« 地元のお弁当屋さんが、ナニコレ珍百景に登場 | トップページ | クレマチスが咲いています。 »

2008/05/06

安曇野のんびり旅

連休は、我が家にとっていつも、スキーや山奥の温泉地に行く途中の通過点でしかなかった安曇野で過ごした。

安曇野アートラインhttp://www.azumino-artline.net/にはたくさんの美術館が点在しているが、その中の絵本美術館に併設しているウッディーなコテージに宿をとり周辺を訪ねる。Dscn3617sc Dscn3580sc Dscn3591sc

 

 

 

ちょうど田植えが始まるところ。菜の花と残雪と空のコントラストが美しい。Dscn3446sc

 

 

 

 

吹きガラスの体験をしてみた。もっと好き放題させてもらえるかと思ったら、ほとんど手を添えているだけなのが残念。出来上がった自慢の作品たち。Dscn3478sc Dscn3766sc

 

 

 

 

朝食はパン屋さんでのんびりと。Dscn3540sc

 

 

 

 

池田町美術館のある丘からの眺めは絶品。Dscn3643pano3b

 

 

 

 

今まで奥まで入ったことがなかった大王わさび園。奥行きがあって手頃な散歩コースになる。Dscn3721sc Dscn3739sc

 

 

 

 

この辺りは扇状地の伏流水が出てきて水が豊富。ボートで水車小屋の近くへ。水面から空を見上げると柳の綿毛がきらきら舞う。Dscn3713sc Dscn3709sc

 

 

 

 

スイス村ワイナリーをのぞいてみた。おススメの年のシャルドネと昨年のメルローを買った。Dscn3752sc

 

 

 

 

室山公園の長大滑り台。正面に見える松本市街めがけて一気に下る。一人乗りのソリのようなスライダーもある。ノーブレーキで降りると結構怖い。Dscn3784sc Dscn3786sc

Dscn3779sc  

 

 

 

 

この地方の庄屋だった山口家は今も現役の住宅。一般公開していて玄関を訪ねると母屋の一部と庭園を見せてもらえる。縁の下には懐かしいアリ地獄が。Dscn3615sc Dscn3792sc

 

|

« 地元のお弁当屋さんが、ナニコレ珍百景に登場 | トップページ | クレマチスが咲いています。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80448/41289435

この記事へのトラックバック一覧です: 安曇野のんびり旅:

« 地元のお弁当屋さんが、ナニコレ珍百景に登場 | トップページ | クレマチスが咲いています。 »