« 公開講座「議会を変える!」のご案内 | トップページ | 第2回 ため池シンポジウム in あいち 2007 »

2007/08/13

■市民と議員の条例づくり交流会議2007(第7回)             <いま動き出す自治体議会改革> のご案内

9月のはじめに東京でも議会改革に向けたディスカッションがあります。

  「市民と議員の条例づくり交流会議2007(第7回)」チラシ表をダウンロード
  「市民と議員の条例づくり交流会議2007(第7回)」チラシ裏をダウンロード

プログラムや会場詳細などは、下記、条例会議HPでご確認ください。
http://www.citizens-i.org/jourei/

======================================
          ■市民と議員の条例づくり交流会議2007(第7回)
               <いま動き出す自治体議会改革>
======================================
自治体議会を「開かれた討論の広場」へ!
 ~改革先進議会からのレポート、改革への検証、そして、討論の二日間!~
2007.9.1~2@東京・市ヶ谷

日 程:2007年9月1日(土)13時30分~17時30分(※交流会18時~)
         9月2日(日)10時00分~15時30分
場 所:法政大学市ヶ谷キャンパス・外濠校舎(東京・市ヶ谷)(※HP地図参照)
参加費:議員10,000円、市民5,000円、学生2,000円
交流会:3,000円(別途)(※9月1日18時~20時)
※参加費等は、当日会場にてお支払いください。

主 催:市民と議員の条例づくり交流会議2007実行委員会
    自治体議会改革フォーラム http://gikai-kaikaku.net/
    法政大学ボアソナード記念現代法研究所 
    http://www.hosei.ac.jp/gendai_hou/
後 援:財団法人地方自治総合研究所

参加申込・お問合せ:事務局(市民立法機構)
TEL:03-3234-3844 FAX:03-3263-9463
E-mail :jourei-kaigi@citizens-i.org
URL:http://www.citizens-i.org/jourei/

★参加申込は、プログラム末尾の参加申込フォームにご記入の上、E-mailにて、お申
込ください。<締め切り8/27(月)>

======================================
第一日◎9月1日(土)
======================================
◆第一部:13時30分~15時30分(120分)
こんな議会ならいらない!?―自治体議会の現実と求められる改革の方向性

○基調提起:廣瀬克哉さん(自治体議会改革フォーラム呼びかけ人代表)
○全国自治体議会の運営に関する実態調査2007 調査結果をどう読むか
 ・提起/進行:廣瀬克哉さん
 ・コメント:加藤幸雄さん(元全国市議会議長会)
       伊藤藤夫さん(丹南市民自治研究センター理事長)
       西尾真治さん(埼玉ローカル・マニフェスト推進ネットワーク/三菱
              UFJリサーチ&コンサルティング)
 ・ディスカッション

◆第二部:15時40分~17時30分(120分)
変えなきゃ!議会―自治体議会を「開かれた討論の広場」へ!

○大検証!議会改革は市民社会の争点となったのか!?
 ・どのように議会改革を訴え、どこまで政策として広めることが出来たのか
 ・議会改革は“票”になったか!?
○これからの議会改革戦略
 ・どう議会改革を進めるか/どう賛同を広げ、課題を共有していくか
 ・動き出した議会改革への取り組み/これからの議会改革について(活動提起)

◆第三部(交流会):18時~20時(120分)
リレートーク“わたしの議会改革提案”

======================================
第二日◎9月2日(日)
======================================
◆全体会:10時~12時(120分)パネルディスカッション
動きだした自治体議会改革―自治の姿を展望する/分権時代における議会の役割

~議会はなにをめざし、どう変えようとしたのか。議会基本条例の制定や経緯、改革
の過程で、どのように課題を共有し、実現してきたのか。長や市民の反応・評価、関
係など、具体的な論点・課題について議論し、めざすべき改革の方向性、議会のあり
方を展望する。

○コーディネーター:辻山幸宣さん(地方自治総合研究所所長)
○パネリスト:三重県議会 三谷 哲央さん(三重県議会議員)
       伊賀市議会 安本美栄子さん(伊賀市議会議員)
       栗山町議会 山本 修司さん(栗山町議会議員)
○コメント&ディスカッション

◆分科会:13時~15時30分(150分)
======================================
◎第1分科会「討論の広場へのアプローチ」
======================================
議会をどのようにして討論の広場に変えていくのか。委員会審議において「討議」を
制度化した事例や、参考人制度を活用して市民との討議・対話を行っている議会、議
員提案条例づくりの過程で市民も交えて討議を行った実践などから、議員同士が議論
し、市民も議論に参加するための具体的なアプローチを検討する。

◇報告・パネル:須坂市議会 善財 文夫さん(須坂市議会議員)
        栗山町議会 山本 修司さん(栗山町議会議員)
        伊賀市議会 安本美栄子さん(伊賀市議会議員)=予定=
◇テーマ:(1)委員会審議における討議の制度化/自由討議の現在
     (2)市民との討議の実践/条例づくり、参考人の活用、市民との対話
     (3)全体討議・議会を討論の広場へ

======================================
◎第2分科会「インターネット中継は、議会改革の切り札になるか」
======================================
議会を身近にするツールがインターネット。中継・録画により、傍聴に行けない市民
も議会の様子が分かるようになる。本会議に加えて委員会も中継することで議会は、
そして議員はどう変わるのか。導入した経緯やその費用、課題などを徹底検証!

◇本会議以外への録画中継実施議会からの報告(3議会予定)
 導入の経緯/中継・録画の内容と導入・運用経費、アクセス数/議会(審議・質疑
 内容)は変わったか、市民の反応・評価など。
◇議会をもっと身近に!
 録画中継を安く導入する方法(案)/議会の情報発信・戦略/議会メルマガ・広報
 PR、など

======================================
◎第3分科会「市民と議会の関係」
======================================
開かれた議会をつくるためには、選挙で議員を送り出したまま4年間お任せではいら
れない。議会内部だけで進める改革は、会派の壁や選挙への配慮等に阻まれて、「現
実的」な範囲に収まりがちだ。議会ウォッチングや政策実現への働きかけ、議会への
参加や対話の仕組みづくりなど、市民からのアプローチを模索する。

◇議会ウォッチングから「議会改革」への提案
 ・森野やよいさん(小平市「政治・知りたい・確かめ隊」)
◇市議選候補者に「マニフェスト」を逆提案
 ・山内和夫さん(東海大学教授/市民団体・多摩自由大学学長)
◇議会との関係づくり―四日市市NPOセクター会議の取り組みから
 ・松井真理子さん(NPO法人市民社会研究所代表)
◇請願・陳情での意見陳述(予定)

======================================
◎第4分科会「都市計画審議会で都市計画を議論するには?」
======================================
地方分権が進み、市区町村の都市計画審議会(都計審)の役割があらためて問われて
いる。政令により市民と専門家と議員が「同じ場」で議論を行う都計審は都市計画の
決定・運営で大きな役割を果たす存在となりうる。本分科会は「市民のための都計審
」への改革と、その中における議員の役割について、あるべき姿と今後の展望を議論
したい。

◇趣意説明/饗庭 伸さん(首都大学東京)
◇都市計画審議会の役割と現状/コーディネーター:長野基さん(跡見学園女子大学)
◇都市計画、審議会の運営/早川淳さん(まちづくり支援・東京ランポ 理事)
◇都市計画審議会における議論の質の向上について/加藤仁美さん(東海大学教授)
◇議会建設常任委員会と都市計画審議会の関係の実態について

======================================
◎第5分科会「自治体財政と議会」
======================================
地域財政における議会責任の重さを突きつけた「夕張ショック」。財政監視・監査機
能を発揮するために、議会・議員は何をなすべきか。制定された自治体財政健全化法
と示された4つの財政指標を検証するとともに、健全な財政運営確立における議会の
責任と果すべき役割を探る。

◇はじめに/コーディネーター:菅原敏夫さん(地方自治総合研究所)
◇夕張問題が突きつけるもの/自治体財政の現在~財政健全化法とそのインパクト(仮)
 ・澤井 勝さん(奈良女子大学/地方財政情報館 主宰)
◇財政健全化法の問題点とこれからの議会の役割(問題提起&事例報告)
◇議会で財政監視機能を発揮するために
 ・中長期財政問題等調査特別委員会の設置/中尾修さん(栗山町議会事務局長)
◇全体討議:地域の財政課題を解決するために

======================================
◎第6分科会「地域ガバナンスにおける議会の責任」
======================================
“効率的で質の高い公共サービス”を掲げ、各地でさまざまなアウトソーシング手法
が導入されている。指定管理者制度の現状や課題、自治体版「市場化テスト」条例化
の事例などから、行政改革、ひいては地域ガバナンス改革における議会の果たすべき
役割と責任を検証し、今後の課題を検討する。

◇自治体業務アウトソーシングの現状と課題
◇市場化テスト条例化から見えてきた課題と論点
◇指定管理者制度の現状と課題
◇全体討議 地域ガバナンスにおける議会の果たすべき役割と責任

======================================
◎第7分科会「自治体議会の常識をぶち壊せ!-新人議員研修のウソ-」
======================================
議員は、何をできて、何ができないのか。根拠のない慣例による束縛や、従う必要の
ない「標準会議規則」など、自治体議会で幅をきかせるウソを暴く。壁にぶち当たっ
た新人議員、議会を変えたいベテラン議員、議会を活用したい市民の参加を待つ。

◇講座&コメント:高井章博さん(中央大学法学部兼任講師・元三鷹市議会副議長)

(※内容・プログラム等は、変更の可能性があります。)

|

« 公開講座「議会を変える!」のご案内 | トップページ | 第2回 ため池シンポジウム in あいち 2007 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80448/16139627

この記事へのトラックバック一覧です: ■市民と議員の条例づくり交流会議2007(第7回)             <いま動き出す自治体議会改革> のご案内:

« 公開講座「議会を変える!」のご案内 | トップページ | 第2回 ため池シンポジウム in あいち 2007 »