« アチェメックの森プロジェクト(2008年度第2回)のご案内 | トップページ | アメリカ芙蓉が咲きました。 »

2008/07/25

東京へ行ってきました。

東京財団フォーラムを聞きに行きました。東京財団日本財団(あの日本船舶振興会です)が中心となって出資し設立、一党一派に与することのない政策提言や人材育成などを使命としています。

 ディスカッションのメンバーは、東京財団の加藤会長、上席研究員で、かつて改革派首長と呼ばれた木下前佐賀市長、福嶋前安孫子市長、石田前犬山市長、橋本前高知県知事。
 たった1時間半の提言発表と質疑応答でしたが、提言に関しては分厚い資料をくれたので、あとでそれを見れば理解できるだろうと思います。内容は、「日本の地方自治制度と実態」と「欧州の地方自治制度」の調査結果についてでした。
 おもしろかったのは、改革派首長の分類です。横軸に議会との関係、縦軸に役所との関係(対決型か協調型か)をとり、それぞれの象限を「原理主義」、「行政マン」、「協調一体」、「手練手管」の4類型に分けると、木下さんと福嶋さんは「原理主義」、石田さんは「手練手管」に分類されるのだそうです。
 さすが、みなさん首長をされていただけあって、「首長に対抗するには議会も市民参加を進めなければならない。」「問題が起こると、議会が自分たちで議決したことを棚に上げて行政の責任追及をするのは無責任。」「議員立法を進めることが望ましいが、まずは行政提案の修正から始めては。」など議会の実態について鋭い指摘がありました。

 東京財団HP 公開研究会のレポート:http://www.tkfd.or.jp/event/detail.php?id=97
 提言のサマリー http://www.tkfd.or.jp/research/news.php?id=295
 提言全文 http://www.tkfd.or.jp/admin/files/2008-4.pdf

8月23日には名古屋でも同様の公開研究会が予定されています。Tokyozaidan20080823 http://www.tkfd.or.jp/event/detail.php?id=98


8月4・5日には国の「事業仕分け」の様子を参観することができます。Tokyozaidan20080804 http://www.kosonippon.org/project/detail.php?m_category_cd=16&m_project_cd=676

 ※事業仕分けとは?(構想日本)
  浜松市の事業仕分け   長浜市の事業仕分け
  高島市の事業仕分け   大礒町の事業仕分け
  宮崎県の事業仕分け   滋賀県の事業仕分け


8月26日 講演会「フランスにおける地方議会の課題と将来」Tokyozaidan20080826_3

http://www.spf.org/ffjs/news/news39.html


 夕方、友人と会う約束をしていたので、それまでの間、東京ミッドタウンをうろついてきました。六本木の防衛庁跡地を再開発して、昨年オープンした、オフィス、ホテル、美術館、物販、レストラン、住宅などを含んだ複合施設です。Dscn4782sc_3 Dscn4788sc_3

 

 

 

 

吹き抜けのガラス張りの部分からは緑の向こうの高層ビル群が見えます。

Dscn4801sc Dscn4790sc_2

 

 

 

 

 

敷地内には結構緑があります。季節限定の足湯ならぬ「あしみず」もありました。

 そのあと、東京駅近くで学生時代の友人と久しぶりに飲みました。会社の会合が終わってから駆けつけてくれた友人もいます。かなり盛り上がっていましたが、残念ながら明日は朝からPTAの広報紙の編集作業があります。最終の新幹線に飛び乗りました。

|

« アチェメックの森プロジェクト(2008年度第2回)のご案内 | トップページ | アメリカ芙蓉が咲きました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80448/42067502

この記事へのトラックバック一覧です: 東京へ行ってきました。:

« アチェメックの森プロジェクト(2008年度第2回)のご案内 | トップページ | アメリカ芙蓉が咲きました。 »