« テッセンの花 | トップページ | 長良川河口ぜきのゲートを開放せよ ゲート閉鎖満11年・市民集会 »

2006/07/08

シンポジウム「政治を市民の手に!~ひとりからはじまる」  浅野史郎さん講演「脱政党の時代に」 に参加して

基調講演で前宮城県知事浅野史郎さんの話を聞いた。

就任直後から3期12年が区切りと考えていた。「権力は長く続けば腐敗するとは言わないが、陳腐化する。」というのが理由。
宮城県庁の食料費不正支出が問題になったとき「逃げたい、隠したい、ごまかしたい」という思がよぎったが、情報公開条例があるので「逃げられない、隠せない、ごまかせない」と覚悟した。個人の倫理観がどうこう言う以前に、情報公開というシステムの存在を考えれば「逃げない、隠さない、ごまかさない」ことにせざるを得ない。
(※岐阜県とは大違いですね。)

後半パネルディスカッションで障害者福祉の話題になって、コーディネーターから3分間でと言われたら、浅野さんは中途半端になるので15分は欲しいといって話を始めた。終わって自らストップウォッチを押したところピッタリ15分なのには驚いた。
知事で居続けると有名スポーツ選手にも簡単に会うことができる。心残りなことは、荒川静香選手に県民栄誉賞を手渡せなかったことだと、ジョークも交えた巧みなトークだった。

|

« テッセンの花 | トップページ | 長良川河口ぜきのゲートを開放せよ ゲート閉鎖満11年・市民集会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80448/11660170

この記事へのトラックバック一覧です: シンポジウム「政治を市民の手に!~ひとりからはじまる」  浅野史郎さん講演「脱政党の時代に」 に参加して:

« テッセンの花 | トップページ | 長良川河口ぜきのゲートを開放せよ ゲート閉鎖満11年・市民集会 »