« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007/11/30

厄松池と切池の水質は(11月分)

11月30日、午後4時半の気温12℃、水温12℃、天気は晴れ時々曇り。11日に厄松池の掃除をしてから初めての水質測定です。

厄松池のようす

Dscn0462scCOD(化学的酸素消費量) 20ppm
溶存酸素             8ppm
リン酸イオン            0ppm
硝酸イオン             0ppm
アンモニウムイオン        0.2ppm


柳は黄色に、桜は赤く紅葉しています。桜の落ち葉が岸を赤く染めています。水面が鏡のように静かです。Dscn0453sc Dscn0457sc Dscn0476sc

掃除してから3週間足らずですが、もうゴミが捨てられています。Dscn0480sc Dscn0479sc

 

 

 

 

切池のようす

Dscn0481sc               池の出口 バイパスパイプの生活排水
COD(化学的酸素消費量)10ppm      20ppm
溶存酸素           8ppm       3ppm
リン酸イオン          0.2ppm     4ppm
硝酸イオン          10ppm      45ppm
アンモニウムイオン      1ppm       9ppm

こちらも、土手には桜の落ち葉が。風がないので水面はとても静かです。Dscn0493sc

 

 

 

池に油分が流れ込んだようです。白い油膜のようなものが浮いています。Dscn0485sc

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/29

12月定例議会 一般質問の通告をしました

 1.バス運行体系の再構築について
 知多バスが路線バスの撤退を表明しました。町運行バスう・ら・らは
知多バスとの競合を避けて運行しているため、知多バスが撤退する
となれば、町全体のバス運行体系を再構築せねばなりません。
(1)現行知多バス路線をどうカバーするか、刈谷への乗り入れの検討は、
  運行系統・ダイヤなどをどうするか、利用してもらうための工夫は。
(2)新ダイヤを組むにあたって、時間帯別利用者数など現状分析は。
(3)地域公共交通会議で関係者が今後のバス運行体系について協議する
  ことになるが、そのメンバーや住民参加のプロセスは。

 2.自転車の利用を促進するまちづくりについて
 石油価格が高騰する中、マイカーへの依存度を減らし、自転車で回れる
まちづくりを考えてはどうでしょうか。
 燃料コストはもちろん、交通事故、交通渋滞、環境、健康、地元商店
活性化など、影響は多岐にわたると考えられます。道路新設の際の自転車
レーンの設置、放置自転車の再生、町を挙げての自転車利用推進策は
考えられないでしょうか。

 3.ため池保全計画について
 愛知県は、ため池保全構想を打ち出し、池の状況に応じた保全の在り方を
示そうとしています。市町村に対しても、ため池保全計画の策定を促しています。
(1)東浦町の対応は。
(2)飛山池のオニバスはどうなったか。
(3)市街地にあるため池の水辺整備は。

 4.自然環境学習の森の今後について
 今年度から整備事業に着手するが、住民参加をうたいながら、事業者(県)
のペースになってしまわないか危惧します。いかにして、市民の森として、
本来の里山の自然を取り戻していくかを議論したいと思います。
(1)現地調査や周辺調査は(生物、地形、水流、歴史など)どうなっているか。
  住民、現地農家や専門家による、調査、プラン作りが望ましいのでは。
(2)理解・関心を深めるための市民向けPRや研修・講座は。
(3)当地に縁のない動植物や土壌の持ち込みは好ましくないが、
  植林の樹種選定はどうなっているのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/28

秋冬ライブのご案内

シャンソン歌手の白羽幸代さん(町内緒川のお米屋さんの娘さんです。)からライブの案内をいただきました。

朝夕冷え込みはじめ、あちこちでクリスマスのイルミネーションを目にする頃となりました。お元気でいらっしゃいますか?

今回は2007年をしめくくる 2つの特別なライブのお知らせ。
秋の夜長にぴったりの美しいハーモニーライブと、楽しさがいっぱいつまったクリスマスライブです。

まったく違った内容ですが、みなさんに季節感と楽しいひとときをおおくりしたいと思います。


~清水富美子さんとともに 美しきハーモニー~
   2007年11月30日(金)開場18:30 開演19:00  2ステージ
   場所) I・M・Yホール(千種区メルパルク北向かい I・M・Yビル9階)  (052)930-3922
     地下鉄 東山線千種駅1番出口 又は桜通線車道駅3番出口徒歩2分
     JR 千種駅地下出口から徒歩2分 
   料金  前売 2500円  当日 2800円(全自由席)
  ●クラシック出身の清水さんのライブに、私はゲストとして出演します。
   10曲以上を歌います!どれもあたたかく美しい曲ばかり。
   秋の夜長、心をこめた二人のハーモニーでお楽しみください。
    曲目:サウンド オブ ミュージック、君をのせて、竹田の子守唄など

~クリスマス パーティ ライブ 小川京子さんとともに~
   2007年12月22日(土)開場19:00 開演 19:30  2ステージ
   場所) カフェ コンセール エルム    (052)733-0085
     地下鉄 桜通線吹上駅5番出口 西へ徒歩7分
     JR 千種駅 鶴舞駅 徒歩20分 タクシ-5分 「吹上ホールの西側、若宮大通り沿いのお店です」と伝えてください。
   料金  前売 5000円  当日 4500円
    (1ドリンク、オードブル、抽選会によるプレゼント付き)
  ●今年のクリスマスライブは小川さんとのジョイントです。
   エルム1楽しくかわいいいと評判??の私たちのライブで
   すてきなクリスマスのひとときをお過ごしください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/24

蓮と睡蓮のカメを掃除

秋が深まり、ハスの葉と茎が枯れて水面から出ている部分がなくなりました。
何年も放っておいたためか花のつきも悪くなってきました。根を掘り出してカメを掃除することにしました。掘ってみると、泥に混じって中から古い腐った地下茎が大量に出てきました。まるで臓物のよう・・・。
一番底のほうから、生きた蓮根が出てきました。食用のレンコンのように太くはありませんが、まさしくレンコンです。
土を新しくして植えなおします。来年は立派な花が咲くでしょうか?Dscn0396sc Dscn0402sc

 

 

 

 

スイレン鉢も掃除しました。こちらも腐った根と古い泥を取り除いて、新しい土に植え替えます。スイレンの地下茎はハスの地下茎のように太くないし断面に穴も開いていません。黒茶色のゴツゴツした表面にヒゲのような根が生えていて、海老のように見えます。Dscn0408sc

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/23

我家のイルミネーション

市販のライトを巻きつけて点灯させました。
昔は発光ダイオード(LED)を買ってきてハンダ付けで飾付けを作ったこともありましたが、当時の発光ダイオードは結構高価で、豆電球よりも暗いのが欠点でした。今では白色や青色の高輝度発光ダイオードを組み込んで、点滅させるコントローラーのついたものをホームセンターなどで安く(数千円で)売っています。Dscn0328sc Dscn0331sc Dscn0334sc

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フウセンカズラの種

フウセンカズラもそろそろおしまいです。たくさん風船ができました。風船を破ると中には黒くて丸い実が。茎にくっ付いている部分は白くなっています。はずしてみるとハート型をしています。Dscn0308sc Dscn0315sc Dscn0364sc Dscn0361sc

| | コメント (0) | トラックバック (0)

千両の実が色んできました

お正月の定番、センリョウの実が赤く熟してきました。Dscn0290sc

| | コメント (0) | トラックバック (0)

我家の紅葉

今年は夏の暑さが長く続いた後、急に寒くなりました。そのせいか、いつも紅葉せずに枯れて散ってしまうカエデが、珍しく真っ赤に紅葉しています。今ちょうど紅葉の時期、紅葉狩りに出かける余裕がないのが残念です。Dscn0270sc Dscn0283sc

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/11/22

賞味期限偽装~法務大臣発言~サブプライムローン

食品の賞味期限偽装のニュースが続いていますが、(賞味期限に限れば)私は、基本的には腹痛にならない限りは、美味しければOKです。もちろん「ウソ」はいけないのは言うまでもありません。(エスカレートして変な添加物まで入れて黙っていられたらたまりませんし。)

誰も気がつかなかったのだから、たぶん味はOKでしょう。問題は製造日の表示にウソをついていたことですが、そもそも守れないような厳しい賞味期限を設定することが常態化していることこそ問題であると言えないでしょうか。抗菌グッズの流行に見られるように消費者が潔癖すぎることも一因になってはいないでしょうか?

以前にも、耐震偽装というのがありました。その後、行政が建物の安全性を保障するわけでもないのに、やたらと審査手続きに時間がかかるようになって、建築業者や施主、利用者に混乱が生じているそうです。

いろんな、事件が出てきてはしばらくその話題でもちきりになり、いつの間にか忘れ去られていきます。その後に残るのは煩雑な規制です。

最近、法務大臣が「友人の友人はアルカイダ」といって物議をかもしましたが、こちらはすぐにトーンダウンしてしまいました。しかし、私が英会話を習っているアメリカ人が言うには、「これはもっとも重大な問題発言だ。テロリストを知りつつ黙っていたということは、活動を幇助したに等しい。アメリカだったら逮捕される。それも法務大臣(The Minister of Justice)が。」。

正義(justice)と友人関係とどちらが大切かは明らかです。事実であれば、テロリストを知りながら隠していたことに。事実でなければウソをついていたことになります。どちらにしても問題です。実は、私もさして重大視していませんでしたが、言われてみればその通りです。

アメリカのサブプライムローン問題がきっかけとなって日本の株価も暴落。返済困難になる可能性の高い借り手を初期の低金利で釣ってお金を貸すのも問題ですが、一番の問題は、その債権を証券化してリスクを世界中にばら撒いたことです。あちこちで販売されているファンドの中にもいろいろな形で組み込まれている可能性があります。そのため、元のローンの総額は限定されているにもかかわらず、どこにどれだけ影響が波及するのかを非常に不透明にしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/18

二胡・馬頭琴と太極拳のコラボレーション

午後から、西尾市文化会館でコンサートがありました。後半は西尾合唱団によるレクイエム。前半は二胡と馬頭琴の独奏。それと太極拳の演舞とのコラボレーション。妻がちょっとだけ出演するので子どもを連れて見に行きました。太極拳の上手い下手は良くわかりませんが、先生のは見ようによっては何か空気のボールを押したり引いたりしているように見えます。これが「気」というものなんでしょうかねえ??Nishioconcert

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お寺にて金属造形展

大府市の延命寺で、鬼頭正信さんの金属造形展がありました。Dscn0234sc Dscn0230sc

 

 

 

本堂のあちこちに作品が展示されています。Dscn0207sc Dscn0205sc

 

 

 

面白かったのは、銅版をたたき出して円筒形や壺形に変形していく様子を展示したもの。Dscn0214sc

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

真平らな金属の板を時間をかけてコツコツたたき出して円筒や球がつくれるなんて信じられませんが、こうやって少しずつ変形していくところを見せられると説得力があります。Dscn0219sc

 

 

 

 

            ↓Dscn0221sc2                              ↓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

丸山ダム付近の紅葉

岐阜県の八百津で無党派議員の勉強会がありました。毎回、誰かがホットな話題を持ち寄ってみんなで議論することになっています。テーマは外国人と如何に多文化共生していくかを予定していましたが、話題提供することになっていた議員が来られなくなったため主に雑談となりました。上下関係もないし、人に考えを押し付けることもしない。リベラルで寛容な集まりですが、あえて言えば、少々ルーズなところがあります。

たまたま丸山ダムを見下ろす高台の宿だったので、帰りがけに周辺の紅葉を見てきました。Dscn0153sc Dscn0157sc Dscn0158sc Dscn0172sc

 

 

 

 

もうすぐ丸山ダム本体の嵩上げ工事が始まるので、これらの景色は一変することでしょう。現行の丸山ダム(高さ98.2m)の下流側に新丸山ダム(高さ122.5m)をかぶせることによって現在約8000万m3の総貯水量を約1億5000万m3に増やします。もともと人家はないので立ち退きは出なさそうですが、旧ダムの水没、湖水面の上昇、新たな付け替え道路の建設などで周囲の景観は大きく変わることでしょう。

ダムの左岸にはまるで古代の遺跡のようにコンクリートの塔が立ち並んでいるところがあります。これはかつてダム建設の時にコンクリートに混ぜる石のふるい分けと貯蔵のために使われたものです。Dscn0184sc

 

 

 

 

 

 

ダム下流の蘇水峡。木曽川に発電用のダム群ができる以前は、この峡谷を刻む激流に乗せて上流から木曽ヒノキを筏にして流していたのでしょう。この谷を抜けて平地に出たところが八百津の街。かつてはここが木材の集散地として栄えていました。Dscn0182sc

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/15

チェンバロコンサートのご案内です。

毎年この時期に、エマープロジェクトと銘打って知人がピアニストの福田直樹さんを招いて企画しているもので、今年は、11月17日(土) 18:30~大府市の共栄飯店にてスタートします。福田さんのチェンバロ演奏を聞きながら中華料理とボジョレーヌーヴォー(例年ほとんど飲み放題)と肩肘張らない会話を楽しめる企画です。会費はお1人5000円(お車等でワインを飲まない方は4Wineconcert20071117000円)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

18日以降、福田さんは県内各地の福祉施設や病院を慰問してピアノやチェンバロの演奏される予定です。これらはどなたでも聴くことができると思います。(スケジュールは「emahproject2007.doc」をダウンロード)

コンサートにチェンバロを使うのは、持ち運びが(ピアノに比べればずっと)簡単だからだそうです。チェンバロは古くは14世紀ころから使われていたといわれ、バロック期にバッハにより非常にポピュラーになりました。ピアノの原型にもなった楽器ですが、ピアノは弦をハンマーで叩くのに対して、チェンバロは弦を引掻いて音を出します(なるほど、なんとなくギターの音と似ています。)。構造上、音の強弱を表現し難いので、18世紀以降ピアノに取って代わられました。ちなみに、ピアノの呼び名は「ピアーノ・エ・フォルテ」(piano e forte)から来ており、イタリア語で「弱い音も強い音も表現できる」という意味だそうです。チェンバロ(独:Cembalo, 伊:Clavicembalo)は、英語ではハープシコード(Harpsichord)といいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/13

石蕗が咲きました。

ツワブキの花が咲きました。Imgp8753sc どの株からも黄色い花が一斉に出てきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/12

今年の冬は寒そう??

今日から急に寒くなりました。ストーブが欲しいです。

今年は夏が長かったけど、冬の訪れが早そうな気がします。

ススキの穂Dscn0129sc

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっと変わったおしろい花

ピンクに白い筋の入ったオシロイバナが咲きました。元々あった赤いオシロイバナに白いのが掛け合わさったのでしょうか?Dscn0133sc Dscn0134sc

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/11

厄松池のお掃除・・・今回は大人だけで

今日は、小学生や先生方も参加して厄松池の掃除をすることになっていましたが、いやーな予感が的中。昨夜からの雨が降り続いていました。予報によれば快方に向かうことになっていましたが、8時半の時点で学校と相談の上で中止を決めました。

9時半ころになったら、雨は上がり日が差してきました。予備日をとっていなかったので、大人の有志だけで掃除をすることに。岸の草刈をして、岸と池の中のゴミを拾って、トラックで搬出。池の中のアシまでは手が回りませんでしたが、人数は少ないながら、とてもはかどりました。

掃除前Yakumatsu191111before_2

 

 

 

作業の様子Dscn0024sc Dscn0031sc Dscn0054sc Dscn0066sc Dscn0076sc Dscn0070sc

 

 

 

 

掃除後Yakumatsu191111after

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/10

モリコロパーク 県民公園づくり空間 ワークショップ 第3回目

園内の巡回バスが走っていますが、少し時間があったので集合場所の「もりの学舎」まで散策することにしました。

北入り口方面から愛知万博跡を見たところ。マンモスが展示されていたところは、スケートリンクが再開されています。となりのプールは休場中。Imgp8697sc Imgp8705sc Imgp8707sc

 

 

 

正面真ん中奥の土が盛ってあるところが、私たちがつくる県民公園の予定地です。 手前のトンネルは何か不明です。Imgp8700sc

 

 

 

 

 

 

雑木林の中の通路です。尾根を越えて降りたところが日本庭園です。Imgp8710sc Imgp8709sc Imgp8728sc

 

 

 

「サツキとメイの家」が公開されていて人気を呼んでいます。万博のときはとてもムリでしたが、今なら休日でもちょっと待てば見ることができそうです。Imgp8731sc

 

 

 

 

 

 

サツキとメイの家の前を通って、尾根をもうひとつ越えるともりの学舎に着きます。木々が少しずつ色づいてきました。Imgp8745sc Imgp8744sc

 

 

 

 

今回で、つくろうとする公園の理念(めざしたい方向性)、運営(やりたいこと)、整備(施設やひろば)を出し合ってまとめていく予定でしたが、なかなか理念が煮詰まってきません。「こんなところに今どき珍しくもない都市公園もどきをつくって一体どうするの?」「期限は必要なの?」などの意見も出て、4回目で概要が決まるかどうか怪しくなってきました。県の職員さんも「県としてもプロセスが大事」「4回で打ち切るとは限らない」「やる気があるならとことん付き合います。」と言っていました。次回は12月8日。

(前回の様子はhttp://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2007/10/post_26d7.htmlを参照)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/07

議会報告をHPにアップ

平成19年9月定例議会報告を私のホームページにアップしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/05

加藤博和准教授講演「ピンチをチャンスに ―健康都市・東浦の公共交通をどうつくりかえるか―」

8月末に、町内を走っている路線バスが撤退の意向を表明しました。公共交通の再編は必至ですが、はたして、町運行バス「う・ら・ら」をどう走らせれば良いのでしょう。

名古屋大学大学院環境学研究科加藤博和准教授をお招きして、議会と行政の担当者向けに講演をしていただきました。加藤先生には以前、手探りで「う・ら・ら」を立ち上げたときに数々の貴重なアドバイスをいただきました。それ以来東浦の公共交通を見守っていただいています。

今日は、本業の「人と環境にやさしい『持続可能な』交通体系の実現」研究の傍ら、趣味が高じて、あちこちの自治体のバス運行への助言や国・県の制度作りへの関与など、多忙の中、わざわざ東浦までお越しいただきました。「ピンチをチャンスに ―健康都市・東浦の公共交通をどうつくりかえるか―」と題して約1時間半の講演と約30分の質疑をしました。(講演の内容は「higashiura0711.pdf」をダウンロード

講演の中で、示唆的だったのは、

●これまで、規制に守られて、交通事業者はお客様や地域を向いた商売をしてこなかった。また、自治体や沿線住民もその場限りの路線廃止反対運動しかしてこなかった。これからは、地域住民の主体的参加が必須。

●バスの基本コンテンツは系統、ダイヤ、乗降施設、車両。安かろう悪かろうダメ。地域住民の自由な発想でライフスタイルを提案すべき。

●そのほか、地域公共交通会議の利点。活用できそうな国の補助制度の説明もありました。

●知多バス撤退後の東浦のバス交通への提言として、
①う・ら・ら1号線・2号線を4両体制にし、1時間ヘッドの運行に。緒川駅で両路線の接続をとる。
②石浜・生路付近は国道経由を設定、全便石浜住宅経由とする。
③刈谷市内(総合病院、刈谷駅)にう・ら・らを直行させる。

最後に、「自動車依存度と生活習慣病罹患率とは比例するとのデータあり。→公共交通の充実は『健康都市』の重要な要素」と結びました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »