« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007/09/29

厄松池と切池の水質は(9月分)

9月29日、午後5時の気温18℃、水温21℃、天気は小雨。きのうまで夏の暑さが続いていましたが、今日はいきなり寒いくらいです。

厄松池のようす

Imgp8188sc2COD(化学的酸素消費量) 20ppm
溶存酸素            4ppm
リン酸イオン           0.2ppm
硝酸イオン            1ppm
アンモニウムイオン       0.9ppm

 

岸に草が生い茂ってきました。暑い日が続いていたので(アオコが発生して)水が緑色になっていたはずですが、雨が降ったので池の水はいくらか入れ替わったものと思います。池の出口からはいつもよりたくさんの量の水あふれ出ていました。Imgp8187sc2  

 

 

 

 

 

切池のようす

Imgp8197sc              池の出口 バイパスパイプの生活排水
COD(化学的酸素消費量)13ppm      17ppm
溶存酸素           3ppm       3ppm
リン酸イオン          0.1ppm     2ppm
硝酸イオン          10ppm      20ppm
アンモニウムイオン      0.5ppm     2ppm

時々水面で魚が飛び跳ねていました。こちらも雨水が流入して池の水位が上がっていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年の9月の気温は

今年は9月になってもまだ暑い!
気象庁では日本各地の毎日の気象観測データをまとめたものを公表しています。これらのデータは、Excelの表にそのままコピー&ペーストして、グラフなどを作成することもできます。(下表参照)

名古屋 2007年09月 (日ごとの値) 主な要素
気圧(hPa) 降水量(mm) 気温(℃) 湿度(%) 風向・風速(m/s) 日照 雪(cm) 天気概況
現地 海面 時間
平均 平均 合計 最大 平均 最高 最低 平均 最小 平均 最大風速 最大瞬間風速 (h) 降雪 最深積雪
1時間 10分間 風速 風速 風向 風速 風向   合計 (06:00-18:00) (18:00-翌日06:00)
1 1001.7 1008.1 0 0 0 26.1 31.8 21.8 65 41 2.9 5.7 南南東 10.6 南南東 7.6 -- -- 曇一時雨
2 1003.9 1010.4 1 1 0.5 24.3 26.3 21.4 73 64 1.8 4.6 南南東 10 東南東 -- -- -- 曇一時雨 曇一時雨
3 1003.9 1010.3 -- 0 0 26.5 31.2 23.8 68 52 1.9 5 南南西 8.4 5 -- -- 曇時々晴 晴時々曇
4 1003.1 1009.5 -- -- -- 28.7 33.6 24.6 63 48 1.9 3.8 南南西 8.2 南南西 10.5 -- -- 晴時々曇
5 1000 1006.3 3.5 3 3 29.3 34.9 25.1 64 41 2 4.6 9.1 7 -- -- 薄曇一時晴 曇一時雨
6 989.5 995.8 1 1 0.5 27.4 29.9 25.5 75 63 4.2 10.7 北西 21 北西 0.2 -- -- 曇一時雨 雨時々曇
7 991.3 997.6 0.5 0.5 0.5 29.4 33.7 26 60 44 4.9 9.8 北西 17.1 西 4.8 -- -- 曇一時晴 晴後一時曇
8 999.6 1005.9 -- -- -- 28.4 33.9 25.5 65 47 2.8 6.6 12.2 7.7 -- -- 晴時々曇 晴後一時曇
9 1001.7 1008.1 -- -- -- 28.1 33.7 24.8 66 45 2.7 5.1 10.6 南南東 4.2 -- -- 曇時々晴 曇一時雨、雷を伴う
10 1003.7 1010.1 0.5 0.5 0.5 26.3 31.2 22.7 72 54 2.4 5 北西 7.7 北西 1.6 -- -- 曇一時雨 曇時々雨
11 1005.5 1011.9 34.5 8 3 23.1 27.7 20.9 78 44 2.2 4.9 7.9 0.2 -- -- 曇時々雨、雷を伴う 大雨
12 1003.6 1010.1 36 12 3 25 30.5 20.7 72 45 3.1 5.1 8.4 南南東 6.3 -- -- 曇一時雨 薄曇
13 1008.7 1015.1 0 0 0 25.4 30.8 22.5 70 45 2.1 4.6 9.8 4.4 -- -- 曇一時晴 曇時々雨
14 1009.7 1016.2 1 1 0.5 26 30.9 22.2 74 55 2 4.3 7.5 2.4 -- -- 曇時々晴一時雨
15 1007.9 1014.3 0 0 0 26.9 30.8 23.7 71 58 3.5 6.9 南東 12.7 南東 5.4 -- -- 曇時々晴一時雨 曇後一時雨
16 1007.5 1014 22 13 4.5 26.5 29.8 24.1 81 72 3.4 5.9 南南東 11.6 南南西 0.9 -- -- 雨時々曇 曇時々晴一時雨
17 1007.8 1014.2 0 0 0 28.6 33.1 25.6 74 55 3.4 5.1 10.7 南東 6.7 -- -- 晴時々曇 晴時々曇
18 1008.4 1014.8 -- 0 0 28.4 33 25.1 60 43 3.6 5.8 西北西 9.8 西北西 11.5 -- -- 晴後時々曇
19 1012.5 1019 -- -- -- 26.6 29.9 24.8 69 55 2.4 4.5 南南西 8.2 0.2 -- --
20 1013.1 1019.5 -- -- -- 27.2 32.6 24.4 66 47 2.4 5.2 9.3 9.2 -- -- 晴時々曇
21 1012.8 1019.2 -- -- -- 27 32.7 23 66 44 1.9 5.2 9.9 9.5 -- -- 晴一時曇 晴一時曇
22 1010.6 1017.1 -- -- -- 27.6 33.1 23 63 42 2 4.5 南南西 8.3 9.9 -- -- 晴後一時曇 曇後一時晴
23 1010.4 1016.8 -- -- -- 26.8 30.1 24.5 68 56 2.4 5.3 南南西 10.1 1 -- --
24 1009.7 1016.2 1 0.5 0.5 24.7 28.3 22.2 71 55 1.9 3.1 西南西 6.4 西南西 0.6 -- -- 曇一時雨 雨後一時曇
25 1005.3 1011.7 1 1 0.5 25.6 31.3 21.9 66 46 3.5 7.7 北西 14.2 北西 9.4 -- --
26 1009.3 1015.8 -- -- -- 23.7 29.1 18.8 53 29 2.8 4.5 9.2 9.4 -- -- 曇一時晴
27 1010 1016.5 0 0 0 24.2 26.3 21.6 71 62 1.5 3.6 6.5 0.2 -- -- 曇時々晴
28 1007.1 1013.5 0 0 0 26 31.7 22.3 65 44 2.8 6.2 北西 11.7 北西 5.2 -- -- 曇時々晴 曇一時晴
29                                        
30                                        

各日の最高気温と最低気温をグラフにすると、Graphkisyoudata1

最高気温は9月になっても、30度以下の日はわずか。最低気温が20度を下回った日は1日しかありません。
昨年(2006年)の9月と比べると、本当に今年は暑いのがわかります。下のグラフで、オレンジが昨年の各日の最高気温、水色が昨年の各日の最低気温。今年は平均でそれぞれ3度ほど高くなっています。Graphkisyoudata2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小学校の授業参観と福祉実践教室

小学校で授業参観と福祉実践教室があった。福祉実践教室は、聴覚や視覚、肢体などさまざまな障がいがある人や介助をしている人を講師に招いて、保護者も一緒に、お話を聞いたり、手話を使う、点字を使う、アイマスクをつけて歩いてみる、車椅子を使うなどの体験をしたりする授業。たまたま4年生の教室で講師のお話しを聞いた。

視覚障がい者は全国で約3万人、そのうちの1千人くらいが盲導犬を使っている。盲導犬は協会から無料で借りることができるのだが、野良犬と違ってとても手がかかるのだそうだ。食事も入れて世話に年間300万円ほどかかるらしい。現在、東浦には盲導犬を使っている人はいないそうだ。

ある交差点の信号機に歩行者用の音響信号機(ピッポー)をつけるように要望したところ、行政は、近くの塾に通う子どもたちがうるさくて勉強ができないと断ったそうだ。障がい者が人並みに安全に街を歩くという基本的な権利が、子どもの任意の勉強よりも優先しないのだろうか?ましてや万一、塾の営業上の問題が絡んでいるとすれば塾の都合を優先するのは論外だと思うのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/28

トンしゃぶに薬味はニンニク味噌、シメは讃岐うどん

なかなか涼しくなりませんが、なんだか急に鍋物が食べたくなったそうで、今晩は野菜たっぷりの豚しゃぶです。夏休みに会津で買ってきたにんにく味噌(ニンニク唐辛子)が薬味。最後は讃岐うどんを入れました。Imgp8182sc

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/27

まむし見っけ

草を刈っていたら出てきました。マムシの子どもです。Imgp8169sc

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/25

秋の夕暮れ

空が澄んでいます。日が落ちるのがめっきり早くなりました。Imgp8127sc 稲の黄緑色が夕日に映えます。Imgp8129sc

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/24

今年初めて秋を感じました

今夏はとにかく暑い。
ずーっと真夏の暑さが続いていましたが、今日は初めて秋の気配を感じることができました。長久手の愛知県立大学に行く途中、リニモの愛・地球博記念公園駅で降りて、歩道を歩いていると、今日は結構涼しいではないですか(それでも29℃あったらしいが)。そして、よくみると桜の葉が色づき始めているではないですか・・・。空気も心なしか涼しげです。Imgp8115sc

 

 

 

愛知万博後の取り組みとして、あいち海上の森センターや愛知県立大学で、さまざまなセミナーやイベントが企画されています。

 あいち海上(かいしょ)の森大学
 あいち海上の森センター(ムーアカデミー)
 海上の森体験学習プログラム
 人と自然の共生国際フォーラム(11/24~25)
 (EXPOエコマネー事業とは

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/17

養老天命反転地を歩く

オープンした年以来でしょうか、ふとどうなっているか見たくなって、久しぶりに養老天命反転地に行ってきました。Imgp8085sc

迷路のような仕切りの入った建物、よく見ると天井にも間仕切りが・・・。

 

 

 

Imgp8088sc 

「昆虫山脈」と名づけられた、井戸のようなものがある岩山。なぜ「昆虫」なのかは不明。

 

 

Imgp8092sc  

斜面を上り詰めると、目の前に巨大なクレーターのような公園?が出現。
底へ下りる道は結構急で傾いているところも。入口で頼むと、ヘルメットの貸し出しもあります。

 

Imgp8095sc Imgp8097sc

 

 

 

 

 

監視員のおじさんが、誰か転んで怪我でもしていないか?目を光らせています。Imgp8107sc バックに広がるのは濃尾平野。

 

 

 

 

オープン当時の写真(右)と見比べると、かなり木が茂ってきたのがわかる。Imgp8109sc Cci2007091701

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/16

『ため池シンポジウム in あいち』で事例報告

日本福祉大学美浜キャンパスで「ため池シンポジウム in あいち」が開かれています。Imgp8064sc Imgp8065sc

 

 

 

 

県が「愛知県ため池保全構想」を定め、各市町村に「ため池保全計画」の策定を求めるなど、ため池を取り巻く環境も、それぞれのため池の性質に応じた保全に向けて少しずつ変わってきたようです。Imgp806sc Imgp8066sc_2

 

 

 

 

今日は第2分科会で「知多半島・東浦町におけるため池(厄松池、切池、飛山池)と里山を守るために」と題して私が事例報告をしました。

   報告の内容は「tameikesympo20070916pic2.pdf」をダウンロード

『知多半島・東浦町におけるため池(厄松池、切池、飛山池)と里山を守るために』


2007/09/16   神谷明彦(東浦町議会議員)

http://homepage3.nifty.com/kamiya-a/index.html

E-mail  kamiya-a@mbk.nifty.com

①東浦町の概況

知多半島の付け根の“East Coast”、名古屋からJR30分、境川を渡るとお隣は刈谷市。この10年間で、自動車関連工場やイオンショッピングセンターなどが進出し、現在人口4.9万人で増加中。

これまでは従前の環境を破壊して開発することが「発展」=「善」であったが、これからは経済も人口も環境もコミュニティも“Sustainable”であることが重要。

②厄松池、切池、飛山池と里山の位置関係とその状況

厄松池切池は市街地に囲まれた池。

飛山池と飛山池の東に広がる里山は、市街地から少し離れた山の手にある。

それぞれ別の話なので、まず生路地区の市街地に今も残っているため池(厄松池と切池)の話をする。Tameikesympomap3_4

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/09/13

楠に実が

クスノキに実がなっています。木の下にはところどころ実生のクスが生えています。Imgp7972sc Imgp7973sc

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/12

朝顔が汗?

雨にぬれたアサガオ。まるで汗をかいているようです。Imgp7970sc Imgp7968sc

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/09

菱の花

ヒシに白い小さな花が咲きました。Imgp7965sc あのトゲトゲしい実からは想像できないような可愛い花です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プラタナスを剪定

来週は、氏神様のお祭り。家の前で若衆が太鼓をたたく慣わしなので、邪魔にならないように枝葉が生い茂ってきたプラタナスの剪定をしました。Imgp7938sc Imgp7952sc Imgp7959sc

| | コメント (0) | トラックバック (0)

免疫は心の持ちように深く関わっている

今日は敬老会がありました。祝辞を頼まれていたので、つい先日講演のあった昇幹夫さんという方のお話を紹介しました。

昇さんは大阪のお医者さんで「日本笑い学会」の副会長。

この方がおっしゃるには、がんを含めて病気の原因は、不規則な生活習慣、脂肪分の多い欧米型の食事、ストレスや生きがいなどの心の持ちようなのだそうです。

人間の体は60兆個の細胞からできています。毎日細胞分裂を繰り返し1~2ヶ月で体の細胞が新しい細胞に置き換わっています。その中にほんのわずかだが、遺伝子に異常を生じて、1日約5000個のがん細胞が発生するそうです。それが成長して大きながんになる前にNK細胞という免疫細胞がやっつけてくれているのだそうです。

このNK細胞の活性は心の持ちように深く関わっていて、笑うと活性化します。実際に落語や吉本の漫才を聞く前後でNK細胞の活性を計ってみると、笑った後のほうが活性化されていることがわかっています。

笑うこと、泣くこと意外にも、人に話を聞いてもらうこと、お化粧できれいになること、楽しく歌うことなどが健康によいそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/08

モリコロパークで県民参加の公園づくり

公募の県民の参加で、愛・地球博跡地に公園をつくるワークショップに参加することにしました。計画地は韓国館やインド館などアジアのパビリオンがあった辺りの約2ha。今日から4回シリーズで、グループに分かれて公園の構想を練ることに。県の職員とコンサルの人がサポートにあたってくれます。できるだけ自由なアイディアを出せるよう、テーマやヒントなど先入観となるものは与えられていません。

  http://www.pref.aichi.jp/koen/AI_CHIKYU/morikorows2007.8.16.pdf#search='県民公園づくり空間'
  http://news.aichikyunews.jp/nstyle/blog/aichikyu/article/atc00000074

Imgp7880sc

行きのリニモの車内にやけに若い人たちが多いと思ったら、今日はレゲエの野外コンサートがあるのだそうだ。

 

 

Imgp7884sc

モリコロパーク内、もりの学舎で概要説明のあと現地へ。

 

 

 

Imgp7892sc Imgp7897sc Imgp7910sc

 

 

 

両側は雑木林で谷間には土が盛ってある。この土は公園に使っても良いのだそうだ。

Imgp7913sc Imgp7915sc

もりの学舎に戻って、感じたこと、思いついたことを出し合う。各グループのまとめを発表して、今日はおしまい。次回は参考になりそうなところへ見学に行く予定。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/07

9月7日に行った私の一般質問の概略

里山の自然を開発からどう守るか

    石浜飛山東地区は、町内に唯一残った手付かずの2つ以上の尾根と谷を持つまとまった里山。ここで民間の宅地開発計画が再浮上している。開発計画の概要は。
建設部長 開発面積は19ha。計画概要を公表できる段階ではない。
    緑の基本計画、都市計画マスタープラン策定時に「自然内住宅検討地」と位置づけ、従来の宅地誘導と差別化を図ったはずだが、それがどんな形で盛り込まれるのか。
建設部長 公園や残地森林を区域の中と外周部に配置し、幹線道路には街路樹を植える計画だ。町としても地区計画で緑化率の最低限度や垣・柵の構造を制限したい。
    今「持続ある発展」が求められている。急に人口を増やせばそのあと必ず歪みが出る。最後に残った大規模山林を開発してしまった場合、どのような持続的発展を考えるのか。
建設部長 開発と保全の相反する行為を調和させながら発展させたい。飛山池周辺、高根の森、自然環境学習の森に関しては保全していきたい。

自然環境学習の森の整備方針を問う

    緒川舟木(新池)周辺の里地を「自然環境学習の森」として整備する計画がある。里地の保全や手入れは、お金をかけて大がかりな工事をするのではなく、時間をかけて自然を育てていく過程が大事だ。この事業の概要は。
建設部長 町が地権者2社より13haの山林を借地し、県が治山事業として3年間で整備する。その後、町が学習施設設置や維持管理をする。
    県は1億円の予算を見込んでいるが、一億もかける必要はあるのか。
建設部長 竹林から広葉樹林への転換に3900万円、管理用道路・水路・防災広場に4600万円、ビオトープ造成に800万円など。
    そもそもこの地区全体がビオトープ(生物の生息域)であり、「造成」で造るのは不自然ではないか。
建設部長 農地が放置されているので、地形を利用しながら湿地や小川を整備する。里山の景観や自然環境を守りながら実施する。
    人づくりのための講習、保全活動の実践等をどう進めていくか。
建設部長 維持管理や学習指導に幅広い市民参加を募りたい。リーダーの育成計画も盛り込む。
 里山の体験学習、自然観察会、ボランティア活動や市民提案による行事等、この森を活用したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/04

「民間企業による環境共生型まちづくり」に興味が湧いたので聴きに行ってきました

都市環境デザイン会議関西ブロック

2007

年度第8回都市環境デザインセミナー

環境共生と農のまちづくりへの挑戦
小舟木エコ村のまちづくり/アーバンフリンジの農空間のまちづくり

~福田知弘/加我宏之~


趣旨

都市環境づくりにおいて、自然共生や農の環境に関心が高まっている。こうしたテーマに取り組んでいるJUDIの若手メンバーからフレッシュな話題を提供していただく。

JUDIセミナー委員長 鳴海邦碩


日時/場所

  2007年9月4日(火曜日)
  1815開場  1830開演  20:30頃まで

  ドーンセンターセミナー室
   京阪天満橋駅、地下鉄天満橋駅1番出口から東へ徒歩5分
   JR東西線大阪城北詰駅2号出入口から西へ徒歩8分
   市バス京阪東口からすぐ
   電話:06-6910-8625
 

テーマ

報告1:小舟木エコ村のまちづくり

    福田知弘(大阪大学大学院工学研究科)

日本最大規模の環境共生型まちづくり。近江八幡市に民間企業が主導で、15haの整備(計画人口:約1,200人、環境共生型住宅:約350戸、その他施設:店舗, 中央集会所, 農産物販売所, 市民農園)が進められており、来年度、まちびらきの予定。これに関わっている福田が話題提供する。
http://www.chikyunome.co.jp/
http://www.eco-mura.net/
http://www.shiminken.net/lab/koecomura/kofunakinani/001.html
http://www.shiminken.net/lab/koecomura/

報告2:アーバンフリンジの農空間のまちづくり

    加我宏之(大阪府立大学大学院生命環境科学研究科)

堺市内の市街化調整区域(堺市辻之・上之地区)において5年間取り組んできている、ため池、水路、遊休農地等、地域資源を生かしたまちづくり活動における住民、行政、専門家の協働の取組みについて、これに関わってきた加我が話題提供する。

  司会:鳴海邦碩大阪大学大学院教授(専攻・ビジネスエンジニアリング)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/03

朝顔の花

アサガオの花が三色Imgp7865sc Imgp7872scImgp7875sc

 

 

 

風船カズラの花と実Imgp7868sc_2  

 

 

 

 

綿の実Imgp7876sc

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/02

9月定例議会の予定

 平成19年9月定例議会本会議の開催予定は9月6(木),7(金),10(月),11(火),26(水)の5回で、いずれも朝9時30分からです。終了時刻は、概ね午後5時頃ですが、予め決まっているわけではありません。午前中に終わることもあれば、午後6時を過ぎることもあります。

平成19年9月定例議会の予定
9月6日(木) 本会議  議案の上程・説明
9月7日(金) 本会議  一般質問
9月10日(月) 本会議  一般質問
9月11日(火) 本会議  議案質疑・委員会付託
 9月14日(金)  経済建設委員会  議案の審査
 9月18日(火)  文教厚生委員会  議案の審査
 9月19日(水)  総務委員会     議案の審査
9月26日(水) 本会議  討論・採決

日程が従来と若干変わりました。
議案の上程・説明を初日に行い、質疑までに余裕を持たせました。 
6日が議案の上程・説明、7・10日は一般質問、11日が議案の質疑、26日は討論・採決の予定です。
平成18年度決算・・・皆さんの税金がどのように運用されたか・・・が議案審議の中心になります。

議会傍聴のおさそい

 東浦町議会を傍聴してみませんか。特に、一般質問では、議員が行政全般について執行状況や将来の方針を質問します。質問者は意見も述べることができるので、それぞれの議員の考え方が良くわかります。テーマは、行政のあり方を問うものから暮らしに密着したものまで、様々です。


 議会傍聴は、役場3階の傍聴席入口にて住所・氏名を記入すれば、どなたでも可能。町外の方も歓迎します。審議の妨げにならない限りは、未成年者もOKです。詳細は、東浦町議会事務局(0562-83-3111 内線310)までお尋ねください。

 ※お知らせ
  ・議会から傍聴者への資料提供が大幅に充実しました。
    一般質問については、通告書全文を傍聴者に差し上げます。
    また、議案の説明・質疑に際しては、議案書、決算書および参考資料をお貸しします。
    (以前は、一般質問の質問者と質問項目が書かれた紙一枚のみの提供でした。)
  ・3つの常任委員会(経済建設、文教厚生、総務)が原則一般公開になりました。
      詳細は、東浦町議会事務局(0562-83-3111 内線310)までお尋ねください。

神谷明彦の一般質問の予定

 以下の2つをテーマに一般質問する予定です。

   1.石浜飛山東地区の宅地開発計画について
       石浜飛山東地区でいったん頓挫した宅地開発計画が再び進められている
      と聞きます。地権者の創意であれば仕方のないことですが、民間の宅地開発
      業者が買収交渉をしているようです。
       以前から述べているように、水の循環、生態系、景観面からも、里山として
      保全していくには、ある程度の厚みがあり2つ以上の尾根に挟まれた谷を残
      さねば意味がありません。町内に、手付かずの2つ以上の尾根と谷を持つ
      まとまった里山は、唯一ここしか残っていません。
       (1)開発計画の概要と進捗状況は。
       (2)緑の基本計画、都市計画マスタープラン策定時に「自然内住宅検討地」
         という表現を用いて、従来の宅地誘導と差別化を図ったはずだが、
         それがどんな形で盛り込まれるのか。
       (3)県道東浦名古屋線(通称ダンプ道路)からの景観、飛山池に計画されて
         いる自然公園とのかかわりはどうなるのか。
       (4)町は石浜団地と隣接する農地を農振除外するなどして開発を後押しして
         いるが、町内最後の里山を人口を増やすための住宅開発余地としてしか
         捉えていないのか
       (5)今、「持続ある発展」が求められている。急に人口を増やせばそのあと
         必ず歪みが出る。最後に残った大規模山林を開発してしまった場合、
         どのような持続的発展を考えるのか。

   2.自然環境学習の森の今後について
       工場敷地にかからずに残った新池周辺の里地を県が主体となって(仮称)自然
      環境学習の森として整備する計画があります。里地の保全や手入れは、お金を
      かけて大がかりな土木工事をするのではなく、人の手で時間をかけて育てていく
      過程が大事だと考えます。
       (1)この事業の概要と、県と町の役割分担は。
       (2)土地の賃貸条件は。購入はあるか。
       (3)1億円程度の予算を見込んでいるが、内訳は。
       (4)ビオトープは「造成」で造るものではなく、そもそもこの地区全体が
         ビオトープ(生き物の生息場所)であるはずと考える。竹林の制御、
         ビオトープの造成などはどのような方針で行うのか。
       (5)さまざまな形の市民参加、人づくりのための講習、保全活動の実践などを
         どう進めていくか。どんなプログラムを考えているか。

   ※ 7(金)・10(月)の一般質問の日程のうち10人中4番目の予定です。
     質問時間は、答弁を含めて一人1時間以内に制限されていますが、
     何時になるかは当日の進行状況によります。
     たぶん、9月7日(金)の1時頃からになると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007/09/01

ハイビスカスが咲きました。

Imgp7845sc_2 ハイビスカスが咲きました。咲くのが遅れたのは、水遣りを忘れて葉が落ちてしまったり、虫がついてしまったりしたせいだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

市民と議員の条例づくり交流会議2007              「いま動き出す自治体議会改革」                   改革先進議会からのレポート、改革への検証、そして、討論の二日間! に参加

Imgp7851sc_2 

 

 

 

 

 

 
会場は、法政大学の市ヶ谷キャンパス。
自治体議会改革フォーラム呼びかけ人代表の廣瀬克哉法政大学教授の基調提起ではじまりました。このなかで、

議会にまつわる3つの「?」
①討議をしない議会・・・議会というより「質問」会?討議もないまま原案可決
②市民が発言できない・・・議会どうすれば私たちの声は伝わるの?みんなで請願したけれど
③公開が不十分な議会・・・インターネット時代に立遅れ。ブラインドの中の議会?

とりわけ問題なのは、やはり議会が討論・議論の場になっていないことでしょうか。

市民が議会の活動に触れることも重要、これにより市民は、
・地域でいま何が問題かわかる
・その課題に関する情報が入手できる
・自分の意見を形成する手がかりが得られる
・意見、提案、問題解決の相談などに責任を持って対応してもらえる
・議会の行動について説明を受け、その是非の評価を下す機会がある

そんな議会の実現が必要との話もありました。

自治体議会改革フォーラムでは10の改革提案をしています。

ステップ1 【07統一地方選挙での共通目標】
1.議員同士が責任を持って自由に討議する議会(議員提案、議員同士の討議で、地域の意思決定をする)
2.市民も参加できる開かれた議会(市民が発言できる機会の保障、公聴会、参考人招致の活用)
3.積極的に情報を公開し透明性のある議会(委員会も公開、インターネットによる動画配信、地域で議会報告会の開催)

ステップ2 【今の制度でも実現できること】
4.一問一答でわかりやすい議論をする議会
5.市民にわかりやすい議会(傍聴者にも議案資料を配布)
6.行政となれ合わない議会(質問の全文通告はしない、議会の場で政策の検討と決定をする)
7.市民と政策をつくる議会(専門家の知見を活用、市民と協力して政策づくり)
8.行政から独立した事務局を持つ議会(首長に配属された行政職員でなく、議会または議会の連合体で事務局職員を雇用する)

ステップ3 【地方自治法を改正して改革】
9.実効性あるチェック機能を持つ議会(調査実行の手続きを整備し、予算、人員を確保)
10.自ら運営できる議会(議長による議会の招集権を確立、議会予算の編成と執行を自ら行う)

これらの中には、東浦町議会で既に行っていることもありますが、当分できそうにないこともあります。

明日は午前中はパネルディスカッション。議会改革の先頭を走っている栗山町、伊賀市、三重県議会の議員さんがパネリストとなります。
午後は分科会。討論の場へのアプローチ、インターネット中継をお手軽に導入する方法、都市計画審議会で都市計画を議論するには、議会の常識をぶち壊せなど、面白そうなテーマが勢ぞろい。

しかし・・・親族の不幸があったので帰らなければならなくなってしまいました。もらった袋に資料はどっさり入っています。これらが玉手箱になるかもしれません。

Imgp7858scImgp7854sc_3

 

新しい建物には屋上緑化が施されています。

 

 

Imgp7862sc

 

帰りがけに飯田橋から法政大学方面を見たところ。外堀沿いには結構緑があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »