« 東京都北区立神谷中学校の「パワーアップ教室」 | トップページ | 「商工会にて町役場企画課が第5次総合計画の策定について説明。市制施行についての質問が続出。」をアップ »

2008/09/26

ますます秋めいて・・・

いつ種が落ちたのか、庭にアレチノヌスビトハギが咲いていました。か細い株なので、一見とても清楚な感じですが、大きくなると人の腰ほどの高さに茂り、大量のひっつき虫が実ります。おまけに宿根性なので一度はびこると始末に負えない外来雑草です。Dscn6220sc

 

 

 

 

綿の実がポップコーンのようにはじけて綿がたくさんできています。Dscn6222sc_2

 

 

 

 

集めると結構な量になります。ほぐしてみると、なかに種が入っています。娘に渡したら、タネを取った綿でぬいぐるみ用の枕をつくっていました。Dscn6233sc Dscn6236sc

 

 

 

 

綿はどのようにしてできるのでしょうか? つぼみから綿ができるまでを追ってみると。
①3枚のガクのようなものに覆われたつぼみ ②めくると中につぼみが ③花が咲くDscn6225sc Dscn6226sc Dscn6241sc

 

 

 

④受粉すると実が膨らむ ⑤クルミ大になったもの ⑥割ってみると綿にくるまれた種がDscn6242sc_2 Dscn6243sc_2 Dscn6246sc_2

 

 

 

でも、綿がはじけ出るほどのボリューム感はなく、湿った繭(マユ)のようなものの中に種が入っている感じです。この実には、「繭」が3つ、それぞれの繭の中に種が6つ、計18この種が入っていました。実の中で、はじけるほどいっぱいの綿がどのようにつくられるのか、また、何のためにつくられるのか、とても不思議です。

|

« 東京都北区立神谷中学校の「パワーアップ教室」 | トップページ | 「商工会にて町役場企画課が第5次総合計画の策定について説明。市制施行についての質問が続出。」をアップ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80448/42620133

この記事へのトラックバック一覧です: ますます秋めいて・・・:

« 東京都北区立神谷中学校の「パワーアップ教室」 | トップページ | 「商工会にて町役場企画課が第5次総合計画の策定について説明。市制施行についての質問が続出。」をアップ »