« 煙突の解体 | トップページ | 公開フォーラム「議会を変える!~議会基本条例を切り口に、議員と市民が語り合おう~」のご案内 »

2007/01/31

厄松池と切池の水質は(1月分)

1月31日、午後4時半の気温10℃、水温10℃、天気は晴れ時々曇り。一月末の一番寒い時期に気温10度。今年は記録的な暖冬と言われています。

厄松池のようす

Imgp5190sc_3 

COD(化学的酸素消費量) 12ppm
溶存酸素            4ppm
リン酸イオン           0.5ppm
硝酸イオン            2ppm
アンモニウムイオン       4ppm


紙パックや空き缶、ペットボトルなどのポイ捨てが結構あります。

Imgp5193sc2_1 Imgp5196sc

   

 

 

 

年末に行政が高圧洗浄でバイパスパイプの詰まりを取り除いたにもかかわらず、依然として生活廃水はバイパスパイプを流れず池に直接流入しています。パイプの勾配が狂ってしまったのでしょうか。勾配も調べたのですが原因がはっきりしません。ここ数年、池の臭気やアオコの苦情は出ていません。しばらく様子を見ることにしたほうがよさそうです。

Ikesuishitsu18ymap1_2  Imgp5185sc 

 

 

 

 

 

 

 

切池のようす

Imgp5201sc_1               池の出口 バイパスパイプの生活排水
COD(化学的酸素消費量)12ppm      20ppm
溶存酸素           6ppm       3ppm
リン酸イオン          0ppm       2ppm
硝酸イオン           2ppm      33ppm
アンモニウムイオン      2ppm       9ppm

切池では、パイパスパイプがちゃんと機能しています。池の水質もバイパスパイプがなければ池に流れ込んでいたであろう生活廃水よりもきれいになっています。

Kirisuishitsu18ymap1 Imgp5216sc Imgp5222sc

|

« 煙突の解体 | トップページ | 公開フォーラム「議会を変える!~議会基本条例を切り口に、議員と市民が語り合おう~」のご案内 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80448/13766710

この記事へのトラックバック一覧です: 厄松池と切池の水質は(1月分):

« 煙突の解体 | トップページ | 公開フォーラム「議会を変える!~議会基本条例を切り口に、議員と市民が語り合おう~」のご案内 »