2019/12/08

石浜団地もちつき大会に参加

もちつきの季節になりました。毎年恒例、県営石浜住宅自治会のもちつき大会に参加しました。機械でこねるようになってから楽になりましたが、副町長も私も少しお手伝いさせていただきました。いよいよ年末です。

        Dsc06742800tpnn
        Dsc06738800pnn

 
緒川コミュニティセンターで開かれた書道家の浦山洸道さんの主催する和泉総合美術展に行きました。私も写真を2枚出展させていただいています。

 Dsc06756800nnDsc06751800pnn
 Dsc0675200pnnDsc067581000pnn
 78625884_517813155471787_24653289360541678987634_467240910838405_601575220949968

 
地元の原田酒造(生道井)さんの蔵開きがありました。試飲や新酒の搾りたてなどのふるまいもありましたが、ちょっと我慢。まだ呑んだことのない「若水生酒スパークリング」と先日名古屋で開催されたG20の夕食会で提供されたという「夢吟香」を買って帰りました。

        Dsc06760800nn
        Dsc06765800pnn
 Dsc06770800tnnDsc068211000pnn

 
そのあと、筍ハンターとタケノコ掘りへ。もう筍が採れるのはご存じでしょうか? 小ぶりですが、この時期の筍はさっぱり、身が詰まって美味しいです。ちょっと見つけるコツがあります。
竹林へ行く途中、東浦高校の正門近くで、いま紅葉(もみじ)がとても綺麗です。

 Dsc06800800nnDsc06801800nn
 Dsc06823800pnnDsc06828800pnn

 Dsc06805800pnnDsc06810800nn
 Dsc06816800nnDsc06809800nn

| | コメント (0)

2019/12/07

愛知駅伝は、4位でした。

愛・地球博記念公園(モリコロパーク)で第14回愛知県市町村対抗駅伝競争大会が開かれました。残念ながら3位内に入賞できませんでしたが、選手もサポートもコーチもみんなで、チームが一丸となって頑張りました。

Dsc06719800pnn
Dsc06728800tpnn
Dsc06736800tpnn

 
2006年の第1回大会からこれまでの14回の大会で、東浦町は6連覇を含む7回の優勝をしています。最も順位を下げたときは5位、6位もありました。2位、3位も取っていて、これまで4位だけは取ったことがありませんでしたが、今日の4位で、1位から6位までの全てを獲得しました。
初期の頃には選手集めが大変で、駅で列車を降りる高校生に走ってみないかと呼びかけた時期もあったそうです。以前6位に下がったときも、しっかり這い上がってきました。しばらく雌伏の時を経て、小学生から層を厚くし実力を蓄えて捲土重来を期したいものです。

Aichiekiden14th-town-juni-r

 
会場から東浦に帰ったあとで、チーム報告会を行いました。この毎年恒例の報告会は、選手やコーチの皆さんが、それぞれの思いをひとりひとり本当に素直に話すので、毎回聴いていて感銘を受けます。前田前監督からは、町村の部ではなく全市町村総合優勝を忘れずに目標を高く掲げて夢を実現していこうじゃないか。人生を変えていこうじゃないかと熱い励ましがありました。恒例のフルーツケーキをみんなで完食してから、最後に教育長が、ケーキはほどよい甘さが身上。チームも雰囲気や人間関係の良さの中に厳しさも大切にしていこうと、今後への決意をにじませました。

Img_05321000nn
Dsc_6562800tpnn

 
選手の皆さん、選手を支えたスタッフの皆さん、ご家族の皆さん、本当にお疲れ様でした。日々の練習から当日の運営まで、長期間にわたるご努力に心から敬意と感謝を申し上げます。

| | コメント (0)

2019/12/06

「広報ひがしうら」う・ら・ら 特集・・・「う・ら・らでGo!」

広報ひがしうらの12月1日号は、町運行バス「う・ら・ら」特集です。

Kouhou-urara20191201a 広報の表紙には「う・ら・ら」を通学に使っている小学生の写真。ページを開くと、ドカーンとまるで北海道の草原を走っているようなバスの写真。これ、新路線となった平池台上高根台間で撮ったものです。次のページからは、「う・ら・ら」の便利な使い方や、新路線で苦労したこと、利用者の皆さんからいただいているご意見などをわかりやすくまとめて載せてあります。

10月1日から「う・ら・ら」の新路線と新ダイヤがスタートしました。これからも皆さんのご意見をいただきながら「う・ら・ら」をより便利で使いやすい住民のおでかけ足として育てていきたいと思います。公共交通機関は皆さんが乗ってくださることによって成り立っています。これからもどうか「う・ら・ら」をご愛顧くださいますようお願い申し上げます。
 

Kouhou-urara20191201b
Kouhou-urara20191201c
Kouhou-urara20191201d
Kouhou-urara20191201e
Kouhou-urara20191201f

 
さて、広報ひがしうら10月1日号は、ごみ減量化特集「ごみを減らす。ごみを生かす。」 でした。これもドカーンと見開きでインパクトのある写真が使われていました。
 
いま、東浦町の広報紙は頑張っています。昨年度の広報ひがしうらは全国表彰も受けています。これも、読者の皆さんの応援や励ましの賜物です。引き続きわかりやすい広報、読んでいただける広報に努めて参ります。

| | コメント (0)

2019/12/05

景観コンテスト「古イイ 新しイイ ひがしうら」の入選作品発表

景観コンテスト「古イイ 新しイイ ひがしうら」の絵画&写真の入選作品発表と表彰式が先月、イオンホールで行われました。応募されてから遠方へ引っ越され、わざわざ表彰式にお出でになって、懐かしさでいっぱいだった方もいらっしゃったそうです。
受賞作品は、いま役場玄関ホールに展示されています。

Keikan-contest20191201a
Keikan-contest20191201b

 

| | コメント (0)

2019/12/04

12月定例議会が始まりました。

議場では以下のような開会のあいさつをさせていただきました。

 

 令和元年第4回東浦町議会定例会を招集いたしましたところ、議員各位の御参集を賜り、ここに開会の運びとなりましたことを、厚く御礼申し上げます。開会に当たりまして、一言御挨拶を申し上げます。

 先般の台風19号の豪雨により、各地で河川の氾濫、浸水害、土砂災害などを引き起こし、多くの死者や被災者が発生する災害となりました。お亡くなりになった方々の御冥福をお祈りするとともに被災された皆様にお見舞いを申し上げ、一日も早い復興をこころからお祈り申し上げます。
 本町では、総務省の「被災市区町村応援職員確保システムに関する要綱」に基づき、愛知県が栃木県栃木市の対口支援団体と決定したため、第1陣グループの10月25日から10月31日までの7日間、住家の被害認定調査に職員1名を派遣いたしました。また、宮城県柴田町には、「災害時における相互応援協定」に基づき、10月27日から11月11日までの16日間、現地での被災者への見舞金支給事務に職員2名を派遣したところでございます。
 
本町におきましても、巨大地震やゲリラ豪雨等の災害の発生が危惧されておりますので、災害予防、災害応急対策等の防災対策に万全を期してまいります。

 本定例会には、景観条例の必要性が低いと判断したためという理由により、東浦町景観条例の廃止が議員発議により提案されたところです。私は、特色のある観光資源はなくとも、その土地の特徴的な景観を守り育てていくことが、住民の誇りや居心地の良さ、住み甲斐に繋がり、ひいては、まちの価値を高めていくものと考え、都市と自然と歴史が調和するよう、住民の合意形成を図りながら、景観まちづくりを進めて参りました。
 具体的には、平成25年2月に景観法に基づく景観行政団体となり、平成28年4月には東浦町景観計画を策定し、平成28年12月議会において議員多数の賛同を得て、東浦町景観条例を制定することができました。条例施行後、約3年が経過いたしましたが、今後につきましても住民の皆様へ今まで以上に丁寧な説明に努め、意見交換等を重ねながら、景観に配慮したまちづくりを引き続き進めていきたいと考えています。
 景観条例の廃止は、東浦の根と狭間の地形からまちの景観を説き起こした魂のこもった景観計画を実行性のないものにします。また、景観法と景観計画との整合性がとれなくなるなど、景観条例の廃止の影響は、非常に大きいものであります。本町といたしまして、景観条例の必要性が低いとは思えません。議員の皆様におかれましても、今一度景観条例の必要性について改めてご理解いただきたいと思っています。

 次に、東浦高等学校が、来春の選抜高校野球大会での「21世紀枠」の愛知県推薦校に選ばれました。東浦高等学校硬式野球部は、2016年秋の県大会ではベスト8、今秋季県大会では、16強入りをしています。一時期は、部員不足による知多地区予選辞退や学校の統廃合が心配されましたが、地域の応援もあって県大会に出場しています。
 また、生徒が駅の掃除や老人ホームでボランティアをするなど地域と学校の連携が深まっています。今月開催の東浦マラソンでは、生徒たちが大会運営に協力してくれることになっています。そんな学校や野球部の地道な活動が評価されての推薦となりました。
 今後は、今月13日に東海地区の推薦4校が1校に絞られ、来年1月24日に全国9ブロックからの推薦校の中から21世紀枠の3校が決定されます。東浦高等学校が選出されることをオール東浦で温かく見守りたいと思います。

 さて、令和元年度一般会計補正予算でございますが、歳入歳出予算の総額にそれぞれ282万3千円を追加し、予算の総額を152億1,230万8千円とするものでございます。このほかの補正予算は、国民健康保険事業特別会計、土地取得特別会計、下水道事業会計及び水道会計でそれぞれ所要の補正を行うものでございます。

 その他の案件といたしましては、「人権擁護委員の推薦について」の同意案件を始め、「東浦町下水道条例の一部改正について」の議案などでございます。なお、本日配布させていただきました議案は、人事院勧告に準拠した「東浦町職員の給与に関する条例」等の一部改正及び条例改正に伴う補正予算についてでございます。それらを含めまして本定例会の当局からの議案は、合計15件でございます。

 議員の皆様には、よろしく御審議を賜りまして、御賛同いただきますようお願いを申し上げ、開会の御挨拶とさせていただきます。

| | コメント (0)

2019/12/03

年末の飲酒運転根絶キャンペーン

緒川駅東口、18時。中型バス2台と小型車両2台の「う・ら・ら」4台が集結。まもなく、それぞれが、上高根台東、平池台、長寿医療研究センター、刈谷駅南口に向けて出発します。

 Dsc05948800pnnDsc_6531800pnn

 
緒川駅前で飲酒運転根絶キャンペーン。師走のせわしい中、多くの皆さんに集まっていただきました。今日は議員の皆さんも参加。サンタさんもいました。

 Dsc_6533800pnnDsc_6535800pnn
 Dsc_6538800pnnDsc_6537800pnn

| | コメント (0)

2019/12/02

12月定例議会(令和元年第4回定例会)のお知らせ

明日から、12月定例議会が始まります。日程は以下の通りです。

 12月 4日(水曜日) 午前9時30分~ 本会議(議案の上程・説明)
 12月 5
日(木曜日) 午前9時30分~ 本会議(一般質問)
 12
月 6日(金曜日) 午前9時30分~ 本会議(一般質問)
 12月 9日(月曜日) 午前9時30分~ 本会議(議案質疑・委員会付託)

 12月11日(水曜日) 午前9時30分~ 経済建設委員会
 12月12日(木曜日) 午前9時30分~ 文教厚生委員会
 12月13日(金曜日) 午前9時30分~ 総務委員会
 12月20日(金曜日) 午前9時30分~ 本会議(討論・採決)

今回は、議員16人のうちの8人から一般質問の通告書が提出されています。いつも12人ほどの質問者があるのですが、今回は非常に少ないです。

一般質問の通告内容は、東浦町議会ホームページでご覧になれます。

 
令和元年第4回定例会の行政からの議案はこちらでご覧になれます。今回は、議員提出議案「景観条例を廃止する条例」案が提出されています。

「景観条例を廃止する条例」案は、一部会派から提出された議案です。3年前に議会で景観条例が可決され、景観まちづくりが進みつつある矢先の突然の廃止提案に驚きを禁じ得ません。景観条例が廃止されると景観まちづくりを進められなくなってしまいます。また、景観条例を廃止すると東浦町の景観条例は景観法に基づく届け出義務を大規模行為に限定しているため、この限定がなくなり、町内全ての建築行為について景観法上の届け出義務が発生してしまいます。提案理由は「必要性が低いと判断した」とあるのみで、一体何を根拠に必要性が低いのか、今廃止する影響をどのように考えているのか、全くもって不明です。このような不合理・理不尽な議案により東浦町景観条例が廃止されることはあってはならないと考えます。

| | コメント (0)

2019/12/01

「今夜は特別 於大公園で泊まろう!」を開催。於大公園はキャンパーで賑わいました。

土曜から日曜の朝にかけて「於大公園で泊まろう!」を開催しました。公園内でキャンプをするという企画がユニークな上に、宣伝も町内外にしっかりしたので、かなりの反響がありました。当日受付を含めてテント約50張り、百人以上の参加がありました。芝生広場をメインに公園内には大小、色とりどりのテントが立ち並びました。イベントの運営は於大公園の使い方を考えるワークショップのメンバー、若者会議のメンバーなど、この日のために集まってくれたボランティアスタッフと役場職員が力を合わせて行いました。

11時から夕方までは芝生広場の水上ステージで「おだフェス」を開催。若者を中心に子どもたちからオジサンまで、ロックバンドから合唱、ダンスまで、口コミで集まった13のパフォーマーが出演する野外音楽フェスティバルです。皆さんは、芝生の上で、テントの脇で、ステージから流れてくる軽快な音を思い思いに楽しんでいました。

 Dsc06320800pnnDsc06323800pnn
       Odafes20191130program

 
このはな館では、各務原から講師陣を招いて水ロケット教室を開催。説明を聞きながら水ロケットのキットを完成させ、野外で打ち上げをする、大人もはまる!サイエンス講座です。ロケットはペットボトルと紙コップとプラスチックフィルムから簡単に作ることができますが、そこには講師が長年試行錯誤してきたノウハウがいっぱい詰まっています。ロケットは水の反動で一直線に上昇した後、空気の抵抗を受けながらゆっくりと落ちてきます。最高速度は時速200kmを超えるそうです。

 Dsc06366800pnn78059188_434281917495331_596588585248672
 79104695_478580502764747_143930676280819Wr20191130153043_moment1000tnn

 
日没の後は星空観察会。この時期、西の空に見える月や木星や土星、それからプレアデス星団やアンドロメダ座大銀河などを望遠鏡を使って観察しました。子どもたちも「土星の輪が見えた~」「木星の縞模様が見えた~」と歓声を上げていました。

 Dsc06449800pnnDsc06452800nn
 Dsc06476800pnnDsc06509800pnn

 
夜になって、それぞれのテントで晩ご飯が始まりました。皆さん、それぞれに工夫を凝らして楽しんでいました。

 Dsc06485800nnDsc06490800nn
 Dsc06499800pnnDsc06501800pnn
 Dsc06504800pnnDsc06510800pnn

 
19時からキャンプファイヤーが始まりました。ボーイスカウト経験者が歌やゲームやフォークダンスで盛上げてくれました。

 Dsc06511800pnnDsc06517800nn
 Dsc06528800nnDsc06532800pnn

 
夜は少し冷えましたが、思いのほかぐっすり眠れました。朝起きると、もうボランティアスタッフが非常食(アルファ米)を蒸らすお湯を沸かしていました。私は白飯に卵をのせて食べました。こんな時の卵かけごはんは本当に美味しいと思います。

 Dsc06570800pnnDsc06651800pnn

 
自分たちでしっかり朝ご飯をこしらえているテントもたくさんありました。こうしてみてみると実にいろんなテントがあります。
今日もよい天気。紅葉が朝日に照らされて、朝の清々しい於大公園の雰囲気を満喫することができました。町外から来られた方が「手入れが行き届いて素敵な公園ですね」と仰っていました。

 Dsc06575800pnnDsc06578800nn
      Dsc06601800pnn
 Dsc06608800nnDsc06629800nn
      Dsc06666800pnn

 
於大公園で1泊キャンプの企画は、東浦町としても初体験です。上手くいくかどうか、参加者は集まるのか、当初は不安もありました。しかし、やってみたら、テントがひしめくほどの参加者がありました。こんなに公園で泊まってみたい方たちが居るとは意外でした。なおかつ、キャンプ慣れした皆さんが多く、マナーもとても良くて、ごみも散らかっておらず、朝は10時前に手際よく片付けて撤収されていました。公共施設ではトラブルが原因で禁止事項ができてしまったりすることがありますが、ありがたいことに今回はそんな心配は無用でした。
キャンプを愛好されている方々が少なからずいらっしゃることもわかりました。キャンプと言えば遠出をイメージしますが、於大公園はロケーションと風景が優れていることに加え、家から手軽に行けて、都合に応じていつでも帰ることができることや、家族や友人が現地集合で集まりやすいことも、この企画が人気を博した理由ではないかと思います。防災との組み合わせや、テントをもっていない人も参加出来るような企画は考えられないかという意見もいただきました。次回の予定はまだありませんが、参加者やスタッフからご意見をいただきながら今後の公園利用について考えていきたいと思います。
ボランティアスタッフの皆さん、役場職員の皆さん、皆さんの発想とチャレンジは大成功だったと思います。心から御礼申し上げます。

朝9時には、プレーリーダーさんたちがプレーパークの準備を始めていました。日曜日は10時からプレーパークがオープンします。プレーパークの利用者の中にも1泊キャンプに参加された方たちがいらっしゃったようです。

 Dsc066871200pnnDsc06688800nn
          Dsc06690800pnn

| | コメント (0)

2019/11/30

ルピナスバーに参加しました。いよいよ年末。

昨晩、地域の縁側 グリーン・ラソルピナスバーが開催されました。ルピナスバーとは、若年性認知症の方たちを囲む交流の場です。当事者と家族、介護施設の専門職や社会福祉協議会やNPO、役場の職員などが自主参加しています。町外から勉強に来ている介護関係者もします。料理は、すき焼き、ちゃんこ、豆乳鍋、トマト鍋、カレー鍋など、8種の鍋料理にデザート。おいしいものを食べるとみんな笑顔になります。話しも弾みます。
次の予定は来年3月10日だそうです。

 Dsc06288800nnDsc06291800tpnn
           Dsc06296800pnn

 
イオンモール東浦の玄関では自然環境学習の森で作った竹灯篭が点灯しました。イオンモールから飾り付けの提案があったそうです。店の中はすっかりクリスマス気分。いよいよ年末ですね。

 Dsc06299800pnnDsc06301800pnn
 Dsc06304800pnnDsc06305800nn

| | コメント (0)

2019/11/29

色づく街路樹と於大公園秋景

急に冷え込んで紅葉の季節になりました。

Momijiba-foo20191124a  

役場の前の道路の街路樹 アメリカフウ(モミジバフウ)が色とりどりに紅葉しています。

        Dsc05920800pnn

 

於大公園も青空の下で木々が色づいてきました。ナラ・カシ類が多いのでこのあと、茶色が強くなっていきます。

      Dsc06098800nn
      Dsc06079800pnn
      Dsc06085800pnn
 Dsc06099800pnnDsc06110800pnn
 Dsc06147800pnnDsc06151800pnn
        Dsc06178800pnn

 
11月30日(土)~12月1日(日)は、於大公園史上初のお泊まりイベント「今夜は特別 於大公園に泊まろう!」を開催します。
当日参加もOK。昼は野外音楽フェス、水ロケット教室。星空観察やキャンプファイヤーも予定しています。木々が色づく公園で光の変化を楽しみながら、スローな一夜を過ごします。

| | コメント (0)

«「65歳のつどい」のご案内