« 梅が開花しました | トップページ | 菜の花が満開 »

2008/01/27

消えゆく里山の最後の名残を惜しんで芋煮会

宅地開発で消えゆく里山の最後の名残を惜しもうと、友人たちと芋煮会をしました。
 ※山形のいも煮会は有名(http://www.kankou.yamagata.yamagata.jp/koza_enjoy/imo.html ,http://www.town.nakayama.yamagata.jp/nakayama_machi/shoukai/zukan.htm)。丸い玉こんにゃくが入っているのが特徴です。

場所は谷の最奥にあるミカン畑。(ここは、谷に囲まれた盆地のようなところなので、地元の人にもあまり知られていません。)子どもたちも思わぬ「探検」に大はしゃぎでした。
こんなことなら、地主さんの承諾を得て、里山散策や里山キャンプなど、皆さんに地元を再発見してもらえるような活動を企画できなかったのかと、今更ながらに後悔しています。

薪を切って・・・               鍋をかけて・・・Dscn1978sc Dscn1980sc

 

 

 

 

芋煮の出来上がり・・・           〆は、うどんで・・・Dscn2015sc Dscn2028sc

 

 

 

 

ミカンやキンカンもあるゾーDscn2057sc_2 Dscn2054sc

 

 

 

 

滑り台や、木登り・・・こどもは放っておくと勝手に遊ぶものです。Dscn2023sc Dscn2032sc

 

 

 

 

ロケーションはこんなとこ。山の奥まった所にちょっとした広場があります。Dscn1984sc Dscn2025sc Dscn1888sc

 

 

 

重機が入って竹林を伐採した後には、土の中からタケノコがいっぱい見つかります。春に地面に顔を出す前の早採りのタケノコなので、エグ味がありません。Dscn1872sc Dscn1933sc

 

 

 

 

消えゆく里山を惜しんで探検です。
ツタの絡まる木・・・。         竹林の中に埋もれて忘れ去られたため池・・・。Dscn1825sc Dscn1843sc

 

 

 

 

田んぼでプチスケート?・・・        林の中の急な登り・・・Dscn1935sc Dscn2117sc

 

 

 

 

いつしか夕暮れ時に・・・          街の明かりがポツリポツリと・・・Dscn2075sc Dscn2130sc

 

 

 

 

これらの景色は一変して住宅地になります。

宅地開発のための伐採作業は速いもので、このみかん畑のすぐ隣まで進んでいます。Dscn1813sc Dscn1929sc Dscn2036sc Dscn2073sc Dscn2099sc Dscn2109sc

|

« 梅が開花しました | トップページ | 菜の花が満開 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80448/17927536

この記事へのトラックバック一覧です: 消えゆく里山の最後の名残を惜しんで芋煮会:

« 梅が開花しました | トップページ | 菜の花が満開 »