« 於大公園このはな館でささやかなバイオリンコンサートのお知らせ | トップページ | 昴会(すばるかい)小品展をのぞいてきました。 »

2008/11/22

そうりプレーパークに行ってきました

知多市の梅の館に隣接する「そうりプレーパーク」に行ってきました。プレーパークを運営するNPO法人 新青樹(しんせいき)の竹内より子さんに案内していただきました。

知多市がここに公園を計画していた6年前、市民公募のワークショップのメンバーになった竹内さんは、子どもが自己責任で自由に遊べる冒険遊び場を提案し、自ら先進的なプレーパークで研修を受け、プレーリーダーを養成し、プレーパークの運営組織を立ち上げました。そして、3年前に、市がプレーリーダーの作業小屋を建て、手作り遊具を自分たちで準備して「そうりプレーパーク」がオープンしました。

年間運営費は梅の館を管理する知多市施設管理協会から270万円ほどをもらって、プレーリーダーの人件費や諸々の活動費をやり繰りしているそうです。プレーリーダーの役目は、子どもが自由にのびのび遊べる遊びの環境をつくること。口と手は出さないけど目は離さないこと、どこまで子どもの立場にれるかが肝心とのことでした。

Dscn8428sc Dscn8430sc

 

 

 

 

 

スタッフの小屋            自分たちで建てた倉庫

Dscn8487sc

Dscn8435sc  

 

 

 

 

整理整頓された大工道具      ここなら雨の日も工作可能

Dscn8431sc_2 Dscn8481sc_2

 

 

 

 

 

斜面に竹を渡した滑り台      ロープで土手を登る

Dscn8441sc_2 Dscn8443sc_2

 

 

 

 

 

ターザンごっこ

Dscn8457sc_2 Dscn8459sc_2

 

 

 

 

 

ツリーハウス? 幼児が登れないように梯子の間隔が大きい

Dscn8471sc_2 Dscn8461sc

 

 

 

 

 

 

 

 

子どもがつくった階段         子どもが色づけした鯉のぼり 

Dscn8456sc Dscn8482sc

 

 

 

 

 

火を焚いて焼イモ            薪はたっぷり

Dscn8477sc Dscn8439sc

 

 

 

 

 

季節になると、カキ、みかん、クリなども採れるDscn8437sc_2

Dscn8491sc

 

 

 

 

 

すぐ近くには佐布里池と梅林

公園などの利用はこれまで規制が中心でした。これからは木登りやボール投げ、落ち葉で焼き芋など、従来禁止されていたことも地域の合意を作りながら可能にしていくべきだと思います。

※11月30日(日)に天白生涯学習センターにて羽根木プレーパーク初代プレーリーダー天野秀昭氏の講演会があるそうです。

|

« 於大公園このはな館でささやかなバイオリンコンサートのお知らせ | トップページ | 昴会(すばるかい)小品展をのぞいてきました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80448/43195527

この記事へのトラックバック一覧です: そうりプレーパークに行ってきました:

« 於大公園このはな館でささやかなバイオリンコンサートのお知らせ | トップページ | 昴会(すばるかい)小品展をのぞいてきました。 »