« 新潟の秘湯、古い温泉旅館と、新潟の地酒 | トップページ | これぞ水力発電所! »

2009/08/18

7月の終わりに錦鯉の池を見に行こうと旧山古志村へ

長岡市山古志地区(旧山古志村)は2004年10月の新潟県中越地震で甚大な被害を受けた。
山が崩れた痕や、土砂にせき止められてできた湖など、今もその傷跡が残っている。
この地区は、おそらく褶曲の影響を受けたであろうしわだらけの比較的低い山と谷が入り組んだ地形になっている。そんな谷に沿って集落をつなぐ道路があるわけだが、あちこちで新しい道路に付け替えられていた。地震で家が倒壊したせいだろう。新築の家が目立った。
以前、長島忠美元村長(現衆議院議員)の講演を聴いて以来、是非一度行ってみたいと思っていた。
P1020332hsc

 

付け替えられた道路(左)

土砂で堰止められた湖の復旧跡(下)P1020337hpanosc_2

 P1020348hsc P1020359hsc

このあたりは斜面に田んぼと池が点在し、錦鯉の養殖で有名なところだ。
 P1020354hsc_2 P1020364hsc_2

|

« 新潟の秘湯、古い温泉旅館と、新潟の地酒 | トップページ | これぞ水力発電所! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80448/45929713

この記事へのトラックバック一覧です: 7月の終わりに錦鯉の池を見に行こうと旧山古志村へ:

« 新潟の秘湯、古い温泉旅館と、新潟の地酒 | トップページ | これぞ水力発電所! »