« こやぎの名前はサキちゃん | トップページ | ボランティア参加の募集です »

2009/07/07

市民と議員の条例づくり交流会議2009「市民と議会の次のステップ」(7月25日、26日) のご案内

以下案内の内容です。
─────────────────────────────────
2001年の第1回開催以来、市民が自らの地域のルールと課題解決へ向けた
政策をつくっていく、条例づくりを活性化するために、各地の実践や経験
を共有し、議論・交流する場として開催してきた「市民と議員の条例づく
り交流会議」。第9回目の今年は、「市民と議会の次のステップ」をテー
マに開催します。

(衆議院解散・総選挙と重なった場合には、日程・プログラムの変更の可
能性もあります。)
─────────────────────────────────

▼市民と議員の条例づくり交流会議2009「市民と議会の次のステップ」

【日 程】2009年7月25日(土)~7月26日(日)
【会 場】7月25日 明治大学・駿河台キャンパス・アカデミーコモン
     7月26日 法政大学・市ヶ谷キャンパス・外濠校舎
【参加費】議員・議会事務局1万円、市民5千円、学生2千円
    (条例会議09年会員参加費:議員7千円、市民2千円)
★交流会(初日25日(土)全体会終了後、別途3,000円)
【主 催】市民と議員の条例づくり交流会議
     http://www.citizens-i.org/jourei/
     自治体議会改革フォーラム
     http://www.gikai-kaikaku.net/
【共 催】法政大学ボアソナード記念現代法研究所
     明治大学公共政策大学院ガバナンス研究科
【後 援】財団法人地方自治総合研究所
【申 込】要申込※第一次〆切7月15日(水)
     HP等参加申込フォームHPより、メールにてお申込ください。

▼プログラム(09年07月01日現在。詳細・最新版はHPをご確認ください)

<7/25(土)@明治大学駿河台キャンパスアカデミーコモン>
===================
全体会・第1部「変わる議会 市民自治体へのステップ」
===================
○はじめに:真価が問われる議会改革
 廣瀬克哉(自治体議会改革フォーラム呼びかけ人代表)
○基調講演:市民自治体のガバナンスと議会
 中邨 章(明治大学公共政策大学院ガバナンス研究科教授)
○実践報告:自治体の意思決定に責任を果たすために
 橋場利勝(栗山町議会議長)
  議会における総合計画づくり、合併問題への取り組み、議会が担う住
  民投票。
 三谷哲央(三重県議会議長)
  付属機関の設置、議員提案条例検証。計画・予算へ議会はどうかかわ
  るか。議長マニフェストによる確かな議会づくりと議会改革の挑戦。  
 松崎 新(会津若松市議会広報広聴委員会委員長)
  議会基本条例をツールとした「政策形成サイクル」の確立。
  政策は市民とつくる―市民との意見交換を政策づくりへ。
○ディスカッション
===================
全体会・第2部「どこまで進んだ?議会改革」
===================
○議会調査09に見る議会改革状況&到達点
○市民参加・情報公開・議員討議・政策づくり
 ―各地の取組・実現状況、今後の戦略、課題とは?
 市民との対話・意見交換、請願・陳情提案説明、参考人・公聴会/賛否、
 傍聴、資料の公開/自由討議、一問一答、反問権/政策づくり、ほか
===================
全体会・第3部「市民と議会の次のステップへ
===================
○動き出した市民と議会の関係づくり&議会改革運動
 議会・地域からの発信
 「変わる議会・会津から」
  小林作一(実行委員会委員長/会津若松市議会議員)
 市民からの議会改革提案/市民と議会の関係づくり
===================
交流会(18時40分~20時)
===================

<7/26(日)@法政大学市ヶ谷キャンパス外濠校舎>
10時00分・分科会・スタート(~14時30分)
===================
第1分科会「市民と議員の条例づくり」
===================
各地で、地球温暖化、森づくり、子どもの権利、障害者の権利など、様々
なテーマの政策条例が提起され、成立したものも少なくない。首長や行政
部局主導のものも多いが、市民グループや NPOが大きな役割を果たしたも
の、議会がイニシアティブを取ったものがある。地球規模の問題からミク
ロな地域社会までの様々な変化と課題を受け止め、議論し、地域毎の理念
やルールや施策を条例として実現していく、絶え間ない取り組みが求めら
れている。
それぞれ制定過程は異なるが、その中には様々な知恵が隠れている。近年
に制定された、あるいは議論されている政策条例を対象に、その経験を共
有し、共通課題を議論する。

○地球温暖化対策条例
  鳥取県議会(鳥取県地球温暖化対策条例(平成21年3月25日可決))
○障害者差別禁止条例
  高木ひろし(愛知県議会議員/市民がつくる政策調査会監事)
○電磁波防止(携帯中継基地設置)条例
  加藤やすこ(VOC-電磁波対策研究会代表/環境ジャーナリスト)
○公文書管理条例
  三宅弘(情報公開クリアリングハウス理事/弁護士)
○ほか、1、2の政策条例の事例、提案を予定

===================
第2分科会「財政・予算決算改革」
===================
秋には財政健全化法の完全施行(健全化・再生計画の策定義務)、新地方
公会計制度の初めての財務4表公表など、新たな方式での財政・財務状況
の開示が目白押しだ。市民はますますいろいろな方法での自治体の「読み
方」を求められ、指標や数字が曖昧な分「深読み」さえ求められる。議会
は監査委員によってその数字の真実性を確保するだけでなく、議論を通じ
て「読み方」を深め、改善を求めていくことになる。
予算を通じて財政のコントロールを、決算を通じて評価と責任の追及・義
務の解除を行う役割は高まってきている。議会の全期間を通した財政監視、
議会と市民の双方を通じる共通認識(自治体財政グリーンペーパーの作成)
への経験を共有し、共通課題を議論する。

===================
第3分科会「議会改革から自治体改革へ」
===================
各地で議会と市民の直接対話が始まっている。議会基本条例にもとづいた
議会報告会等の他にも、議会が市民と直接意見交換を行う場をもつ動きが、
多様に広がりを見せている。これらの取り組みの目指すことは、議会が、
市民自治体の意思決定を担う代表機関としての役割を担っていくことに他
ならない。各地の実践例から、その内容の実際と、取り組みの成果を共有
しながら、議会改革が、住民自治を実体として作り上げることにつなげい
ていくための課題を議論する。

○鶴ヶ島市議会
  山中基充(鶴ヶ島市議会議員)
  議会報告会の先行実施、議会公聴会を経て、議会基本条例を制定
 (2009年3月)。条例制定後は、第2回報告会(2009年4月)も開催。
○京丹後市議会
  大同 衛(京丹後市議会議長)
  アンケートの実施等、市民の声を取り入れながら、議会基本条例を制
  定(2007年12月)。改選を経て、2008年8月より、毎定例会ごとに議
  会報告会を開催。
○ほか、基本条例の制定&市民報告会、議会報告会・市民との意見交換の
 実践事例

14時30分・分科会・終 了
14時50分
===================
全体セッション「議会が変われば、自治体が変わる」
===================
 中尾 修(東京財団研究員、前栗山町議会事務局長)
 武藤博己(法政大学大学院政策創造研究科教授)

16時00分・全体セッション・終了(解散)

|

« こやぎの名前はサキちゃん | トップページ | ボランティア参加の募集です »

コメント

こういう動きが全国に広がっていくと良いですね。活動記録から、ここ10年くらいで日本も変わりつつあるのだなと実感しました。

明治駿河台キャンパスは20年程前に週1回の頻度で通っていたことがあります。当時すでにモダンな建物が多かったのですが、アカデミーコモンはまるでホテルか国際会議場ですね。

投稿: 某傍聴マニア | 2009/07/08 10:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80448/45552084

この記事へのトラックバック一覧です: 市民と議員の条例づくり交流会議2009「市民と議会の次のステップ」(7月25日、26日) のご案内:

« こやぎの名前はサキちゃん | トップページ | ボランティア参加の募集です »