« 2009年度 人にやさしい街づくり連続講座 「街づくりを人にやさしくするために」 のご案内 | トップページ | ヤギさんを飼うのは究極のエコライフ?? »

2009/06/26

ふらっと旧東海道 Vol.2

町内在住の方が旧東海道の徒歩紀行文を寄せてくれます。この方は旧東海道を「踏破」中。すでに、京都三条大橋から愛知県内までは歩きとおしたのだそうです。現在、お天気と相談しながら区間ごとに少しずつ地図を塗りつぶしているところです。

今回は4月末に歩いた浜松宿~見附宿(現在の浜松市~磐田市)に引き続き、見附宿~府中(現在の磐田~静岡)の区間を紹介します。

ふらっと旧東海道「見附宿~掛川15kmを歩く」をダウンロード
ふらっと旧東海道「掛川~金谷15kmを歩く」をダウンロード
ふらっと旧東海道「島田~岡部15kmを歩く」をダウンロード
ふらっと旧東海道「岡部~府中13kmを歩く」をダウンロード

府中という地名は現在でもあちこちにあります。これはその昔、国府または守護所が置かれた名残で、東京都府中市(武蔵府中)、広島県府中市(備後府中)、広島県府中町(安芸府中)などが今でも健在です。駿河の府中は駿府(今の静岡市)とも言います。甲斐の府中は甲府(山梨県甲府市)。周防の府中は防府(山口県防府市)、長門の府中は長府(山口県下関市長府)です。わたしたちの住む東浦町の隣に大府市というところがありますが、府中とは関係ないようです。(→大府の地名の由来

ところで、東海道の静岡よりもちょっと東、興津と由比の間に薩埵(さった)というところがあります。東名高速が開通したころ、よくカレンダーの撮影場所に使われたところです。山が海岸まで迫っているため、眼下には狭い海岸線に東海道本線、国道1号線、東名高速道路がひしめき合っています(新幹線は山の中をトンネルで通過)。そしてバックには駿河湾越しに富士山がそびえる絶景スポットです。一度カメラを持ってハイキングに行こうと思っているのですが、未だ行っていません。
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%96%A9%E3%81%9F%E5%B3%A0
 http://www.asahi-net.or.jp/~VD8A-MKM/guide/izu/satta.htm
 http://www.shimizu-net.com/shimizu/kankou/5-okitu/5-6satta.htm
 http://www.manabiya.co.jp/mana_ftp/meisyo/yui.html

|

« 2009年度 人にやさしい街づくり連続講座 「街づくりを人にやさしくするために」 のご案内 | トップページ | ヤギさんを飼うのは究極のエコライフ?? »

コメント

小学校が山の上にあったため、冬は通学路から富士山を眺めながら通いました。また、夏になると例年、箱根へ出かけたので富士は馴染み深いのですが、薩埵(さった)峠から眺めたことはまだありません。広重の絵にも出てくるんですね。十国峠から見る富士もなかなか良かったですよ。
http://mohsho.image.coocan.jp/jukkokutohge03.html

投稿: 絵本の虫 | 2009/06/27 22:29

私も以前、仕事が終わってから箱根の露天風呂に行くとか、休日のお昼に強羅の餃子センターに行くとか、そんな箱根の近くに住んでいたことがありました。

静岡県の大井川の河口の近くに住んでいたこともあります。この辺では富士山は毎日見えて当たり前。よほどきれいな場合は別としてほとんど富士山を意識しなくなります。
たまに新幹線に乗ると富士山が見えたとか見えなかったとか話題になりますが、静岡県人からすれば奇異に映るというのももっともらしい話だと思いました。

翻って、東浦のあたりで毎日見上げていたものは何でしょうか?
やはり依佐美の鉄塔かなあ・・・。ふと懐かしく思います。

投稿: 神谷 | 2009/07/04 00:06

そんな由緒ある鉄塔が、この近辺から見られたのですね。「ニイタカヤマノボレ」・・・戦争の名残・・・と記憶を辿っていくうちに、自分が子どもの頃、米軍基地の跡地で野戦病院らしき廃墟を発見。悪ガキらと一緒に肝試しをしに入って、文字通り、肝を冷やして逃げ帰ったことを思い出しました^^;

投稿: 絵本の虫 | 2009/07/05 00:47

★はじめまして
「ふらっと旧東海道」というHPを持っている者です。
ココログの検索フレーズに
ふらっと旧東海道とあるのでクリックしたら
このページに来ました。
このHP名にするときに,他の方と重複しないように
気をつけて決めただけに
ちょっと驚きました。
もっとも私のHPは,ほとんど更新していませんが。

紀行文の方,もう東海道を踏破したのでしょうか。
頑張ってほしいものです。

投稿: 萩さん | 2009/09/12 19:48

遅ればせながらコメントありがとうございました。
萩さんのHPのタイトルと同じとは存じませんでした。失礼いたしました。
HPに加えてブログまで・・・。何年掛けられたのか、紀行文の充実度に驚きました。県内のまちかど紹介には、いつか東浦を載せていただけたらと願っております。

当方の紀行文執筆者に今後の予定を聞いてみることにします。新作が出ましたら又ご紹介したいと思います。

投稿: かみや | 2009/09/16 08:23

「ニイタカヤマノボレ」とは懐かしい言葉を聞きました。
田んぼの中に高さ250mの塔が×8本ですから、壮観です。私の通っていた高校の10Kmマラソンは無線塔群の周りを一周して帰ってきたものです。
全景の写真はあまり紹介されていないようです。
http://www.rf-world.jp/bn/RFW01/samples/p138-139a.pdf#search='依佐美無線塔 全景'
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BE%9D%E4%BD%90%E7%BE%8E%E9%80%81%E4%BF%A1%E6%89%80

投稿: かみや | 2009/09/16 08:53

★こんばんは。
東海道については,最近あまり更新していないので
私の方が申し訳ないような気もします。

知多や東浦の情報は,ほとんどありません。
これを機会に増やしていきたいと思っています。

かみやさんの環境に対する取り組みには
敬服します。
また,ときどきよらせていただきます。

投稿: 萩さん | 2009/09/16 23:05

萩さんへ

ありがとうございます。そう言っていただけるととても嬉しいです。ボリボリ・・・。
環境に関しては、気の向くまま、できる範囲で、させていただいています。賛同してくれる仲間がいるのも大事なことだと感謝しています。

お尋ねの東海道ウォーキングですが、暑いので夏休み中とのことです。あと、由比-三島間と小田原から先が残っているそうです。

投稿: かみや | 2009/09/17 01:25

街道歩きは,無理をしないのがいちばんです。
私は5月や9月でも,
熱中症になりかけたことがあります。
涼しくなってから始めるのが良いと思います。

投稿: 萩さん | 2009/09/20 07:36

アドバイスありがとうございました。

当方の「ふらっと旧東海道」の作者曰く、箱根の山は天下の険だから、少しでも若いうちにと前倒しにしたとのこと。小田原以東は日帰りし辛いので、これから手間取りそうだと申しております。

投稿: かみや | 2009/09/21 09:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80448/45462018

この記事へのトラックバック一覧です: ふらっと旧東海道 Vol.2:

» 高速バス 広島 京都 [旅と高速バス 広島 京都]
高速バス広島行きは激安格安料金3500円より広島発京都行高速バス予約・混雑状況がわかります。乗車地は西条 広島大学学生会館前広 島 JR広島駅新幹線口 大型駐車場など [続きを読む]

受信: 2009/07/08 19:26

« 2009年度 人にやさしい街づくり連続講座 「街づくりを人にやさしくするために」 のご案内 | トップページ | ヤギさんを飼うのは究極のエコライフ?? »