« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007/06/30

厄松池と切池の水質は(6月分)

6月30日、午後4時の気温20℃、水温21℃、天気は晴れ。

厄松池のようす

Imgp6830sc_1COD(化学的酸素消費量) 20ppm
溶存酸素            7ppm
リン酸イオン           0.2ppm
硝酸イオン            0ppm
アンモニウムイオン       0.1ppm

Imgp6830sc2

 

ガマの穂が大きくなってきた。 

 

 

 

切池のようす

Imgp6835sc               池の出口 バイパスパイプの生活排水
COD(化学的酸素消費量)10ppm      20ppm
溶存酸素           7ppm       1ppm
リン酸イオン          0ppm       5ppm
硝酸イオン           9ppm      10ppm
アンモニウムイオン      1ppm       5ppm

オオカナダモの群落(池の中に島状に見えるもの)ができてきた。池にびっしり繁茂するかもしれない。Imgp6843sc_1 Imgp6847sc_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/29

ぼけの実

春に花が咲いたボケに実がつきました。これから秋にかけて黄色く熟していきます。Imgp6805sc

食べられるのでしょうか?

同じバラ科のカリンに似ています。「ぼけの実」でHPを検索してみると「ボケ酒の作り方」「ジャムの作り方」などたくさん出てきます。特に焼酎に漬け込んで果実酒にすると香りがよくて美味しいそうです。カリンと同様に薬効があるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/25

もぎたてライチー

最近、国産のトロピカルフルーツが増えてきました。以前も鹿児島産のパッションフルーツを通販で取り寄せたことがありました。外国から長い時間をかけて運ばれてくるものと違って、”もぎたて食べ頃”を入手することが出来ます。
これは沖縄産のライチーです。ライチーの皮は茶色になったものしか見たことがありませんでしたが、いろむと緑色が赤くなるのですね。緑色のはちょっと酸っぱい味がしました。Imgp6791sc Imgp6796sc

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/24

コウホネの花が咲きました

左の写真は、2日前にコウホネが開花したときのものです。時間が経つにつれて右側のように花びららしき部分(実際には顎です。本当の花弁は内側の短冊状の部分だそうです。)が赤味がかってきます。
葉には、水上葉と水中葉の2種類があり、水中葉は薄くて細長いです。
太い地下茎を持ち、白い骨のように見えることから、河骨(こうほね)の名がつきました。Imgp6683sc Imgp6787sc

 

 

 

 

  右下:水上葉                  左下:水中葉と地下茎Imgp6815sc Imgp6811sc

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/23

午前は英会話、お昼はランの館と徳川園、そして午後は徳山ダム

 10時から名古屋市内で英会話。今日のテーマはCults(カルト)。
 講師からいきなり、religion(宗教)とはなにか?cultとはなにか?と質問された。とりあえず「宗教には教祖または神がある。教義がある。そして信者がいる。目的は人間のsalvation(救済)か。」「カルトとは非常識な教えや行動をとるなど社会的にauthorize(認定)されていない宗教。ほとんどの宗教は初期の段階ではカルトかもしれない。」と思いつくままに答える。
 では、仏教の教義は?神道の教義は?と聞かれて、言葉に詰まる。私は、近所のお寺の檀信徒で地元の神社の氏子だが、明快に答えられない。
 アメリカ人によく○○の定義は?と聞かれるが、ちゃんと答えられないことがままある。わかってはいるけどうまく答えられないというのは、本当は理解していないということだ。以心伝心ではないが、狭い世間でお互いわかっているつもりになっているだけで、じっさい自分自身で物事の機能や存在意義を深く考えたことはあるだろうか。いつも反省させられる。

 英会話が終わってから、庭造りのヒントになるものはないかと思い、ランの館徳川園に行った。
 徳川園では和傘の無料貸し出しをしていた。一年で最も日差しの強いこの時期にはうれしいサービスだ。色とりどりの傘が庭にアクセントを添える効果もありそうだ。敷地内の高低差をうまく利用して、渓谷や滝や海を表現している。名古屋では市街地に囲まれた中にこれだけの本格的な庭園があるのは珍しい。Imgp6704sc_1 Imgp6713sc Imgp6710sc Imgp6706sc Imgp6711sc Imgp6715sc Imgp6701sc Imgp6722sc Imgp6720sc

 

 

 

 今日は、妻も子どもも旅行に行って不在。久しぶりに気の向くままにドライブに出かけることにした。

 目的地は徳山ダム方面。湛水を開始したばかりの昨年9月に比べて、どれくらい水が貯まったか興味が湧く。
 もう午後2時なので高速を使って美濃まで。武儀川沿いに、美山(現山県市)を通り、尾並坂峠を越えて根尾(現本巣市)へ、そこから馬坂トンネルを越えて徳山(現揖斐川町)へ。

途中、武儀川沿いでは、天気が良いせいか家族連れがあちこちで川遊びをしていた Imgp6727sc_1 Imgp6728sc_1

 

 

 

 

馬坂峠から徳山方面を望む。谷底には既に水が貯まっている。Imgp6730sc_2 Imgp6731sc

 

 

 

 

白谷に架かる五平能舞橋。右は昨年9月に撮った写真。Imgp6739sc  Imgp3698sc

 

 

 

 

水没した白谷の様子。右の写真は昨年9月のもの。Imgp6747sc Imgp3700sc_1

 

 

 

 

 

 

上流側からダムを望む。まだ満水に達していないため取水口や余水吐が露出している。右は昨年9月のもの。Imgp6760sc  Imgp3651sc_1

Imgp6762sc_1Imgp3650sc_3   

 

 

 

 

水嵩が増してきた徳之山八徳橋。右は昨年9月のもの。Imgp6767sc Imgp3709sc_1

 

 

 

 

上流側に続く貯水池はさすがに広い。満水になれば40年間以上ダントツ日本一だった奥只見ダムを抜いて総貯水量6億6千万m3のダム湖になる。右側は水没しつつある木。Imgp6756sc Imgp6759sc

 

 

 

 

水面に赤い帯状のものが見える。プランクトンか?
「ダムが出来ると水がよどむ」と若いころ水力発電所の技師だった祖父がよく言っていた。Imgp6778sc Imgp6780sc

 

 

 

 

水没した「十字峡」。右は昨年9月のもの。Imgp6781sc_1 Imgp3660sc

 

 

 

 

揖斐川本流とシタ谷(ヒン谷)の出合。ここも水没予定だがまだ水は来ていない。右は昨年9月のもの。 Imgp6784sc_1 Imgp3690sc_1

 

 

 

 

 ここから取り付け道路がなくなって昔の林道に戻る。地図によるとこの少し先で揖斐川は赤谷・道谷と才ノ谷に分かれてさらに細くなる。看板には「福井県に抜けられない」ようなことが書いてあるが、いけそうな予感がする。(全くの勘だ。)
 峠道にさしかかったところで分かれ道があり、右は池田、左は今庄とマジックでうっすらと書いてある。右へ行くと冠山峠、右へ行くと(手持ちの地図では道が途切れているが)おそらく別の峠を越えて今庄に抜けられそうな予感。冠山峠は通行できない可能性があるし、今庄のほうが帰るには都合がよいので左の道を行くことにする。一応舗装はしてあるが路肩はところどころ崩れかけているし、路上には落石がごろごろ転がっている。心細いが車が通っている跡はある。
 かなり登って峠らしきところに着いたら福井ナンバーの軽トラがいた。おじさんに聞くとこのまま行けば今庄に出られるとのこと。しかし、この峠らしきところはまだ県境の峠ではなくて、紛らわしいので地元では「ウソ越え」と呼んでいるのだそうだ。
 霧が出てきて左側の谷がどのくらい深いのかわからない。谷沿いの道を上り詰めるとやがて鞍部にたどり着いた。石碑に「高倉峠」と書いてあり福井県知事の名が刻んである。あとは今庄までひたすら下るだけだ。Imgp6785sc

 

 

 

 

 今庄からは途中(泉鏡花の小説で知られる)夜叉ヶ池の登山口をのぞいて、木之本へ。木之本からは高速に乗って9時半帰着。
 今日は、密度の濃い一日だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/22

謎の卵から出てきたのは鴨の赤ちゃん

半月ほど前に、妻が草刈りをしていて、鳥の巣を壊してしまいました。気がついたときには時既に遅く、巣が壊れ、5つあった卵のうち2個は割れてしまいました。戻そうにも、草は刈ってしまったしもう隠れるところはありません。直前に親鳥らしき鳥が飛び立ったそうですが、もうどこにもいません。飛び立った鳥は、カモだったような気がするとのことですが、このあたりはキジの巣が多いし、近くに水辺もありません。卵は鶏より少し大きめでやや黄味がかっています。何の卵かは不明です。

とりあえず、残された卵を持って帰ったのですが、どうすればよいのかわかりません。孵卵器で暖めようにも、今時小学校にも置いてありません。(私たちのころには授業でヒヨコを孵化させるのが定番でした。)思いついたのがニワトリの力を借りることでした。鶏を飼っている知人に頼んで、卵を鶏の巣に入れてもらいました。そのうち一つは順調に発育して内側から殻をつつくようになりました。そしてとうとう出てきたのがこの写真です。くちばしの形からわかるように、やはりカモの赤ちゃんでした。 お隣はボランティアで鴨の卵を温めてくれたニワトリ(ウコッケイ)です。Imgp6661sc_1 Imgp6662sc

 

 

 

 

その次の問題は、誰が親になるかです。このまま鶏の一家に育ててもらうのか?(みにくいアヒルの子のパターン?です)、とりあえず人間の手で育てるのか?、野性に返すことはできるのか?、悩ましいところです。結局、妻が育てることになりました。下の写真と動画は孵化から2日後のものです。Imgp6688sc

動画「鴨の赤ちゃん.MPG」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/21

庭のししおどし

つくばいに自作のししおどしを置いて1年が経ちました。Imgp6658sc

すっかり色が変わってしまいましたが、一応健在です。カポン!と鳴るところを動画(「ししおどしの動作.MPG」をダウンロード )に収めました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/20

蕎麦を蒔きました

6月の上旬にソバの実をまきました。それが発芽して成長しています。出来た実でそばを打てるのが楽しみです。Imgp6675sc

詳しい人の話では、夏のソバはあまり大きくはならないそうです。春先に蒔けばもう収穫が終わっているとのこと。ソバは成長は早いので、うまくやれば年2回以上収穫できるそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クチナシの花が咲きました

クチナシの花が咲きました。Imgp6657sc

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/19

豪快な号外「30秒で世界を変えちゃう新聞」

「笑い楽しみながら 30秒で世界を変えちゃう新聞」というタイトルの「豪快な号外」がでています。

発行部数は世界最大といわれる読売新聞朝刊のそれをはるかに越える3000万部。地球温暖化を止めるために、有志の募金を使ってボランティアで発行しているのだそうです。まずは自分の周り3mを変えてみようと題して身近な地球温暖化対策が紹介されています。「収穫後に切り倒されるバナナの茎で地球上の紙をすべてまかなえる」とは知りませんでした。
発展途上国の経済成長にともない、エネルギーや資源の消費と排出はどんどん増えていきます。地球の環境を守るためには私たちはもっとslowな生活を送らざるを得ないと思います。

30秒で世界を変えちゃう新聞はhttp://teamgogo.s271.xrea.com/gogo/gogo.htmlからダウンロード可能です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/18

キャンドルナイトのこと

夏至が近づいてくると「キャンドルナイト」という言葉を耳にするようになりました。

省エネのためなら、なにもローソクをつけてパーティをしなくても、8時くらいに電気を消して早く寝てしまえば余分なエネルギーを使わなくて済むはずですが、そこは遊び心です。気の利いた飲む理由が欲しかったといえばそれまでですが、以前私たちも友人家族とキャンドルを囲んでパーティーをしたことがありました。要は、いつもと違う時間の過ごし方をしてみることです。

ホームページで気軽な参加を呼びかけています。

曰く、

『私たちは100万人のキャンドルナイトを呼びかけます。
2007年の夏至の日、6月22~24日夜、8時から10時の2時間、
みんなでいっせいにでんきを消しましょう。
ロウソクのひかりで子どもに絵本を読んであげるのもいいでしょう。
しずかに恋人と食事をするのもいいでしょう。
ある人は省エネを、ある人は平和を、
ある人は世界のいろいろな場所で生きる人びとのことを思いながら。
プラグを抜くことは新たな世界の窓をひらくことです。
それは人間の自由と多様性を思いおこすことであり、
文明のもっと大きな可能性を発見する
プロセスであると私たちは考えます。
一人ひとりがそれぞれの考えを胸に、
ただ2時間、でんきを消すことで、
ゆるやかにつながって「くらやみのウェーブ」を
地球上にひろげていきませんか。』

ヒントは、米の原発政策に反対するカナダの自主停電運動だったのだそうですが、「日本でもやってみよう、でも真っ暗なのでロウソクを灯したら、とても心地がよかった」のだそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/16

杏が色づいてきました。

アンズが熟して、木から落ちるくらいになりました。Imgp6600sc Imgp6609sc2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黄色いユリも咲いています

Imgp6590sc

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/15

今日の出来事

午前中は議会運営委員会に出席。6月議会最終日での対応を協議。第2次議会の制度・運営に関する検討委員会を発足させ、正副議長と各会派代表者で議会改革について引き続き話し合っていくことを決めた。たいした議題がなかったせいか、一番時間がかかったのは、今までどおり傍聴者にお茶を出すかどうか。他市町もやっていないのだからポットが古くなったのを機にヤメにしようと言うのだが、傍聴者は歓迎すべきお客様、ちょうど傍聴者け資料(一般質問通告書や議案など)を充実させて傍聴者へのサービス改善を図っているところだ。議員が休憩時間に控え室でお茶やコーヒーを飲んでいるのに、傍聴者には何もなしではいかにもおかしい。結局、今までどおりお茶を提供するという意見が強く、お茶を提供することに。

午後は、近所の小学校の授業参観とPTAのバザーをのぞいてきた。航空写真で記念の下敷きをつくるそうで10万円が目標だそうだ。

3時から観光協会の総会。総会といっても年に一回の事業報告だ。「前年度の事業を踏襲しているだけで、目標もその達成度も不明確。観光振興に向けてどんな活動をするのか?中間評価もすべきでは?」というのは大方の意見だと思う。終了後、近隣市を含めた物産(食品類)のささやかな試食会があった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/14

文教厚生委員会が終わってから大府市議会傍聴に行ってみたら

9時半から、文教厚生委員会。今回は議案が少ない上に特に問題になるところも見当たらない。そんななかで、いささか目につくのは一般会計補正予算の中の県の教育費委託金。「命を大切にする心を育む教育推進事業委託金」40万円、「心を結ぶ学校づくり推進事業委託金」40万円、「地域と育むモラル向上事業委託金」12万円、「子ども食育推進事業委託金」9万円など、県からちょこまかと似たような委託金がいっぱい出ている。それぞれについて、教育委員会あるいは各小中学校が申請書を書いて認められると県から委託金(補助)が出るのだそうだ。県の予算があるなら、(小分けにしてテーマを指定するよりは)各市町村にまとめてお金を渡し、各教育委員会の自由裁量で独自の教育に充てるようにするほうが使い勝手が良いはずだ。もうすこし、市町村の教育委員会を信用してくれても良いのではないだろうかと思う。

文教厚生委員会が早く終了したので、大府市議会の一般質問を傍聴してきた。新人の女性議員の質問が爽やかで印象的だった。下調べをきちんとした上で論旨を組み立て、行政の答弁にも筋道だてて反論しておられた。歯切れの良い辛口の質問に行政側は答弁に窮していたようだった。彼女は無党派の一人会派なのだそうだ。地方議会の議員は会派にもたれかからず、一人の自律した議員として議会に参加するのが本来の姿だと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

消えた年金記録

年金記録のずさんな管理が問題となっている。持ち主不明の電子記録が5000万件、未入力の古い台帳が1430万件分あるという。

しかし、この事件に限らず毎度のことであるが、何年も前から問題があることがわかっていたにも関わらず、マスコミも何も書かない。そして、問題に火がつくと非難の大合唱で、次から次へと溜め込んだスキャンダルが出てきて、国民はヒステリー状態。関係ない人まで心配し出す始末である。社会保険庁への問い合わせは1日で47万件。急場の尻拭いにかかる経費だけでも相当なものになりそうだ。

そもそも、今大騒ぎしている少子高齢化だって20年前にわかっていたことではないか。役所もマスコミも日本社会全体が、今そこにある危機に目をつぶって、どうにもならなくなるまで先送りし続ける習性から抜け出せないでいるような気がする。湯冷めするよりは茹で蛙でいるほうが当面は気持ちがいいからなのだろうが、将来を思い遣るのが現在を生きるものの責任ではないだろうか。

13日の新聞に、全国1827市町村のうち191市町村が、社会保険庁に移管後、過去の国民年金の記録を廃棄していたという記事があった。既に保存義務はないが、社会保険庁の記録照合の手段になるかもしれない。

東浦町の場合は、原簿はないが、すべての国民年金記録をマイクロフィルム化して社会保険庁に移管、町ではデータをコンピュータに入力して保管しているそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/12

ちょっとホタルを見に

あいち健康の森の近くの小川にホタルを見に行きました。

地元の有志が、毎年ヘイケボタルを育てて放しているのだそうです。結構な数のホタルが光っていますが、野生で繁殖するというわけにはいかないようです。じーっと見ていると、こちらに飛んできて人の手にとまるのもいます。Imgp6577sc Imgp6578sc

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/11

坂本達氏講演会

 自転車で世界を一周して、現在もミキハウスに勤務しながら、執筆活動や途上国支援を行っている坂本達さんの講演を聴きに行きました。

 図太そうなタフガイが出てくると思いきや、細身で控えめなどこにでもいそうな青年が、アフリカの民族衣装を着て登場しました。就職しても自転車で世界一周する夢を断ちがたく、4年3ヶ月、5万5千キロの旅へ。この間有給休暇をとったのだから、よほどの情熱?説得力?があったのだろうと思います。
 旅に出る直前、己の気弱を悲観する本人に、お父さんが「気が弱いと危険を予知できる、人の気がつかないことに気付く。気弱は個性。世界一周に向いている。」と励ましてくれたそうです。
 旅の途中、アフリカの小さな村で村人が残り少ない食べ物を与えてくれたり、重病にかかって村に一つしかない薬を投与してくれたり、現地の人々に助けられながら世界一周をします。知らない地で見ず知らずの人たちとコミュニケーションをするには、とにかく挨拶なのだそうです。そして、相手の大事にしているもの(こと)を大切にすること。ひいては自分も大事にしてくれることになります。相手の心づくしのおもてなしは、たとえ生のイモ虫でも快く頂くのだそうです。現在、お世話になった人たちへのお礼をこめて、アフリカで井戸を掘ったり、診療所建設を計画したりしています。
 アフリカの子どもたちは生きるのに精一杯。日本でも当たり前のように、着るものを着られて、食べるものを食べられて、学校に行ける有難さにもっと感動すべきなのでしょう。
 どうしたら夢が持てるかとの質問には、「ボランティアで人のために働いてみては。自分のとりえやしたいことが見つかるかも。」との答え。もし私に質問の機会があれば、見ず知らずの土地で一晩泊めてもらったり食べ物をもらったりするには、どうやって頼むのか、その場面を再現して欲しかったです。

Jc190611omote Jc190611ura

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは青年会議所(JC)の企画です。(私はJCとは何の関わりもありませんが)JCは「子どもたちに夢を持ってもらおう」みたいな企画に結構知恵を絞っています。昨年は手作りヨットで太平洋を単独横断した岡村精二さんの講演がありました。ことしの夏休みには、小学生を対象に「やればできるんだ!」と、4泊5日の100kmハイクを企画しているそうです。自分の子どもも参加させたいと思いますが、本人はなんと言いますやら??

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/06/09

6月8日に行われた私の一般質問の概略

政治、民主主義に関する教育の充実

    4月に町議会議員選挙があったが、投票率は長期下落傾向だ。若い世代ほど政治に無関心といわれている。結果的に若者が政治的弱者になっている。そんな中で、小中学校での、政治、社会、民主主義に関する教育はどのようになされているのか。

 民主主義を理解すること、社会や政治に興味を持つことは、将来を担う社会人を育てる上で重要だ。しかし、教育現場では、偏向の批判を恐れるあまり消極的になってはいないだろうか。一つの問題に対して多方面からの見方を紹介し、教師が答えを提供せずに子どもたちに考えさせる授業が必要ではないか。

教育長  小6で政治の仕組み、中3で民主主義に関する理解を深める学習をしている。子どもが自ら設定したテーマに関して、資料を収集し、討論をするなど、自分の考えを深める学習をしている。今後も、子どもたちの社会事象に対する関心をさらに高め、国民主権を担う基礎的な素養を培わせたい。

文書管理システムの整備

    整備のスケジュールと、整理整頓、情報管理と情報検索、人事異動の際の業務の引継ぎ、市民への情報公開の観点から見た整備の概要は。

総務部長  今年度中に業者を選定、2010月に稼動を予定。文書の作成から廃棄までをパソコンで管理し、電子決済によりペーパーレス化を実現する。文書の大部分を電子化するため、検索、引継ぎが容易になり、情報公開にも役立つ。

明徳寺川沿いの景観保全

    何年もかけて、桜を植え、散策できるようにし、於大公園や乾坤院と結び、於大まつりにも使えるように整備してきた。また、(仮称)自然環境学習の森にも続く立地となっている。これらの景観をどう位置づけ、どう守っていくのか。

建設部長  一帯に広がる農地の緑化を促進し景観を充実したいが、景観条例等で規制することは地権者の合意が必要なため考えていない。

バリアフリーの街づくりに当事者の参加を

    さまざまな利用者が想定される道路や公共施設の計画段階で、障害者等の当事者が参加して意見をすり合わせながら設計していく仕組みを取り入れてはどうか。

建設部長  整備基準に基づき設計している。年1回、関係団体の代表で会議を開き意見を聞いている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これは何でしょう

これは何でしょう?Imgp6514sc ・・・クレマチスが咲き終わったあとです

 

 

 

 

この花は何?・・・プチトマトが膨らみかけていますImgp6520sc Imgp6522sc

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/07

百合が咲きました

ちょっと前までつぼみだったテッポウユリの花が咲きました。Imgp6503sc Imgp6506sc

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/04

6月定例議会予定

次回議会予定

6月定例議会の予定
 
平成19年6月定例議会本会議の開催予定は6月6(水),7(木),8(金),11(月),20(水)の5回で、いずれも朝9時30分からです。終了時刻は、概ね午後5時頃ですが、予め決まっているわけではありません。午前中に終わることもあれば、午後6時を過ぎることもあります。

平成19年6月定例議会の予定
6月6日(水) 本会議  議案の上程・説明
6月7日(木) 本会議  一般質問
6月8日(金) 本会議  一般質問
6月11日(月) 本会議  議案の質疑
 6月13日(水)  経済建設委員会  議案の審査
 6月14日(木)  文教厚生委員会  議案の審査
 6月15日(金)  総務委員会     議案の審査
6月20日(水) 本会議  討論・採決

日程が従来と若干変わりました。
議案の上程・説明を初日に行い、質疑までに余裕を持たせました。 
6日が議案の上程・説明、7・8日は一般質問、11日が議案の質疑、20日は討論・採決の予定です。

議会傍聴のおさそい

 東浦町議会を傍聴してみませんか。特に、一般質問では、議員が行政全般について執行状況や将来の方針を質問します。質問者は意見も述べることができるので、それぞれの議員の考え方が良くわかります。テーマは、行政のあり方を問うものから暮らしに密着したものまで、様々です。


 議会傍聴は、役場3階の傍聴席入口にて住所・氏名を記入すれば、どなたでも可能。町外の方も歓迎します。審議の妨げにならない限りは、未成年者もOKです。詳細は、東浦町議会事務局(0562-83-3111 内線310)までお尋ねください。

 ※お知らせ
  ・議会から傍聴者への資料提供が大幅に充実しました。
    一般質問については、通告書全文を傍聴者に差し上げます。
    また、議案の説明・質疑に際しては、議案書および参考資料をお貸しします。
    (以前は、一般質問の質問者と質問項目が書かれた紙一枚のみの提供でした。)
  ・3つの常任委員会(経済建設、文教厚生、総務)が原則一般公開になりました。
      詳細は、東浦町議会事務局(0562-83-3111 内線310)までお尋ねください。

神谷明彦の一般質問の予定

 以下の4つをテーマに一般質問する予定です。

   1.政治と教育について
       4月に町議会議員選挙がありましたが、投票率は長期下落傾向です。
      若い世代ほど政治に無関心といわれています。
       そんな中で、小中学校での、政治、社会、民主主義に関する教育はどのように
      なされているのでしょうか。民主主義を理解すること、社会や政治に興味を持つ
      ことは、将来を担う社会人を育てる上で重要です。しかし、教育現場では偏向の
      批判を恐れるあまり消極的になっていないでしょうか。
       一つの問題について多方面からの見方を紹介し、教師が答えを提供せずに
      子どもたちに考えさせる授業が必要と考えます。

   2.文書ファイリングシステムの整備方針について
       役所内の文書ファイリングシステムの整備方針について以下の観点から質問
      します。
        ①整備のスケジュールと概要
        ②整理・整頓
        ③情報保管、情報検索
        ④人事異動の際の業務の引継ぎ
        ⑤市民への情報公開

   3.明徳寺川沿いの景観保全について
       東浦町では、これまで何年もかけて、明徳寺川沿いに桜を植え、於大公園や
      乾坤院と結び、於大まつりにも使えるように整備してきました。また、ここは
      (仮称)自然環境学習の森にも続く立地となっています。
       これらの景観をどう位置づけ、どう守っていくのか。景観条例などの制定は。

   4.バリアフリーのまちづくりについて
       公共施設や道路のバリアフリーはどのように設計されているのでしょうか。
      すべての人にやさしい規格は存在しないと思います。
       当事者が参加して、意見をすり合わせながら設計していく仕組みを取り入れられ
      ないでしょうか。

   ※ 7(木)・8(金)の一般質問の日程のうち10人中9番目の予定です。
     質問時間は、答弁を含めて一人1時間以内に制限されていますが、
     何時になるかは当日の進行状況によります。
     たぶん、6月8日(金)のお昼前後 午後になると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/03

ジュンサイを食べてみる

秋田に旅行に行ったときにとImgp6489scってきて、うちのカメで育てているジュンサイです。Imgp6482sc_1

 

 

 

スイレンよりも小さくて薄手の楕円形の葉が次から次へと出てきます。若いものは少しヌメリが残っています。葉が開く前の新芽をとって三杯酢で食べてみました。Imgp6485sc Imgp6468scまぎれもなくジュンサイでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お田植え祭

近所の氏神様のお田植え祭がありました。小学生の巫女さんたちが田植えをする神事です。とても陽気がよかったので、子どもたちと一緒に田んぼに入って稲を植えてきました。(デジカメを忘れたので写真はありません。)

今年はサツキの開花が遅いような気がしますが、気のせいでしょうか?Imgp6478sc Imgp6480sc

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/02

金魚のカメにいろんな水草が入っています

数年前に出かけた先で切れっ端を取ってきました。今ではどんどん増えてカメいっぱいになりました。

クロモ・・・岐阜城の近くの水路でとってきましたImgp6470sc

 

 

 

マツモ・・・近江八幡の運河に浮いていましたImgp6471sc

 

 

 

オオカナダモ・・・同じく近江八幡の運河に浮いていましたImgp6473sc

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/01

青の会 ジョイントコンサート

中学時代の友人の奥さんが7月31日にコンサートを開きます。今はピアノの先生ですが、学生時代に声楽をやっていたのだそうです。

Concert20070731

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »