« 憧れのカナダ大自然を巡る8日間 紀行文 | トップページ | 善導寺見学記とコンサートのお知らせ »

2009/09/30

なんだかなあ~。

今朝のニュース番組での話し。
あるまちで新型インフルエンザで学級閉鎖した学校の対応がまちまちだったそうだ。自治体が学級閉鎖の基準を一律に決めるべきだと言う。
対応が異なって何が悪いのか。そんなことは各学校で主体的に判断して決めればいいじゃないか。
マスコミまで一緒になって、役所の介入を望むなんて、権限移譲なんて到底無理。そんなことも自分たちで決められないのだろうか。なんだかな~。

コミュニティのバザーの内容を決める会議があった。
われわれのグループは、去年と同じうどん屋さんをやるのだが、前日の晩に、大量のカマボコを時間をかけて薄くスライスしなくてはならない。そんなことなら、具をカマボコ以外にすればと提案。
ワカメでは?・・・彩りがない。じゃ、色付の麩は?・・・味気ない。水で戻すのが面倒。では、天かす(たぬき)は?と言っても、なぜかカマボコにこだわる。説得力のある理由は聞かれない。
来週、コミュニティ活動のあり方を考える講演会があるらしいが・・・、うどんの具ひとつ変えられないんじゃ、コミュニティ活動なんて変えられそうもない。なんだかなあ~。

両者に共通するのは、とにかく決められたことをやっていたいということか。

|

« 憧れのカナダ大自然を巡る8日間 紀行文 | トップページ | 善導寺見学記とコンサートのお知らせ »

コメント

各自で主体的な判断を下すとなると、最終的に自己責任を負わなければならないため、自己防衛もあって、お上に任せてしまうのでしょう。

うどんの具は・・・単にカマボコを食べたかっただけだったりして!?  自分なら具はすべて用意して、食べる人の好みに合わせた「選択制」を導入しますけど。もっと大変という理由で、即刻、却下されますかね。

ところで、当地区もいよいよ学級閉鎖です。急速にウイルスが蔓延しつつありますが、一番、問題なのは、解熱後2日を経たら登校許可が出ることではないでしょうか。なぜ「大流行」に至るのか、原点に遡って検討する必要があると思います。もっとも、解熱後3日以上も休ませるわけにはいかないとか、それなら証明書を敬遠して病院に行かない人が出るとか、案外、そのあたりの妥協点が2日だったのではと勘ぐってますが、私の勘違いだといいですけど。

投稿: 某傍聴マニア | 2009/10/02 00:20

今回の記事は反論も期待しつつ、いささか衝動的に書きました。

インフルエンザについては、ご指摘の視点を欠いておりました。
なるほど、新型インフルエンザは、こういうもので(潜伏期間、快方に向かってからウィルスを放出しなくなるまでの期間、などなど)、だからこういう対応がポイントだという基本的な情報は、国、県、保健所、市町村で統一見解を出す必要がありますね。
情報がないのに、指針がないのに、「各自の判断」に任せたりすると、「大流行」を食い止めるという大命題を見失ってしまいますね。

しかし、このインフルエンザ問題。不必要に騒ぎすぎとの声もあれば、まだまだ認識が甘いとの識者の意見もあります。
でも、上っ面の騒ぎ(どこで何人感染者が出たとか、死者が出たとか)の一方で、対比できる情報(通常のインフルエンザで、どの時期どこで何人くらいの患者と死者が出ているか)が十分に報道されていません。
これでは、酒井法子がどうしたこうしたというのと情報のレベルは変わらないと思います。

投稿: かみや | 2009/10/02 09:01

おうどんの件については、
「具を切るのが手間か」「具を変える方が責任重大か」の内向きな思惑を巡らす前に、
バザーをやる以上は、「今年はお客さんをどうやって喜ばそうか」という発想がもっとあって良いと思います。

そういう意味ではトッピング選択制は当然の帰結でしょう。でも、そんな意見さえ出てこないのが現状です。(世の中では当然でも、現状ではトッピング選択制は革命です。)

貴重なご意見ありがとうございました。
尚、カマボコを食べることに対するこだわりはないのではと思います。向こうが透けるほど薄いのですから。

投稿: かみや | 2009/10/02 09:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80448/46359043

この記事へのトラックバック一覧です: なんだかなあ~。:

« 憧れのカナダ大自然を巡る8日間 紀行文 | トップページ | 善導寺見学記とコンサートのお知らせ »