« 東京財団政策懇談会「地方議会の改革 ~ニセ議会基本条例を斬る~」 | トップページ | (仮称)自然環境学習の森の今後の整備方針について、県の担当者を交えて、現地で意見交換をしました。 »

2009/07/02

厄松池と切池の水質は(6月分)

6月末に測定するはずだったのですが、雨やら何やらで7月にずれ込んでしまいました。

7月2日、午後5時半の気温27℃、水温28℃、天気は曇り&晴れ。一昨日から今朝まで雨が降ったり止んだり、昨夜はたくさん降りました。岸の草が腰の高さほどに茂ってきました。

厄松池のようす

P1060038scCOD(化学的酸素消費量)  10ppm
溶存酸素             4ppm
リン酸イオン            0.4ppm
硝酸イオン             5ppm
アンモニウムイオン        0.2ppm

降り続いた雨のせいか、やや増水、土色に濁っていました。P1060027sc

 

 

 

 

 

 

切池のようす

P1060046sc             池の出口 バイパスパイプの生活廃水
COD(化学的酸素消費量) 5ppm      13ppm
溶存酸素           4ppm       3ppm
リン酸イオン          0.4ppm     2ppm
硝酸イオン           4ppm      33ppm
アンモニウムイオン      0ppm       2ppm

流入が多いせいか、バイパス水路に入りきらない水があふれて池の中へ流れ込んでいました。池の中にはミシシッピアカミミガメがたくさんいます。P1060052sc P1060045sc

|

« 東京財団政策懇談会「地方議会の改革 ~ニセ議会基本条例を斬る~」 | トップページ | (仮称)自然環境学習の森の今後の整備方針について、県の担当者を交えて、現地で意見交換をしました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80448/45526988

この記事へのトラックバック一覧です: 厄松池と切池の水質は(6月分):

« 東京財団政策懇談会「地方議会の改革 ~ニセ議会基本条例を斬る~」 | トップページ | (仮称)自然環境学習の森の今後の整備方針について、県の担当者を交えて、現地で意見交換をしました。 »