« 造り酒屋めぐり | トップページ | 厄松池と切池の水質は(2月分) »

2007/02/25

おこしものづくり

「おこしもの」ってご存知ですか?

この地方で、お雛様のときに、米粉をお湯で練ったものを木型に入れて形をつけた後に、蒸し器で蒸してつくった餅のようなお菓子のことです。むかしは、どこの家庭にも木型があって、子どもも一緒になってつくったものです。きようはコミュニティで親子でおこしものをつくるイベントがありました。

まず、米の粉に熱湯をかけ粘土(餅)のように練ります。富士山、ドラえもん、鯛など好きな木型に入れて成型します。

Imgp5506sc_1 Imgp5507sc_1 

 

 

 

 

好みに応じて色を塗って、蒸し器で蒸します。

Imgp5518sc_1 Imgp5523sc

 

 

 

 

 

ハート型や、全身緑のドラえもんなど、変わり種も。 おっとっと・・・手も作品に。

Imgp5521sc_1

Imgp5522sc

Imgp5514sc 

 

 

 

蒸しあがったものを、ウチワで乾かします。砂糖醤油をつけて、お餅のように食べると結構いけます。

Imgp5528sc Imgp5534sc

|

« 造り酒屋めぐり | トップページ | 厄松池と切池の水質は(2月分) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80448/14096510

この記事へのトラックバック一覧です: おこしものづくり:

« 造り酒屋めぐり | トップページ | 厄松池と切池の水質は(2月分) »