« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009/05/31

豊田市松平地区の「かえる谷」へ。水辺の生き物がいっぱいで、子どもたちは大はしゃぎ。

自然環境学習の森についてアドバイスをいただいている大内さんたちの活動のフィールドとなっている豊田市松平地区の里山を訪ねました。元々ひっそりとした谷あいに小さな棚田があったところです。そこで、草を刈って、畦を直して、沢から水を引いて、時間をかけて水辺の生き物を復活させています。メダカやドジョウ、カエルやトンボの仲間たちと出会うことができます。カエルが卵を産んだり、小さなトンボが隠れることができたり、水深や植生の異なる多様な水辺環境がしつらえてあります。
イノシシが畦を崩すので困っているのだそうです。東浦にはない悩みです。P1050222sc P1050380sc P1050243sc P1050282sc P1050299sc P1050298sc P1050437sc P1050329sc P1050423sc P1050462sc P1050474sc P1050484sc

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/30

厄松池と切池の水質は(5月分)

5月30日、午後5時半の気温23℃、水温26℃、天気は晴れ&曇り。雨の予報だったのに晴れてしまいました。先週末に行われたゴミゼロ運動にあわせて区が草刈りをしたので岸辺がすっきりしています。

厄松池のようす

P1050174scCOD(化学的酸素消費量)  13ppm
溶存酸素             4ppm
リン酸イオン            1ppm
硝酸イオン             2ppm
アンモニウムイオン        4ppm

池の北側にはアシが茂ってきました。P1050160sc

 

 

 

 

 

切池のようす

P1050180sc             池の出口 バイパスパイプの生活廃水
COD(化学的酸素消費量)13ppm      20ppm
溶存酸素           4ppm       2ppm
リン酸イオン          0.8ppm     5ppm
硝酸イオン           2ppm      20ppm
アンモニウムイオン      2ppm       6ppm

池の出口付近の水にはミジンコがいっぱいいました。P1050194sc

| | コメント (0) | トラックバック (0)

(仮称)自然環境学習の森 水辺の草刈りボランティア 第2回

今日も予報は雨。お天気が心配だったのですが、途中小雨がわずかに降ったものの時折日がさす陽気に。前回に続いて幸運に恵まれました。竹炭同好会のメンバー、役場公園緑地課の担当の人たちの参加もあって、朝9時から総勢大人10人、子ども4人で草刈り作業をしました。

草刈りは前回やり残したところから流れの上流に向かって辿っていきます。左下:Before、右下:After てな感じです。P1050027sc P1050034sc

 

 

 

 

ツルが絡まっていて刈払機だけでは歯が立たないところもあります。P1050043sc P1050047sc

 

 

 

 

笹に覆われた洞窟のようなところから出てくる流れもあります。辺りの草を刈り取ると所々に小さな池があったりします。渇水期に備えて少しずつ水をためる先人の工夫でしょうか。P1050052sc P1050076sc P1050069sc P1050085sc

 

 

 

 

お昼はお弁当と飲み物で一服。地元のケーブルテレビ「知多メディアスネットワーク」の取材を受けました。今日の様子は6月8日(月)20時から放送するそうです。P1050063sc P1050062sc

 

 

 

 

下流でこの水を使って水田を作られている農家の方からもアドバイスをいただいて水辺管理のお手伝いをしていきたいと思います。P1050039sc P1050141sc

 

 

 

 

奥のほうでは県の治山事業として、雑木林の下草刈りや、湿地の木道整備が進んでいます。P1050093scP1050102sc_2

 

 

 

 

遊歩道もあります。右下はたぶんこの森で一番大きいと思われる桐の木です。P1050113sc P1050117sc

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/29

テッポウユリが咲いています。

鉄砲百合が満開。バックのサツキとのコントラストが鮮やかです。P1050024sc

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/28

5月30日に自然環境学習の森の草刈りをします。ボランティアを募集中。

東浦町では、緒川舟木地区(ソニーモバイルディスプレイ(旧STLCD)西側の谷、新池の奥)の里山を保全・再生しようとしています。

すでに、住民と行政の協働で、いくつかの再生・保全活動が始まりつつあります。
5月28日(土)には、住民の自主的な活動として、水辺の草刈りを予定しています。

草刈りの目的は、水の湧いている所や、水の流れ、水のたまっている所を確認し、少しでも良い水辺を再生させるためと、水辺にかぶさっている草などを取り除き、トンボの産卵できる環境をつくることにあります。
トンボは、上空を飛んでいて、きらりと水面が光ることで水辺と判断し降りてきます。ですから、水辺の一部が空から見えることが大切なのです。

刈払機を使える方と、刈った草や潅木を整理する方のボランティアを募集します。
とても広いですから、大勢こられる分には問題ありません。
刈払機を使ったことのない方で、希望される方には、メンバーが丁寧にご指導します。

                記

 ◆日時 5月30日(土) 現地 9:00~15:00 (予定)
      …雨がひどくなったら打ち切ります。
  
 ◆集合      ①現地 「東浦(仮称)自然環境学習の森」…ゲートは8:00頃には開けます。
      または ②東浦役場駐車場(庁舎西側の広いほうです。) に 8:50集合。
      
 ◆準備するもの、仕度など
       ある方は刈払機、ノコギリ、帽子(ヘルメットならなおいい。)、ある方は保護メガネ、長袖、長ズボン、タオル、
       お弁当、飲み水(1.5~2リッター)、着替え、雨になりそうならカッパもあれば万全です。

 ◆できる範囲の作業、できる範囲の時間帯で結構です。ご興味がおありの方は是非のぞきに来てください。

詳しくは、「『自然環境学習の森』 応援ブログhttp://hsatoyama.exblog.jp/i9をご覧ください。

 お問い合わせはkamiya-a@mbk.nifty.comまで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/26

サツキとクレマチスの色のグラデーション

さつきがもうすぐ満開です。ピンクのもの、少し赤みがかったもの、紫の入ったもの、微妙に色が異なります。白い花、白とピンクの混ざったものもあります。P1040894sc P1050001sc P1050003sc P1050504sc_2 P1050503sc P1050508sc

 

 

 

鉄線(クレマチス)が咲きました。真っ白なもの、薄紫とその中間のものが咲いています。P1040876sc P1050011sc P1050014sc

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/24

季節の草花

ユキノシタの花です。P1040885sc_2

 

 

 

 

ジュンサイの若葉です。P1040907sc

 

 

 

 

これはバラの花。P1040990sc

 

 

 

 

では、これは? 柑橘類の花のようですね。P1040992sc P1040991sc P1040993sc  

 

 

受粉するとめしべの根元が膨らんで、冬になると大きな実がたわわに実ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/23

第1回 このはな音楽祭 チェンバロとヴァイオリンの夕

6時半開演。この時期6時半だとまだ結構明るい。演奏が始まると次第に暗くなってすっかり夜に。P1040945sc P1040957sc

 

 

 

P1040982sc

 

 

 

 

 

 

 

 

       プログラム

G線上のアリア  J.S.バッハ

無伴奏ヴァイオリンパルティータ第3番 ホ長調 BWM1006  J.S.バッハ
  プレリュード
  ルール
  ガボット
  メヌエットⅠⅡ
  ブーレ
  ジーグ

チェンバロのためのソナタ第11番 イ長調 K331 トルコ行進曲付  W.A.モーツァルト
  第1楽章 アンダンテ・グラチオーソ
  第2楽章 メヌエット&トリオ
  第3楽章 アラ・トルカ・アレグレット

              コーヒーブレイク

喋々の主題による14の変奏曲  渡辺鉄雄編曲

チェンバロとヴァイオリンのためのソナタ第28番 ホ短調 K304  W.A.モーツァルト
  第1楽章 アレグロ・マ・ノン・トロッポ
  第2楽章 アンダンテ・コン・モト

演奏者  都築れな(チェンバロ)  水野紗希(ヴァイオリン)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蓮の葉っぱの撥水性

ハスの葉に水をかけても決して濡れることはない。
まるでパチンコ玉のように水玉になってぽろぽろと葉っぱから落ちてくる。ハスの葉の水をはじく性質はすごい。P1040486sc P1040928sc

 

 

 

 

フッ素コートがしてあるわけではない。表面に微細な毛がいっぱい生えているのだろう。
ロータス効果というらしい。レインコートやスキーウェアに応用できないのだろうか。

茎はストローのように中空になっている。そして、葉の表の中心にある白いヘソのようなところとつながっている。
水だとはじいてしまって濡れないが、アルコールだとヘソの部分が濡れるので、葉にためたお酒を茎を吸って飲むことができる。P1040919sc P1040935sc

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/22

ツバメの子育て

毎年同じ場所で、燕の雛がかえります。親燕がせっせと餌を運んでくると、ヒナは黄色いくちばしを目いっぱいに開けて餌をねだります。P1040848sc2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シランの群生

ここは数年前、工場を解体した後の空地。誰も何も植えていないはずなのに、なぜかシランが群生してきました。紫に混じって白い花もあります。日本、中国、台湾原産なので、自生種もあるそうですが、園芸種も広く普及しています。宿根性で、種子でも増えます。どこから来たのか、なぜここで増えたのかはわかりません。近くにシランの生えている庭などないのに不思議です。P1040853sc P1040856sc

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/18

東浦町役場ホームページを使ってみて

4月に東浦町のホームページがリニューアルされました。
コンテンツと使い勝手はいかがでしょうか?

ホームページを使ってみて・・・私の主観です。

●以前よりは行政情報が充実してきたと思いますが、まだ不十分だと思います。
以下のことを心がけてはと思います。
・行政の方向性(何を考えているのか、施政方針でも可)を示す
・今進行中のプロジェクトを説明
・すべての事業と予算(まちのしごと)を網羅、明確化
・町独自の取り組みをもっとアピール
・HPを情報公開と住民参加のツールとして活用できるように設計

●具体的な行政情報として思い当たることは、たとえば、
・各種計画と白書(報告書)の充実
・緒川駅東、三丁公園、子育て支援センターなど大型プロジェクトの説明(全体計画、予算、進捗状況)
・バスの運行実績と収支、地域公共交通会議の予定と協議結果(議事録については過去ログが出ていない、第3回のみの表示)
・予算書、決算書(成立してすぐに新予算が掲載されていたのは評価するが、内訳が簡単すぎるのでは) →長久手町http://www.town.nagakute.aichi.jp/chosei/zaimu/zaisei/yosan.htmlを参照
・「財政」のところで、似たような財政指標の見出しがたくさん並んでいるが、それぞれの意味・違いがわかり辛いと思います。(とりあえず全部開けてみないと見当がつかない。)たとえば「決算カードとは何か」「財政状況」とは何か、各項目に簡単な説明が欲しいところです。
・補助団体のリストと予算、報告書(ここまで載せるのは面倒かもしれません。)
・会議情報、審議会情報、委員会情報、と議事録と予定、傍聴案内 →湖南市http://www.city.konan.shiga.jp/などを参照
・その他、農業委員会や教育委員会、給食センターなどの情報の充実
・学校教育課の「耐震化状況」は安心感があります。
・情報公開のページがありません。(情報の取り方、公開請求の仕方、情報公開の実績など) →長久手町、三好町http://www.town.aichi-miyoshi.lg.jp/soumu/bunnsyo/jouhou-koukai/jouhoukoukai-top.htmlなどを参考

●その他生活情報
・行事、イベント、生涯学習、スポーツ大会などの施設横断的、一元的な情報提供(イベントカレンダーなど)
・また、自然観察会などのイベントにも一元的に外部リンクを張っては。
・ボランティアガイドがスタートしましたが、情報は?
・於大公園などの案内をもっと充実できると思います。
・ぶどう以外の特産品を(新製品の宣伝も含めて)もっとPRしては。

●議会情報
・議会のホームページを(狭い意味の)行政から分離する。(バナーにボタンを表示するなど) →長久手町、三好町http://www.town.aichi-miyoshi.lg.jp/index.htmlを参考
・議員研修報告書、政務調査費の掲載
・議案や説明資料、一般質問通告の会議前のネット公表を進めるべき。住民意見の聴取や傍聴希望者への案内にもなります。
※以上をすぐにアップロードしやすいように、議員も含めてファイルデータで提出、管理すべきでしょう。

●使い勝手
・「健康・福祉」などの分野(ライフイベントも同様)に分かれて、そのすぐ下層で「福祉」「健康」「子ども」に分かれていますが、この程度の数ならば次の階層もあらかじめ見えるようにしておいたほうがユーザーとしてはわかりやすいと思います。ただし、「各課で作成」と言うことだと、各課へのリンクのみを張っておいたほうがメンテナンスが楽そうですね。
・「がいこくじん」のところは今後、外国語表記になっていくのでしょうか。
・東浦の“個性”ともいえますが“色”や“写真”や“図解”が少ないと思います。
・「ご意見」の手続きが面倒になりました。できるだけ簡単な手続きで意見を寄せられるようにすべきです。

 
民間のシンクタンクなどが自治体のHPを評価しているのはご存知の通りです。一応参考までに評価項目を抜き出してみました。(古い情報もあります。)
評価項目(コンテンツ)
http://www.spacia.co.jp/hp-rank/hyouka.htm
評価項目(アクセシビリティ)http://www.u-works.co.jp/jichitai/list.html
評価項目(ユーザビリティ)http://itpro.nikkeibp.co.jp/free/NGT/govtech/20050708/164251/?P=4&ST=govtech

愛知県内町村ランキング(古い)http://www.spacia.co.jp/hp-rank/aichi/town/r-aichi-m1.htm
21世紀政策研究所の全国市区町村ホームページ調査結果(これも古い)http://www.21ppi.org/pdf/thesis/020830.pdf

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/17

お天気が心配でしたが、(仮称)自然環境学習の森で予定通り水辺の草刈りをしました。

昨日から今朝8時半頃まで雨が降り続いていたため、コミュニティのペタンク大会は中止。
しかし絶妙のタイミングで雨が降り止んだので、予定通り(仮称)自然環境学習の森の水路沿いの草刈りをしました。参加者は大人7人、子ども4人。ブログを見て急遽参加してくださった方もいました。

きょうは、谷の奥から新池に流れ込んでいる水路沿いに草を刈りました。水路はもともと水田だったと思われる湿地の西側の斜面に沿って流れており、ササやクズ、ミゾソバ、セイタカアワダチソウなどの雑草に覆われていてよく見えません。それを刈って水路の位置や元の地形がわかるようにしていきます。
重機に頼らず人の力で水辺を保全再生する第一歩です。また、トンボは水面の反射で水辺のあるのを認識して産卵するそうです。
この谷にある水田ではこの水路の水を使って稲作が営まれています。P1040766sc

 

水田のあるあたりから上流に向かって草を刈っていきます。

 

P1040757sc

 

草に隠れていた水路が現れます。雨の後なので結構水量があります。オーバーフローした水は左側の湿地を潤しているようです。

 

P1040770sc

 

この奥で小川が二手に分かれています。次回は水源まで辿ってみたいと思います。

 

 

蔦を切る人や、刈った草を掻き寄せる人もいます。P1040783sc P1040796sc

 

 

 

 

ニホンイシガメの赤ちゃんを見つけました。P1040763sc P1040761sc

 

 

 

 

こちらは親亀でしょうか。甲羅にこもって籠城です。P1040816sc P1040814sc

 

 

 

 

子どもたちが丸木橋ならぬ”丸竹橋”を建設しました。P1040819sc P1040825sc

 

 

 

 

今回刈ったところです。およその位置をピンクで表示しました。次回は5月30日(土)9時から続きをしたいと思っています。Mizubegroupkusakari20090515

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/16

木曽川水系連絡導水路事業・・・河村名古屋市長、導水路撤退方針、予算凍結を指示

きのうの中日新聞の朝刊、一面に大きく「導水路撤退方針、事業に波紋」の記事が載りました。

名古屋市の河村たかし市長が、徳山ダムの水を木曽川に流す導水路事業からの撤退の方針を示したのです。事業の見直し議論も含め、国や愛知・岐阜・三重県も巻き込んだ大きな波紋を広げることになりそうです。さて、水余りが指摘されている中、必要性が疑問視されている巨大利水施設の建設をストップさせることができるか注目です。

導水路は水資源機構が本年度に着工し、総事業費890億円のうち、国が408億円、愛知県が318億円、名古屋市が121億円、岐阜県が30億円、三重県が13億円を負担する計画。名古屋市は2015年度までに121億円を分割して支払うことになっていますが、すでに本年度分の支払いをしないと水資源機構に通告したそうです。
愛知県負担分の318億円は言うまでもなく私たちの税金から支払われることになります。

導水路撤退方針、事業に波紋 (2009年5月15日 中日朝刊)
http://www.chunichi.co.jp/article/politics/news/CK2009051502000200.html

名古屋市が導水路撤退 徳山ダムの利水権を放棄 (2009年5月15日 中日朝刊)
http://www.chunichi.co.jp/article/politics/news/CK2009051502000185.html

河村名古屋市長、3県知事と会談 徳山ダム導水路で (2009年5月15日 中日夕刊)
http://www.chunichi.co.jp/article/politics/news/CK2009051502000247.html

河村市長「撤退」を通告 徳山ダム導水路 (2009年5月16日 中日朝刊)
http://www.chunichi.co.jp/article/politics/news/CK2009051602000148.html

名古屋市長、徳山ダム導水路予算の一時凍結を指示 (2009年5月15日 朝日コム)
http://www.asahi.com/national/update/0515/NGY200905150006.html

私たちは、木曽川水系連絡導水路事業について、計画に反対する意見書案を、3月定例議会に提出しましたが、6対11で不採択になっています。今後ますます苦しくなる財政難の中、効果が疑問視される不要不急の事業を中止することが急務です。名古屋市、そして愛知県での展開に注目したいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/05/15

(仮称)自然環境学習の森 水辺グループで水辺の草刈りボランティアを募集

自然環境学習の森ワークショップの有志メンバーが応援ブログを立ち上げました

5月17日(日)には、水辺グループで水田の上流を流れる水路に沿って草刈りをしようと計画しています。
これから更に生い茂る雑草を刈ることによって、水路がどこを流れているか確認するとともに、トンボの産卵できる環境をつくる、水辺づくりの一環です。
水辺づくりをしてみたい方の参加を歓迎します。

場所は、東浦町緒川上舟木の「(仮称)自然環境学習の森」の中の水田南側です。
時間は10時~15時頃を予定しています。私たちは9時半に自然環境学習の森入口ゲート(新池堤脇)に集合。そのあとは奥の水田南側で作業をしていると思います。
ただし、雨天の場合は作業ができませんので、今後の水辺づくりについて話し合おうと思います。
詳しくは、東浦(仮称)『自然環境学習の森』 応援ブログをご覧ください。

今、自然環境学習の森では、農家の方がトラクターで田起こしをしています。25日に田植えだそうです。P1040735sc P1040728sc

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/12

さっそくうちで朴葉寿司

日曜日にとってきたホウの葉で、朴葉寿司をつくりました。具は、イクラ、椎茸、玉子焼き、蟹、胡瓜・・・。P1040691sc 朴葉の香りがほんのりします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/10

「水源の森・みたけ」で枝打ち・間伐体験

なごや環境大学共育講座「水はどこからくるの? ~水源の森で里山を実体験~」第2回に参加しました。
寝袋持参で現地公民館に集合、講師陣はNPO法人「みたけ・500万人の木曽川トラスト」のメンバー。木曽川流域の市民からお金を集めて、岐阜県御嵩町の1.5haの山林を買い取り、「水源の森・みたけ」と名付けました。ここは産業廃棄物処分場問題で有名になった場所のすぐ近くでもあります。

午前中は、山林の中を見学。自作の作業小屋の中には囲炉裏が。P1040570sc P1040515sc

 

 

 

 

ここはコナラ、アベマキなどのブナ科の広葉樹と赤松とヒノキの混交林。P1040517sc P1040528sc

 

 

 

 

これはホウの木。大きな葉っぱは朴葉寿司や朴葉味噌に使われます。P1040536sc P1040623sc

 

 

 

 

参加者の中には「ボラみみ」のボランティア記者の学生さんや、生徒を連れて来たいという中学の理科の先生も。私もコミュニティの行事で使えないかと思ったり。お昼は各自持参だったが、コゴミの天ぷらの差し入れがあったり。P1040529sc P1040540sc

 

 

 

 

午後からは隣の檜林で枝打ち。余分な下枝をノコギリで切り落として、真っ直ぐで節のない木材ができるようにします。まず、アルミのはしごを木に固定、ハーネスをつけて登ります。P1040544sc P1040554sc

 

 

 

 

てっぺんは地上から8mほどになるので登ってみると結構迫力があります。P1040557sc P1040561sc

 

 

 

 

つづいて、伐採の練習。この時期の檜は簡単に皮が剥げて、真っ白な木肌が出てきます。みずみずしい木肌をなめてみるとほんのり甘い味がします。P1040563sc P1040567sc

 

 

 

 

夜は、近くの公民館でBBQ。メニューは開田で釣れた岩魚、地元産の猪、キリタンポかみたらし団子か正体不明の手作り五平餅などなど。P1040574sc P1040577sc

 

 

 

 

翌日は、町有林で間伐作業。御嵩町には800haもの町有林があるのだそうです。そのうち約3haを木曽川トラストが借り受けて整備をしています。50年前に植林されたのですが、そのあと放置されていたため、間伐をして森に光が入るようにしています。P1040625sc P1040578sc

 

 

 

 

この木で実演です。まず、木が倒れたがっている方向、倒したい方向に受け口を作ります。P1040582sc P1040584sc

 

 

 

 

そして反対側から追い口を入れます。追い口と受け口の間に2cmくらいのツルを残して木を倒します。P1040585sc P1040587sc

 

 

 

 

林が混んでいるので、隣の木の枝に引っかかってしまって倒れません。ツルを詰めて幹にワイヤーを巻いて、てこで木を回転させるとうまく倒れました。P1040589sc P1040592sc

 

 

 

 

木目を数えてみると50本。P1040598sc 細い木を切ってみてもやはり50本。同時期に植えても日照が少ないとモヤシのようになります。あまり日当たりがよくて成長が早くても、木目がつまった硬い材にはなりません。

 

 

 

こちらは、木を回しても倒れなかったので、ロープと滑車を使って引っ張って倒そうとしてるところです。P1040609sc

 

 

 

 

この大木は樹齢128年の杉の木。P1040640sc

 

 

 

 

檜をタンデムで切り倒すところです。P1040652sc P1040656sc

 

 

 

 

左の太いほうの年輪は約95本。右の細いほうもほぼ同じ本数。たぶん枝分かれで同年齢なのでしょう。P1040665sc P1040668sc

 

 

 

 

檜のまな板を切り出します。P1040672sc P1040678sc

 

 

 

 

月一度の作業で、間伐が進んできた町有林。すぐ下の田んぼではそろそろ田植えが始まります。P1040687sc P1040684sc

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/05/07

ふらっと旧東海道 Vol.1

町内在住の方が旧東海道の徒歩紀行文を寄せてくださいました。この方は旧東海道を「踏破」中。すでに、京都三条大橋から愛知県内までは歩きとおされたとのこと。現在、お天気と相談しながら区間ごとに少しずつ地図を塗りつぶしていらっしゃるところです。東浦ふるさとガイドボランティアにも関わっておられます。

今回は4月末に歩いた浜松宿~見附宿(JRの高塚駅~浜松駅~天竜川駅~磐田駅の区間に相当)の紀行文を紹介させていただきます。箱根越えの紀行もいただいているのですが、こちらはかなり分量がありますのでまたの機会にさせていただきます。

 「天竜川駅~浜松宿~高塚駅12kmを歩く」をダウンロード

 「天竜川を渡り見附宿へ12km歩く」をダウンロード

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/05/06

それでもボクはやってない

周防正行監督の「それでもボクはやってない」を見た。痴漢の冤罪を扱った2007年の話題作だ。何の罪もない人間がいつの間にか被疑者、容疑者、被告人、犯人にされてしまう。自分もすっかり主人公になった気で見てしまった。

主人公の設定は多少異なるが、この映画のネタとなった原作「お父さんはやってない」も読んでみた。駅で突然痴漢呼ばわりされ、家族と連絡も取れないまま鉄格子の中へ。自白・示談を拒否して、起訴。職を失い、それでも友人や弁護士、支援団体に支えられながら、一審、控訴審で検察と闘い、ついに逆転無罪を勝ち取った矢田部さん家族の手記だ。
取り調べ、勾留、証拠集め、法廷の様子が克明に描かれている。差し入れの際に、容疑者の洗濯物などの所持品を家族が持って帰ることを「宅下げ」というのだそうだ。お上が上で、市民(容疑者)は下、普通に暮らしていると気づかないが、そこには歴然とした権力構造がある。

自分だったら自白の誘惑に負けず、最後まで気丈に裁判を闘い抜くことができるだろうか。
容疑者となった家族や友人を助けるために、何度も何度も、裁判に勝つまで自分の時間と労力を割くことができるだろうか。
痴漢被害者の側から見るとどうなるのだろうか、無実の罪を着せられた側とはまたかなり視点が違ってくるのだろうか。
そんなことも感じながら、一気に読んでしまった。
そもそも不運な事件に遭わなければ経験しなくてよかった失われた2年間。それでも、最後は静かな感動が湧き上がってくる一冊だ。

次々に発生する事件を書類で判断、ベルトコンベアーのように処理していく司法システム。裁判官も時間がないなかで、同時に200件もの事件を抱えて、その処理能力を評価される。迅速に処理したいし、検察、警察と対立しても得することは何もない。そんな背景の中での有罪率99.86%。一度も無罪判決を出したことがない裁判官がたくさんいるらしい。
それで思い浮かんだのは、一度も行政提案に対して反対したことのない地方議員。首長の方針に従い大勢の職員がチェックを重ねたであろう行政提案に、わざわざ自分で調査し反対理由(さらには対案)をつけて反対するくらいなら、何もせず大勢に身を任せて賛成していたほうがどれだけ楽なことか。

著書の中で妻の矢田部あつ子さんは言っている。「政治、司法に無知であることは恐ろしい」「政治や世の中の動きに目を凝らし、いい加減な政治を見過ごさないことが、子どもたちの将来を守っていくことにつながる」とは、当事者になってみて初めて言える言葉だと思う。

もうすぐ裁判員制度が始まる。確かに司法への(究極の)市民参加だが、人を人が裁くことの難しさは計り知れない。
まっとうな市民感覚が裁判に反映されるのならよいが、それこそ、その場限りのムードの中で、感情的な、非合理的判断がなされることはあってはならないと思う。
Soredemobokuha_4 Otousanhayattenai_3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/05/05

ボランティアガイドつきウォーキングと東浦かるたゆかりの地の探訪のジョイントは?

この4月10日に「東浦ふるととガイド協会」が発足しました
これから地元東浦の勉強を重ねて、町内どこでもガイドができるようにするのが当面の目標だそうです
さっそく於大まつりでもボランティアガイドつきウォーキングが開催され好評だったようです。
一昨日の回覧によれば、地区毎のガイドつきウォーキングも順次開催予定のようです。

そこで、「東浦かるた」ゆかりの地を訪ね歩くボランティアガイドつきウォーキングはいかがでしょうか?
東浦かるたには、六地蔵(森岡)、金鶏山(森岡)、唐治屋敷の常夜灯(緒川)、夜なき石(緒川)。キリシタンとうろう(緒川)、百々力道(だだりきどう:石浜)、おおくす(生路)、三股の松(藤江)など、私も聞いたことがない、もしくはほとんど行ったことがない場所がたくさん出てきます。
子どもとかるたをやっていて、時々ここはどこにあるんだろうと思っていたのですが、かるたゆかりの地へのガイドツアーがあれば喜んで参加したいと思います。

連休中の思いつきでした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009/05/04

貨物列車時刻表と秘境駅

貨物時刻表
JTB時刻表通算1000号が話題になったが、貨物時刻表というものがあるらしい。乗れない列車なので一般の人には役に立たないはずだが、鉄道ファンを中心に売り上げを伸ばしているという。写真撮影のタイミングなどを調べるのに使う人がいるのだろうか。でも、貨物がどこからどこまで運ばれているのか、物流の系統がつかめるのも楽しそうだ。

秘境駅
駅の周りに集落が一軒もない駅を「秘境駅」と呼ぶらしい。この言葉の生みの親の牛山さんはホームページ「秘境駅に行こう!」に秘境駅ランキングを出している。アクセス数を見ると238万・・・。すごい! 著書、写真集も多数。
東海地方だと飯田線の小和田駅や田本駅、大井川鉄道の尾盛駅などが該当し、人里離れている、車で到達できないなどのロケーションから、高いランキングを獲得している。どうして、今でもそんな駅が残っているのか神秘的だが、駅を廃止するにもコストがかかるからだろうか。車道が全くなく鉄道しか移動手段がない地域もあるのだろう。
学生の頃、仙山線で面白山スキー場によく行ったことを思い出した。このスキー場にはまともな道路もなく、近くにある駅(臨時停車場)から歩いていったものだ。いまではどうなっているのだろうか。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009/05/03

平成21年3月定例議会報告をホームページにアップ

平成21年3月定例議会報告を神谷明彦のホームページにアップしました。http://homepage3.nifty.com/kamiya-a/rep210420c.html

 議会報告目次

  平成21年3月定例議会報告
   一般質問
   ①常設型住民投票制度の創設と、市制移行を住民投票で問う考えは
   ②予算編成への住民参加を
   
議案審議
   (トヨタの減産の影響は? 今後の財政運営は?)
   (木曽川水系連絡導水路事業に反対する意見書) ほか

平成21年3月定例議会報告(PDF版)をダウンロード

早いもので、今月末には6月定例議会の議案が届きます。一般質問の通告期限は5月27日です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/02

さっそく『自然環境学習の森』応援ブログが立ち上がりました。

自然環境学習の森応援ブログhttp://hsatoyama.exblog.jp/i0が立ち上がりました。

Gakusyuunomorisienblog20090502_2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あれれ・・・。もうこんなに立派なページをつくってしまったんですね。あまりのすばやさにびっくりです。つい先日、「保全・育成の会設立事前打ち合わせ」のときに、参加者の間でブログを立ち上げようかなんて雑談していたばかりなのに。
さて、これからコンテンツを充実させるのが大変ですね。
みんなで力をあわせて、たくさんの方に関心を持ってもらえるページに育てていきたいところです。行政の担当者からも適宜コンテンツを入れていただけるとありがたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/01

第5次東浦町総合計画 まちづくり計画委員の募集

東浦町では現在策定中の第5次東浦町総合計画 まちづくり計画委員を募集中です。

総合計画とは→http://www.town.higashiura.aichi.jp/04kikaku/kikaku4.htm
第5次総合計画の進め方→http://www.town.higashiura.aichi.jp/04kikaku/5th_plan.htm

とくに今回の第5次総合計画(平成23年度~平成32年度の10年計画)では、
わかりやすい計画、役に立つ計画、将来性・実現性のある計画をめざすとともに、
住民参加型の計画であることを基本姿勢としています。

住民のみなさんの中から公募により、「まちづくり計画委員会」のメンバーに加わっていただき、計画の策定をしていくことになりました。

以下、町のホームページにある募集の要領です。

 東浦町では、新しい時代にふさわしいまちづくりの指針となる「第5次東浦町総合計画」(平成23年度~平成32年度計画)を策定するにあたり、各種団体や地区から推薦された方や公募委員からなる「まちづくり計画委員会」を設置し、計画の策定および協議をしていきます。
 計画策定に対し住民の皆様の意見を把握するため、公募委員を募集します。

 募集人員
10名程度
 応募資格 
町内に住所を有する20才以上の方
平日の昼間に開催する会議に出席できる方
(委員会は7月~12月に毎月1回程度開催予定)
 任期
平成21年6月1日~平成22年3月31日
 応募期間
平成21年4月20日~平成21年5月15日
 申込方法
応募用紙に必要事項を記入し、次のレポートを添えて、郵送または企画課窓口へ直接お申し込みください。
  • レポート 800字以内
  • 「まちづくり」で自分の関心や興味のあるテーマでお書きください。
応募用紙、レポート用紙は企画課で配布、またはこちらからダウンロードしてください。
 宛名
〒470-2192(住所不要) 企画課企画係
 選考結果
後日、文書により通知します。(5月末予定)
※応募書類は返却しません。
 問い合わせ
企画課 内線290 296

第5次総合計画の策定作業の進め方については、私は平成20年3月に議会で一般質問しています。その際には、策定作業に住民参加を取り入れること、目標値の設定や行政評価との連動、「豊かさ」「幸福」とは何か、などに触れ、今後の策定作業のあり方を提言しました。要旨は下記のとおり。→http://homepage3.nifty.com/kamiya-a/rep200421.html

第5次総合計画の策定について私の一般質問要旨(平成203月定例議会にて)

平成20年度から第5次総合計画の策定作業に入ります。10年間(平成23年~32年)にわたるまちの将来像を描く重要な作業です。コンサルタント任せのどこのまちの物ともつかない玉虫色、総花的な総合計画から脱却し、まちの主役である住民の意向を十分に反映した東浦ならではのものが求められます。

<今後のスケジュールは>

216月ころまでに行政幹部からなる策定委員会で素案を作り、それをたたき台に21年度中に住民参加のまちづくり委員会で原案を取りまとめます。22年度には総合計画審議会に諮問、12月定例議会で議決の予定です。

<どんなまちを描こうとしているのか>

行政は、市制施行を前提とし、少子高齢化の進行、環境問題への関心の高まり、地方分権型社会の到来など、社会環境の変化を把握し、健全な財政運営を目指すとしています。

<策定作業の進め方にはどんな工夫をするか>

答弁によれば、「20年度には、3000人規模のアンケート調査、各種団体ヒアリングを行い素案に反映。住民と職員が参加するまちづくり講演会を開く。まちづくり委員会、総合計画審議会には住民公募の委員や、将来を担う中学生の意見も取り入れたい。22年度には、原案に対するパブリックコメント、タウンミーティング。ホームページ上でも策定状況を公開、できるだけ住民の意見を聴く機会をつくる。」とのことです。

これまで東浦町は公募による住民参加に消極的でしたが、「時代の流れ」として、意欲ある人に参加してほしいとの立場です。公募の人数等具体的なことは未定ですが、是非、固まった案を示して承認を迫るような従来のやり方はやめにして、意思形成過程の参加を重視してほしいと思います。

<目標値の設定や行政評価との連動は>

総合計画に行政の目標値を設定して目標管理、行政評価と連動するなど、行政経営手法を組み込めないでしょうか? 多治見市では基本計画の中にマニフェスト的な内容を組み込んでいます。

これに対しては「右肩下がりの社会情勢の読めない中で、具体的数値の設定は難しい」との答弁でした。

<豊かさとは、幸福とは>

右肩上がりで成長する時代は終わりました。これからは、「豊かさ」とは、「行政の役割」とは、「福祉の増進」とは何か、立ち止まって考えることが必要です。GNP(国民総生産額)ではなくGNH(国民総幸福度)を提唱している国もあります。総合計画も視点が変わってくるのではと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »