« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008/02/29

厄松池と切池の水質は(2月分)

2月29日、午後5時の気温11℃、水温11℃、天気は晴れ時々曇り。寒い日が続いていましたが、今日は急に暖かくなりました。

厄松池のようす

Dscn2352scCOD(化学的酸素消費量)  6ppm
溶存酸素             7ppm
リン酸イオン            0.2ppm
硝酸イオン            10ppm
アンモニウムイオン        2ppm


池の周囲にフェンスを張る工事が進んでいます。安全のためとはいえ無粋ですよね。何とかならないものでしょうか。人を水辺から遠ざけるのではなく、水に落ちても簡単に上がれる構造にするなど発想の転換が必要だと思います。とくに岸辺や堤体をコンクリートで固めたりすると、急に深くなったり滑りやすくなったりして危険です。幸い厄松池は昔ながらの土手の部分が多いだけに、フェンスで囲ってしまうのは残念な気がします。Dscn2346sc

 

 

 

 

池の出口近くの水面には油膜が張っていました。生活廃水の中にはいろんなものは含まれています。Dscn2369sc

 

 

 

 

目の前の枯れた葦の間からコサギが飛び立ちました。Dscn2333sc

 

 

 

 

 

切池のようす

Dscn2372sc               池の出口 バイパスパイプの生活排水
COD(化学的酸素消費量) 5ppm      13ppm
溶存酸素           3ppm       5ppm
リン酸イオン          0.5ppm     5ppm
硝酸イオン           4ppm      45ppm
アンモニウムイオン      2ppm      10ppm

池の北側からの廃水を流すバイパスパイプが外れかけているため、廃水が池に流れ込んでしまっています。Dscn2386sc

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/27

白梅は散り始め、鉢植えのピンク色がいま満開

先に満開になった白梅はもう散り始めていますが、少し遅れて鉢植えのピンク色の梅が満開になりました。実を成らせようと白梅の近くに移動しました。梅は自家受粉(同じ株の花同士)では結実しないといわれています。Dscn2290sc

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/23

東山新池のかい掘り活動報告

午後から名古屋都市センターで、名古屋市内のかい掘り(かい出し)などの活動事例報告を聞きに行きました。子どものころは池のかい出し風景を見た記憶がありますが、その後まったく行われなくなりました。厄松池でもやってみたくなりました。

報告があったのは、千種区の東山新池。東山通り沿いの千種スポーツセンターに隣接する池です。1987年に改修があり堤をコンクリートで固められ、本来は山崎川上流にある池ですが、上池(東山動物園にあるデートでボートに乗ると別れるという伝説のある有名な池)から東山新池、猫が洞池を通り、矢田川へ抜ける洪水調節用のトンネルが設置されているそうです。
しかし、20年も経つと生き物が住み着き、イシガメ、メダカ、スジエビ、モクズガニなども見つかりました。人為的に入れられた外来種も多く、かい掘りの際に、池にはびこったスイレン、ウシガエル、ミシシッピアカミミガメ、オオグチバス、ブルーギル、コイ、ヘラブナなどの除去作業をしたそうです。
Higasiyamasinike_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/22

3月定例議会 一般質問の通告をしました

 1.第5次総合計画の策定について
 新年度から第5次総合計画(平成23年~32年)の策定作業に入ります。10年間にわたるまちの将来像を描く重要な作業です。どこのまちのともつかない玉虫色、総花的な総合計画から脱却した東浦ならではのものが求められます。また、コンサルタントや行政の「作文」ではなく、まちの主役である住民の意向を十分に反映することが必要です。
(1)今後のスケジュールは。
(2)どんなまちを描こうとしているのか。
(3)策定作業の進め方にはどんな工夫をするか。

 2.市制施行をめざすことについて
 東浦町は、次回の国勢調査で人口を5万人に乗せ、市制施行をめざすとしていますが、メリットとデメリットをできるだけ明確にする必要があります。また、持続的発展をすることが重要であり、市になること自体が目的化してしまっては本末転倒です。
(1)住民から見たメリット・デメリット、行政から見たメリット・デメリットをどう捉えているか。
(2)町から市になるのに伴い、人件費(給料、報酬)はどう変わると考えられるか。
(3)5万人達成後の人口政策は。急激に増やしたツケが後の世代に回る心配はないか。
(4)住民との意見交換や意向把握はどのようになされるか。

 3.三丁公園の整備事業の今後について
 藤江地区で計画されている都市公園「(仮称)三丁公園」の用地買収が進んでいます。どんな計画になるのか。今後の進め方について質問します。
(1)今後のスケジュールと事業委託業者の選定方法は。
(2)計画のコンセプトは。どんな公園にするのか。
(3)公園の必要性はどのように評価したか。どんなニーズがあるのかつかんでいるか。
(4)住民の憩える公園にするための工夫は。計画づくりへの住民の参加は。

傍聴のご案内は、http://homepage3.nifty.com/kamiya-a/gikaiyotei.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/12

議会報告をHPにアップ

平成19年12月定例議会報告を私のホームページにアップしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/09

学校に熱気球がやってきた

気球愛好家のお父さんがいて、児童たちを乗せてくれました。Dscn2205sc Dscn2211sc Dscn2218sc

 

 

 

 

 

 

 

 

ふんわり上がったり下がったりするさまは、何とも言えない不思議な気分だったそうです。

この後、雪が降りだしてこの冬一番の大雪になりました。Dscn2222sc_2 Dscn2226sc

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/07

高速道路の料金は

(料金均一区間を除く)高速道路の料金は、距離に正確に比例しているのでしょうか?

よく、「長いトンネルや橋のある区間は高く設定してあるのでは?」という話を聞きます。実際、恵那山トンネル(中央道中津川飯田間)などを通ると急に料金が高くなったような(割増料金を取られたような)気分になることはありませんか?

実際に調べてみましょう。各区間の距離と料金はhttp://www.c-nexco.co.jp/guide/price_pdf/chubu/tmc01.pdf(全国はhttp://www.c-nexco.co.jp/guide/)に詳しく出ています。これらをもとに横軸に距離、縦軸に料金をとってグラフを書いてみると「kosokuryoukin.pdf」をダウンロード のようになります。

中央道恵那山トンネル(中津川-園原)も関越道関越トンネル(水上-湯沢)も他の区間よりも割高なことがわかります。その他の区間の距離と料金の関係は中央道も関越道も同じです。

東京-宮崎 間の料金についても調べた知人がいます。(結構物好きですねぇ。)これをみると、高速道路を乗り継いでも基本的には料金体系は変わらないようです(広島岩国道路だけちょっと割高)。長距離の場合、1次関数で近似すると切片900、傾き19くらいになるそうです。すなわち、料金は、基本料金900円+1kmあたり19円ほどになりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/05

夢を書いてみよう

数日前、(たしか)朝のNHKニュースでだったと思う。

ある出版社が、1歳から100歳の100人の夢を綴ったものを本にした。最初は「自分に夢なんてないよ。」と言う人に、「なんでもいいから書いてみてください。」と頼んだそうだ。しばらくして、作文が送られてきた。「素晴らしい夢に、元気をもらった。」というのは出版社の社長さんの弁。書いてみれば結構書けるもんだ。総合学習で取り上げる学校もあるそうだ。

そういえば、もうすぐ小学校の卒業式がある。卒業文集にも将来何になりたいか書く欄があったっけ。夢を膨らます良い機会だと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/04

いのちの食べかた

中国産の加工食品が問題になっていますが、

私たちの食べる肉や野菜や魚はどのように生産されているのでしょうか?牛はどのように育てられ、解体され、ハンバーガーになるのでしょうか?

学校でも教えてくれない、テレビでも見られない。そんな「食」の生産現場を描いたドキュメンタリー「いのちの食べかた」(原題 OUR DAILY BREAD(2005年 オーストリア・ドイツ))が今上映中。
  詳しくは、http://www.espace-sarou.co.jp/inochi/
  上映劇場と上映期間は、http://www.espace-sarou.co.jp/inochi/main/theater.htm
  関連リンク集は、http://www.espace-sarou.co.jp/inochi/main/link.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/03

第5回 東浦かるた大会

前回に引き続き、小学生かるた大会も今年で5回目になりました。200人もの子どもたちと、応援の保護者が集まるため、勤労福祉会館の和室では手狭になり、今回から文化センターのホールに畳を敷いて会場を作りました。協賛金や主催する有志の会費で運営しているので、畳は捨てる前の古い畳を町内の畳屋さんや清掃会社から貸してもらって水拭きして使いました。100畳ものタタミを待ちこむなんて無理なのでは?と思っていましたが、大勢で協力してやればできるものです。今回は獅子舞や甘酒の振る舞いもありました。
私は一年生の審判を務めました。一年生は人懐っこくてとてもかわいいです。Dscn2183sc Dscn2186sc

 

 

 

 

使うカルタは「東浦かるた」。町内の地理や歴史にちなんだ絵と詩句を小学生から募集して作ったものです。
IMGP2148sizech1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »