« 平成21年6月定例議会報告をホームページにアップ | トップページ | 今日は暑い! »

2009/08/10

臨時議会がありました。

臨時議会がありました。

主な議案は、職員による横領事件の町長と副町長の処分と、国の経済対策(地域活性化・経済危機対策臨時交付金)の使い道を決める補正予算でした。

7月に報道された税務課の滞納整理担当職員による税金横領事件の管理責任をとるため、町長の給料月額を3ヶ月間10%減額、副町長の給与月額を2ヶ月間10%減額するものです。平成7年に起きた公印盗難事件や近年、浜松市などで起きた他区市町での不祥事の処分5件を参考に、それらと同等以上の処分にしたとのこと。

補正予算には、国の地域活性化・経済危機対策臨時交付金1億955万円に町の財源などを加え、総額1億3750万円の交付金対応事業が盛り込まれています。特に「保育料軽減事業」では2人目の同時入園の場合、一律、保育料を無料化、保育料自体も全所得階層にわたり値下げします。「子ども医療費助成事業」では大府市に倣って中学生までの医療費が無料になります。補正予算には今年度分の6ヵ月分の保育料助成と3ヵ月分の医療費助成と電算プログラムの変更費用が計上されていますが、継続することになるので、今後毎年6700万円ほどの支出増が見込まれることになります。

   地域活性化・経済危機対策臨時交付金事業の一覧(東浦町)
国の交付金の交付限度額見込み 109,559千円
 分類  事業名  事業概要  事業費
子育て支援 保育料軽減事業 同時入所の2人目を無料化。2階層を無料化、3・4階層を2分の1に軽減、他の階層も見直し。   40,194千円
子ども医療費助成事業 中学生の通院の無料化    4,725千円
安全・安心 同報無線整備事業 県営住宅放送設備を接続    2,300千円
防災行政無線整備事業 基地局機器更新    8,200千円
新型インフルエンザ対策用品備蓄事業 感染拡大に備えマスク等を備蓄    8,405千円
地球温暖化対策 住宅用地球温暖化対策機器設置費補助事業 太陽光発電システム等設置補助   20,100千円
その他 全庁LAN再構築事業 ネットワーク機器更新   22,352千円
保育園情報化事業 正規保育士および通訳にLANパソコンを配備   17,415千円
トイレ改修整備事業 森岡小学校トイレ改修設計委託      400千円
非常放送設備整備事業 卯の里小学校非常放送設備改修    1,500千円
学校給食センター施設整備事業 建物基本設計、地質調査等   11,912千円
  合計 137,503千円

以下は私の質問です。

いままで、他の自治体に先駆けて目立つアピールをしてこなかった東浦町が、「子育て応援日本一」を掲げたのはひとつの決心だと思います。
ただし、「子育て支援」の言葉が錦の御旗になって一人歩きしている感があるなかで、東浦の子育て応援として、真に子育てに資するものは何かとなると難しいものがあると思います。それなりの哲学が必要です。
単におカネをばら撒いて、子どもたちが大人になったときに、「あなたたちのためにこれだけの借金を作ってあげたから返しなさい。」では、到底未来に希望の持てる社会とは言えません。

まず、一時的な地域活性化・経済危機対策臨時交付金を当てにして、経常的な事業を行うことはありえませんので、もともと東浦町は、財政的な裏付けがあって子育て応援策を計画していて、たまたまタイミングがあった。あるいは、スタートのきっかけになったと考えるほかはありません。そう理解してよいでしょうか?

景気対策でやると言うのなら、景気が良くなったら、保育料の値上げあるいは医療費助成の減額ができますか? そういう性質のものであれば「景気対策・経済危機対策」という名目が理解できますが、そうでないとすれば、もっぱら景気対策ではないという理解になります。

2人目保育料タダや中学生まで医療費タダなど、全員に一律というのは制度としてわかりやすく実施が簡単なのかもしれませんが、本当に必要な人に助成できるように制度化することは難しいのでしょうか?
例えば、医療費なら長期慢性疾患の子どもを対象にするとか、保育料の無料化なら、今も生活保護世帯を対象に補助がなされていると思いますが、その枠を広げるとか。
所得制限は考えなかったのか?「一律」では税の還流に過ぎず、福祉の基本である所得の再分配は行えません。

昨今の小中学生を見ていると、大部分が塾通いです。塾へ通わせるお金があるのに医療費が払えないという家庭があるのでしょうか? むしろこの無料化によって、医療費の無駄遣いや病院の混雑が加速することが懸念されます。過去、医療費の軽減を段階的に行ってきたのですから、データも蓄積されてくるでしょう。このあたりの問題点を検証する時期に来ていると思います。

「産めよ殖やせよ」という、お金で出産を促すような思想はないでしょうか?「子どもを産んだらエライ」という考え方が当たり前になって、子どもを産めない人や子どもが少ない家庭を蔑視する思想につながりかねない危険があります。また、お金がなくなったら育児放棄するという考え方にもつながりかねません。

それから、子育て応援に関して、保育園でなく、行政に頼らず自分たちの力で子育てしている人に対してどう対応するのでしょうか?

町長の答弁は次のような内容だったと思います。
このところの経済情勢で家計が圧迫されているので、家庭に対して量的支援を行うのは行政の責任と考えている。財政は他の経費削減などでやりくりしていく。子育て応援は、体系的に積み重ねてきた人材、ソフト、施設が総合的にモノをいうと考えている。他の自治体の後追いではなく独自の施策を打っていきたい。お金の問題だけでなく、時間的な支援をしていく必要がある。医療費はいったん支払って後で償還するのではなく、窓口で処理(現物給付)するので、所得などきめ細かな対応は困難。スウェーデンスタンダードを念頭に置きたい。

恥ずかしながら、私は、子育て支援はこうでなければならないと言う定見・対案を持ち合わせていませんが、東浦町は、バラ撒きでない子育て応援、子どもたちにツケを残さない子育て応援、子育ての苦しい暗いイメージを払拭し、楽しい幸せな子育てを目指したいものです。

質疑を通じて、町長に以上の指摘と確認を行って、補正予算案をはじめとするすべての議案に賛成しました。

|

« 平成21年6月定例議会報告をホームページにアップ | トップページ | 今日は暑い! »

コメント

こんな大事なことを決める議会を傍聴し損なってへこんでます。ご報告に感謝いたします。

子育て支援のうち、保育料軽減事業が突出してますが、内訳はどんなもんなんでしょうか? 

低所得階層の保育料軽減はわかるとしても、同時入所の2人目の無料化は少し疑問に思います。

同時入所の場合、保育料の負担が増えるという理由での補助だと思いますが、逆に保育料を無料にしたくて同時入所にするために、あえて2人目が乳児の時から働こうと考える人が出てくるかもしれません。それに、同時入所ではなく(例えば1年遅れで)2人目が入所する場合、かなり不公平感が残るのではないでしょうか。それでもなお支援をされる理由が知りたかったです。

投稿: 某傍聴マニア | 2009/08/16 00:57

保育料軽減事業の内訳は、
●兄弟姉妹同時入所2人目を無料化
10,800千円(21年10月からの6か月分、180人見込み)
●保育料の見直し(2階層を無料化、3~4階層を半額、5階層を20%、6~7階層を約5%、8階層以上を約12%値下げ)
17,056千円(21年10月からの6か月分、1250人見込み)
●電算プログラムの変更(料金システム変更のための初期費用)
12,338千円(来年度以降は不要)
で合計40,194千円となります。


>同時入所の場合、保育料の負担が増えるという理由での
>補助だと思いますが、逆に保育料を無料にしたくて同時
>入所にするために、あえて2人目が乳児の時から働こう
>と考える人が出てくるかもしれません。それに、同時入
>所ではなく(例えば1年遅れで)2人目が入所する場
>合、かなり不公平感が残るのではないでしょうか。

おっしゃるとおりで、答えに窮します。
すでに卒園してしまった場合など、いろんなケースが考えられると思います。

しかし、新しい制度を導入する際には、必ず短所や不公平を伴うことを覚悟せねばならないと思います。それを承知した上で、他の市町村とも比較検討しつつ、短所や不公平感が最小限になるよう制度づくりに務めなければならないと思います。もちろん実施後の修正も大切でしょう。
(なんだかお役所的なご返事になってしまいました。)

この件については、(満足度、アピール度も含めて)わかりやすさが重要かなと思っています。国の制度などでも、わかりにくくて使う気のしない制度がたくさんありますよね。


右肩上がりの時代のように、若年人口が増え、経済が成長し、税収も増えていく社会ではありませんので、これまでのように役所のサービスがどんどん膨れ上がっていくには限界があります。新たなサービスが加わる場合は多少の時期的不公平は問題にならないでしょうが、サービスが廃止・縮小されるとなると、タダ事ではすみません。
しかし、あれもこれもは不可能です。これからは、要るものと要らないものをしっかり選択できる議論が必要です。(言うのは簡単ですが・・・。)
したがって、政策的効果の乏しいもの、税金ですべきでないものには厳しい目を向け、検証していく必要があると思います。

投稿: かみや | 2009/08/18 12:11

詳しいご回答を有難うございました。

取捨選択の時代には、判断材料を揃えると同時に、こちらの判断力も研ぎ澄ましていく必要がありますね。

これからはお任せしっぱなしではなく、せめて傍聴するくらいの責任を果たしていきたいと思っております。

投稿: 某傍聴マニア | 2009/08/18 22:01

傍聴すると歯痒くなって、そのうち自分で発言したくなるかもしれませんよ。

投稿: かみや | 2009/08/20 23:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80448/45903225

この記事へのトラックバック一覧です: 臨時議会がありました。:

« 平成21年6月定例議会報告をホームページにアップ | トップページ | 今日は暑い! »