« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月

2006/03/28

厄松池と切池の水質は(3月分)

3月28日、午後4時半の気温13℃、水温16℃、天気は曇り。


厄松池のようす
Imgp2282sizech


COD(化学的酸素消費量)  8ppm
溶存酸素            4ppm
リン酸イオン           0.5ppm
硝酸イオン            2ppm
アンモニウムイオン       4ppm

 
岸の近くでは、ガマやカキツバタが新芽を出し始めました。
Imgp2289sizech

 
 
 
 
 

芽吹き始めた柳の木は黄色く輝いて見えます。よーく見ると小さな黄色い花がいっぱいついています。
Imgp2293sizech

 
 
 
 
 

桜の開花までもう一息です。
Imgp2279sizech

 
 
 
 
 

この鳥は何でしょうか?  鵜かな?
Imgp2296sizech

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

切池のようす
Imgp2298sizech

COD(化学的酸素消費量)  6ppm
溶存酸素            2ppm
リン酸イオン           0.5ppm
硝酸イオン            1ppm
アンモニウムイオン       2ppm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/27

白木蓮が咲きました。

モクレンが満開です。
Imgp2271sizech_1

モモのつぼみが膨らんできました。
Imgp2272sizech

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花壇の花も

ヒメキンギョソウ       ヒアシンス       スイセン

Imgp2267sizech

Imgp2273sizech

Imgp2274sizech

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボケの花

ボケの花が咲きました。

Imgp2254sizech

Imgp2255sizech

Imgp2256sizech

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/23

知多北部3市1町合併は破談に

大府市議会で法定合併協議会設置の議案が賛成少数で否決されました。
6(民主系):13(自民系、共産党) (公明党は退席)でした。

合併協議は中止、知多北部3市1町合併は破談になりました。
明日の朝刊には、どんなコメントが載るのでしょうか?
Yahooで、「大府市議会議員」のHPを検索してみました。今のところ、合併の破談についてコメントしているHPは見当たりません。(もしあったらごめんなさい。)
ただ、大西勝彦さんは今日の賛成討論をHPにアップしています。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/03/22

ピアノコンサート

知人に誘われて、福田直樹さんのコンサートを聴きに行きました。
エマープロジェクトという福田さんと共に身体・知的・障害者福祉施設、病院、ホスピス、小学校、中学校、保育園、老人介護施設などに訪問コンサート活動を企画しているグループの主催です。

fukuda20060322

fukuda20060322b













今日の演目は、モーツアルト、バッハ、ムソルグスキー。
最後の「展覧会の絵」はオーケストラの曲をピアノソロでこなしてしまうもので、迫力満点でした。組曲にあわせて10枚の絵が映し出される趣向も情景が想像できるようで面白いものでした。

ムソルグスキーは、職を転々として、作曲も最後までまともに完成させることは少なかったようです。そんな中で、「展覧会の絵」は自力で完成させた数少ない曲のひとつです。
彼にはハルトマンという親友の画家がいました。才能豊かな人物でしたが、35歳で早世してしまいました。
友人たちが遺族を援助するために開いたハルトマンの遺作の展覧会をモチーフにしたのが組曲「展覧会の絵」です。プロムナードと呼ばれるあの有名な旋律にいざなわれて10枚の絵を巡るように組み立てられています。最後の絵は「キエフの大門」。教会の賛美歌が聞こえ、オルガンの音とともに空に溶けていきます。

ムソルグスキーは、このあと貧乏を極め41歳でこの世を去ります。

fukuda20060322c

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月定例議会最終日

今日は議会の最終日。

上程された議案に対する、討論、採決を行いました。

法定合併協議会設置の議案には、賛成討論を行ったうえで賛成しました。
討論の中で今後の合併協議進め方について、注文をつけておきました。

私の賛成討論は以下の通り。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
 住民意向調査の結果を尊重して、さらに合併協議を進めるべく、知多北部法定合併協議会の設置に賛成する。

 住民意向調査によれば、全体で6割の人が、どちらかといえば法定合併協議会を設置して合併協議を継続することを望んでいる。この結果は尊重する必要がある。
 しかし、協議継続に賛成の人の中には、合併に迷いのある人も含まれていて、「合併賛成が6割」とは解釈できない。むしろ、合併協議継続を望んでいない4割の人は合併に反対していると解釈することもできる。
 住民の中には「法定協議会は合併についてより幅広く深く可能性を探る場」との認識がある。行政もそれを肯定してきた。住民の多くは合併に賛意を示した訳ではなく、「さらに可能性を探る」ことに反対しなかったと解釈すべきではないか。
 そんな中での「6割」だったことを肝に銘じ、役所のための合併ではなく、住民のための合併を追い求め、謙虚に協議を進めるべきだ。

 合併で、中核市をめざすというが、国・県から権限委譲を受けて、その権限でもって何がしたいのか不明。まだ、そのあたりの説明が不足していると感じる。

 それから、合併によって生まれる投資余力(10年間で357億円と試算)の大部分を法人事業所税による増税で捻出しようとしているのは問題だ。本来、行政自身の改革で、行政の機能化、合理化、効率化を実現し、財政の安定化を図り、合併の効果を生み出すべきだ。
 水道料金を安易に一番安い自治体に合わせると上下水道で年間約9億円の減収となるといわれている。それだけで特別職の報酬減などは簡単に吹き飛んでしまう。
 合併後の報酬や給与の額をどうするかの議論がまだ見えてこない。一番高い東海市の体系に合わせると、せっかく定数を減らしても人件費の増加を招くことを心しておかねばならない。

 合併の最終判断については、我々議員が有権者から負託を受けているのは、東浦町の枠組みがあることが前提になっているのだから、枠組み自体が変わるような判断は住民投票に付すべきだ。

 合併して、大都市の仲間入りをすると、専門的職員が増えて「政策立案能力・行政執行能力」が増す期待はできるが、官僚主導型大型自治体になり行政と住民との距離が隔たる心配がある。法定合併協議会においてはそんな懸念を吹き飛ばす、コミュニティー主体の顔の見える、住民が主役の自治体を維持し、住民自治のあるべき姿を模索する議論をして欲しい。

 どうか、知多北部法定協議会の設置に当たっては、私達の住む知多北部3市1町の合併に向けた建設的な議論をするとともに、オープンな運営に努め、新市のあるべき姿をできるだけ具体的に住民に示し、合併の可否について正々堂々と住民投票により住民の判断を仰ぐことを求めて、賛成討論とする。
 是非、これからの都市間競争を行きぬける地方自治体のあり方を模索して欲しい。
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


法定合併協議会設置の議案は、共産党を除く賛成多数で可決されました。
3市1町すべての議会で、この議案が可決されると、知多北部3市1町(東海市、大府市、知多市、東浦町)法定合併協議会が設置されることになります。

さて、あすは大府市議会で合併協議会設置の議案についての採決があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/21

WBC決勝でイチローが大活躍

WBCの決勝で日本はキューバに勝った。

昨日は小学校の卒業式だった。
たまたま、PTA会長が祝辞の中で、豊成小学校の6年生だった鈴木一朗少年の作文を引用していた。

「自分はプロ野球選手になりたい。」
「入りたいチームはドラゴンズかライオンズ。」
「契約金は一億円以上が目標。」
「3歳から着実にトレーニングを積んできて、
ライバル選手たちより一歩先んじている。」
「このまま行けば夢がかなう自信がある。」

そんな内容だったと思う。
かなり具体的だ。明確な目標と冷静な分析がある。

でも、さすがに、大リーガーになるとか世界一になるという内容までは含まれていなかった。
そこまでいったら、預言者か!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/20

遊歩道の看板立て

コミュニティーの役員さんたちと、地域史跡めぐり散策道の看板を立てました。
町から地域ふれあい場事業交付金100万円をもらって、生路地区で看板やベンチを購入、散策道を整備することになりました。要所要所には案内看板を立てます。1周4.8キロの散歩(orジョギング)コースです。

Imgp2246sizech

Imgp2248sizech

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

天満宮                     生路井
小さなお堂がぽつんと立っています。   日本武尊が東国に遠征する途中、
子どもの頃、おばあちゃんに連れられて  弓でつついたら、水が湧いたそうです。
よくお参りに来ました。            近くに同銘柄の造り酒屋さんがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/17

山県市議会 一般質問を傍聴

岐阜県山県市議会を傍聴。お目当ては寺町知正さんの一般質問

テーマは、
①市の施設(財産)の不法占有(使用)問題の経緯と市の損害及び怠り
②教育理念に基づく学校図書や教材図書の充実について
③市のごみ処理施設計画は現行の広域処理の可能性を真剣に検討すべき

45分間で3問を手際よくさばいていました。
情報公開制度も使って下調べは十分されています。
ムダな発言はせずに、必要な答弁を引き出していきます。
②は他のまちでも使えるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/14

杏が満開です。

近くにあるアンズの花が満開です。
IMGP2238sizech

モクレンももうすぐ花を咲かせようとしています。
IMGP2241sizech

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/13

3月定例議会 総務委員会

今日は総務委員会がありました。

付託された議案の中には、知多北部3市1町(東海市、大府市、知多市、東浦町)の法定合併協議会設置の議案と合併協のための補正予算案が含まれています。
これに対し、共産党は反対、他の会派は賛成の立場です。

私は、5%無作為抽出の住民意向調査の結果(回答者の6割がどちらかというと合併協議の継続に賛成)を尊重して賛成するつもりです。

しかし、幾つか気に入らない点もあります。協議会規約の修正案という形もありますが、それでは多数の賛成は得られないと思われます。
そこで、付帯決議をつけて「要望する」形にできないか?と考えました。議会内で働きかけてはみたものの結局賛成は得られませんでした。

以下は、幻の付帯決議案です。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
「議案第30号 知多北部法定合併協議会の設置について」についての付帯決議(案)

1.法定合併協議会設置に当たっては、知多北部3市1町の合併に向けた建設的な議論をするとともに、新市のあるべき姿をできるだけ具体的に住民に示し、合併の可否について最終的に住民の判断を仰ぐことが望ましい。

2.法人事業所税や市街化農地の宅地並み課税などによる増税をあてにするのではなく、行政自らの改革により、行政の機能化、合理化、効率化を実現し、財政の安定化を図ることを切に求める。

3.法定協議会の委員は次に掲げるものをもって充てることが望ましい。
(1)関係市町の長
(2)関係市町の議会の議長
(3)関係市町の議会がそれぞれ選出する議員 各3人
(4)関係市町の長がそれぞれ選出する識見を有する者 各3人
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/09

厄松池と切池の水質は(2月分)

2月分のため池の水質測定をしました。
2月末までに終えねばなりませんでしたが、なかなか時間がとれずに3月に入ってしまいました。

3月9日、午後4時半の気温13℃、水温13℃、天気は曇り。
1月までと比べるとすっかり暖かくなりました。


厄松池のようす
IMGP2224sizech


COD(化学的酸素消費量)  6ppm
溶存酸素            5ppm
リン酸イオン           0.5ppm
硝酸イオン            4ppm
アンモニウムイオン       4ppm

 
バイパス水路が完全に詰まって流れが止まっています。
上流部では水路があふれて、生活排水が直接池に流入しています。
IMGP2220sizech
⇒⇒
拡大
IMGP2220sizech2

 
 
 
 
 
 
 

土手にはスイセンが咲いています。
IMGP2227sizech

 
 
 
 

桜のつぼみも膨らんできました。
IMGP2229sizech

 
 
 
 
 
 

切池のようす
IMGP2232sizech

COD(化学的酸素消費量)  5ppm
溶存酸素            4ppm
リン酸イオン           0.5ppm
硝酸イオン            2ppm
アンモニウムイオン       4ppm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/08

仲の良い金魚

水もぬるんで、金魚が活動を始めました。二匹が仲良く寄り添うように動き回っています。
この金魚は以前、切池から採ってきたものです。
IMGP2216sizech

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/07

梅の花が満開

先日から、つぼみが膨らんできた梅が満開になりました。
IMGP2210sizech

   ピンクのしだれ梅も満開です。
IMGP2206sizech

 
 
 
 
 
 
 
 

IMGP2213sizech

IMGP2213sizech

IMGP2213sizech
IMGP2213sizech

IMGP2213sizech

IMGP2213sizech

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中学卒業式

非常に落ち着いた卒業式でした。
欠席者もほとんどいなかったそうです。
在校生が座っている2階席はいつもソワソワしているのですが、今年は整然としていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/05

SAJ準指導員検定に合格

IMGP2199sizech朴ノ木平で開かれた実技試験を受験、準指導員資格検定に合格しました。
118人中58人が合格、合格率は49%だそうです。
私のゼッケン番号は13番でした。
ゼッケン番号は年齢順。
1番は70歳くらいです。1番の方は見事合格されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/02

3月定例議会が始まります

今日から3月定例議会。

2日、3日は、一般質問。
私は、今回は一般質問をしません。
他の議員さんの話を黙って聞いていると、やはり欲求不満がたまります。

6日、8日には、条例や平成18年度予算案の審議があります。知多北部3市1町の法定合併協議会設立の賛否を問う議案も出てきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/01

SAJ準指導員検定筆記試験

夜、名古屋の吹上ホールで理論検定があった。理論を6割以上得点して、実技で9種目中、7種目に合格すれば、準指導員検定の資格を取ることができます。
理論検定は、愛知県スキー連盟のHPに想定問題集が出ていて、この範囲の中から出題されるそうです。

結構な分量がありますが、これだけ覚えれば確実に得点できるのだから、受験者は丸暗記するようです。
久しぶりに暗記に挑戦。問題を自分なりに解いて3回通り音読しました。

実際に試験に臨むと、意外に記憶があいまいです。
一応、なんとか解答用紙の記述欄を全部埋めることができました。怪しいところもあるけれど、6割りくらいはできていそうです。

以下は、想定問題の一例です。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
1.文中のかっこ内に適当な語句を入れよ。
近年、スキーの楽しみ方は(  )化し、新たな用具等の開発ともあいまって、スキーの(  )そのものが進化しているといえる。 したがって、指導の対象となるスキー(  )も(  )化しており、指導方法はこれにともなって(  )していかなければならない。 このように考えると、提示されたスキー(  )が、改訂もされないまま長続きすることは望ましいことではない。

2.指導者にとっての「情報」と「知識」の違いを説明せよ。

3.図中のかっこ内に適当な語句を入れよ。
<スキーの楽しさ>
A.中核的楽しさ
1)(  )欲求に基づく楽しさ :自然条件への挑戦など
2)(  )欲求に基づく楽しさ :華麗なフォームへの挑戦など
3)(  )欲求に基づく楽しさ :勝敗を競うことなど
B.周辺的楽しさ
1)(  )・仲間づくりの楽しさなど

4.A群の語句とB群の語句を結びつけよ。
A群
① スキーヤーの上位目的
② 上位目的達成手段としての下位目的
③ 下位目的達成の手段
B群
ア スキー技術
イ スキーの楽しさ
ウ 技術指導

5.「財団法人 全日本スキー連盟」の英語名称を正式に答えよ。

6.文中のかっこ内に適当な語句を入れよ。
全日本スキー連盟の教育本部における指導体制は、3つの段階に分けられる。
すべての指導者の頂点となる、全日本スキー連盟教育本部では、102名の(  )を配置し、(  )研修会を実施して技術や指導に関する共通理解をめざしている。
これを受けて、全国を(  )地区ののブロックに区切り、それぞれに総勢859名からなるブロック(  )を任命し、研修会を行う。そして、これらのメンバーが講師となり、各都道府県の所属団体や(  )に所属する47000余名のスキー指導者を対象とした(  )研修会が行われる。指導者の資格を持つ者は、(  )年ごとにこの研修会を受講することが義務づけられている。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
1.スキーを滑らせる力である「重力の成分」について記しなさい。

2.スキー技術おける「原因」と「結果」のメカニズムについて記しなさい。

3.ターン運動の原因について次の3つを説明しなさい。
① 身体運動が直接的にスキーの方向を変えるもの:
② 身体運動により物理運動がターン運動を導くもの:
③ ターン運動の継続を可能にするもの:

4.「角づけの定義」について、下記の表に適当な語句を入れなさい。

   水平面への角づけ    雪面への角づけ
概念 __________________
目的 __________________
進化 __________________

5. ターン運動が合理的におこなわれるためのスキーヤーの身体運動はどのように特徴づけられるか。「テールコントロール」、「トップ&テールコントロール」、「トップコントロール」それぞれについて、3つずつ記しなさい。

6.スキーのターン運動における自転と公転ついて記しなさい。

7.外スキー主導と内スキー主導について下記の観点から記しなさい。
(1)ターン運動の原因とスキー主導性
①外スキー主導の運動に有効的な運動感覚:
②内スキー主導の運動に有効的な運動感覚:
(2)スピードの高まりとスキー主導性
①外スキー主導の優位性:
②内スキー主導の優位性:
(3)ターン運動の原因とスタンス
①外スキー主導の運動に有効的なスタンス:
②内スキー主導の運動に有効的なスタンス:

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
1.文中のかっこ内に適当な語句を入れよ。
伝統的な技術指導の方法とされる(  )方式は、技術の(   )を重視し、導入→(   )→応用→(   )と、積み上げ方式で指導を行っていく。この方法では、最後まで進まないと技術の全体を見渡せないため、全体にとっての(   )の必要性が認知しにくい。そのため学習に対する(   )を継続させることが難しくなる。 これに対して、新しい技術指導の方法として、(   )方式が提案される。この方法は、技術の段階よりも技術の(   )を重要視し、全体から(  )への働きかけを基本とする。そのため、これまでの「How to do」的指導でなく、「(   )to do」、「(   ) to do」という発想が求められる。

2.次の各問に答えよ。
①不安・心配や退屈といった感覚を持たないで、楽しさの流れを感じられる学習を設定する場合に考えなければならない要因を2つあげよ。
②「今もっている力で楽しむ」→「相違工夫で新たに身につけた力で楽しむ」といった過程を繰り返す学習を何というか。
③スキーヤーの技術習得過程を4段階とした場合、各段階にみられるすがたを説明せよ。④スキーの学習において、グループ編成の前提となる条件を述べよ。
⑤学習評価の指導者側の目的をのべよ。

3. 次の文章に関連する用語を答えよ。
①学ぶ側が主人公となる学習活動であり、学習者が自発的に行うこと。
②ひとつの技術課題を繰り返して練習する方法。
③単元計画にしたがい、指導内容を単位時間でさらに具体化した計画。
④特定の集団のなかでそれぞれの学習者の位置関係を明らかにする評価法。
⑤人の生涯を、いくつかの段階で区分すること。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »