フォト
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

ウェブページ

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005年8月の記事

2005/08/31

今日で8月も終わり

きょうで8月も終わり。
子どもたちの夏休みもおしまいです。

昨日からめっきり涼しくなりました。きのうの夕方は25度くらいでした。

今年は、一度も冷房を使わずに済みそうです。

8月の思い出を振り返ってみると

 

---温泉旅行---
まとまった休みはとれませんでしたが、2泊3日で秋田・岩手の温泉に行ってきました。
特に圧巻は、秋田県の川原毛大湯滝。
川原毛地獄から流れ出した温泉の川が、二筋の滝をつくっています。
向かって左側は、3~4段の滝になっていて、それぞれの滝壺で入浴可能。
向かって右側は、直接一段で落ちています。こちらは、水勢が強くて近づくのが大変です。
お湯はちょっと熱め。酸性が強いので飛沫で目が痛いです。
駐車場から15分ほど急坂を降りないといけませんが、結構人が来ています。
生まれたままの姿で入浴するのが一番気持ちが良いのですが、水着を持っていったほうが良さそうです。それから、目が痛いので、ゴーグルもあったほうがベターでしょう。
ちなみに、私はタオル一枚でした。みんな水着で入っている中で、ちょっと勇気が要りました。

県道脇で沸き上がる温泉(泥湯温泉付近)・・・道路の下でも何かグツグツいってそうな・・・
CCI00015dry1 IMGP1523sizech

川原毛地獄
IMGP1520sizech

温泉の川に沿って下る
IMGP1512sizech

川原毛大湯滝が出現
CCI00010kwrk1sizech

CCI00010kwrk2sizech CCI00010kwrk3sizech

 

---おまけ---
温泉に行く途中に「じゅんさい池」の看板を見つけました。
ジュンサイは私の大好物。
半信半疑で池をのぞいたら、本当にありました、池一面のジュンサイが。

おばあさんが、船を操ってジュンサイ採りをしています。
もう時期はずれだけど、自分で食べる分を採っているのだそうです。
CCI00015dry2

私も一株持ち帰って金魚のカメで育てています。
来春が楽しみです。
IMGP1630sizech

 

---ふるさときゃらばんミュージカル「どんどんどんどん」---
愛知万博モリゾー・キッコロメッセであったミュージカルの公演を見に行きました。
テーマは環境?? どんなストーリー展開になるのか期待していたのですが、国土交通省御用達のダム・高速道路・橋梁建設礼賛のメッセージ一色でちょっとがっかりでした。
CCI00009hsk

 

---ゴッホ展---
愛知県美術館で開かれているゴッホ展に行ってきました。
バブル期に保険会社が高額落札したあの「ひまわり」も見られるとあって閉館間際でも、結構な人だかりでした。さすが夏休み。子ども連れが目立ちます。よほど混むらしく、チケットも1階で買って専用エレベーターで会場まで上がらなくてはなりません。
会場に行くと見覚えのある絵があちこちに展示してあります。さすが色と絵の具のデコボコは、実物でなければわかりません。
これだけゴッホのコレクションが見られるのは一生のうちでもそうそうないのではと思います。
CCI00016gogh

2005/08/30

厄松池と切池の水質は (8月分)

8月30日にため池の水質を調べました。

厄松池は草が生い茂っています。
池にアオコは浮いていないし臭いもしませんが、小さな藻が発生していて池の水を採ると薄い緑色をしています。
まだ小さいながらホテイアオイの群落ができつつあります。

厄松池のようす
IMGP1610sizech


COD(化学的酸素消費量) 20ppm
溶存酸素            6ppm
リン酸イオン           0.1ppm
硝酸イオン           10ppm
アンモニウムイオン       0.5ppm

IMGP1615sizech

IMGP0741sizech

 
 
 

バイパス水路のパイプが詰まって、バイパスの役目を果たしていません。家庭排水がそのまま池に流れ込んでしまっています。
バイパス水路は、普段は家庭排水が池に入らずに、雨で水量が増えたときに雨水が池に入ることを目的に作られています。バイパス水路は今年の3月に掃除をしたところなのにもう詰まってしまいました。池の水を少しでもきれいにできたらと設置したのですが・・・。

 バイパス水路の働き

bypatha1

bypathb1

bypathc1

①バイパス水路のない場合  ②バイパス水路のある場合  ③雨で増水した場合


切池のようす
IMGP1619sizech

COD(化学的酸素消費量) 13ppm
溶存酸素            4ppm
リン酸イオン           0.1ppm
硝酸イオン            5ppm
アンモニウムイオン       0.4ppm
 

2005/08/26

朝顔が咲きました(その2)

アサガオが咲いています。
今度は、赤いのもあります。

IMGP1600sizech

2005/08/16

ハイビスカスが咲きました

ハイビスカスが咲きました。

もっと早く開花しても良いはずですが、
玄関で越冬して、凍えから立ち直るまで時間がかかるようです。

IMGP1595sizech

2005/08/13

朝顔が咲きました

アサガオが咲きました。
毎年、同じところに種がこぼれて、真夏に花を咲かせます。
色が一種類なのがちょっと寂しいところです。

IMGP1544sizech

2005/08/12

ハスの葉は水をはじく

蓮の葉は水をはじいて、決して濡れることはありません。
シャワーで水をかけても、水玉になってはじかれてしまいます。

IMGP1549sizech

IMGP1553sizech2

IMGP1554sizech2


IMGP1558sizech2

IMGP1559sizech

IMGP1560sizech


おそらく表面に小さな毛が生えているためだと思うのですが、とにかく不思議です。

IMGP1534sizech








蓮の茎は、ストローのように穴が空いていて、吸ったり吹いたりできます。

IMGP1532sizech

IMGP1531sizech








蓮の茎を輪切りにしたところです。

IMGP1538sizech

2005/08/04

桃の実が大きくなってきました。

実生で生えたモモの実がだんだん大きくなって色づいてきました。
消毒も袋もかけずに放っておいたのですが、鳥にも虫にも食われずに残りました。
ひとつとって食べてみたら、とても甘い。でも、味と香りは???

IMGP1483sizech

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »