« 2009年が明けました | トップページ | お正月に凧揚げは今どきマイナー? »

2009/01/02

マスコミがつくる不景気・好景気

今は、不景気、社会不安の大合唱。テレビも新聞も、どれを見てもそうだ。

少し前までは、アイスランドやドバイをもてはやす論調がとても目立った。しかし、2007年からすでにアメリカ経済は変調をきたしていたというのに、当時警鐘を鳴らしていたマスコミを覚えていない。(私が気がつかなかっただけかもしれないが・・・。)
毎度のことだが、好景気になるとマスコミがはやしたて、不景気になると散々不安をあおる。山と谷をマスコミが増幅しているように感じるのは私だけだろうか。

人間(人類)は「成長病」にかかっていると思うことがある。これは、経済に素人の私見に過ぎないが、大航海時代や産業革命などのフロンティア拡大や技術の大革新がなければ大きな経済成長はありえないのではないか?

なのに人間は経済成長を求める。もはや先進国はこれまでのような成長を望めないにもかかわらず。

いきおい政府は「経済成長」を演出することになる。
大きな成長をつくり出せば、当然、落ち込みも大きくなる。経済のグローバル化にともないプレーヤーの掛け金も増えている。かくして振幅は大きくなる一方だ。

「いつか不況を脱する。」「百年に一度の経済危機。」
どちらも違うような気がする。待っていればまた元通りに戻るような話ではあるまい。地球のサイズに比べて人類の経済活動のスケールのほうが大きくなってしまった。経済面はもちろん、資源の面、環境の面から考えても、成長志向のライフスタイルを改めざるを得ないと思う。

|

« 2009年が明けました | トップページ | お正月に凧揚げは今どきマイナー? »

コメント

冒頭、マスコミが景気の山と谷を増幅していると書いたが、根本には資本主義の根源的な問題があるのではなかろうか。政府が規制を強化すれば片付く問題でもないと思う。
実体経済は要らないモノをつくって売りつけないと成長しない。金融市場は実体経済とかけ離れたところでそれを遥かに凌ぐ掛け金が飛び交う賭博場と化した。近代資本主義は、袋小路に入ってしまったかのように見える。

投稿: 神谷 | 2009/01/21 12:24

成長病を対処療法でごまかすのではなくて、根本的な体質改善が必要だと私も思っています。

かつてマスコミは戦意を煽り、人々がそれに踊らされた時代がありました。その構造は今も変わっていないのだと感じています。

投稿: 絵本の虫 | 2009/01/22 12:57

どの新聞を読んでも、書いてあることはあまり変わりばえしませんね。TVも一つ事件が起こると、そればっかりですしね。

報道を聞いていて時々違和感を感じることがあります。
昨年、元事務次官宅が襲われたときも、いち早く「政治テロ」を演出して、中央官庁の情報隠しを手伝ったと言ったら言い過ぎでしょうか。

投稿: 神谷 | 2009/01/23 18:50

はじめまして。

ちょっと、同じようなことを感じていまして、「マスコミ増幅不況」と検索してここに行き当たりました。

対策を考えて、ブログに書いてみました。もしよかったらごらんください。http://outsidervoice.blogspot.com/

outsidervoice

投稿: outsidervoice | 2009/01/28 22:14

outsidervoiceさま

こちらこそ始めまして。
コメントありがとうございます。

ちょっとわかった風なことを書いて反省しています。

マスコミが山と谷の振幅をデカくしていることは間違いないと思います。そういう意味では「マスコミ増幅不況」なのでしょう。でも、不況(恐慌?)の原因自体は別のところにあると思います。

これまでアメリカが借金を重ねて余分なものを買ってくれるから、日本や新興国の輸出産業が成り立っていました。でもいつかは息切れすることは以前から指摘されていました。今回がそれに当るのかもしれません。たとえ今回の不況を運良く短期間で乗り切ったとしてもこの構造は延々と続けられるものではありません。いつかは行き詰る世界の構造的な問題です。私はそう思います。
(素人の思い込み)

そんなことをみんなで言い出すと、ご指摘のとおりもっと状況が悪くなってしまいますね。「合成の誤謬」ってやつですか・・・。

投稿: 神谷 | 2009/01/29 21:47

確かに原因というと、別のところをいろいろ見ていく必要があると思います。

な~んて、私も分かった風なことを書いている自分を、居心地悪くは思っています。

しかし、今頃になって、アメリカで、数字をよく見ると実はアメリカ人の借金のレベルは大したことなかったという記事が出始めています。このディレイ(タイミング)は何なのでしょう(ひねくれた見方をしたがっている自分もわかっていますが・・・自分の周囲に困った人たちが増えている状況を見ていると、なんか沸々と怒りを感じる今日この頃です)。

投稿: outsidervoice | 2009/01/30 02:34

だとしたら、一杯食わされましたね。

でも、そのくらいで収まれば良いのですが・・・。

マスコミ・その他による情報操作がないとは決して言いませんが、世界経済、そして日本経済にもこれまでどおりの状況を続けていけない構造的な行き詰まりがあるのではと思います。
これは、世界中、国中が、今よりもっと物質的に豊かになる権利をお互いに主張しあうだけではもはや解決しないと思います。

(素人の思いつき)

投稿: 神谷 | 2009/01/31 10:06

>これは、世界中、国中が、今よりもっと物質的に豊か
>になる権利をお互いに主張しあうだけではもはや解決
>しないと思います。

言われていること、もっともだと思います。たぶん、切り抜けるには、とりあえず、運の良い人は皆、少しずつ運の悪い人に協力して、みたいなことしかないと思います。

そして、心配されているように、今のペースだと、かなりやばい感じはします。このペース、どうやったら崩していけるのやら・・・。

ほんと、一杯食わされる方が、全然いい。

(もちろん、こちらも素人考えです)

投稿: outsidervoice | 2009/02/01 00:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80448/43797364

この記事へのトラックバック一覧です: マスコミがつくる不景気・好景気:

« 2009年が明けました | トップページ | お正月に凧揚げは今どきマイナー? »