« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

2006/05/29

ユキノシタの開花、ハスの芽吹き

ユキノシタの花が咲きました。 Imgp2795sizech  

 

 

 

蓮が芽吹きました。 Imgp2798sizech

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/28

蜘蛛の巣の芸術

朝起きたら霧雨が止んだところでした。

蜘蛛の巣についた水玉が光ってとてもきれいです。

Imgp2755sizech

| | コメント (0) | トラックバック (0)

厄松池と切池の水質は(5月分)

5月28日、朝8時頃強い雨が降っていましたが、その後やんで、お昼近くには日差しも出てきました。このところお天気の日が少ない中、久しぶりの日照で汗ばむほどでした。
ごみゼロ運動終了後、10時から有志で厄松池の草刈とゴミ拾いをしました。午後3時頃に終わって、そのあと友人の畑の草刈の手伝い。今日は本当によく働きました。
Imgp2768sizech

 
 
 
 
 
 

厄松池のようす

作業前
Imgp2766sizech2

 
 
 
 
 

作業後
Imgp2778sizech3

 
 
 
 
 
 

午後6時の気温21℃、水温23℃、天気は曇り。

COD(化学的酸素消費量) 10ppm
溶存酸素            3ppm
リン酸イオン           0.8ppm
硝酸イオン            2ppm
アンモニウムイオン       5ppm

水質測定を始めて以来、魚といえばカダヤシしか見かけたことがなかったのですが、今回、50cmほどの真鯉と10cmほどの金魚複数を確認しました。
ヨシの中にはオオヨシキリ巣があって大声で啼いていました。ヨシの刈り取りはほどほどにしておきました。

 

切池のようす
Imgp2787sizech

COD(化学的酸素消費量)  5ppm
溶存酸素            4ppm
リン酸イオン           0.5ppm
硝酸イオン            2ppm
アンモニウムイオン       4ppm

こちらの土手は、ごみゼロ前に区のほうでシルバーさんに頼んで刈ってあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/27

水飲み鳥

むかし(自分が子どものころ)結構流行りました。

ふと懐かしくなって買ってきた物が玄関に放ってあったので、久しぶりに動かしてみました。

Imgp2728sizech Imgp2729sizech

Imgp2731sizech Imgp2732sizech

  1. 頭のフェルト部分が湿っているため、気化熱を奪われて冷やされます。
  2. 頭部の空気が収縮するので、徐々に液体を吸い上げます。
  3. 液体を吸い上げると、頭部が重くなって、コップの水を飲む格好になります。
  4. ガラス管の中の液体は管を流れ下り、元の姿勢に戻りますます。頭部は水で濡れているので再び同じ動作を繰り返します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サツキが咲く

サツキの花が咲き始めました。

バラも咲いています。

Imgp2736sizechImgp2746sizech_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ししおどしを作る

庭の蹲に”ししおどし”をつけました。

近くで切ってきた竹を使った手作りです。

Imgp2741sizechImgp2743sizech_1 

 

 

 

写真のみで音付きでないのが残念です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/25

議会改革を!

今日、6月定例議会のための議会運営委員会が開かれました。

知多北部3市1町の合併は破談になりましたが、言うまでもなく引き続き行政改革を進める必要があります。
行政改革といえば、議会改革も然りです。行政改革集中改革プランのなかでも議会改革の実行を約束しています。他の会派や議員に対し、議会改革への真剣な取り組みを呼びかけました。
私たちの会派では、議員定数の見直し(減員)も考えています。住民の中には、議員の数が多すぎるとの意見が根強くあります。たとえ、減員しないとしても、我々のまちとして何人の議員が必要かをキチンと議論して、住民に説明する責任があると思います。

議会改革に関しては、今月18日に北海道の栗山町議会は「議会基本条例」を制定しました。このような条例はおそらく日本初でしょう。
この条例は、理念のみならず、常任委員会・特別委員会を公開する、全議員出席のもと住民に対する議会報告会を少なくとも年1回開く、議員の質問に対して行政側の反問を認めるなど、かなり踏み込んだ内容になっています。是非参考にしたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/21

ブータンのThinleyさんが我家にホームステイ

ブータンから名古屋にある国連地域開発センターで研修中のThinley Namgyelさんが我家にホームステイ。

昨日、地元の乾坤院にて薪能を鑑賞、我家で一泊。今日は、昼から常滑の「やきもの散歩道」をブラついてきました。昔ながらの路地の途中に古い窯や焼き物屋、食べ物屋が点在していて、結構楽しめます。実は、近くに住んでいながら、くねくね曲がりくねった土管坂を探検したのは、今日が初めてです。

Imgp2713sizech  

 

 

 

 

ブータンはヒマラヤ山脈に抱かれた海のない国です。帰り道にちょっと海岸に寄ってみました。

Imgp2719sizech  

 

 

 

彼は、ブータン政府職員で、国内の交通・送電・通信網などのインフラ整備に携わっているそうです。

ブータンは民族衣装や伝統建築など自国の伝統文化を重んじる政策を採りつつ、小学校では国語と社会科以外は英語で授業をしています。外国語というと「心も文化も国際化」と単純に連想してしまいがちですが、あながちそうとは限らないようですね。

国民総生産(GNP)に対して国民総幸福量(Gross National Happiness)というユニークな概念を提唱し、過度な経済発展を追い求めるのではなく、伝統文化や自然環境などのソフト面にも配慮し、国民の幸福に資することを重視しています。

九州ほどの面積に、人口70万人程度。首都のティンプーは人口5万人ほどで、「自分の名前を言ってくれれば、必ずつかまるよ」とのこと。

次回外国に行く機会があったら、ぜひブータンに行ってみたいと思います。

ホームステイを持ち掛けてくれたロータリークラブの皆さんどうもありがとう。

 ※ブータンについては、外務省HP日本の原風景を探る―ブータンから何を学ぶか、などを参考にしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/13

新緑の中、公園の景色を眺めながら、バイオリンに耳を傾ける

友人がプロデュースする「いずみ弦楽四重奏団演奏会」が於大公園このはな館(於大公園の中にあるガラス張りの建物)でありました。

演目は、モーツァルト  弦楽四重奏曲第21番ニ長調 K575
     大沢徹訓    弦楽四重奏曲
     ドヴォルザーク 弦楽四重奏曲第12番ヘ長調 作品96(アメリカ)

天気もよくなさそうだし、お客さんが集まるか気掛かりでしたが、座席は満員。急遽折り畳みイスを増やしたほどでした。公園の新緑を間近に眺めながらのコンサートは格別です。

Cci00046oc1

 

 

 

 

 

 

 

全くの余談ですが・・・
作曲の大沢さんはコミック「のだめカンタービレ」のネタ元になっている人らしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/09

桐の花

ちょっと逆光で見難くなってしまいましたが、桐の木に花が咲いています。

Imgp2700sizech

 

 

 

 

木の下には、散り始めた花弁がいっぱい落ちています。これだけ見ても桐の花とは気が付きませんね。

Imgp2701sizech

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/08

クレマチスが咲きました

テッセン(クレマチス)の花が咲きました。白くて大きな花です。

Imgp2695sizech

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/06

しらびそ高原(2日目)

今日も上天気。近くの隕石クレーターの外輪山をハイキング。

※御池山クレーターは、地元の小学校の先生が発見し、平成15年9月に、日本で初めて隕石クレーターとして確認されました。直径は約900m、全体の40%が現存し、約2~3万年前に直径約45mの小惑星が衝突してできたものと推測されています。

 

Imgp2661sizech

Imgp2662sizech

 

 

 

 

鹿が木の皮をかじった跡でしょうか。 

Imgp2674sizech

 

 

 

 

 

Imgp2670sizech

 

 

 

 

 

 

御池山山頂です。

明日の天気予報は雨。西から雲が流れ込んできます。

Imgp2669sizech2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/05

しらびそ高原

大型連休の最後を利用して、長野県のしらびそ高原に行ってきました。

ハイランドしらびそ

南アルプスが間近に見える標高1900mの高台にロッジがあります。遠山川上流のこのあたりは遠山郷とも呼ばれます。元々、下伊那郡上村でしたが、昨年10月から市町村合併のために飯田市になりました。このロッジは市職員(元村職員)と嘱託で管理をしているそうです。お天気は上々で東側正面には南アルプスが間近に、西側には中央アルプスが見えます。駐車場にはまだ残雪が。

Imgp2655sizech_1

Imgp2688sizech_1Imgp2692sizech

 

 

 

 

こんなところまで自転車で上って来る人も。

お子様メニューも結構豪勢。

 

Jmgp2677sizech_1

 

 

 

 

 

 

左から荒川岳(3141m)、赤石岳(3120m)、大沢岳(2819m)、兎岳(2818m)、聖岳(3013m)、上河内岳(2803m)など3000m級の山々が連なっています。(実際には、赤石岳と大沢岳、聖岳と兎岳が重なっていてピークがはっきりわかりません。)

 

Imgp2679sizech2

 

 

 

 

 

 

部屋の窓からは、カラマツ越しに中央アルプスが一望できます。

 

耕して天まで昇る

上村の集落からしらびそ高原に上ってくる途中に”下栗の里”があります。遠山川の谷底からつづら折の道をがんがん登ると、斜面にへばりつくように耕地と集落が現れます。「天空の里」「信州のチベット」いろいろ異名があります。

Imgp2616sizech2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中央左寄りのとがった山が聖岳。

のんびり夕日を待つのもいいかもしれません。

Imgp2618sizech

Imgp2615sizech 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/03

ムクノキの若葉

今日は、久々?の澄んだ青空。
刈り払い機で草刈りをしました。

見上げれば、ムクノキの大木に若葉が。
あたりにはムクノキの小木がいっぱい生えています。
放っておくとどんどん増えます。
ムクノキの実は鳥の大好物。
食べると甘みがあります。
Imgp2575sizech

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »