« 志賀高原で初滑り | トップページ | うちでもたくさん積もりました。 »

2005/12/18

帰りは悲惨、腹立たしい高速道路

志賀は予報通り、吹雪に。
ポール練習は中止。それでも、西館、ジャイアントなど、動いているリフトを使って、3時ごろまで新雪滑りを楽しみました。

帰りがけには、雪は小降りに。
長野県内の高速道路も順調です。

ところが、
岐阜県内に入って恵那インターを過ぎたあたりから通行止めの表示が・・・。雪も積もっていないのに通行止め?? 長野県内は全く問題なかったのに!
ラジオでは、瑞浪-小牧JCと東海環状道が通行止めとのこと。でも、本線は閉鎖されていないし、周囲の車もどんどん先に進んでいるので、行けるところまで行くことに・・・。とうとう、土岐南でパトカーが本線をふさいでいて、高速を降ろされてしまった。
さて、山の中で降ろされて、困り果てる。多治見や瀬戸の街中を通れば渋滞に巻き込まれるだろうし。結局、藤岡を経由して豊田に出ることに。山の中の狭い道には見る見るうちに雪が積もりはじめた。他の車が雪道の用意をしているかどうか?志賀高原の雪道よりも不安だ。

あのまま高速を走っていれば、30分ほどで豊田に着けたのに、まったく腹立たしい。
名古屋近郊の高速道路は、雪が少しちらついただけで、すぐに通行止めだ。
「高速道路の安全確保」のつもりだろうが、下道に降ろされるほうがはるかに危険だ。まるで、自らの責任を回避して、一般道路に危険を輸出しているようなものだ。
なるほど、通行がなければ事故はゼロだろうが、それでは道路としての責任はまっとうできない。

|

« 志賀高原で初滑り | トップページ | うちでもたくさん積もりました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80448/7791042

この記事へのトラックバック一覧です: 帰りは悲惨、腹立たしい高速道路:

« 志賀高原で初滑り | トップページ | うちでもたくさん積もりました。 »