« 日本の科学館めぐり、研究所等の一般公開 | トップページ | オバマ氏の演説 »

2008/05/17

中国はいつまで発展するか~日本はどうすべきか・・・日高義樹氏(元NHKアメリカ総局長、現ハドソン研究所主席研究員)の講演会

 町制60周年記念の一環で地元出身の日高義樹さん(元NHKアメリカ総局長、現ハドソン研究所主席研究員)の講演会がありました。

ホワイトハウスの事情に最も精通した在米の国際外交評論家といわれている方だけあって、現政権寄りの立場ながら、大変示唆に富む内容で、1時間半があっという間に過ぎました。最後に、日本はこれからもっと地方がリードすべきだと、地方の活躍を期待して講演を終えられました。要旨は以下の通りです。

中国の地震

四川省には基地と核工場が多い、ダムも300ほどある、米軍は核施設が放射能漏れを起こしたとみている。

中国は崩壊するか

中国は、多くの問題を抱えており、崩壊するかどうかではなく、いつ崩壊するかが関心事だ。

急速に進む老齢化

14歳から64歳の労働人口は現在の70%から50年後に50%を切る。リタイヤが4億人、年金システムもない。

石油の確保に必死

石油1バレル128ドルが、年末には150ドルになるかもしれない。来年夏以降には250ドルになるという人もいる。8年前には世界の人口のうち10億人が石油を消費していたが、今では20億人、20年後には30億人になるだろう。すると年間石油消費は9千万バレルから13千万バレルになる。油田開発は探査に10年、掘るのに10年、輸送手段の確保に10年かかる。現在約50ドル/バレルの開発コストは、アフリカなどで100ドル、海の底や氷の下だと200ドルかかる。

中国は石油の確保に必死だ。輸送の確保のために海軍力を増強し、大型タンカー9000隻をつくっている。マラッカ海峡は13000隻しか通れない。日本はのんき過ぎるのではないか。省エネで何とかなると思っているのか。

エネルギーの確保は安全保障

石油・エネルギーの確保は国の安全保障そのものだ。アメリカでは石油の専門家と言えばキッシンジャーやシュレジンジャーのような世界戦略家を指す。一方、日本では防衛やエネルギーはアメリカに依存している。

日本のマスコミは報じないが、中国は日本と尖閣諸島でトラブルを起こしているだけでなくキューバ沖でもアメリカと問題を起こしている。マスコミは自分で大切なことを探して報道する意欲に欠けている。今に始まったことではないが、その傾向はますますひどくなっている。世界のエネルギー事情は非常に切迫している。

世界の嫌われ者中国と日本外交

ある米軍の幹部が「北京オリンピックが終わったら大変だ」と言った。世界に気兼ねする必要がなくなるから、チベットや台湾に対してやりたい放題になる恐れがある。増強した海軍力で台湾を封じ込めるだろう。

いまや中国人は世界中から嫌われている。聖火リレーが妨害される事態になっているのに、中国の若者は世界を知らない。威張っている。

ただし、中国の指導者はそのことをよく知っている。胡錦濤は昨年アメリカ訪問の時にホワイトハウスで晩餐会を希望したが、ブッシュは昼のサンドウィッチと紅茶で良いと言った。中国は、日本しか歓迎してくれるところがないから日本に来たのだ。中国が孤立していることを知っているのに、その弱みに付け込まない日本は外交の常識を知らない。靖国神社を案内することさえ提案できたかもしれない。

北朝鮮は数日前にすべての核開発に関するデータをアメリカに渡した。それは、この6年間に米軍が北朝鮮の施設を照準に収めることができたこと、北朝鮮軍の約半分が38度線に張り付いていて役に立たないこと、韓国はもはや北朝鮮との合併を考えていないことが、金成日を観念させたからだ。今なら、日本が拉致被害の捜査員を送り込むことを認めさせるチャンスだ。

サブプライムショックと米経済

アメリカの経済は不調と思われているようだが、今、アメリカには金がある。宅地の地価は23%下落したが、国土の8割を占める農地は12%値上がりしている。アメリカは食料供給国だ。

アメリカの金融機関はサブプライムローンで儲けている。CDOなどのローン債券を買ったのは日本とフランスだ。世界中に毒入り饅頭を売ったのでアメリカの金融機関が世界から信用されなくなったのが本当の問題だ。移民のために住宅が1000万戸必要だったが、世界中から金を集めて5年で300万戸を建てた。

銀行と証券会社の改革は次期政権の課題となる。2009年の終わりには景気が戻る?だろう。

米大統領選の行方

近々、ヒラリーに辞めろ圧力が強まって、オバマと共和党のマケインが大統領選を競うことになるが、オバマが大統領になるとは考えにくい。その理由としては、マケインは、イラク戦争は間違いだが、勝つつもりでいる(勝利して2013年にその次の大統領が撤退させるだろう考えている)こと。また、1972年ベトナム反戦のマクガバンはニクソンに負けた。アメリカの田舎は保守的で町長、保安官、牧師に代表されるような保守的な人たちが投票のやり方を決めるから民主党候補には不利なこと。そして、マケインは海軍兵学校で最下位だったが、艦載機のパイロットをやっていて即断即決のイメージがあることなどがある。

オバマは本選挙で選挙人約540人中せいぜい150人程度しか得票できないのではなかろうか。ビジネスはお互いやりましょうだが、軍事的には容赦しないのが共和党の考え方だ。

|

« 日本の科学館めぐり、研究所等の一般公開 | トップページ | オバマ氏の演説 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80448/41272768

この記事へのトラックバック一覧です: 中国はいつまで発展するか~日本はどうすべきか・・・日高義樹氏(元NHKアメリカ総局長、現ハドソン研究所主席研究員)の講演会:

« 日本の科学館めぐり、研究所等の一般公開 | トップページ | オバマ氏の演説 »