« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009/04/30

厄松池と切池の水質は(4月分)

4月30日、午後4時半の気温20℃、水温23℃、天気は晴れ。

厄松池のようす

P1040448scCOD(化学的酸素消費量)  10ppm
溶存酸素             5ppm
リン酸イオン            0.2ppm
硝酸イオン             4ppm
アンモニウムイオン        2ppm

雑草の若葉の緑がまぶしいです。
アヤメ?カキツバタ?たぶんキショウブではないかと思いますが、毎年この時期に黄色い花を咲かせます。こちらはセリです。
誰かが入れたのかスイレンがあります。すぐ近くの岸には「コンペイトウ」(タガラシ:キンポウゲ科)の黄色い花が咲いています。土手には白い花も咲いています。P1040444sc2_2 P1040462sc P1040463sc P1040465sc

 

 

 

 

 

切池のようす

P1040472sc             池の出口 バイパスパイプの生活廃水
COD(化学的酸素消費量)10ppm      17ppm
溶存酸素           7ppm       3ppm
リン酸イオン          0ppm       4ppm
硝酸イオン          10ppm      39ppm
アンモニウムイオン      0ppm       9ppm

バイパス水路の入口がゴミで詰まって、生活廃水が池に流入していたので、取り除きました。P1040466sc

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/29

「自然環境学習の森 保全・育成の会 設立事前打ち合わせ」のあとで

打ち合わせ会のあとで、

自然観察会の方から、自然観察会の予定表をいただきました。http://chitakan.com/yotei/yotei09.htmlSizenkansatsukai2009b

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのあとで、竹炭同好会の方に藤江小学校にある炭焼小屋を案内していただきました。P1040415sc この小屋は地域の厄歳会のメンバーの手造りなのだそうです。竹を割ったりする道具は竹炭同好会のメンバーが自分たちで工夫してつくったそうです。 こんどポーラス炭づくりをするそうなのでぜひ見に行こうと思います。ポーラス炭(”多孔質の炭”と言う意味)とは、雨の日または水をかけながら、屋外の露地で炭を焼く方法で、炭焼窯を必要としません。出来上がった炭は多孔質で土壌改良に適しているとのこと。比較的手軽に竹林を間引く有効な手段になりそうです。P1040423scP1040419sc

これは、四角い竹をつくろうとしているのだそうです。筍から成竹になる途中で金属でできた四角い型にはめます。試行錯誤で、工夫しながら、楽しみながら活動されているようです。

 

 

5月に東浦であいち炭やきの会の総会が開かれるとのことで、案内をいただきました。

 5月23日(土) あいち健康プラザにて
  総会 13時~14時
  講演会 14時~17時(講師:広若剛 国際炭やき協力会事務局長、
                パネルディスカッション:杉浦銀治さんほか)
  懇親会 18時~20時

 ※講演会の会費1,000円(高校生以下無料)
  翌24日には希望者による炭焼窯および農場見学ツアーを開催予定

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「(仮称)自然環境学習の森 保全・育成の会 設立事前打ち合わせ」に参加して

自然環境学習の森ワークショップの参加者の中で引き続き自然環境学習の森の保全・育成活動に関わりたいと希望したメンバーと自然観察会のメンバー、地域の区長さん、役場の担当課が集まって、自然環境学習の森の保全・育成を進める組織立ち上げのための、会の目的および活動内容、会則について話し合いをしました。

事務局(役場の担当課)が提示した「目的および活動内容の案(たたき台)」は以下の通りでした。

目的: 自然環境学習の森を利活用する組織のリーダー等による運営管理に関する意思決定機関として設置する。

実施内容:
(1)利活用の内容等の確認および調整を行う。
  〇 利活用が里山環境の保全につながるかどうかの確認、指導および日程の調整

(2)昆虫や植物等の採取のルール作りを行う。
  〇 昆虫や植物等の生息ができるように、採取の時期、量、区域等を決定

(3)リーダーの養成を行う。
  〇 リーダーの養成方法(内容、募集方法、講師等)について検討し実施

(4)利活用の普及活動を行う。
  〇 利活用を行う新たな組織づくりの普及
  〇 遊び心満載の魅力ある活動の創設

(5)体験学習および自然環境学習の対応を行う。
  〇 内容、方法の検討、講師の調整

これに対して、以下のような意見が出ました。

●活動内容が里山の利活用に偏っているので、再生・保全・育成の文言を盛り込む。
●この里山の保全・再生・育成のあるべき姿を話し合う場も必要。
●保全・運営・管理における町の役割とボランティアの役割分担を明確にしておくべき。
●県の治山事業として行う工事の内容をあらかじめ会のメンバーに対して説明し工事内容について吟味する機会を設けるべき。
●竹林、水辺、田んぼなど部会をつくって、興味のある人の参加を募っては。
●ブログ等を使った情報発信も必要。
●一般の人たちも訪れるようになってきたので、駐車場や一般開放のルール作りが必要。

ほかにも、

●いきなりボランティアだけでは無理。自立できるまで、行政がサポートすべきだ。
●活動事例の見学会を企画しては。
●渇水期の水の確保のため上流部に浅いため池をつくっては。
●水田の耕作者もメンバーに加わってもらっては。
●会則をつくるのはまだ早いのでは。準備会程度で留めては。

などの意見も出て活発なやり取りがありました。

行政としては、出た意見を取り入れて活動内容を手直しすることになりましたが、会則は承認して、会の立ち上げを図っていきたいとのこと。まずは形式を整えたいようです。

これからは、里山の保全活動に思いを寄せる人たちで活動を立ち上げ、(この指とまれで、)いかにして興味をもつ個人の参加を募っていくかが課題だと思います。これまで行政は既存の官製団体を動員して組織づくりをすることを得意としてきましたが、ボランティアなどの自主的な活動を生かすには新たな発想が必要だと思います。

上記の意見の中で出ていたブログによる情報発信や見学会については、さっそく有志でやってみようという声がありました。これからが楽しみです。

  参考:(仮称)自然環境学習の森基本計画概要版(PDF626KB)
      (仮称)自然環境学習の森基本計画(PDF946KB)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やもちゃん登場

我家に同居しているヤモリくんです。家賃はとっていません。これから暑くなってくると毎晩台所の窓に現れて虫を捕ったりしています。P1040413sc3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/04/28

「議員力検定」って知ってましたか?

漢字検定とか、いろんな検定があるけど、議員力検定って知ってました?

Giinryokukentei民主主義の基本である議会政治をはじめ、広く政治のしくみを検定を通じて学んでいこうというものです。この検定で学ぶことにより、政治に参画していくきっかけや、さらには議会という仕組みを市民として、あるいは議員として使いこなしていく力を養ってもらいたいと思っています。誰かに任せるのではなく、私たちひとりひとりが地域や国のありかたを考え、市民と議員相互の「力」を高めあい、共有していくことが、いま大切ではないかと考えます。(議員力検定ってなに?http://www.giinryoku.jp/what.htmlから抜粋)

政治のこと、議会のこと、議員のこと、地域社会の問題から議会政治の可能性まで幅広い知識が問われます。ジュニア、一般、議員などのカテゴリーに分かれています。
議員力検定のサイトには練習問題も載っています。

問 住んでいるまちに不満があります。次の記述で法律的に間違った行動を、一つ選択しなさい。
① 自分が首長、議員に立候補して、よりよいまちをつくるよう努力をする。
② 自分の考えに近い人を、選挙で選ぶ。
③ あきらめて、ほかのまちへ引っ越す。
④ 地方税の支払いを拒否する。

問 マニフェスト(政策)の効果に関する記述のうち、間違っているものを一つ選択しなさい。
① 数値などにより表明した政策が実現したかどうか判断できるので、政治家を評価でき、次の選挙に役立つ。
② 政策を言いっぱなしにできにくくなり、政治家としての責任を持つようになることが期待される。
③ マニフェストを破っても制度的なペナルティはないので、マニフェストが効果をもつためには政治的に責任を追及することが大事である。
④ マニフェストとはイタリア語で「はっきり示す」という意味で、発祥はイギリスであるが、日本では戦前に「公約」と訳されて用いられた。

問 選挙運動で禁止されているものを、一つ選択しなさい。
① 街頭で、たまたま会った人に投票を依頼すること
② 電話で、投票を依頼すること
③ 会社の休み時間などに、そこにいる人に演説をすること
④ 1日中、拡声器を使って街頭演説を行うこと

問 議員活動として適切でないものを、一つ選択しなさい。
① 調査活動
② 本会議・委員会への出席
③ 口利き
④ 視察

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/04/26

「市民と議員の条例づくり交流会議2009プレ企画 議会改革は市民に開かれているか」に参加して

こちらは風が強くて寒かったのでサマーセーターを着てウィンドブレーカーを持って出かけました。途中、新幹線の窓から頂に雲をまとった富士山が見えたました。東京に着いたら無風快晴でポカポカ日和。シャツ一枚でも汗がでました。
P1040388sc_2 P1040401sc_2

 

 

 

 

ところで、本題。
法政大学市ヶ谷キャンパスで開かれた「市民と議員の条例づくり交流会議2009プレ企画 議会改革は市民に開かれているか」に参加しました。
近年、行政が力を入れてきた情報公開と住民参加、そして行政評価に見られるようなマネジメントサイクルの発想が、やや遅れて議会に対しても適用されるようになってきたことを強く認識しました。

1.全国自治体の議会運営に関する実態調査の速報(調査に回答する際の解釈の違いがあるためあくまでも暫定値だそうです。)がありました。
2009/1/1時点で調査対象1,851自治体議会(47都道府県、17政令指定都市、23特別区、766市、805町、193村)
有効回答1,508議会(回収率81.5%)

●何らかの議会改革を行った、または行っているところが過半数。中には、35議会(2%)が常設の議会改革組織を設置しており、会津若松市議会では、議員以外の専門家・市民が参加する組織を設けている。
●議会基本条例を制定済みもしくは検討している議会は全体の20%、うち制定済みは50議会(3.3%)
●2008年中に、議会報告会を開催、または合併問題、議会改革などの課題をテーマに意見交換をするなど、議会として市民との対話の場を設けた議会は全体の16%。
●議案説明資料を議案審査前に市民が閲覧できるようにしている議会は全体の20%。うち北海道福島町議会では、議会基本条例に会議資料の事前提供が明記されており、議員への資料送付の時点で、会議資料をホームページに掲載する作業を開始する。
●なお、全体の41%の議会が審査後でも、議員に配布された会議資料を公開していない。
●常任委員会の会議録が要点記録のところは全体の45%、全文記録のところが全体の37%、全文記録をホームページ上で閲覧できるところは全体13%となっている。
●議会運営委員会の会議録が要点記録のところは全体の45%、全文記録のところが全体の25%、全文記録をホームページ上で閲覧できるところは全体6%となっている。
●全員協議会の会議録が要点記録のところは全体の36%、全文記録のところが全体の22%、全文記録をホームページ上で閲覧できるところは全体3%となっている。
●議会として、政策討論会、議員提案条例研究会などの議員によって構成される特別の場を設置しているのは29議会だった。
●99%の議案が原案どおり可決されているという。議会のチェック機能が疑われる所以だ。2008年中に議員による修正案が提出され可決されたことのあるのは129議会(7%)、議会の意見を反映して行政がいったん原案を取り下げて修正した議案を可決したことのあるのは72議会(4%)だった。

2.北海道福島町の議会改革

<特筆すべきは行政評価>
福島町議会は3回連続でマニフェスト大賞を受賞、3回目の昨年はベストホームページ賞。
それだけに、議会情報のホームページがとても充実しています。見て驚き。なんと、議会評価に加えて、議員の個人評価(任意参加の自己評価)までしているのです。
考えてみれば、行政に対して行政評価をしろといっておいて、議会評価・議員評価をしないのはおかしいと言えばおかしいですよね。
●議会の活性度、公開度、住民参加度、民主度、専門度などの分野ごとに具体的な目標項目を設定し、議会運営委員会で議会の評価を行っています。
●行政、財政、経済、福祉、教育など各分野ごとに評価項目を設定し、取り組みとその結果について各議員の自己評価をしています。
●「議員活動の目標(公約)」をつくり、1年間の活動指標とし、「議員の自己評価」の基礎資料としています。Giinhyoukahukushimah21

 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

<議会改革の歩み>
平成12年にはすでに本会議、委員会、議員協議会の会議資料を傍聴者に提供。本会議場の庁舎内テレビ放映開始。
そして、会期に縛られない通年議会、質疑の回数制限の撤廃、説明員の反問制度、文書質問制度(議会休会中)、住民に対する議会報告会、議員同士の自由討議、傍聴者の討議への参加、委員外議員制度(所属外の委員会に参画)、夜間議会の開催、全議員が部会に参加する「広報・公聴常任委員会」の新設、議員の不当要求行為等を防止する条例の制定など次々と先駆的な改革を行ってきました。
議会会議規則を改め「福島町議会会議条例」を制定、傍聴規則を「福島町議会への参画を奨励する規則」として全面改正するなど規則の整理もしました。
 
<集大成として議会基本条例を制定>
これらの集大成として、この3月に「福島町議会基本条例」を制定しています。
条例の中で、議会と町長は、二元代表制の元で「善政競争」をすることを謳っています。
また、議会の主役は議員であることを自覚して、従来の行政依存・追認の議会運営から脱皮し、主体性を持って議会の意思決定をする。住民の意向を行政に反映させるための住民参画で、議会活動を住民に理解してもらうために情報を共有する。地方分権改革など日本全体が大きく変わる中、保守的と言われる議会・行政も変わらなければならない。上記3つの視点で、「気がついたことから、できることから」順次取り組んできました。
そして、わかりやすく住民が参加しやすい議会、しっかりと討議することができる議会、住民が実感できる政策提言をする議会をめざしています。
  「fukushima-t-gikai-kihonjyurei.pdf」をダウンロード
  「IMAIGE-KIHONJYOUREI-210404.pdf」をダウンロード
 
<議長のリードが重要か>
溝部幸基さんは99年から議長を3期務めていらっしゃいます。多くの自治体が1年や2年で議長職をたらい回しにしていますが、栗山町と同様に、まとまった期間、議長が議会をリードするのが、地に足の着いた議会改革のできる条件なのかもしれません。
 
P1040395scこのほかにも、松本市議会基本条例に関する報告、
市民グループのメンバーが熱心に特別委員会を傍聴する中で、市民のプレッシャーを感じながら議会基本条例を策定した所沢市議会の報告と質疑、意見交換などがありました。

 

 

東京の街は歩く楽しみがあるとつくづく思います。(終了後、飯田橋付近の外堀にて)P1040399sc P1040406sc 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009/04/25

今日は小学校のタケノコ狩りだったのに

今日は近所の小学校のタケノコ堀りが予定されていましたが、あいにく雨で中止。
子どもたちや保護者、先生方と近くの竹林にタケノコを堀りに行って、学校に戻ってから茹でタケノコ、焼きタケノコやタケノコご飯を食べるこの時期恒例のイベントです。

下の写真は、あらかじめタケノコを茹でておくために、昨日タケノコを掘りに行ったときのものです。あちこちに筍がいっぱい出ています。昨日は良い天気だったのに。P1040371sc P1040372sc

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009/04/24

これは何の花?

これは何の花でしょう?
どこからか種が飛んできて生えたもので、数年で大きな木になりました。P1040346sc_2 P1040347sc_2

 

 

 

 

 

落葉広葉樹で大きな葉がつきます。

上向きの枝先に藤色の大きな花が鈴なりになります。

会津地方などでは畑で栽培されています。

女の子が生まれるとこれを植える風習がありました。成長が早くお嫁に行く頃には大木になります。

木材の材質は軽く、下駄や箪笥に使われます。

図案化されたものは、家紋や日本政府の紋章にも使われています。

 

P1040352sc P1040350sc

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009/04/21

第1回 このはな音楽祭のご案内

以前、このブログでも紹介した間瀬穂積さんプロデュースによる「このはな音楽祭」のお知らせです。於大公園このはな館(池の畔にあるガラス張りの建物です。)で夕暮れ時に3回シリーズのコンサートを予定しています。

サブタイトルは「120席にこめられた極上の時間」。暮れなずむ公園の水辺を借景にして弦楽器を中心とした音楽を楽しむ企画です。ドレスコード(服装の指定)があるようです。かといって、義務ではなくて、満たした方にはワイン1杯のサービス付きとのこと。このほかにもいろいろ趣向があるかもしれません。Konohanaconcert20090509a Konohanaconcert20090509b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/20

オオタカの里を歩こう

4月26日(日)9:00 於大公園駐車場に集合。東浦町の自然環境学習の森予定地で、生き物を観察しながら散歩するイベントです。運が良ければオオタカに遭えるかも?Ootaka20090426

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

春になって生き物たちが活動を始めました。このところ、あちこちで自然と触れ合うイベントが目白押しです。今度の土曜日には、生路小学校のタケノコ狩りが予定されています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/04/17

山吹 小楢

ヤマブキの花が咲きました。P1040267sc

 

 

 

 

コナラが芽吹きました。海上の森でひろってきたどんぐりです。P1040271sc

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/04/14

完全無党派とは

政党の支部長をしていて「完全無党派」とは恐れ入る。「あとで、離党届を出した。」というのが先の千葉県知事選で当選した森田健作氏の弁だ。「気分は無党派」くらいにしておけば、嘘つきにならなくて済んだと思うのに。
むかし、学歴を詐称したとして衆議院議員の当選後に辞職に追い込まれた人がいたが、政治スタンスとは全く無関係の学歴なんかよりも、どこの党派に所属するかの方が投票するときのファクターとしてはるかに重い。
学歴詐称がアウトなら、「完全無党派」も完全アウトだと思うのだが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/12

2009年度 第1回 アチェメックの森プロジェクト(森の小径づくりと筍掘り)のお誘い

Achemec20090426a

「achemec20090426a.pdf」をダウンロード

Achemec20090426b

「achemec20090426b.pdf」をダウンロード

年間予定(年4回の森の手入れと遊び、交流会)は「2009achemecplan.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/11

自然環境学習の森にて「竹林の伐採・運び出しと竹の子掘りをしよう!」に参加して

(仮称)自然環境学習の森予定地で、竹炭同好会が主催する、伐採した竹の搬出作業とタケノコ掘りをするイベントに参加しました。この場所で市民が企画する初めてのイベントです。森の手入れをしたあとに森の恵みをいただきます。今後の里山保全活動のモデルにできればと期待が集まります。

竹炭同好会のメンバー、役場公園緑地課の担当の人たち、ワークショップ参加者、家族連れや藤江小学校で竹炭つくりに関わった中学生など二十数人が参加しました。

まずきょうの説明を受けます。P1040208sc

竹林の中から竹を運び出して広場に集めます。竹はこの場で直に焼いて炭にするそうです。P1040220sc

 

 

 

 

つづいてタケノコ掘り。あたりを見回すと頭を出した筍が結構みつかります。P1040226sc P1040228sc_3

 

 

 

 

直径は十何センチ?P1040247sc2   

竹薮の中でコクランを見つけました。初夏に花を咲かせるそうです。(枯れている穂状のものは去年の花です。)P1040230sc

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/10

市民と議員の条例づくり交流会議2009 プレ企画(テーマは「議会改革」)のご案内

4月26日に「法政大学市ヶ谷キャンパスで条例づくり交流会議2009 プレ企画」が開かれます。今回は、議会改革の最新情報、議会基本条例の制定プロセス、議会への市民参加などについて、事例発表とディスカッションが行われるようです。
詳しくは、交流会議HPhttp://www.citizens-i.org/jourei/index.htm参照

前回春に開かれたときのテーマは「予算改革」でした。福島浩彦前我孫子市長の基調講演が印象的でした。
 私の参加レポート(つれづれログ)http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2008/03/post_f20c.html
 これまでの開催概要(交流会議HP)http://www.citizens-i.org/jourei/gaiyo.htm

 

=================================
▼市民と議員の条例づくり交流会議2009 プレ企画
=================================
  日  時:2009年4月26日(日)14時~
  会  場:法政大学市ヶ谷キャンパス
  参加費:3,000円(市民と議員の条例づくり交流会議会員は、1,000円)
  ※プレ企画前には、「市民と議員の条例づくり交流会議総会」を開催いたします。

=================================
 【プログラム(2009年4月2日現在、敬称略)】
=================================
<14時~15時>
 第一部:議会改革の最前線と到達点  議会調査、議会改革白書をどう読むか(仮)
  ・全国自治体議会の運営に関する実態調査2009 調査結果(速報)発表
  ・コメント
   中尾 修 (前北海道栗山町議会事務局長)
   千葉茂明(月刊ガバナンス編集長)
   その他交渉中

<15時~17時>
 第二部:議会基本条例づくりの展開と議会改革への市民参加
  ・溝部幸基(北海道福島町議会議長) 
 ―議会の自己評価、通年議会、反問権、傍聴人の討議への参加など、さまざまな改革の
   先行実施(試行)を経て、基本条例として制度化。会議資料の事前公開や傍聴者の
   意見を聴く機会も位置づけた。議会への市民参加をめざす福島町議会の挑戦。
  
福島町議会基本条例
   「議員の自己評価・公約(目標)」(2009年3月9日)
   福島町議会活性化事項の試行に関する実施要綱(2008年3月)

  ・大久保真一(長野県松本市議会議長)
 ―検討事項等についての各派意見や現状・課題等を整理した「会議資料」や、検討(会議)
   結果の要点、会議録を随時HPに掲載しながら、基本条例を制定。課題や論点の
   整理・明確化、検討経過等、条例づくりは、どのように市民と共有できるのか。
  
松本市議会基本条例が可決されました
   ステップアップ検討委員会

  ・桑畠健也(埼玉県所沢市議会、議会基本条例制定に関する特別委員会委員長)
 ―専門的知見の活用をはじめ、議会としての課題共有、傍聴者の意見聴取やパブコメ、
   公聴会、ミニシンポジウムの実施など、議会としての条例づくり、市民と対話しながら
   つくりあげた基本条例。議会改革をどのように市民・議会で共有してきたか。
  
「所沢市議会基本条例」を可決しました

  ・本間 滋(市民グループ所沢「傍聴席」メンバー)
 ―所沢市議会の条例づくりを継続的に傍聴し、状況等を発信。議論への参加や意見表明
  (パブコメ、公聴会、ミニシンポジウム)も行いながら、経過や意義等を共有し、
   議会の改革に参加した市民の取り組み、議会改革評価など。
  
「傍聴席」 所沢の民主主義をサポートするささやかなメディア

  ・ディスカッション

=================================
<参加申込>
市民と議員の条例づくり交流会議2009 プレ企画(2009年04月26日)参加希望と明記の上、
お名前、ご所属(所属議会・団体名等)、ご連絡先(住所、電話番号、E-mailアドレス)を
条例会議事務局(
jourei-kaigi@citizens-i.org)まで、お送りください。
=================================
<申込フォーム/送信先:条例会議事務局(jourei-kaigi@citizens-i.org)>
 2009年04月26日(日)、「市民と議員の条例づくり交流会議2009 プレ企画」に参加する
・お名前:
・ご所属:
・ご連絡先:
・E-mail:
=================================
※市民と議員の条例づくり交流会議会員等
  □ 会員(継続予定)  □非会員  □当日申込予定
※2009年総会(13時~)に
  □ 参加する  □参加しない
※この企画では、参加者同士の交流、ネットワーキングを進めるため、
 参加者名簿(氏名と所属)を作成・配布しています。
 名簿への掲載を希望しない方は、以下にチェックしてください。
  □ 名簿への掲載を希望しない
=================================

 

自治体議会フォーラムから「議会改革白書2009年版」が発刊されました。議会改革の最新の動向が満載です。http://www.gikai-kaikaku.net/hakusho09.htmlGikaikaikakuhakusyo2009

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009/04/07

桜が満開になりました。

P1040182pana2jpg

P1040187sc 厄松池のサクラが満開。中学校の入学式の日にちょうど満開になりました。途中で冷え込んだせいで、今年は開花してから長い間サクラの花を楽しめます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/03

厄松池の桜はもう少しで満開

厄松池の桜がもう少しで満開です。今年の桜はとんでもなく早まるのではと心配されていましたが、どうやら来週はじめの入学式までもちそうです。P1040148sc

 

 

 

 

P1040150panosc1

 

 

 

 

こちらは、同じサクラでも芝桜(シバザクラ)です。P1040137sc P1040144sc

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/04/02

食卓の桜は一足先に

食卓の上に一輪挿しにしておいたサクラの枝です。

 3月21日         23日         24日         25日P1030579sc P1030678sc P1030683sc P1030713sc

 

 

一輪挿しはこの後しおれてしまいました。

枝を採ったもとのサクラの木は、やっとほぼ満開になりました。P1040117sc P1040121sc

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春の芽吹き

ゼンマイ                  カエデの若葉と花P1040087sc P1040128sc

 

 

 

 

梅の実が膨らんできました。P1040090sc

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »