« 紅梅が一輪 | トップページ | 第6回 東浦かるた大会 »

2009/01/30

コミュニティの部会で公園の遊具撤去の件について話し合い

夜、公民館でコミュニティの青少年育成部会の会合があった。

Dscn9537scr メインの議題は、3月1日に行われる予定の「おこしものづくり」の打ち合わせだったが、最後に部長さんから、公園の回転ジャングルジムが撤去されそうになっている件について問題提起があった。区長さんも出席しているなかで、お年寄りから、小さいお子さんのあるお母さんまで、皆さんの意見を聞いてみると、「本当に危険な遊具なら撤去も仕方ない」「うちの子供は回転ジャングルジムでしか遊んでいないので撤去されるのは残念」「遊具のバリエーションが絶対的に不足している」「隣接している老人憩いの家の駐車場の都合で公園入口が移設されようとしているのだから、老人憩いの家の利用者も含めて話し合うべき」などさまざまな意見が出た。今後、これを一つのモデルケースとして、コミュニティの会合などの機会を生かして地域の問題を住民同士で話し合うきっかけにできると良いと思う。

コミュニティが発足してから25年ほど経つが、前年どおりに年中行事を消化する組織になっていないだろうか。義務的に出席するよりは、企画・創造の楽しみを味わえたほうが良いだろうし、さらに言えば、地域の問題を主体的に解決できる場になれたらもっとすばらしいと思う。今回の出来事が小さな第一歩となってくれればと期待する。

              ※回転ジャングルジム:メーカーのHP

|

« 紅梅が一輪 | トップページ | 第6回 東浦かるた大会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80448/44468061

この記事へのトラックバック一覧です: コミュニティの部会で公園の遊具撤去の件について話し合い:

« 紅梅が一輪 | トップページ | 第6回 東浦かるた大会 »