2018/12/14

東浦町のマンホールカードをリリースしました。

マンホールカードって、ご存じでしょうか?
各自治体のマンホールの蓋のデザインを記録したカードです。手に入れるには、その自治体まで行かねばなりません。東浦町は、衣浦湾のトビハゼと、それらを取り囲むように卯の花をデザインしています。役場上下水道課にて、今日からのリリースです。
詳しくはこちらをご覧ください。

Manhole_card_higashiura2018a

Manhole_card_higashiura2018b

似たようなコレクションとして、ダムカードもありますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/13

さらなる資源化を目指して

9月から始まった、家庭系ごみ処理の有料化の説明会(全86回)は、いよいよ残すところ以下の3回となりました。

  12月13日(木) 19時00分から 卯ノ里コミュニティセンター
  12月14日(金) 19時30分から 藤江コミュニティセンター
  12月15日(土) 10時00分から 県営住宅自治集会所 

この間、説明会配布資料の内容も若干ですが更新しています。
例えば、1月からさらなるリサイクルを目指して羽毛布団の回収を始めることにしました。ダウンを50%以上使用した布団については、役場の資源回収場所まで持ち込んでいただければ、燃やすことなくリサイクルに回せるようになります。

Umouhuton_kaisyuu_20190101

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/12

実葛(サネカズラ)をいただきました。

立派な実の付いたサネカズラをいただきました。庭になっているのだそうです。

よく見ると、小さなブツブツは、大きな紡錘状の実(集合果)の上に付いた螺髪のようなでこぼこであることがわかります。もっと熟すと、この1cm弱くらいのブツブツが単果としてポロッと落ちるのだそうです。

Dsc01720800tn

昔、蔓から採れる粘液を整髪に使ったことから、別名を美男葛(ビナンカズラ)とも言います。

サネカズラと言えば、百人一首の句

  名にし負はば 逢坂山の さねかづら
     人に知られで くるよしもがな

 現代語訳:
  恋しい人に逢える「逢坂山」、一緒にひと夜を過ごせる「小寝葛 (さねかずら)」。
  その名前にそむかないならば、逢坂山のさねかずらをたぐり寄せるように、
  誰にも知られずあなたを連れ出す方法があればいいのに。

を思い出しました。サネカズラのツタをたぐり寄せてあなたを連れ出したいというちょっとネバネバした恋の歌です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

晩王柑が熟してきました。

晩王柑(バンオウカン)が熟れてきました。土佐文旦の仲間だそうです。もう、木から落ちているのもあります。皮が厚くてちょっと剥きにくいですが、中に甘いグレープフルーツのような実が入っています。

Dsc01689800n

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/11

映画「ボヘミアン ラプソディ」

みんなが「泣けた」というので観てきました。
クイーンの結成からライブエイド、そしてフレディがエイズで亡くなるまでの物語。
久しぶりにブリティッシュロックの美曲をいっぱい聴けました。よかったです。

Bohemian_rhapsody_fb20181211_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018/12/10

年始のご挨拶を収録しました。

Dsc01869800tpn年末恒例。知多メディアスCATVの「年始のご挨拶」の録画撮りをしました。場所は、うのはな館(郷土資料館)。
メッセージは4分30秒。昨年は1200字ほどに抑えたの原稿をゆっくり読みましたが、今年は1400字ほどの原稿を速口で読みました。年明けに放映されます。
昨日は餅つき、今日は正月番組の収録、いよいよ年末らしくなってきました。

いま、郷土資料館では、企画展「知多四国八十八ヶ所と日本の巡礼」を開催中。来年1月20日(日)までです。
http://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/soshiki/shogaigakushu/bunkazai/ibento/1503195855241.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/09

餅つき、知多郡社会福祉大会など

石浜の県営住宅自治会の親子もちつき大会に参加。あんころ餅、大根おろし餅、美味しかったです。筋肉痛大丈夫かなあ。

 Dsc01832800n Dsc01838800tn
 Dsc01848800n Dsc01853800n
          Dsc01858800n

 

阿久比町で開催された知多郡社会福祉大会に出席しました。
東浦町社会福祉協議会 高齢者相談支援センター長の高見靖雄さんが、東浦町の生活支援体制整備事業について活動紹介をしました。以下、要約です。

 団塊の世代が75歳以上になる2025年を目途に、要介護状態になっても住み慣れた地域で自分らしい人生を最後まで送り続けられるよう、医療、介護、予防、住まい、生活支援が包括的に確保される体制「地域包括ケアシステム」の構築を実現する。支え合いによる地域包括ケアシステムの構築には、地域住民の互助が重要。
 外出支援、配食、家事援助、交流サロン、声かけなど、多様な主体による重層的な生活支援・介護予防サービスの提供体制構築にはコミュニティづくりが不可欠。
 東浦町地域福祉計画の基本理念は「みんなが 笑顔で 支え合う 集えるまち」、4つの基本目標は「居場所がある」「専門職の連携、福祉の相談窓口の充実」「地域の支えあいのネットワークがある」「誰もが福祉意識の高い、優しいまち」。地域福祉計画に沿って、社会福祉協議会の事業を再編した。
 生活支援・介護予防サービスの提供体制整備のために、第2層(中学校区レベル)生活支援コーディネーターの役割も持つコミュニティソーシャルワーカーとして社会福祉協議会職員3名を配置。健康、ひきこもり、生活困窮をはじめ相談件数が2,910件(平成29年度)あった。
 第1層(町全域)生活支援コーディネータに役場職員1名を配置。地域生活支援部会でちょっとしたお手伝いの担い手、居場所、移送を充実をめざしており、地域資源マップ「助さん」、生活支援サポーター「ひがしうら おすそわけ隊」、子ども食堂、認知症予防カフェなどの活動が始まっている。
 地域包括ケアシステムの構築により、地域共生社会を目指していく。

 
日本福祉大学社会福祉学部教授の原田正樹さんからは、「地域共生社会に向けた地域づくり」と題して、以下のような要旨の記念講演がありました。

 少子高齢・人口減少社会が進行している。1950年に8千万人だった人口が2004年のピークで1億2,779万人になり、2055年にまた8千万人近くになる蒲鉾形のカーブを描いているが、年齢構成は大きく異なり高齢者が激増する。高齢者の3割が要介護になると地域の社会資源は足りなくなる。
 2025年までに地域包括ケアシステムを構築し、一人暮らしで、認知症の、要介護2の人が地域で安心して暮らせるまちをつくる。土台として「我が事」として考える地域力が必要になる。インフォーマルと公的制度が噛み合ってあらゆることを包括していく。
 無縁社会の広がりで、高齢者の社会的孤立が進んでいる、自死は若者の死因のトップになった。生活保護受給者が増えている。かつてはお金はないけど人間関係は豊かだったが、今は人と人のつながりがない。あらゆる孤立は生きる意欲の喪失につながる。
 地域共生社会の実現のため、支え手と受け手に分かれるのではなく、地域のすべての住民が役割を持ち、支え合いながら、自分らしく活躍できる地域コミュニティを育成し、福祉などの地域の公的サービスと協働して助け合いながら暮らすことのできる仕組みを構築しなければならない。
 しかし、障害者差別解消法が施行される時代になっても、ネット上で相模原の障害者殺傷事件に肯定的な反応があった。こどものころからの福祉教育の必要性を感じる。
 「ふくし」とは、「ふだんの くらしの しあわせ」だ。毎日のふつうの生活を営むことは、基本的人権。健康で文化的な生活は、生存権(憲法25条)。しあわせ、個人の尊重は、幸福追求権(憲法13条)。そのためには平和と民主主義は欠かせない(憲法9条)。

 

平池台あたりから夕日を浴びた中央アルプスと御岳がクッキリ見えました。いつの間にか雪が積もっています。
それにしても今日は風が冷たいです。今年一番の寒さかもしれません。

Dsc018611000tn

Dsc018651000tn

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/08

ごみ処理有料化説明会の合間に

大府もちのき特別支援学校の文化祭「もちフェス」に行ってきました。今年の四月に開校した真新しい校舎です。ここに小学部、中学部、高等部の子どもたちが通学しています。

 Dsc01752800pn Dsc01744800n
 Dsc01755800pn Dsc01764800pn
           Dsc01773800n

 
“地域の縁側 グリーン・ラソ”の一周年記念「みんなでつくる ありがとう コンサート」に出席。
利用者やスタッフに限らない誰でも参加できるイベントです。
オープン一周年おめでとうございます。近頃、飲食が可能な居場所づくりが町内各地で進んでいます。きっと、“地域の縁側 グリーンラソ”の存在も大きく関わっているのだと思います。「まかないシェフランチ」「夜カフェ」「放課後ラソ」え・ほんカフェ」「寺子屋」など、民間ならではの発想で新たな交流の場となっているのがうれしいです。児童館の親子や街行く人達、ご近所さんや福祉関係者、みんながつながる「地域の縁側 グリーン・ラソ」は温もりの発信源。次は何をやり出すのか、ヒラメキにみんなが期待を寄せています。

 Dsc01791800tn Dsc01798800pn
           Dsc01806800tpn

 
新春文化展に出品するため書道の手ほどきを、例によって2時間ほど受けました。早い時点でちょっと筆が走るようになってきたのですが、それから進歩なし。で、この辺で作品とすることにしました。
崢嶸(そうこう)とは、山や谷の険しさのこと。転じて、人生の険しさを意味します。今、取り立ててそう言う心境にあるという訳ではありません。とにかく知らない字を書いてみたかったのです。

Dsc018131000ptn

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/07

この世で一番うまい食べ物

卵かけごはんほどうまいものは無い。これを食べるたびにつくづくそう思う。

Dsc01365800n

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/06

サイエンス講座「カタクチイワシの解剖教室」のご案内

カタクチイワシの煮干しの解剖教室。細かい手作業になるのでしょうか。

詳しくはこちら。
http://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/boshu/koza_kyoshitsu/7170.html#h_idx_iw_flex_1_1

Sciencekouza_kusuri_20181215

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/05

平成30年度住民懇談会のご案内

今年度も住民懇談会を開催します。住民懇談会は地域住民の皆さんと役場幹部や担当職員との意見交換の場です。平成26年度に始まり、これまで、「住民参加と協働」「これからの東浦」「地域福祉」など、その時々のテーマを設けて各地区ごとに行ってきました。昨年度はうららん地区児童館で「東浦でのびのび子育てをするために」をテーマに開催しています。

今年度のテーマは、景観と風景を活かし、育てるまちへです。
景観形成重点区域の4つの候補「明徳寺川を軸とする根と挟間の景観」「緒川の屋敷のまち並みの景観」「森岡のぶどう畑の景観」「生路の郷中のまち並みの景観」のあるところの近く(文化センター、森岡コミュニティセンター、生路コミュニティセンター)で開催し、まちの景観について思うこと、感じることを話し合い、東浦の景観を守り創り育てていく「景観まちづくり」について認識を共有できればと思います。

 12月15日(土) 10時から 文化センターにて
 12月15日(土) 14時から 森岡コミュニティセンターにて
 12月20日(木) 19時から 生路コミュニティセンターにて

住民懇談会について詳しくはhttp://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/soshiki/kohojoho/kohotokei/gyomu/kocho/konshinkai/30_jyuuminnkonndankai_1/7207.htmlをご覧ください。

Juuminkondankai20181215p

4つの景観形成重点区域候補のうち「明徳寺川周辺の景観」については、現在、景観まちづくり委員会で関係者と景観形成重点地区の指定に向けてルール作りのための話し合いをしているところです。「緒川の屋敷のまち並み景観」については名城大学と地域の参加で景観資源の調査を行っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/04

12月定例議会(平成30年第4回定例会)が始まりました

12月定例議会が開会しました。
開会あいさつでは、以下のことをお話させていただきました。
 

 「本定例会におきまして、「第6次東浦町総合計画基本構想の策定及び第5次東浦町総合計画基本構想の廃止について」を上程いたしました。
東浦町の向こう20年間の新たなまちづくりの指針となるものであります本計画は、人口減少、少子高齢化の進展等の社会環境の変化に対応し、「住民の方々が主体となったまちづくり」や「本町にあるものの強みを活かすという発想を持ったまちづくり」を行うことにより、将来像であります「つくる つながる ささえあう 幸せと絆を実感できるまち 東浦」の実現を目指す計画として策定いたしました。
 この総合計画の策定に際しまして、「まちづくりワークショップ」や「若者会議」などに多くの住民の方々が計画策定段階から参画をいただき、「総合計画審議会」では熱心かつ慎重な審議・検討をしていただきました。また、議員各位にも様々な視点から御議論、御指導をいただきましたことに感謝申し上げます。

 去る、12月1日に、愛・地球博記念公園で行われました「愛知万博メモリアル 第13回愛知県市町村対抗駅伝競走大会」町村の部において、東浦町チームが、3位入賞という輝かしい成績を収められ、住民の一人として大変うれしく、また、大変名誉なことと心から賞賛を贈りたいと存じます。これも、選手個人の日頃のたゆまぬ努力に加え、10月の出場選手選考会以降、合同練習で培われたチームワークと、監督、コーチを始めとする関係者全員の御指導、御協力の賜物と思っております。議員各位を始め、住民の皆様には、応援いただきましたことを心から感謝を申し上げます。

 来る、12月16日、日曜日には、「あいち健康の森公園」で、「第44回東浦マラソン」が開催されます。参加者につきましては、東京から福岡まで2,910名の方々にお申し込みいただいております。議員各位を始め住民の皆様には参加者を激励賜り、「第44回東浦マラソン」を盛り上げてくださいますようお願い申し上げます。

 さて、平成30年度一般会計補正予算でございますが、歳入歳出予算の総額にそれぞれ568万円を追加し、予算の総額を159億8,551万7千円とするものでございます。
 歳入では、平成29年度の事業費確定に伴う国庫支出金、県支出金の増額のほか、繰入金の減額が主なものでございます。
 歳出では、各款での人件費の調整、台風の影響による修繕費の他、民生費での児童発達支援給付事業費、保育等給付事業費、土木費での公共下水道事業費、防災費での消防水利事業費の増額、農林水産業費での農業振興関係事業費の減額などが主なものでございます。
 このほかに、繰越明許費、債務負担行為を追加しております。

 また、本日配布いたしました、一般会計補正予算(第5号)につきましては、小中学校普通教室への空調設備設置工事費、卯ノ里小学校屋内運動場屋根・床改修工事費及び平成31年4月から町が事業主体となり実施することとなった病児・病後児保育事業の準備ため、歳入歳出予算の総額にそれぞれ4億7,307万2千円を追加し予算の総額を164億5,858万9千円とするものでございます。

 特別会計の補正予算は、国民健康保険事業特別会計、土地取得特別会計、後期高齢者医療特別会計、下水道事業特別会計、水道事業会計の5件でございます。

 なお、本定例会には、「副町長の選任について」の同意を始め、「東浦町空家等対策協議会条例」の制定、本日配布いたしました、人事院勧告に準拠した「東浦町職員の給与に関する条例及び東浦町一般職の任期付職員の採用等に関する条例」の一部改正等、合計22件を提案させていただいております。

 
副町長の選任については、本日採決が行われ、全会一致で、年明け1月1日から篠田茂久 現 総務部長の副町長就任が決まりました。他の議案については、議会最終日(12月20日)に採決が行われます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/03

交通安全と飲酒運転根絶を訴えて

午前中はイオンモール東浦の中で、半田交通安全協会東浦支部、地域交通安全活動推進委員、半田警友会、老人クラブ緒川地区、愛知県民センター、半田警察署などの方々と交通安全キャンペーンでした。
夜はまたイオンモール東浦の飲食店街で、成田商工会長さん、交通指導員さん、半田警察署の方々と一緒に飲酒運転根絶キャンペーン。一軒ずつお店を訪ねて、ミニのぼり旗と配布用のウエットティッシュをお渡ししました。

Dsc017121000ppn

これから忘年会などでお酒を飲む機会が増えます。アルコールは少量でも判断力をなくします。少しくらいは大丈夫は絶対に禁物。飲んだら飲むな、乗るなら飲むなを繰り返し訴えていきます。東浦町は平成28年12月に「飲酒運転根絶条例」を制定しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月定例議会(平成30年第4回定例会)が始まります

明日から、12月定例議会が始まります。日程は以下の通りです。

 12月 4日(火曜日) 午前9時30分~ 本会議(議案の上程・説明)
 12月 5
日(水曜日) 午前9時30分~ 本会議(一般質問)
 12
月 6日(木曜日) 午前9時30分~ 本会議(一般質問)
 12月 7日(金曜日) 午前9時30分~ 本会議(議案質疑・委員会付託)

 12月11日(火曜日) 午前9時30分~ 経済建設委員会
 12月12日(水曜日) 午前9時30分~ 文教厚生委員会
 12月13日(木曜日) 午前9時30分~ 総務委員会
 12月20日(木曜日) 午前9時30分~ 本会議(討論・採決)

平成30年第4回定例会の議案は、12月4日の本会議で上程後にこちらでご覧になれます。副町長の選任、第6次総合計画基本構想の制定などの議案を上程することにしています。

今回は、議員16人のうちの14人から一般質問の通告書が提出されています。理事者(行政)側は通告内容に応じて、質問を各課に割り振り、各課で答弁書案を作ります。各課の答弁書案は部長以上の幹部でチェック、修正され、町長の最終チェックを済ませて答弁書が出来上がります。登壇での一回目の質問と答弁には台本(通告書と答弁書)がありますが、二回目以降の遣り取りはアドリブになります。
いつも10~12人の質問者があるのですが、今回は多いです。

一般質問の通告内容は、東浦町議会ホームページでご覧になれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/02

うの花音楽祭は大盛況

うの花音楽祭は大盛況。みんなで合唱する気持ちの良さが伝わってきました。
Gran' Pa、コーロ・ドマーニ、エヴァ with チャヤ、男声合唱団 Ein Prosit!、つなごういのち守る手合唱団 マ・モルテ、混声合唱団 ミューザヴォーチェ、ハーモニー東ヶ丘が出演、トリは東浦中学校合唱部、そのあと、参加者全員で合同合唱。ロビーでのお見送り合唱までありました。

Dsc01694800ptn

Dsc016961200ptn

Dsc01709_017101200tmpn

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/01

第13回愛知県市町村対抗駅伝競走大会は3位入賞.

愛知駅伝スタート前。おだいちゃんも応援に来ています。東浦のブースも出ています。

 Dsc_6379800n Dsc_6382800pn

さあスタート。出だしは6位でしたが、3区で8位から2位に躍進、それから2~3位を競り合い、3位入賞でゴールしました。残念ながら、阿久比町、東郷町にはかないませんでした。阿久比は3区から9区まで1位独走でした。

阿久比町は1時間35分8秒で市町村総合13位、東浦町は1時間40分15秒で市町村総合31位でした。阿久比町が速かったと言っても、平成24年・25年頃の東浦町の記録1時間33分~34分、市町村総合7位には及びません。しかし、少なくとも優勝するには1時間35分台、市町村総合13位くらいで走る実力がないといけないことを過去のデータも物語っています。
帰りがけに阿久比の方々にお会いしたので「阿久比はぶっちぎりで速いですね」と話しかけたら、阿久比の方が「かつて背中の見えない東浦をキャッチアップしてここまでになった。阿久比はそうしてきた。今度は東浦の番だ。」と言う意味のことを仰っていました。

Dsc01642800pn

Dsc01654800t2n

Dsc01671800ptn

Ekiden20181201a021200ptn

帰ってから選手、スタッフ一同で恒例の報告会を開催しました。この報告会で、いつも良いなあと感銘を受けるのは選手とスタッフの振り返りのインタビューです。小学生から大人までの選手とサポートの選手が口々に、「このチームが好きだ。来年もこのチームで走りたい。来年こそは、一人ずつタイムを縮め合って優勝したい。」と語っていたのが印象的でした。駅伝はチーム力。せっかくの良いチーム、来年は力を合わせて再び連勝への第一歩を印したいものです。
選手の皆さん、選手を支えたスタッフの皆さん、ご家族の皆さん、入賞おめでとうございます。また、本当にお疲れ様でした。日々の練習から当日の運営まで、長期間にわたるご努力に心から敬意と感謝を申し上げます。
Dsc016831000ptn

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/30

こどものまち東浦 にこにこタウン のご案内

「こどものまち」とは?

子どもたち自身が主役「まちの住民」になり「遊びと体験」をとおして、まちをつくり、社会の仕組みを学びます。
そこには・・・銀行、ハローワーク、警察、食べ物屋さん、ゲームセンターなど、子どもスタッフが考え運営するさまざまなものがあります。
「まち」で働いたり遊んだりして本物の「まち」さながらの体験をしよう!

12月8日(土)・9日(日) 13時から、文化センター全館を使って開催します。

対象は、小学生~中学生です。「こどものまち」なので、保護者の方の入場はできません。

事前申込みの必要はありません。両日とも、12時30分から受付を開始します。場合により、入場をお待ちいただくことがあります。
参加費は、2日間で300円(1日でも300円)です。

詳しくは、http://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/soshiki/shogaigakushu/shogaigakushu/event/6622.htmlをご覧ください。

Nikonikotown20181208

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/29

景観形成重点区域(明徳寺川周辺景観形成重点区域候補)意見交換会を開催

東浦町では、2016年4月に景観計画を定め、2017年4月から景観条例を施行、町内全域について(500㎡超の開発、高さ10m超・床面積1000㎡超の建物、水平投影面積1000㎡超の太陽光発電設備などの)大規模行為を届出制にするとともに、「明徳寺川を軸とする根と挟間の景観」「緒川の屋敷のまち並みの景観」「生路の郷中のまち並みの景観」「森岡のぶどう畑の景観」4つの景観形成重点区域候補を定めて東浦に特徴的な景観を守り育てていくこととしています。これらのうち「明徳寺川周辺の景観」について、現在先行して景観形成重点区域としてのルール案作りを進めているところです。
まちとして住民の皆さんとともに景観に配慮していくことは、まちの誇りや魅力を引き出し、住んでみたいまちとして選ばれるまちになるためにとても重要な要素であると考えます。まだまだ景観への市民的な理解が少ない日本において、早期に景観に配慮し、市民的な合意と共通認識をつくっていくことが大切です。歴史的な建物に限らず、地形を含む自然景観、農業景観、都市的景観から、見苦しい広告物やごみのない美しいまちまで、皆さんとともに町のたたずまいを整えて、エリアとしての価値を上げていきたいと思います。

この日は、夜7時に、地元農業者、明徳寺川の自然を守る会の皆さんなどこのエリアの関係者に集まっていただき、ワークショップ形式で、地域で守りたい景観・誇れる景観、直したい悪い景観などを出し合い、このエリアにどんなルールが必要か意見交換を行いました。

 Dsc01624800n Dsc01629800n

Dsc01630800n

今回、参加された景観まちづくり委員のお一人が、まちづくりのワークショップについて、facebookにこんな感想を書いておられるので、紹介します。
この捉え方は、おもしろいと思うし、ワークショップ(WS)を開催する側として、開催者冥利に尽きると思います。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そこで回を重ねるにつれて自覚したことは、自分の意見が社会の共感を得ることが出来ればそのまちづくりの計画の一部としてささやかであるが採用されるかもしれないということだった。そうなると積極的にそのまちづくりについて考えるようになり、何よりこれまで知らなかった人々との対話が楽しくなってくる。WSはある意味まちづくりの結果を求めようとするものである一方、そのプロセスを日常生活の中で知らない人と対話するサロンのような場で楽しむ生活の一部であるように思う。

参加しながら徐々に「自分のまちは自分でつくる」という今の時代では当たり前の「町民の自覚」が芽生える場所だ。
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ここで、これまでの東浦町の景観まちづくりの歩み(ブログ記事から新しい順)をまとめておきます。

 平成30年度第3回景観まちづくり委員会
 http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2018/09/303-486c.html

 緒川の屋敷地区の景観調査
 http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2018/05/post-e31e.html

 景観「まちの絵コンテスト」表彰
 http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2017/11/post-4199.html

 美しい愛知づくりシンポジウム
 http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2017/10/post-a1e5.html

 景観「まちの絵」コンテスト の作品募集中!
 http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2017/07/post-2758.html

 平成29年度第1回景観まちづくり委員会
 http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2017/05/29-b345.html

 12月定例議会(平成28年第4回定例会)が閉会しました。
 http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2016/12/284-b9aa.html

 議会経済建設委員会で景観条例の審議
 http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2016/12/post-720b.html

 『景観「まちの絵」コンテスト』の表彰式と応募作品の展示
 http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2016/11/post-10d2.html

 第1回 景観まちづくり委員会を開催。景観「まちの絵」コンテストの作品を募集中!
 http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2016/07/post-c240.html

 東浦町景観計画を策定しました
 http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2016/05/post-def7.html

 第10回 景観計画検討委員会
 http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2015/12/10-e4ad.html

 「コンパクトなまちづくり計画(案)」と「東浦町景観計画(案)」に対するパブリックコメントを募集中!
 http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2015/11/post-87c3.html

 景観フォト&エッセイコンテスト
 http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2015/10/post-c912.html

 「ひがしうらの景観を考えるシンポジウム」を開催しました。
 http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2015/07/post-01e7.html

 景観計画検討委員会(第8回)など
 http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2015/07/post-44b3.html

 ひがしうらの景観を考えるシンポジウム『ひがしうらの「まちの顔」って何ですか?』 のご案内
 http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2015/07/post-8536.html

 景観フォト&エッセイコンテスト のご案内
 http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2015/06/post-94d6.html

 第7回 景観検討委員会
 http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2015/06/post-70bd.html

 第5回 景観計画検討委員会
 http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2015/01/post-79b6.html

 第3回 景観計画検討委員会
 http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2014/10/post-4991.html

 第1回 景観計画検討委員会
 http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2014/07/post-7dd6.html

 景観計画検討委員会の委員を公募しています。
 http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2014/04/post-d6e8.html

 第5回 景観計画策定のワークショップ
 http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2013/12/post-ed68.html

 景観講演会を開催しました。
 http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2013/09/2013-47d0.html

 「景観計画策定のワークショップ」のレポート と 「景観講演会」のお知らせ
 http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2013/09/post-3697.html

 東浦町景観講演会「景観のあるまちづくり」のご案内
 http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2013/08/post-10f6.html

 景観計画策定のワークショップ参加者募集中!
 http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2013/07/post-02eb.html

私は、議員を務めていたころから我が国の地域の景観に対する無頓着さに問題意識を持っていました。たとえ観光資源になるようなものがなくとも、その土地の特徴的な景観を守り育てていくことが、誇りや居心地の良さや住み甲斐につながり、ひいては、まちの価値を上げていくことになるのだと思うからです。
折りしも、国がインフラ整備等について量から質への転換を打ち出し、美しい国づくり政策大綱を公表、平成16年に景観法が制定されました。
自分の政策集の中にも、都市と自然と歴史が調和するよう、住民の合意形成を図りながら、美しいまちの景観づくりを進めることを謳っています。
東浦町は、平成24年12月に景観法に基づく景観行政団体となり、景観まちづくりを進めているところです。平成25年度からは、地区代表者や公募住民からなるワークショップを開き、住民の意見を集約し、それをもとに住民と専門家からなる景観計画検討委員会で長い時間をかけて景観計画を議論してきました。景観講演会や景観計画検討委員会の中間報告、また「景観フォト&エッセイコンテスト」や「まちの絵コンテスト」などを通じて、東浦町の景観まちづくりを住民のみなさんにお伝えする努力をしてきました。
景観行政の本質は、景観法に基づき策定された景観計画の中身にあります。そういう意味では、東浦町景観計画は、東浦の根と狭間の地形からまちの景観を説き起こした魂のこもった力作だと思います。この景観計画を推進することにより、都市と自然と歴史が調和するよう、住民の合意形成を図りながら、美しいまちの景観づくりを進め、まちの価値を高めていきたいと考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/28

第12回 全国校区・小地域福祉活動サミットin豊中のご案内

第12回 全国校区・小地域福祉活動サミットin豊中のご案内をいただきました。

2019年1月12日(土)豊中市立文化芸術センター・市立第一中学校・市立中央公民館にて。
小学校区や中学校区などの小地域で、地域福祉活動に取り組む実践者が集う交流会。
「一人も取りこぼさない」「すべての人に居場所と役割を」「支えられていた人が支え手に」「排除から包摂へ」を合い言葉に!

詳しくはhttps://www.toyonaka-shakyo.or.jp/news/第12回全国校区・小地域福祉活動サミットin豊中の-3をご覧ください。

Zenkokukoukusyouchiiki20190112a

Zenkokukoukusyouchiiki20190112b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/27

愛知駅伝 東浦チーム紹介

いよいよ、今度の土曜日(12月1日)は、愛知万博メモリアル 第13回愛知県市町村対抗駅伝競走大会です。
東浦町は、2015年に六連覇を達成した後、2016年は準優勝2017年は3位となっています。さて、今年は復活なるか!
皆さんの熱い応援をお願いします。

Aichiekiden20181201team

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/26

平成30年度「65歳の集い」のご案内

お仕事などで活躍されていた皆さんが現役を退いて、地域に根付こうとする際、ともすると地域とのつながりが希薄でなかなか地域に入っていきづらい現状が見受けられます。65歳の集い(65歳成人式)は、この現状を少しでも改善するため、仲間づくりや地域参加へのきっかけとなればと、平成27年度年度から開催しています。町から業務を委託された65歳の当事者の皆さんからなる実行委員会が企画運営を担っています。

65sainotsudoi20190119

 
これまでの、65歳の集い(65歳成人式)の様子は、こちらをご覧ください。

平成27年度 65歳成人式
http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2015/12/post-08a6.html
大棟耕介さんの講演
http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2015/12/post-0c82.html

平成28年度 65歳成人式
http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2016/12/2-f582.html
養老孟司さんの講演
http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2016/12/no-9bf7.html

平成29年度 65歳成人式 と 堀尾正明さんの講演
http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2017/12/post-2167.html
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/25

立川平林さんの真打昇進披露宴

10月末のことです。上野の東天紅本店で、東浦町出身の落語家 立川平林さんの真打昇進披露宴が開かれました。落語家はもちろん、芸能人をはじめ、地元の縁者20人ほどを含めた350人ほどがお祝いに集まりました。私もお招きをいただきました。私は芸能人に詳しくありませんが、杉本彩さん、毒蝮三太夫さん、何でも鑑定団の北原照久さんなどがいらしていました。
前もって平林さんから「地元を代表してあいさつをして欲しい」と頼まれて、噺家の居並ぶ中でお話しをするなんてそんな恐ろしいことを何と言って断ろうかと思っていたら、「披露宴のお土産に地元のお酒を配ろうと思う。町長はお酒が好きだから地酒の話をしてください。」と言われました。それはサケて通れないと言うことで、お引き受けさせていただきました。
祝辞では、地元東浦のこと、石浜の苗字のこと、知多半島のお酒のこと、原田酒造の「若水」のこと、平林さんと初めてお会いしたときのことなどをお話しさせていただきました。芸能人の皆さんが、中央すぐ近くの席で、表情豊かに頷きながら聞いてくださるので、とても話しやすかったです。さすが、プロは話しやすい雰囲気づくりをわかってらっしゃると、感心しました。

かつて平林さんに初めてお会いしたとき、とにかく一所懸命な人だなという第一印象を持ちました。その後、安木節で日本一になったと町長室に来てくれて、どじょうすくいを一対一で見せてくれました。すごく贅沢ですよね。防犯落語などにも挑戦されて、そんな努力の積み重ねの上に今の平林さんがあるのだと思います。今でもこまめ地元に帰って来られて、気軽に師匠の落語が聴けるわたしたちは幸せ者だと思います。どうかさらに芸をきわめていただきたいです。真打昇進本当におめでとうございました。

45238245_966991373485588_6546196149

45085095_169445550670927_4640894660

Dsc00340800pn

Dsc00345800tpn

Dsc00352800pn

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/24

3連休中日、卯ノ里小学校ホリデースクール「プログラミング講座」、第9回おだい市&東浦セミナーなど

卯ノ里小学校ホリデースクール「プログラミング講座」を覗いてきました。
フリーソフト「スクラッチ」を使い、ブロック状のプログラムを組み立てて、画面上で猫やリンゴなどのキャラクターを動かします。私もいじっていたら、隣にいた子どもたちが指導してくれました。IF文を使ったり簡単な演算もすることができます。

Dsc_6362800pn

 Dsc_6365800pn Dsc_63661200pn

 
緒川コミュニティセンターで開かれている泉総合美術展(浦山さん門下の書道展)に行ってきました。
自分も写真を2つ展示させてもらっています。左側の写真は秋の奥志賀林道。右側の人の顔ほどもある大きな果物は、鹿児島産のザボンです。

Dsc01385800n

 Dsc01370800n Dsc013741000pn
 Dsc01373800pn_2 Dsc01377800tppn

 
行ってきました。第9回おだい市&東浦セミナーへ。
駐車場や和室エリアまで店が並んで、キッチンカーも充実。
午後からでしたが、セミナーをびっしり聴きました。東浦フィルは手始めにくるみ割り人形の序曲を演奏。いつか、フルで組曲を聴きたいものです。「武豊線と衣浦臨海鉄道」は、ややマニアックなお話しながら満席。最後に「天白遺跡」のレクチャーを聴きました。

 Dsc014211000pn Dsc01396800pn
 Dsc01395800pn Dsc01399600pn
 Dsc01407800pn Dsc01393800pn
 Dsc014261000pn Dsc01434800pn
 Dsc014171000pn Dsc01423800pn
 Dsc01428800pn Dsc014401000pn

 
郷土資料館(うのはな館)秋の企画展 「すごいぞ、知多の酒」は、明日までの開催です。
うのはな館には、「試飲ありますか?」とか「即売してますか?」みたいなお問い合わせがあるそうですが、残念ながら、売ってません、飲めません。

知多半島では酒造りが盛んで、江戸時代には船で江戸に運ばれました。灘や伊丹をはじめとする上方酒に人気がありました。それに次いでこの地域の酒も「中国酒」として江戸で多く飲まれました。知多の酒は江戸向けの酒だったのです。江戸・明治時代の知多半島の酒蔵、酒造り、江戸への船の様子などを当時の史料から追い、知多の酒のすごさを紹介しています。

 Dsc01441800pn Dsc01443800pn
 Dsc014441000pn Dsc014451000pn
           Dsc01446800pn

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/23

ほしのまあワークショップ『おりじなるおえかきーほるだー』@図書館

東浦出身のイラストレーター“ほしのまあ”さんによる特別ワークショップで、オリジナルお絵かきキーホルダーを作りました。代わる代わるやってくる子どもたちひとりひとりに笑顔でアドバイス。よむらびも大きな手で色鉛筆をつかんで器用に塗り絵をしていました。

Dsc01337800pn

Dsc01340800pn_2

Dsc01330800pn_2

ほしのまあさんが描いた町制70周年記念イラストポスターは見ていてワクワクします。今日まで気がつきませんでしたが、70年にちなんで70匹の動物が描かれているのだそうです。恐竜とかはいないそうです。実在の動物を図鑑で調べたとのことです。

32446733_987754238067273_8217654196

ところで、これはどこを描いたものかはおわかりですよね。
桜色の並木と川。輿に乗った行列。上の方にはドーム型の建物。水色のバスも走っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

身近な秋を切り取ってみました。

町内で撮りました。

Dsc01353800n

Dsc01328800n

Dsc01356800tn

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/22

日光の紅葉

11月初旬の日光の紅葉です。男体山→中禅寺湖の出口→華厳の滝→いろは坂→輪王寺と下っていきます。
そろそろ里にも紅葉が降りてきますね。

Dsc00485800n

Dsc00482800tn

Dsc004921000n

Dsc00470800n

Dsc00477800tn

Dsc00546800tpn

Dsc00541800tn

Dsc00579800n

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/21

家庭系可燃ごみ処理有料化説明会を開催しています。

東浦町では来年の4月1日から、家庭系可燃ごみ処理の有料化を実施します。これは、住民の皆さんにご負担をお願いすることですので、ごみ処理有料化の目的、そして具体的な実施方法などをできるだけわかりやすくご説明すべく、9月から各地区で順次、説明会を開催させていただいているところです。同時に、ごみ処理有料化の大きな目的の一つであるごみの減量化についても参考になるお話しをさせていただき、ご協力をお願いしています。

私も、これまで、40回以上の説明会に出席しました。よくいただく質問の中には、例えば以下のようなものがあります。いただいたご質問と回答については、整理して町ホームページにて公表する予定です。
 

Q: 有料化が決まってから初めて有料化されることを知った。事前に説明会などを開くべきではなかったか?
A: これまで、各地区の代表者が出席するごみの分別と減量をすすめる会環境審議会で、ごみ処理有料化を手段とする家庭系ごみ減量化実施計画について議論してきました。町議会の全員協議会においても計画の概要について説明してきました。また、できあがった家庭系ごみ減量化実施計画案についてパブリックコメント手続きを行い、幅広くご意見をいただいています。その上で、本年6月の町議会にて有料化の議案を可決していただいています。これらの一連の流れは、町ホームページや広報等でアナウンスしています。有料化が決定する前に各地区で具体的な事前説明をすることは無理があると思います。

Q: 東部知多クリーンセンターを共同で運営している大府市、豊明市、阿久比町と足並みをそろえることはできなかったのか?
A: 基本的には、ごみの収集・運搬については、各自治体が独自に行っています。有料化を進めていくことについて2市2町で話し合いはしましたが、結果として東浦町の合意形成が先行しました。

Q: ボランティアで住宅の周辺のごみや落ち葉を拾っている。課金されるとボランティアがし辛くなるのでは?
A: 2人以上のグループでアダプトプログラムに登録をお願いします。地域や有志のボランティア活動については、町からゴミ袋や掃除道具をお渡しします。

Q: ごみの出し間違えやルール違反、不法投棄への対処は?
A: 広報はもちろん、新たに製造するごみ袋、ごみステーションなどでもごみ袋が半透明白色に変わることなどを周知します。ごみの分別表も新たに作ります。ごみステーションでルール違反を見つけたときは収集1回分は張り紙をつけて放置します。悪質な場合は中身を調査します。不法投棄については監視員が巡回しています。

 
これから12月にかけて、残り20回以上の地区説明会を予定しています。まだ参加されていない方はぜひご参加ください。

 one家庭系可燃ごみ処理有料化について

 two説明会配付資料

 three説明会の開催日程
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

県議会建設委員会への要望

愛知県知多建設事務所にて、県議会建設委員会の議員の方々に対して、知多5市5町の首長から、各自治体における県事業について要望をしました。
東浦町からは、都市計画道路知多刈谷線(緒川~緒川新田)と名古屋三河道路(西三河知多アクセス道路構想と統合)、そして、県道名古屋碧南線の境川橋ほか3橋の架け替えについて要望しました。いずれも、脆弱な東浦町の東西交通と西三河とのアクセスに関することです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/11/20

第9回 おだい市&東浦セミナー のお知らせ

第9回 おだい市&東浦セミナーが、11月24日(土) 10時~16時に、勤労福祉会館全館を使って開催されます。

今回は過去最大の出店があるそうで、和室エリアでもおだい市、駐車場では野外マルシェがオープンします。
もちろん、キッチンカーも出てフードも充実。

Odaiichhigashiuraseminar20181124

Odaiich_20181124

Higashiura_seminar_20181124f

これは公共施設を使った民間有志の企画ですが、東浦セミナーの枠を借りて役場スタッフによるセミナープログラムも入れてもらっています。例えばこんなのがあります。ぜひご参加ください。

 ・みんなあつまれ!ドーンとやってみよう!
    10:15~ by児童課

 ・フックスマイストリート
    11:15~ by土木課

 ・親子で親しむ読み聞かせ講座
    11:15~ by中央図書館&総合ボランティアセンターなないろ

 ・おすそわけ隊のすゝめ ~体験!おすそわけ隊~
    14:15~ by福祉課&社会福祉協議会

 ・武豊線と衣浦臨海鉄道
    14:15~ by生涯学習課

 ・東浦で発見! 弥生時代・古墳時代の村「天白遺跡」
    15:15~ by郷土資料館(うのはな館)

お昼にはWind Bell、午後一には東浦フィルハーモニー管弦楽団によるコンサートもあるそうです。

詳しくは、https://www.facebook.com/odaiiti/をご覧ください。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夕景

日没が本当に早くなりました。役場の屋上から見た夕暮れです。

Dsc01320800tn

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«急に寒くなりました。今日は公共交通会議などがありました。