« スキー場の積雪は? | トップページ | 近所の公園の回転遊具が撤去される運命に »

2008/12/21

今日はマラソン大会。そしてトヨタの森へ。

あいち健康の森を主会場にして東浦マラソン大会がありました。Dscn9032sc_2 Dscn9034sc_2

 

 

 

 

最近、運動不足だから、自分も少しは走ったほうがよさそうです。とりあえず来年は「3km40歳以上」かな???

お昼は、トヨタの森へ。炭焼き窯から炭の取り出し作業をのぞきに行ってきました。冷めた窯の中から炭を取り出して、使いやすい長さに切り分けます。中には、生焼けで、まだ木質が残っているものも・・・。灰や炭が舞うので、その場にいるだけで真っ黒に。マスクが欠かせません。Dscn9077sc

雑談の中で、CO2排出削減のために薪ストーブを普及させようという話を聞きました。北海道では、5000円程度から、鉄製の薪ストーブが手に入るとか?!

私は、以前から思っていることがあります。それは「洋式トイレの暖房便座は不要」というもの。もっと熱容量の小さい、熱伝導率の低い、ソフトで暖かい素材を使えば、電熱器は不要です。日本では、わざわざ冷たい硬質のプラスチックを使って、一日中電熱線で暖めているのです。以前スイスを旅したことがありますが、暖房便座などどこにも使われていませんでした。便座にはやわらかい素材(ポリプロピレン??ポリウレタン??)が使われていて、暖めなくても十分暖か味があります。(発砲素材でも良いと思います。布製のカバーをかける手もありますが、取り替えが大変です。)

家庭用品がどんどん電子化されて、電気がないと使えないものだらけになるのは考え物です。

|

« スキー場の積雪は? | トップページ | 近所の公園の回転遊具が撤去される運命に »

コメント

「オール電化」でなくても、既に電気なしでは生きられない状況です。わが家は石油による床暖房ですが、それを動かすスイッチが電気なため、停電になると使えません。暖冬だと思っていましたが、急に寒くなってきました。わが家も暖房便座の電源は入りっぱなしです。

そういえば、アメリカの屋外トイレで木製便座を見かけました。なにもプラでなくても良いわけですよね。

追伸
私は3㎞はおろか2㎞のジョギングさえ完走する自信はありません^^;

投稿: 絵本の虫 | 2008/12/28 00:44

不用意に3kmなどと口を(キーボードをというべきか)滑らせてしまいましたが、実は私も自信ありとは言い難いです。

木製だと硬い感じのものから、柔らかい感じのもの、暖かい感じのものまで、いろいろ素材を選べそうですね。

我家は田の字の間取りの日本家屋なので、夏はとても涼しいです。家族の中に暑がり屋がいないせいもあって冷房はほとんど使いません。
しかし、冬は隙間風が多いので・・・。暖房費がかさみます。
お風呂は薪を焚いていた(一応、電気温水器と併用)のですが、結婚したときに竈を撤去してしまいました。残してあれば、子どもに風呂焚き当番をやらせたのですけど。

災害で停電したりしたときのために、電話はアナログ、ガスもプロパンにしています。というとなにやら防災意識が高そうですが、切り替えが面倒なだけだったりして・・・。

投稿: 神谷 | 2008/12/29 13:16

度々失礼します。この記事を拝読してからというもの、暖房便座が気になって仕方なくなり、いろいろ考えているうちに、私もスイスのことを思い出しました。スイスで一番驚いたのは、昼間のTV番組がほとんどなかったことです。それこそ節電になると思うのですが、日本では増える一方ですね。

田の字間取りの日本家屋は、トトロのさつきとメイの家さながら、今では珍しくなってしまいました。薪で焚く風呂の水は、柔らかいと聞いたことがあります。竈が残っていたら、最高の贅沢でしたネ♪やはり古いものには、それだけの価値があるのだと思います。どうぞこれからも切り替えは面倒がっていて下さい^^

投稿: 絵本の虫 | 2009/01/03 21:55

先日夜、NHKを見ていたら、省エネ(orCO2排出削減だったか?)のため、教育テレビを休止中との字幕が出ていました。
夜中にBGM的にテレビをつけているだけといった使われ方も少なからずあるでしょうから、放映時間を区切るのはそれなりに効果がありそうですね。
そもそもヨーロッパはアメリカと違って、種類が多いほど、時間が長いほど、価値があるという考え方ではないんでしょうけど、その点、われわれの価値観をどこに置くかが問われますね。
私的には、どのチャンネルをひねっても(いまどきひねりませんね)、同じようなバラエティー番組だったり、新聞にしても、どの新聞を読んでも同じ様なことが書いてあるのなら、あまり種類は要らないと思います。

お正月は、温水器のパイプが壊れていてお風呂に入れませんでした。蛇口をひねってもすぐにお湯が出ない、お風呂を焚かなきゃお湯がないとなれば、かなりスローな生活になると思います。
でも、夜遅く帰ってきてお風呂をくべるとなると、恐ろしいものがあります。人間が少々の不便を許容すればかなりの省エネ・省資源を達成できるはずですが、一度覚えた便利さはなかなか捨て去ることはできませんね。
もうひとつ、
竈がなくなったせいか? 落葉焚きをしなくなったせいか? チャッカマンが普及したせいか? 子どもがマッチの使い方を知らないのに驚きました。

またまた、漫然とくだらないことを書いてしまいました。

投稿: 神谷 | 2009/01/05 17:27

わが家はバラエティー番組はほとんど見ませんが、NHKの教育TVだけは活用しています。それでも夜遅くまで必要かというと、そんなことはありません。ましてや、似たような内容の、それもCMが山ほど入るような番組がどうして必要なのか、理解できずにいます。新聞も自然淘汰が起きつつありますが、TVだけは増える一方のような気がして・・・。

温泉好きの日本人としては、寒い冬にさっと熱い風呂に入れないのは痛いですね。故マザー・テレサが、ホテルに宿泊してもベッドや温水蛇口を一切使わず、あえて貧しい暮らしを徹底したのも、一度便利さを覚えるとなかなか捨てられないからだと思います。

振り返って自分も、久しくマッチを使っていません。先日、落ち葉焚きをしましたが、チャッカマンでした^^;

投稿: 絵本の虫 | 2009/01/06 00:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80448/43504994

この記事へのトラックバック一覧です: 今日はマラソン大会。そしてトヨタの森へ。:

« スキー場の積雪は? | トップページ | 近所の公園の回転遊具が撤去される運命に »