« WBC決勝でイチローが大活躍 | トップページ | ピアノコンサート »

2006/03/22

3月定例議会最終日

今日は議会の最終日。

上程された議案に対する、討論、採決を行いました。

法定合併協議会設置の議案には、賛成討論を行ったうえで賛成しました。
討論の中で今後の合併協議進め方について、注文をつけておきました。

私の賛成討論は以下の通り。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
 住民意向調査の結果を尊重して、さらに合併協議を進めるべく、知多北部法定合併協議会の設置に賛成する。

 住民意向調査によれば、全体で6割の人が、どちらかといえば法定合併協議会を設置して合併協議を継続することを望んでいる。この結果は尊重する必要がある。
 しかし、協議継続に賛成の人の中には、合併に迷いのある人も含まれていて、「合併賛成が6割」とは解釈できない。むしろ、合併協議継続を望んでいない4割の人は合併に反対していると解釈することもできる。
 住民の中には「法定協議会は合併についてより幅広く深く可能性を探る場」との認識がある。行政もそれを肯定してきた。住民の多くは合併に賛意を示した訳ではなく、「さらに可能性を探る」ことに反対しなかったと解釈すべきではないか。
 そんな中での「6割」だったことを肝に銘じ、役所のための合併ではなく、住民のための合併を追い求め、謙虚に協議を進めるべきだ。

 合併で、中核市をめざすというが、国・県から権限委譲を受けて、その権限でもって何がしたいのか不明。まだ、そのあたりの説明が不足していると感じる。

 それから、合併によって生まれる投資余力(10年間で357億円と試算)の大部分を法人事業所税による増税で捻出しようとしているのは問題だ。本来、行政自身の改革で、行政の機能化、合理化、効率化を実現し、財政の安定化を図り、合併の効果を生み出すべきだ。
 水道料金を安易に一番安い自治体に合わせると上下水道で年間約9億円の減収となるといわれている。それだけで特別職の報酬減などは簡単に吹き飛んでしまう。
 合併後の報酬や給与の額をどうするかの議論がまだ見えてこない。一番高い東海市の体系に合わせると、せっかく定数を減らしても人件費の増加を招くことを心しておかねばならない。

 合併の最終判断については、我々議員が有権者から負託を受けているのは、東浦町の枠組みがあることが前提になっているのだから、枠組み自体が変わるような判断は住民投票に付すべきだ。

 合併して、大都市の仲間入りをすると、専門的職員が増えて「政策立案能力・行政執行能力」が増す期待はできるが、官僚主導型大型自治体になり行政と住民との距離が隔たる心配がある。法定合併協議会においてはそんな懸念を吹き飛ばす、コミュニティー主体の顔の見える、住民が主役の自治体を維持し、住民自治のあるべき姿を模索する議論をして欲しい。

 どうか、知多北部法定協議会の設置に当たっては、私達の住む知多北部3市1町の合併に向けた建設的な議論をするとともに、オープンな運営に努め、新市のあるべき姿をできるだけ具体的に住民に示し、合併の可否について正々堂々と住民投票により住民の判断を仰ぐことを求めて、賛成討論とする。
 是非、これからの都市間競争を行きぬける地方自治体のあり方を模索して欲しい。
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


法定合併協議会設置の議案は、共産党を除く賛成多数で可決されました。
3市1町すべての議会で、この議案が可決されると、知多北部3市1町(東海市、大府市、知多市、東浦町)法定合併協議会が設置されることになります。

さて、あすは大府市議会で合併協議会設置の議案についての採決があります。

|

« WBC決勝でイチローが大活躍 | トップページ | ピアノコンサート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80448/9223359

この記事へのトラックバック一覧です: 3月定例議会最終日:

« WBC決勝でイチローが大活躍 | トップページ | ピアノコンサート »