フォト
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ウェブページ

« 「自然環境学習の森」予定地の現状と将来めざすもの | トップページ | 豊田と西尾で里山体験施設を見てきました »

2007/12/06

明覚池

ため池の研究者に言わせると、緒川にある明覚池は、東浦でも最も水草の種類が豊富な池なのだそうだ。言い換えれば自然が残っているということで、水鳥もたくさんいる。ということは魚もたくさんいるのだろう。水草のなかではガガブタがたくさん生えている。

自然環境学習の森予定地とも近いので、一体で保全できる、あるいはハイキングコースなどで一体感を持たせることができると良いと思う。

町長からも、「明覚池は昔から自然が豊富だった。よく遊んだものだ。」と聞いた。Dscn0583sc Dscn0588sc

« 「自然環境学習の森」予定地の現状と将来めざすもの | トップページ | 豊田と西尾で里山体験施設を見てきました »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

ため池・水辺」カテゴリの記事

季節・自然」カテゴリの記事

コメント

釣り

禁止になっていた
すごいショック
自己責任で良いから
解除して欲しいよ

明覚池について

池をの水を管理する農業者の方から、
釣りをする人がゴミや釣り糸を捨てていく、本来立ち入り禁止のフェンスの中に入っているとの理由で、釣りを禁止にしてほしいとの要望があったため、看板を設置したようです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 明覚池:

« 「自然環境学習の森」予定地の現状と将来めざすもの | トップページ | 豊田と西尾で里山体験施設を見てきました »