« 朝顔の花 | トップページ | 9月7日に行った私の一般質問の概略 »

2007/09/04

「民間企業による環境共生型まちづくり」に興味が湧いたので聴きに行ってきました

都市環境デザイン会議関西ブロック

2007

年度第8回都市環境デザインセミナー

環境共生と農のまちづくりへの挑戦
小舟木エコ村のまちづくり/アーバンフリンジの農空間のまちづくり

~福田知弘/加我宏之~


趣旨

都市環境づくりにおいて、自然共生や農の環境に関心が高まっている。こうしたテーマに取り組んでいるJUDIの若手メンバーからフレッシュな話題を提供していただく。

JUDIセミナー委員長 鳴海邦碩


日時/場所

  2007年9月4日(火曜日)
  1815開場  1830開演  20:30頃まで

  ドーンセンターセミナー室
   京阪天満橋駅、地下鉄天満橋駅1番出口から東へ徒歩5分
   JR東西線大阪城北詰駅2号出入口から西へ徒歩8分
   市バス京阪東口からすぐ
   電話:06-6910-8625
 

テーマ

報告1:小舟木エコ村のまちづくり

    福田知弘(大阪大学大学院工学研究科)

日本最大規模の環境共生型まちづくり。近江八幡市に民間企業が主導で、15haの整備(計画人口:約1,200人、環境共生型住宅:約350戸、その他施設:店舗, 中央集会所, 農産物販売所, 市民農園)が進められており、来年度、まちびらきの予定。これに関わっている福田が話題提供する。
http://www.chikyunome.co.jp/
http://www.eco-mura.net/
http://www.shiminken.net/lab/koecomura/kofunakinani/001.html
http://www.shiminken.net/lab/koecomura/

報告2:アーバンフリンジの農空間のまちづくり

    加我宏之(大阪府立大学大学院生命環境科学研究科)

堺市内の市街化調整区域(堺市辻之・上之地区)において5年間取り組んできている、ため池、水路、遊休農地等、地域資源を生かしたまちづくり活動における住民、行政、専門家の協働の取組みについて、これに関わってきた加我が話題提供する。

  司会:鳴海邦碩大阪大学大学院教授(専攻・ビジネスエンジニアリング)

|

« 朝顔の花 | トップページ | 9月7日に行った私の一般質問の概略 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80448/16527195

この記事へのトラックバック一覧です: 「民間企業による環境共生型まちづくり」に興味が湧いたので聴きに行ってきました:

« 朝顔の花 | トップページ | 9月7日に行った私の一般質問の概略 »