« 厄松池と切池の水質は(5月分) | トップページ | これは蕎麦? »

2009/05/31

豊田市松平地区の「かえる谷」へ。水辺の生き物がいっぱいで、子どもたちは大はしゃぎ。

自然環境学習の森についてアドバイスをいただいている大内さんたちの活動のフィールドとなっている豊田市松平地区の里山を訪ねました。元々ひっそりとした谷あいに小さな棚田があったところです。そこで、草を刈って、畦を直して、沢から水を引いて、時間をかけて水辺の生き物を復活させています。メダカやドジョウ、カエルやトンボの仲間たちと出会うことができます。カエルが卵を産んだり、小さなトンボが隠れることができたり、水深や植生の異なる多様な水辺環境がしつらえてあります。
イノシシが畦を崩すので困っているのだそうです。東浦にはない悩みです。P1050222sc P1050380sc P1050243sc P1050282sc P1050299sc P1050298sc P1050437sc P1050329sc P1050423sc P1050462sc P1050474sc P1050484sc

|

« 厄松池と切池の水質は(5月分) | トップページ | これは蕎麦? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80448/45217617

この記事へのトラックバック一覧です: 豊田市松平地区の「かえる谷」へ。水辺の生き物がいっぱいで、子どもたちは大はしゃぎ。:

« 厄松池と切池の水質は(5月分) | トップページ | これは蕎麦? »