« (仮称)自然環境学習の森 水辺グループで水辺の草刈りボランティアを募集 | トップページ | お天気が心配でしたが、(仮称)自然環境学習の森で予定通り水辺の草刈りをしました。 »

2009/05/16

木曽川水系連絡導水路事業・・・河村名古屋市長、導水路撤退方針、予算凍結を指示

きのうの中日新聞の朝刊、一面に大きく「導水路撤退方針、事業に波紋」の記事が載りました。

名古屋市の河村たかし市長が、徳山ダムの水を木曽川に流す導水路事業からの撤退の方針を示したのです。事業の見直し議論も含め、国や愛知・岐阜・三重県も巻き込んだ大きな波紋を広げることになりそうです。さて、水余りが指摘されている中、必要性が疑問視されている巨大利水施設の建設をストップさせることができるか注目です。

導水路は水資源機構が本年度に着工し、総事業費890億円のうち、国が408億円、愛知県が318億円、名古屋市が121億円、岐阜県が30億円、三重県が13億円を負担する計画。名古屋市は2015年度までに121億円を分割して支払うことになっていますが、すでに本年度分の支払いをしないと水資源機構に通告したそうです。
愛知県負担分の318億円は言うまでもなく私たちの税金から支払われることになります。

導水路撤退方針、事業に波紋 (2009年5月15日 中日朝刊)
http://www.chunichi.co.jp/article/politics/news/CK2009051502000200.html

名古屋市が導水路撤退 徳山ダムの利水権を放棄 (2009年5月15日 中日朝刊)
http://www.chunichi.co.jp/article/politics/news/CK2009051502000185.html

河村名古屋市長、3県知事と会談 徳山ダム導水路で (2009年5月15日 中日夕刊)
http://www.chunichi.co.jp/article/politics/news/CK2009051502000247.html

河村市長「撤退」を通告 徳山ダム導水路 (2009年5月16日 中日朝刊)
http://www.chunichi.co.jp/article/politics/news/CK2009051602000148.html

名古屋市長、徳山ダム導水路予算の一時凍結を指示 (2009年5月15日 朝日コム)
http://www.asahi.com/national/update/0515/NGY200905150006.html

私たちは、木曽川水系連絡導水路事業について、計画に反対する意見書案を、3月定例議会に提出しましたが、6対11で不採択になっています。今後ますます苦しくなる財政難の中、効果が疑問視される不要不急の事業を中止することが急務です。名古屋市、そして愛知県での展開に注目したいと思います。

|

« (仮称)自然環境学習の森 水辺グループで水辺の草刈りボランティアを募集 | トップページ | お天気が心配でしたが、(仮称)自然環境学習の森で予定通り水辺の草刈りをしました。 »

コメント

やはり正義は勝つのだと最終的に言えるよう祈ってます。「不要不急の事業中止」が実現しますように。

投稿: 某傍聴人 | 2009/05/19 22:24

たとえ絶対的な正義は存在しないとしても、「少なくとも、こっちのほうがベターだろう」といったまともな判断ができるようにしたいものです。

投稿: 神谷 | 2009/05/28 17:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80448/45030801

この記事へのトラックバック一覧です: 木曽川水系連絡導水路事業・・・河村名古屋市長、導水路撤退方針、予算凍結を指示:

« (仮称)自然環境学習の森 水辺グループで水辺の草刈りボランティアを募集 | トップページ | お天気が心配でしたが、(仮称)自然環境学習の森で予定通り水辺の草刈りをしました。 »