2020/10/31

スマートフォン決済アプリで納税できるようになります。

11月1日から、スマートフォン決済アプリで町税や水道料金・下水道使用料の納付が可能となります。

納付書に印字されているバーコードをスマートフォン等のカメラで読み取るだけで、事前に登録されている銀行口座等から即時に納付することができます。金融機関やコンビニエンスストアへ足を運ぶ必要もなく、自宅や職場等でいつでも納付が可能となるので非常に便利です。

利用可能なスマートフォン決済アプリは、PayPay、PayB、LINE Pay です。

納付できる町税・料金等は、町民税・県民税(普通徴収)、固定資産税・都市計画税、軽自動車税、国民健康保険税、水道料金・下水道使用料 です。

スマートフォン決済アプリをインストールしたスマートフォンまたはタブレット端末 と コンビニ収納用のバーコードが印字された町税等の納付書 をご用意ください。

詳しくは、https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/soshiki/zeimu/choshu/gyomu/nozei/10430.html をご覧ください。

| | コメント (0)

2020/10/22

四日市の工場萌えの動画が美しい

よっかいちフィルムコミッションのホームページで四日市の工場夜景をドローン撮影した動画「Stars on the ground “Yokkaichi city”」が公開されています。2分半の短い映像です。
 https://yokkaichi-fc.jp/news/513/
 https://konyudokun.net/infor/605/

四日市市在住の映像作家、山田義郎さんの作品。ドローンに飛行軌道を記憶させ、何度も同じコースを飛んで撮影する技法を使って、昼夜の光景が変わっていく様子を表現しています。

 

| | コメント (0)

2020/10/21

10月14日に第1回東浦町景観審議会を開催しました。

平成29年4月に東浦町景観条例が施行されてから、初めて景観審議会を開催しました。景観条例の中では、「重点地区を指定しようとするとき」「景観重要建造物の指定をしようとするとき」「景観重要樹木の指定をしようとするとき」、良好な景観の形成に寄与する行為に対し「助成し、または技術的支援を行おうとするとき」「表彰しようとするとき」はあらかじめ景観審議会の意見を聴かなければならない、また景観法に基づく「勧告又は命令をしようとする場合」は景観審議会の意見を聴くことができる、と定められています。これらに該当する諮問事項がなかったため、これまで景観審議会を開催せずに来ましたが、せっかく3人の方(小松尚 名古屋大学大学院教授、石原弘幸 東浦町文化財保護審議会会長、片山貴視 愛知県知多建設事務所長)に委員になっていただいているので、これまでの景観まちづくりの経過報告と今後の取り組みについて、気のついたことやご意見をお聞かせいただければと開催させていただきました。

委員が3名の小さな審議会ですが、景観まちづくり委員会の委員の皆さんや町議会議員の皆さんが多数傍聴にご参加くださいました。これまでの景観まちづくりの評価と今後の進め方について関心を持っていただいているのだと思います。

委員からは、あらかじめ資料に目を通していただき、的確なご質問とご意見をいただきました。小松教授が「街並みは連歌のようなもの」とおっしゃったことが印象に残りました。良いものには良いものが続く。市民目線で「この風景、この建物、この連なりが良い」を発掘して、「いいね」と褒め合うことが必要。建物のデザインのコントロールも大事だけど、自然の四季や祭りなど市民活動がつくる風景「生活景」も景観の貴重な要素。・・・などのご指摘は全く同感です。
住民の理解についても、うわべだけでなく利害関係に踏み込んで、利害関係者と一緒になってコンセンサスをつくっていくことが必要です。みんなで空間づくりの成功体験を積んでいくことが大切だと思います。

| | コメント (0)

2020/10/20

親子ふれあいイベント「勝利のカギは知力?体力?チームワーク?東浦町を歩き尽くせ!!」のご案内

11月8日(日)10:30から、北部グランドに集合、お昼を挟んで、町内の広い範囲を親子で歩くゲーム「勝利のカギは知力?体力?チームワーク?東浦町を歩き尽くせ!!」を開催します。

設定されたチェックポイントを制限時間内に回り、合計ポイントを競うゲームです。場所が遠く、見つけにくいチェックポイントほど高ポイントが狙えます。特定のチェックポイントでは、親子で協力しボーナスポイントをゲットするチャンスもあります!
どのルートが高ポイントを狙えるか考える「知力」、制限時間内でより多く歩ける「体力」、ボーナスポイントをゲットするための「チームワーク」・・・これらを駆使して勝利をつかもう!!

対象は、町内在学の小学1年~中学3年生とその保護者で構成された2~6名のチーム(必ず、1組以上の親子を含みます。保護者の責任で未就学児の参加も可とします。)

申込みは10月23日(金)~10月29日(木)に文化センターまで。定員は先着30組。参加費は1人300円です。

持ち物は、カメラorスマホ(撮った画像を確認できるもの)、水筒、タオル、筆記用具、お弁当(途中で購入可)です。

ウォークラリーのようなスポーツ性のあるゲームです。みなさん、果敢に挑戦してみてください。

詳しくは、https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/soshiki/shogaigakushu/shogaigakushu/event/10372.html をご覧ください。

| | コメント (0)

秋の夕景

自宅の近くから見たこの時期の夕空です。日曜日の6時頃に安城方面で花火が上がっていました。音もしっかり聞こえてきます。さて、どこなのでしょうか。

Dsc046081000tnnn

 
Dsc04632800pnnnDsc04633800pnnn
Dsc04638800nnnDsc04641800pnnn
         Dsc04642800pnnn

| | コメント (0)

2020/10/19

おもちゃのお医者さんの企画・・・親子で、小学生で、「こわれたおもちゃを自分で直そう」のご案内

うららんなどで壊れたおもちゃを修理する活動をしている「おもちゃのお医者さん」のメンバーの企画です。おもちゃが動かなくなってしまったとき、自分で直しておもちゃを長く大切に使えると素敵ですね。壊れたおもちゃを家から持ってきて、おもちゃのお医者さんと一緒に直します。おもちゃのお医者さんが修理のコツをアドバイスしてくれます。
物を大切にする。おもちゃと愛着を持って遊ぶ。おもちゃの仕組みや原理を知る。うってつけの機会だと思います。

11月14日(土)13時から総合ボランティアセンターなないろにて開催です。

おもちゃのお医者さんのみなさんは日頃の社会貢献活動が顕著であるとして県のボランティア活動功労者表彰を受賞されています。

Jibundenaosou20201114nanairo

 

| | コメント (0)

2020/10/18

猿投山へプチハイキング。見所いっぱいです。

きのうの寒波で御岳山もしっかり冠雪。木曽駒ヶ岳など中央アルプスも上の方が真っ白になっていました。緒川於大が丘で撮影しました。

        Dsc044691000nnn
        Dsc04470800nnn

 

さて、雲が多くて天気はイマイチですが視界は割と良さそうなので、猿投山に登ってきました。中央アルプス(木曽山脈)の末端の一つで、尾張・三河の平野部から最も近くで目立つ山として、古くから信仰の対象になってきました。
猿投神社から林道を上がって東の宮の登山口から山頂へ向かいました。途中、展望台に上がって眼下に広がる豊田市内の眺望、少し遠くは知多半島や名古屋港も見えます。名古屋市街地は尾根に隠れて見えません。
頂上でお昼を食べて西の宮を通って下山。杉林の中に栂の大木や広葉樹の混じった森林の中を歩きます。猿投山は花崗岩が風化してできた山。川沿いの道からは多くの滝を見ることができます。最後に猿投神社でお参りをしてきました。

        Dsc044871200pnnn
 展望台からの眺望です。下界を見るなら山頂よりもこちらがお薦め。
 手前は豊田の市街地。豊田スタジアムも見えています。奥に見えるのは岡崎の市街地です。

        Dsc044831200pnnn
 三河湾を隔てて見える細長い陸地が知多半島です。

        Dsc044861200tpnnn
 名古屋港も見えます。伊勢湾を隔てて鈴鹿山脈の稜線がうっすら。

        Dsc04492800nnn
 この先の山上に猿投神社の奥社、東の宮があります。

        Dsc04529800nnn
 頂上(629m)はハイカーで賑わっていました。丸太のベンチがあるのでそこでお昼を食べたりお茶を飲んだり。
 眺望は瀬戸方面しか見えません。

        Dsc04504800pnnn
 スギの中にツガの巨木がそそり立っています。

        Dsc04519800nnn
 カエル岩と呼ばれる花崗岩。看板に落書きしないでくださいと書いてありました。

        Dsc04579800nnn
 こんな滝があちこちに。昨日の雨のせいで迫力があります。近くの河床には、天然記念物の球状花崗岩(菊石)の露頭が見えるところもあります。

        Dsc04595800pnnn
 猿投山の麓にある猿投神社の本社。祭神は日本武尊と双子の大碓命と言われています。立派な社殿です。

| | コメント (0)

第13回おだい市&東浦セミナー のご案内

第13回おだい市&東浦セミナーが11月1日(日)、勤労福祉会館で開催されます。
5月に予定していましたが、感染症拡大防止のため残念ながら中止に。そのときの出店予定者に声を掛けて開催の運びとなったそうです。
出店やセミナーの内容については、下記FBで逐次、情報発信があると思います。お楽しみに。

Odaiichihigashiuraseminar20201101fb

 

| | コメント (0)

2020/10/17

宅配ボックス設置費助成金事業のご案内

東浦町では、自宅に宅配ボックスを設置するための費用の一部を助成しています。宅配便やゆうパケットなどを非対面で届けたり、また再配達による非効率や不便を避けるための手段として宅配ボックスが注目されています。東浦町では、自宅に宅配ボックスを新たに設置するための費用の1/2を最大8万円まで助成しています。詳しくは、https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/soshiki/kikakuseisaku/kikakuseisaku/gyomu/10297.html をご覧ください。

Takuhai-box-hojo20200901a
Takuhai-box-hojo20200901b

 
宅配ボックス設置費助成については、mediasエリアニュースで「時代に合わせた宅配の形」として紹介されました。

| | コメント (0)

うのはな館秋の企画展 「火伏・火消・消防(ひぶせ・ひけし・しょうぼう)ー消防の歴史とその道具たちー」のご案内

東浦町郷土資料館(うのはな館)で、11月29日(日)まで、秋の企画展 「火伏・火消・消防(ひぶせ・ひけし・しょうぼう)ー消防の歴史とその道具たちー」を開催中です。

火は人の暮らしに必要なものですが、火事は、すべてを灰と化し、人命をも奪う恐ろしい災害です。木造家屋の多い日本では、古来より大火による被害は甚大で歴史にも刻まれています。火事を消すため最前線で働く消防は今も昔も防災の要(かなめ)で、消防の道具や組織は時代とともに進化しています。江戸時代から近現代の消防の様子や使った道具を、地元に残る資料から紹介します。

詳しくは、https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/soshiki/shogaigakushu/bunkazai/ibento/1520987945764.html をご覧ください。

Unohana-syoubou20201010a
Unohana-syoubou20201010b

 

| | コメント (0)

2020/10/16

骨折予防プロジェクト「親子でつくるおいしいレシピコンテスト」の審査を行いました。

町内の保育園・幼稚園・役場ふくし課・保健センターを通じて乾燥おからパウダーを配布し、年少から年長の子どもとその保護者を対象に乾燥おからパウダーを使ったオリジナル料理レシピを募集する「親子でクッキング! 骨を強くするおいしいレシピコンテスト」を行っていることは、以前このブログで紹介しました。

応募いただいた35作品のうち9作品が書類審査で選ばれ、その9作品についての試食審査を森岡コミュニティセンターで行いました。調理室で応募のレシピに沿って「ひがしうら食改」の皆さんが調理し、各作品のアイディア、料理の手軽さ、味、見栄え、骨折予防の食材を活かしているかなどを審査します。審査員は、このコンテストにおからパウダーを提供するなど協力してくださった日本乾燥おから協会の代表者、地域の栄養士会代表、ひがしうら食改代表、役場健康福祉部長、指導保育士、と私です。

Dsc044191000pnnnDsc044351200pnnn

 
試食は、調理室の隣の講義室で出来立てをいただきました。どれもおいしくて、見た目も食欲をそそる工夫が凝らされていました。与えられた時間内にそれぞれの項目を4段階で評価。みんな無言で真剣でした。
結果は、最優秀賞・・・おからと山芋
     時短簡単賞・・・たまごピザ
     栄養満点賞・・・おからdeぎょうざ
     映え賞・・・おからたっぷりフルーツミルクケーキ
     へルーだけどちゃんとおいしい賞・・・卯の花いなり
     子どもも大人もクセになるおつまみ賞・・・ソイパワーカニクリームコロッケ
となりました。

Dsc044341200nnnDsc04452800pnnnDsc044541000tpnnn

選ばれたレシピは、保育園・こども園の給食で提供する予定です。また、イオンモール東浦の食品売り場、乾燥おから協会のウェブサイト、美骨セミナーなどでも紹介する予定にしています。

日本乾燥おから協会の会長は高浜の豆腐屋さんで、東浦にも工場があります。豆腐の製造工程で生まれるおからは、食品として、また飼料、キノコの培地などに利用されていますが、廃棄されるものもあります。近年、卯の花として食べることも減ってきています。そこで、おからを乾燥させて食品として利用することを考えたのだそうです。
日本のおからの年間生産量は約80万トン。そのうち乾燥おからとして利用されているのは約1割だそうです。高タンパクで食物繊維が豊富でヘルシーな食材であるおから。これを美味しく有効に利用できれば環境にもフレンドリーになります。“おからパワー”のお話しを興味深く聞かせていただきました。

| | コメント (0)

2020/10/15

今日から予算査定が始まりました。

ラソ・プラザでは、10月末まで「昭和の写真展」をやっています。自分たちの世代が子どもだった頃を思い出すような懐かしい写真が飾られています。白黒写真はモチーフが肝心。1枚1枚狙って撮った感じが伝わってきます。

Dsc044121200nnn

 
アイプラザの中の本屋さんの店頭には来年のカレンダーが並んでいました。ああ、もうそんな時期になったんだなあと思います。

Dsc044131200nnn

 
役場では、今日から来年度の予算査定が始まりました。初日は、税務課と財政課と企画課から。今年は実施計画と予算査定を一緒に進めます。

ところで、10月は神無月。八百万の神様が集まる出雲の国では神在月といいます。もう一つ神在月と言うところがあると聞きました。
それは長野県の諏訪大社だそうです。諏訪明神は出雲には出向かないとのことです。

| | コメント (0)

2020/10/14

NPOとカーディーラとのコラボによる高齢者の買い物支援サービスが始まりました。

認定NPO法人 絆 が、高齢者の買い物を支援するサービス「サロンdeショップ」を始めました。送迎は名古屋トヨペット刈谷東浦店が社会貢献で受け持ちます。東浦町社会福祉協議会はボランティアを活用した送迎サービスを模索していて、このサービスのつなぎ役を務めました。ご利用のお問い合わせは、社会福祉協議会☎0562-84-3741まで。

Kizuna-salon-de-shop20201001 
要支援1・2の方または基本チェックリストで対象になった方が、買い物支援サービスの対象です。毎週金曜日の10:30から12:30まで、ラソ・プラザで健康チェック・体操・脳トレを行い、ランチの後、アイプラザで買い物(買い物は自費)して、自宅までの送迎付きで700円です。

 
「サロンdeショップ」の様子が、mediasエリアニュースで紹介されています。
 https://www.chitamaru.jp/movie/114008/

Kaimonoshien-medias20201006

 

| | コメント (0)

2020/10/13

自然環境学習の森に隣接する工場内のアニマルパスでキツネが観察されています。

近年町内でキツネが目撃されるようになりました。自然環境学習の森ごろちんの森周辺でも棲息が確認されています。

自然環境学習の森に隣接する豊田自動織機東浦工場敷地内には、自然環境学習の森から豊田自動織機とジャパンディスプレイの工場の間を通って上三ツ池の方面の里山へ抜けるアニマルパス(人工的につくられた獣道)があります。このアニマルパスは、工場敷地で隔てられた二つの里山をつないでキツネの生息域を広げる役割を果たしています。ここには複数のセンサー付きカメラが仕掛けられていて獣道を通る動物たちを観察できるようにしています。その様子がYouTubeで公開されています。複数のキツネが鮮明に写っています。

 https://www.chunichi.co.jp/article/133037
 https://www.chunichi.co.jp/article/133957

 

| | コメント (0)

2020/10/12

東浦町妊産婦応援特別給付金の申請が始まりました。受付は11月13日までです。

新型コロナウイルス感染症まん延防止対策の長期化に伴い、東浦町では、出産を迎えるにあたり精神的・経済的負担を強いられる妊産婦を支援するための臨時特別的な給付措置として、妊産婦応援特別給付金を支給します。

妊産婦応援特別給付金の給付対象者は、令和2年9月30日(基準日)時点において東浦町の住民基本台帳に登録され、令和2年4月28日から令和2年9月30日に出産、もしくは、令和2年4月28日から令和2年9月30日に妊娠していた期間があった方で、令和2年9月30日までに母子健康手帳の交付を受けた方です。

給付金額は、給付対象者1人につき10万円です。

申請は令和2年11月13日(金)までです。10月初旬に東浦町から郵送された申請書兼請求書に、記入例を参考に必要事項を記入し、裏面に本人確認書類と振込先金融機関口座の確認書類の写しを添付して郵送してください。給付対象者の要件を満たしている方で、申請書が届いていない場合は、保健センター☎0562-83-9677までご連絡ください。

詳しくは、https://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/juyo/covid19kyuufujoseihojo/kojinnmukekyuufukinnnado/10373.html をご覧ください。

| | コメント (0)

2020/10/11

コロナ禍の中で伝統行事を守る

今年は、残念ながら町内各地区の駆け馬も八ッ頭舞楽も屋形曳き廻しも中止となりました。今日は、藤江神社と入海神社の祭礼でしたが、朝、社殿で神事が厳かに行われたようです。来年こそは盛大なお祭りができるよう願っています。ケーブルテレビの知多メディアスが地域の奉納行事の保存会の皆さんに丁寧な取材をして、ツイッターやフェイスブックに動画を公開しています。

  https://twitter.com/Medias12ch
  https://www.facebook.com/mediasch12/

こちらに皆さんからの動画付きコメントが。
 

 藤江神社のみなさん
https://twitter.com/Medias12ch/status/1311942746773417987

 

 入海神社のみなさん
https://twitter.com/Medias12ch/status/1313759719455109120

 

| | コメント (0)

2020/10/10

名古屋大学レクチャー2020「24時間を計るシアノバクテリアの時計タンパク質 -概日時計を巡って50年-」のご案内

以下の案内をいただきました。ノーベル賞受賞者など世界トップレベルの研究者の講演を聴くことができる機会で、一般に公開されています。
今回のテーマは「24時間を計るシアノバクテリアの時計タンパク質」。シアノバクテリアは、植物と同じ「酸素発生型光合成」を行う葉緑体の祖先にあたる生物です。シアノバクテリアが地球の大気を酸素が豊富な現在の大気に変えていったと考えられています。シアノバクテリアは時間を刻む時計タンパク質を持つ最も単純な生物として、人間を含めた様々な生物の体内時計の仕組みのモデルとして注目されています。

 
名古屋大学では令和2年11月14日(土)に名古屋大学レクチャー2020を開催することとなりました。
今回の講演会は「24時間を計るシアノバクテリアの時計タンパク質 -概日時計を巡って50年-」と題しまして、名古屋大学特別教授・近藤孝男先生にご講演頂くことになっており、広く市民、学生の皆様にも公開し、世界の最高の「知」に触れていただくものとなっております。是非ご参加ください。

 【日時】 2020年11月14日(土)
   開場 13:00
   開演 13:40
   終了 16:30

 【開催方法】 オンラインウェビナー
        ※新型コロナ感染拡大予防のためオンラインでの開催となります。
         ご理解の程よろしくお願いします。

 【講演】 「24時間を計るシアノバクテリアの時計タンパク質 -概日時計を
      巡って50年-」
      名古屋大学特別教授 近藤 孝男

 (解説講演)
      名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所 教授 吉村 崇

      ※詳細はHPをご覧ください。
      http://www.iar.nagoya-u.ac.jp/nulecture.php

 【対象】 どなたでも参加できます (参加無料)

 【共催】 名古屋大学、中日新聞社

 【応募】 こちらからお申し込み下さい。
      http://www.iar.nagoya-u.ac.jp/nulecture.php
      ※ 応募締め切り:11/12(木)

Nagoya-u-recture20201114j

 

| | コメント (0)

«名古屋市芸術創造センター公演 創作舞踏劇「名古屋城天守物語」のご案内