嫌う人の合議では事は進まない。

 自然環境に恵まれた神子原では美味しい米が採れる。高野さんは、ローマ法王に「神子原(the highlands where the son of God dwells)」で採れた米を献上してブランド化しようと考えた。手紙を書いたがなかなか返事が来ない。もちろん手をこまねいていたわけではない。天皇にも米国大統領にもアプローチをかけた。そうこうしているうちに、ローマ法王が献上を受けてくれることになった。日本人は近くにあるものを過小評価する。棚田オーナー制でもワイン酵母を使った日本酒のお披露目でも、あえて外国のプレスを使った。三ッ星シェフのアラン・デュカスも見に来た。
 烏帽子親制度で農家民泊も可能にした。移住希望者に頭を下げて来ていただくことはしない。お客様扱いせずに住民に選んでもらう。敢えて看板を出さずに口コミで農家カフェを流行らせた。神子原米は高級住宅街に住む富裕層にはすぐに売らない。渇望感が募ればデパートが好条件で買ってくれる。農家が会社を設立して直売所をつくった。人工衛星を使って米作の品質管理を始めた。土壌の窒素分が品質に良くないこともわかってきた。(以上順不同)
 次から次へと、矢継ぎ早に戦略を実行して頑張れたのは、直属の上司の「犯罪以外なら俺がすべて責任をとる」の一言だった。

 失敗しない秘訣は、何もしないことだ。組織のためと言うが、組織だけ残って住民がいなくなっては意味がない。10万円の給料をもらって10万円分の仕事をしていては会社はつぶれる。役所は状況が変わっても決めたことは遣り通そうとするが、そこには戦略がない。行動は「知(情報)」と「情(心)」と「意」から生まれる。だれも文句を言わないようなアイディアはあまり良いアイディアではない。

 
常勤公務員になって6~7年経った自分にも、グサグサ来るようなキツイ言葉がありました。高野さんにお会いして冒頭、名刺交換したら、名刺の裏に「宇宙山乾坤院」とあるのを見つけて、「“宇宙山”これは使えますねえ。僕だったらNASAの部長を呼びます。」と挨拶されて面喰いました。

私は、“がんばっている公務員”を「いわゆるスーパー公務員の」と紹介することがありますが、実はスーパー公務員という言い方は(わかりやすいので使っているだけで)あまり好きではありません。「スーパー」と言うと、「あの人は自分と違って“スーパー”だから。」となってしまいます。これでは講演を聴いた意味がありません。
確かに、高野さんは優れた能力を持った人ですが、大事なのは、信念を持って、できない理由を探さず、できる方法を見つけて、できることを実行することだと思います。考えてみれば、ローマ法王に手紙を送ることは誰にもできることです。ただ初めから無理だと決めつけて、やろうとしないだけです。同様なことはあちこちに転がっているのではないでしょうか。
みんなで、やったことのないこと、当たり障りのあることに挑戦してみてはどうでしょうか。私も、犯罪以外は責任を持ちます。

Book_takanojousen_koudansya2015

高野さんの著書「ローマ法王に米を食べさせた男」(講談社+α新書)に、高野さんの講演の中身(どう考え、何をしたか)がわかりやすく書いてあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/02

平成30年度が始まりました。

きょうは年度初めの出勤日。朝から、介護保険などの広域行政と県への派遣職員への辞令交付、係長以上の異動・昇任職員への辞令交付、新規採用職員への辞令交付と続いて、年度始め式を行いました。年度始め式では新年度の始まりにあたり、次ようなことをお話ししました。

4月から新年度に入った。
これまで、毎年、たくさんの新規事業を立ち上げてきた。それに伴って仕事も増えてきたと思う。

平成30年度予算には町独自の新規事業はあまり含まれていない。少し落ち着いて仕事をして、これまでやってきた事業に磨きをかけて質を向上させることを心掛けたい。
事業の内容とやり方を整理して仕事の効率を上げよう。その間に来年度に向けてのアイディアを蓄えよう。

人事面では、今年は異動が少なめになった。異動が多いと引継ぎや慣れるまでの期間など、ロスが増える。また専門性が育たない。住民参加や協働などで住民のレベルも上がってくる。公務員には専門分野の深さと幅がますます求められる。

皆さん全員の自己申告書を読んだ。昨年よりも、質・量ともに内容が充実し、はっきりと書いてあった。異動は、すべてではないが、従来よりは皆さんの希望に沿うようになったと思う。
読んでいて感じたのは、やりがいを持って仕事をしている人が多いということ。半面、忙しいと感じている人が多い。

では、仕事の能率を上げるために、何を改善するか。
作業のマニュアル化、引き継ぎの効率化、トラブル防止、家で自分の時間にやることはないか、ちょっとした気づき・ひらめきを実行する・・・などが考えられる。

毎日毎日同じ作業をしているだけでは、進歩もないし遣り甲斐も湧かない。当然、無用な作業はやめるべきだし、非効率な作業は改善すべきだ。課題解決はテストと違って正解はない。自分の気づきやアイディアを実行する勇気がいる。できないことをできることにするのが本当の仕事だと思う。

2月に、いわゆるスーパー公務員の高野誠鮮(じょうせん)さんをお招きして、以下のようなお話しを伺った。

 農政を担当した時に神子原という限界集落の再生を命ぜられる。数百万以上の金をかけてコンサルを雇うようなやり方では、これまでと同様成功の見込みはない。そこで、60万円の予算(ほとんど旅費)をとって、一々決裁をもらわないことを条件に引き受けた。やったことがない人、波風の立つことを嫌う人の合議では事は進まない。
 自然環境に恵まれた神子原では美味しい米が採れる。高野さんは、ローマ法王に「神子原(the highlands where the son of God dwells)」で採れた米を献上してブランド化しようと考えた。手紙を書いたがなかなか返事が来ない。もちろん手をこまねいていたわけではない。天皇にも米国大統領にもアプローチをかけた。そうこうしているうちに、ローマ法王が献上を受けてくれることになった。日本人は近くにあるものを過小評価する。棚田オーナー制でもワイン酵母を使った日本酒のお披露目でも、あえて外国のプレスを使った。三ッ星シェフのアラン・デュカスも見に来た。

高野さんの仕事には戦略がある。そして、矢継ぎ早に戦略を実行して頑張れたのは、直属の上司の「犯罪以外なら俺がすべて責任をとる」の一言だったと言っている。

失敗しない秘訣は、何もしないことだ。失敗しないのは仕事をしていないのと同じ意味になる。

私は、“がんばっている公務員”を「いわゆるスーパー公務員」と紹介することがあるが、実はスーパー公務員という言い方は(わかりやすいので使っているだけで)あまり好きではない。「スーパー」と言うと、「あの人は自分と違って“スーパー”だから。」となってしまう。これでは講演を聴いた意味がない。

確かに、高野さんは優れた能力を持った人だが、大事なのは、信念を持って、できない理由を探さず、できる方法を見つけて、できることを実行することだと思う。考えてみれば、ローマ法王に手紙を送ることは誰にもできること。ただ初めから無理だと決めつけて、やろうとしないだけだ。同様なことはあちこちに転がっているのではないだろうか。

みんなで、やったことのないこと、当たり障りのあることに挑戦してみてはどうか。私も、犯罪以外は責任を持つ。

もう一つ、別の公務員から聞いた話しとして。
法の番人ではなく、上手に解釈のできる法の職人にならなければならない。法の消極的な解釈で、できることをできないと思い込んでいるケースがあるのではないだろうか。法を味方につけて、できることを拡げて行こう。
そのためには他市町の状況を知ることができるネットワークも必要だ。外に飛び出し、公務員同士のネットワーク、住民とのネットワーク、企業とのネットワークをつくろう。良いアイディアは使わせてもらおう。

もう一つだけ。
50代の人は、後輩たちに持てるものを伝え、彼らが仕事をしやすいように助けてやってほしい。

今年度も、皆さんと一緒に頑張ります。どうかよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/01

消防団入退団式と消防車のお披露目。午後からあいち健康の森を散策。

伊藤衆議院議員、河合県議会議員をはじめ多数の来賓にお越しいただき平成30年度消防団入退団式を行いました。

本日、入団されました12名の新入団員をはじめ消防団幹部の皆様には、消防団員としての自覚と誇りを持って、日頃から訓練に励み、住民が安心して暮らせるようご尽力をお願いします。
また、本日退団されました12名の退団者の皆様には、これまで消防団員としてご尽力いただいたことに感謝申し上げるとともに、今後におかれましても地域のためにお力を賜りますようお願い申し上げます。
東浦町消防団のますますの発展と、団員皆様のご健勝とご活躍を心から祈念します。

下の写真は、入退団式終了後に訓練をしているところです。

Dsc_8122_800x600
 
入隊退団式の会場になった文化センター前では、知多中部広域事務組合消防本部東浦支署に新たに配備された水槽付消防ポンプ自動車のお披露目がありました。

Dsc_8091_800x600
消防自動車に乗ったことはありますか? 運転席横には119番通報から位置情報を表示するモニターがあります。

 Dsc_8100_640x480 Dsc_8094_640x480

後部の収納庫の中には車のピラーなどを簡単に切断できる電動カッターや空気ボンベなどが入っています。収納庫のシャッターにはおだいちゃんの絵が。
車両の両側にはポンプが装備されています。今どきの操作盤はタッチパネル式。濡れたり汚れたりしても大丈夫かと気になりますが、手袋でも操作できる仕様になっているとのこと。
ポンプ後部には1.5tの水槽を備えています。もちろん外部の水源を利用することもできます。

 Dsc_8084_800x600 Dsc_8086_800x600
 Dsc_8106_800x600 Dsc_8118_800x600

車両の前部にはウインチが装備されています。
屋根の上には自立式の投光器やソリ状のストレッチャーが搭載されています。

 Dsc_8110_800x600 Dsc_8112_800x600

この新車のお値段はいくらでしょう? ずばり7200万円します。この新車を東浦支署の1号車とし、旧1号車を東浦西部出張所へ配置します。

 

午後は、あいち健康の森へ運動を兼ねて散歩に行きました。
今日は汗ばむ陽気。やることがないわけではありませんが、家に籠っていては如何にももったいないです。
あいち健康の森へは公務でばしば行きますが、遊びに行くことは滅多にありません。こんな立派な県の施設が東浦町と大府市にまたがって造られているのだから使わないともったいないとつくづく思います。

まず、こどもの森から歩いてみました。子どもが小さい頃に来て以来、十数年ぶりくらいでしょうか、なつかしいです。
以前はぶら下って遊ぶリフトのような乗り物がありましたが、メンテナンスが大変なせいか、安全性を考えてのことか、撤去されていました。他はほぼ昔通り。トンネルを抜けると吊り橋やジャンボすべり台があったりして、今でも家族連れに人気のようです。

 Dsc04259_800x600 Dsc04255_800x600
 Dsc04257_800x600_640x480 Dsc04249_800x599_640x479

ところで、こどもの森から雑木林の奥に向かって伸びる小道があるのをご存知でしょうか。奥に鳥居が見えたので入ってみました。すると「森岡神社」という天神社がありました。立派な社殿もあります。すぐ近くから子どもたちの歓声が聞こえてくる場所に、こんな静かな雰囲気の境内があるとは知りませんでした。

 Dsc04254_800x600 Dsc04251_800x600

 
子どもの森から道路の上の橋を渡って健康プラザの方へ歩きます。

Dsc04264_800x600

このすぐ先が市境で、向こう(東浦方面)に、あいち健康プラザ(右側)と国立長寿医療研究センター(左側)が見えています。

Dsc04268_800x600

二つの池を回り込んで、健康プラザに向かいます。ホテル棟の右側にアーチドーム状のアトリウムが見えますが、県のリストラ計画で解体の対象に挙がっています。
如何にもバブリーな造りではあるけれど、時間が経てば歴史に残るような建物でもあります。こんな立派なものは二度と造られることはないでしょう。

Dsc04275_800x600

 Dsc04278_800x600 Dsc04284_800x600
 Dsc04294_800x600 Dsc04297_800x600
 Dsc04305_800x600 Dsc04306_800x600
 Dsc04317_800x600 Dsc04319_800x600

 
健康プラザの建物群の中には、健康科学館もあります。これも解体の対象に挙がっています。
ここも久しぶりに見学してみました。立派な施設ですが、確かにお客が少ないです。
スタッフの方が声をかけてくださったので、バランス感覚や瞬発力やジャンプ力のテストをしてみました。手軽で結構エキサイトします。30歳代クラスとの評価が出て気を良くしたものもありました。
楽しく勉強になる、あるいは好奇心・探究心を引き出す展示というのは本当に難しいと思います。

 Dsc04314_800x600 Dsc04309_800x600
 Dsc04311_800x600 Dsc04313_800x600

 
健康プラザの建築群の中で、もう一つ解体リストに挙がっているのが屋内プールです。機能していないものをリストラの対象にするのはわかりますが、健康づくりの中核的な施設を廃止するのはかなり大胆です。ここもコストの割に利用が少ないと言われています。
県は、健康プラザと国立長寿医療研究センターと連携して、これから大問題となるであろう認知症対策に特化していく考えを示しています。

Dsc04316_800x599

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/03/31

県の広報コンクールの3部門で、東浦町が奨励賞を受賞!

東浦町が、平成29年度愛知県広報コンクールにおいて、①広報紙部門(町村部) ②ウェブサイト部門(町村部) ③映像部門 でそれぞれ奨励賞を受賞しました。写真部門、広報企画部門を加えた全5部門中3部門もの受賞があったのは豊橋市と東浦町のみです。

Kouhou1_v_20180314Kouhou2_v_20180314Kouhou3_v_20180314

 

①広報紙部門(町村部) 奨励賞
広報ひがしうら10月15日号「特集 もっと身近に東浦西部出張所」

 Kouhou2017_10_15_hyoushi Kouhou_syoubou_2017_10_15

 ・審査委員からの講評(抜粋)
毎月2回の発行は労力を要する中、特集や暮らしの情報を過不足なく提供している。
消防署のルポルタージュを楽しく興味がもてるようにまとめている。表紙の写真にも変化がある。心肺蘇生法などの実用的情報もしっかり入っている。

 ・町広報担当者のコメント
取材にご協力いただいたり、ご意見をお寄せいただいている読者の皆様のおかげです。これからもわかりやすく親しみやすい情報発信に努めます。

 

②ウェブサイト部門(町村部) 奨励賞
東浦町公式ホームページ

Hp_higashiura_p0_2
 ・審査委員からの講評(抜粋)
十分な情報提供が行われており、特にオープンデータサイトは住民が興味を持ちやすく積極的な情報提供がなされている。ウェブサイトデザインにおいてはメニューなどユーザーの使いやすさに今後の改善を期待する。
映像に特化したオープンデータサイトでは、年代別・地区別・カテゴリー別に検索可能で、斬新な取り組みと思う。定住促進特設サイトもシンプルな構成で見やすく実用的。

 

③映像部門 奨励賞
新規採用職員募集PR動画「公務員試験=学力重視?」

 ・審査委員からの講評(抜粋)
委託ではなく自主制作にエール。内容は、技術職は「2017年に何をしたかが大切」、保育士は「国語のテストみたいに作者の気持ちを考えるのでなく、子どもの気持ちを考える」、事務職は「文法に囚われないで、相手に伝わること」と英語で話すなど、学力重視でないことを職員自らが語る。
出演者1人に対して1カット、パーン・ズームを使わない基本に忠実な撮影で、編集が要らない。各出演者のカット替わりにはすべて違うワイプを使うなど編集心は感じる。見やすく伝わりやすい、職員の飾らない自然な表現力に好感が持てた。
トップとエンドに出てくる白衣の司会者の紹介テロップが欲しい。

 ・町動画編集者のコメント
伝えたいメッセージが伝わっていると評価されたようで嬉しいです。

Pr_douga_v_20180316_2

 

ウェブサイト(町村部門)で入賞した「東浦町公式ホームページ」は、愛知県の代表作品として公益社団法人日本広報協会が主催する「平成30年全国広報コンクール」へ推薦されます。詳しくは、http://www.pref.aichi.jp/soshiki/koho/29koho.htmlをご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/03/30

平成29年度が終わります。

年度末が来るのは早いものです。
退職辞令交付式があり、退職者一人一人に退職辞令を手渡しました。職員の皆さんには大変にお世話になりました。改めて深く御礼申し上げます。
今年度は役場全体として、各分野における新たな施策展開ももちろんのこと、課税誤りや規則・要綱の不備に気づいたときに、その一点に対処するだけではなく、周辺に同様の問題が潜んでいないか同時にチェックをかけ全体を正していくなど、ピンチをチャンスに変えるような仕事をやっていただけたと感謝しています。
再任用職員として、また新たな環境のもとで町の仕事を担っていただく方もたくさんいらっしゃいます。どうか引き続き、住民の笑顔のためにご活躍をいただきたいと思います。
退職される方の中でも、とりわけ桒原副町長には言葉では尽くせないお世話になりました。就任以来、これまで私をあらゆる面で支えてくださいました。役所の文化を持たない私にかなり歩調を合わせていただいたところもあったと思います。
再任のときも60歳を過ぎたら自由にしたいので長くやるのを望まないとおっしゃったところを、私からたってのお願いをして2期目に就いていただいた経緯があります。桒原さんは御存じのように常に1手先2手先を考えながら緻密に仕事をする有能な行政マンです。私が安心して外へ出られるのは桒原さんあってのことでした。
後任は決まっていません。しばらくは、平成23年に荻須前副町長が退任された時のように、筆頭の早川企画政策部長にまとめ役をお願いして、幹部と相談しながらの集団指導体制で行くつもりです。人間ですから意見の違いはあって当然です。大事なことは、徹底的に議論することです。そして、決定した後は全員一丸となって進んでいくことをお願いします。

今回は組織改編はせず、人事異動が少なめになるよう心がけました。新年度予算でも新規事業は控え目にしてあります。平成30年度は、これまで行ってきた事業に、それぞれの担当者が落ち着いて継続的に取り組み、さらに磨きをかけられるようにしたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/03/29

昼休みに、グリーンラソで昼食~於大公園を散歩しました。

緒川の児童館の向いにある地域の縁側「グリーン・ラソ」でランチ。
今日は春休みのこどもたちが準備。
この日のメインはカレーです。つくしの卵とじを添えて。
火・木にランチが出ます。2回目以降は500円で食べられます。

 Dsc04091_800x600 Dsc_8004_800x600

Dsc04097_800x600

 
古刹の間を散歩して、於大公園に向かいます。

 Dsc04105_800x600_2 Dsc04107_800x600

 
もういきなりフルブルームです。
春休みのせいでしょうか。平日なのに於大公園は花見でにぎやかでした。

Dsc04113_800x600

Dsc04119_800x600

Dsc04124_800x600

Dsc04135_800x600

Dsc04145_800x600

Dsc04148_800x599

Dsc04152_800x600

Dsc04164_800x600

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/03/28

ソメイヨシノがいっせいに開花

役場のソメイヨシノがいっせいに開花しました。

Dsc04064_800x600
さくらオフィス。
桜に囲まれてお仕事してます。窓からの眺めが素晴らしい。

Dsc04062_800x600_2

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018/03/27

「東浦町イベントカレンダー」への外部リンクを設けました。

東浦町ホームページでは、町内のイベント情報を調べる際に、従来の行政や公的機関の行事を中心とした「カレンダー」機能に加えて、新たに「東浦町イベントカレンダー」を利用できるようにしました。
「東浦町イベントカレンダー」は、協定に基づき、東浦町が提供するイベント情報と株式会社アイプラッドが集める町内のイベント情報を織り交ぜたカレンダーです。一つのカレンダーの中に町内で近日中に開催予定のイベントを網羅的に記載したスグレモノです。
東浦町まるごと情報源 まち・ひとネット東浦」という株式会社アイプラッドが作成したページへの外部リンクです。お好みに合わせてお使いください。

 →http://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/kanko_bunka/event/index.html

 →http://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/soshiki/kohojoho/kohotokei/gyomu/1520569226046.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/03/26

早咲きの桜

毎年いち早く咲く障戸橋のたもとの桜。ヒガンザクラが今満開です。奥に見えるオカメザクラはもう散っています。

Dsc04038_800x600
 
卯の花も開花しました。町の花です。

Dsc04045_800x600

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/03/25

日本福祉大の野尻紀恵准教授をお招きして防災講演会

今日は、平池台と石浜県営住宅自治会の総会に出席した後、防災講演会を開催。講師は、日本福祉大学 減災連携・支援機構副機構長の野尻紀恵准教授。正常性バイアスの話しに始まり、子ども、女性、高齢者、障がい者に目を向けた元気で温もりのある避難所運営のアドバイスなど、阪神、東日本、熊本の各震災におけるご自身の現地での活動体験に基づく講演をいただきました。
東浦町では、平成28年度から感震ブレーカー(簡易タイプ)設置費補助を行っています。また、平成30年度から、地震発生時に避難が困難な方が居住する木造住宅に対する耐震シェルター整備費補助を行います。耐震シェルターの見本を文化センター内に展示しました。

Dsc04030_800x600

Kanshinbreaker_hojo_oshirase

Bichikuhijoumochidashi

この防災講演会、過去には、戸田公明 大船渡市長福和信夫 名古屋大学減災連携研究センター長をお招きしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/03/24

地域フォーラムあすなろ

地域フォーラムあすなろ」が、大府病院(“大府”と名乗っても東浦にあります)に隣接した重度認知症デイケア「もりおかの里」で開催されました。地域に開かれた医療と福祉の場を目指す取り組みとして、施設を一般に開放。ミニ講座、ミニコンサート、大道芸、マルシェなどがありました。私は初めて来賓として出席させていただきました。
包括支援センターによる認知症サポーター養成講座、ウクレレしょうべいと一緒に歌を歌おう、西中と北中の吹奏楽部による演奏など、町内の人達も大活躍。吹奏楽をやっているステージは町内のパレット屋さんからの提供だそうです。

 Dsc03954_800x600 Dsc03964_800x600

Dsc03990_640x480_2

 Dsc04005_800x600 Dsc03998_800x600

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/03/23

名古屋大学環境学研究科 広報誌「環 KWAN」に 対談が載りました。

名古屋大学大学院環境学研究科の広報誌「環」の最新号(2018年3月号)がリリースされています。
巻頭の「エコラボトーク」には、東浦町自然環境学習の森 保・全育成の会の木村滋会長と私と、名古屋大学の加藤博和教授と高野雅夫教授との鼎談が掲載されています。「大学は、持続可能な地域づくりにどうかかわるか。」とのテーマで言葉を交わす有意義な機会をいただきました。

 →http://www.env.nagoya-u.ac.jp/kwan/

Kwan034_index1

Kwan034_p02_2

広報誌「環」は、
・自在なテーマで対談「エコラボトーク」、
・共通のテーマで3専攻の教員が執筆する「環境学の未来予測」、
・環境学研究科ならではの授業を紹介する「授業拝見!」
などで構成されています。
異なる分野の研究者が出会い、ちがった視点で議論しながら、
一つのテーマにアプローチする。毎号、そんな誌面をめざしているそうです。
バックナンバーもあります。ぜひご覧ください。

 →http://www.env.nagoya-u.ac.jp/kwan/pdf/kwan034.pdf
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/03/22

3月定例議会(平成30年第1回定例会)が閉会しました。

平成30年3月定例議会が終わりました。30年度予算案をはじめ、すべての議案が可決・決定されました。以下、3月定例議会に上程された議案とその採決結果です。

 

 [報告・条例案]
①損害賠償の額の決定及び和解の報告(町道陥没部分でホイールを損傷,町の損害賠償額 約1.2万円)
②損害賠償の額の決定及び和解の報告(公用車が家屋に接触,町の損害賠償額 約4.3万円)
③庁舎南倉庫建設工事請負契約の変更の専決処分の報告(9180万円 を9346万円に,東浦土建)

④工場立地法に基づく町準則を定める条例の制定(工場敷地の緑地比率を緩和)
⑤国民保険税条例の一部改正(国民健康保険事業の県への移管に伴い、課税方式および税率を改正)
⑥消防団員等公務災害補償条例の一部改正(政令の改正に伴う規定の改定)
⑦障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律施行条例の一部改正(法改正に伴う語句の変更)
⑧国民健康保険条例の一部改正(法改正に伴う語句の変更)
⑨障害者医療費支給条例等の一部改正(法改正に伴う保険料の住所地特例の見直し)
⑩旅館等の建築の規制に関する条例の一部改正(法改正に伴い、旅館営業とホテル営業を統合)
⑪地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例の一部改正(建築基準法の改正に伴う語句の変更)
⑫都市公園条例の一部改正(都市公園の敷地面積に対する運動施設の敷地面積の割合を半分以下とする)
⑬森岡ポンプ場ポンプ増設工事委託協定の変更(工事費の確定に伴い285百万円を174 百万円に減額,日本下水道事業団)

⑭名誉町民(長年公職者として地域の発展に尽力した日高昇氏を名誉町民とする)

⑤は、平成30年度から国民健康保険事業が県に移管され、町が県に納付金を支払う方式に変わります。国民健康保険税の徴税はこれまでどうり町が行いますが、県から示される標準税率と賦課方式に近づけるのと、毎年見直しされる納付金を支払うために、激変緩和をしながら必要な税額を確保できるよう税率改正を行います。この改正で資産割を廃止、不足する資金は繰越金と一般会計からの繰り入れで補てんします。
採決の結果、④⑤は13:2の賛成多数、他の議案は全会一致で可決されました。ただし、④については後述しますが、議員から提出された修正案が可決されています。

 

 [予算案]
①平成28年度一般会計補正予算(第7号)(ふるさと寄附金の増額、扶助費の増額、道路用地購入費の減額など)
②平成28年度一般会計補正予算(追加、第8号)(橋梁工事費の繰越)
③平成28年度後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)(納付金の確定)
④平成28年度下水道事業特別会計補正予算(第2号)(事業費の確定による減額)
⑤平成29年度一般会計予算
⑥平成29年度国民健康保険事業特別会計予算
⑦平成29年度土地取得特別会計予算
⑧平成29年度後期高齢者医療特別会計予算
⑨平成29年度下水道事業特別会計予算
⑩平成29年度水道事業会計予算

新年度予算の概要についてはhttp://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2018/03/30-1167.htmlをご覧ください。議会での所信はこちらをご覧ください。
⑤⑥⑧は13:2の賛成多数、他の予算案は全会一致で可決されました。

 

 [発議]
①工場立地法に基づく町準則を定める条例に対する修正
②議会のあり方検討特別委員会の廃止決議
議会のあり方検討特別委員会委員長の不信任決議

①は、行政が上程した「工場立地法に基づく町準則を定める条例」案に対する修正案で、原案が自然環境学習の森に隣接する工業専用地域を規制緩和の対象から除外していたものを、緑地面積率を5%以上に緩和するものです。
採決の結果、①は13:2の賛成多数で可決。②は7:8、③は3:12の賛成少数で否決されました。
議会審議の結果、条例案が修正されましたが、開発と規制にはバランスが必要です。工場の立地競争力を保つ必要があると同時に、自然環境を保護していくことが重要であると考えており、町として守るべき緑を大切にしていく考えに変わりはありません。条例制定にあたり、それを内外に示せなかったことは残念です。

 

各議員の賛否など審議結果の一覧は議会HPでご覧になれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«筍に山椒を添えて