« ガマの地下茎って食べられるの? | トップページ | 野分のまたの日 »

2009/10/07

長浜にある現存最古の駅舎

中学PTAの社会見学に行ってきた。台風が接近しているけれど、運良く小雨に降られた程度。

目的地は、彦根と長浜。長浜では黒壁スクエアがお目当てなのだが、会長さんが鉄道ファンで、長浜に現存最古の駅舎があると言う。P1090033sc
それではそちらに行ってみようと、JR長浜駅のはずれにある今は記念館になっている1882年(明治15年)完成の重厚な造りの旧駅舎へ。中は、展示スペースになっていて、本物のD51形蒸気機関車とED70形電気機関車を間近に触ることができる。
さすが鉄道ファンだけあって、会長さんの説明は面白い。あっという間に時間が過ぎてしまった。特に、昔から不思議だった連結器の仕組みがわかったのは自分にとって収穫だった。どうして連結するのか、どうして開放するのか、試してみてよくわかった。どこかで役に立つことはないと思うが、長年の疑問が解けて、何か得した気分になった。(写真を撮り忘れて残念。)

このあと、旧駅舎の向かいにある明治天皇の行幸のために建てられたという慶雲館に立ち寄ったら、もう集合時刻。結局、黒壁スクウェアには行かずじまいだった。

|

« ガマの地下茎って食べられるの? | トップページ | 野分のまたの日 »

コメント

PTAの社会見学で、随分と遠くまで行かれるのですね。長浜はわが家の鉄道ファンにとっても、必須の訪問地となることでしょう。ただ、すぐに本人に告げるべきか、ちょっと迷います。(言ったら直ちに出かけそうで^^;)

投稿: 絵本の虫 | 2009/10/09 00:17

私はいきませんでしたが、昨年は京都でした。
長浜なら電車で行ってもお手頃では??

投稿: かみや | 2009/10/09 02:48

黒壁スクエアから入って調べてみたら、なんと名古屋から40分程度で着いてしまうのですね。これではますます彼ひとりで出かけていくことでしょう。やっぱり黙ってます^^;

投稿: 絵本の虫 | 2009/10/10 01:00

在来線でも、米原での連絡さえ良ければ1時間20分ほどでしょうか。
かわいい子には旅をさせろという言葉もあります。

投稿: かみや | 2009/10/10 08:37

旅をさせること自体は反対ではないのですが、今の時期は遠慮してもらいたい理由があるのです。ひと言でいうと、やるべきことをやってから旅してほしいのです。頭の中、鉄道しかない彼は、親の言うことに全く耳を傾けず、かわいくないったらありません。 よって、今は旅をさせるわけにはまいりません^^;

投稿: 絵本の虫 | 2009/10/10 23:42

本来は、情報を公開した上で、理性的な判断をして欲しいところなのですが、ご多分に漏れずどこの子どもも似たようなものですね。
何はともあれ、打ち込むことがあるのは良いことではないでしょうか。

投稿: かみや | 2009/10/13 12:31

「情報公開」には弱いです。良心の呵責から、「長浜って知ってる?」とだけヒントを与えておきました^^;
「かみや先生の教育相談コーナー」に感謝いたします。

投稿: 絵本の虫 | 2009/10/15 00:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80448/46426254

この記事へのトラックバック一覧です: 長浜にある現存最古の駅舎:

« ガマの地下茎って食べられるの? | トップページ | 野分のまたの日 »