« ワインレクチャー&ヌーヴォーコンサート ~福田直樹によるチェンバロの演奏~ のご案内です。 | トップページ | ”I”からより複雑な言葉に・・・。言葉はどのようにしてできたのか。 »

2009/11/13

英文中の”I”はなぜ大文字で書くのか?

素朴な疑問ではあります。「私」にこだわる何か深遠な背景でもあったりして?

「Iはなぜ大文字」とYahooで検索すると、結構出てきます。

その中で、「印刷の普及により、18世紀の半ばに大文字の用法が確立されていった。自我を主張する個人主義の象徴などではなく、印刷上の体裁に過ぎない。」http://user.shikoku.ne.jp/nibari1939/eigo-no-hatena.htmlと断じているものもあります。

Yahoo!知恵袋では、「見落とされたり、隣の語にくっていてしまうのを避けるため」http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1125897176というのがベストアンサーに選ばれています。

ところで、不定冠詞の”a”以外に1文字の単語ってありましたっけ?

そういう意味では”I”はやはり特別では? とりあえずまず自分ありきが基本でしょうか?

|

« ワインレクチャー&ヌーヴォーコンサート ~福田直樹によるチェンバロの演奏~ のご案内です。 | トップページ | ”I”からより複雑な言葉に・・・。言葉はどのようにしてできたのか。 »

コメント

「I」は、私の中では「ワタシ」なのです。
「ワタシ」にこだわる何か深遠な背景そのものです。
あきらかに自我を主張する個人主義の象徴なのです。
見落とされないための誇大自己防衛・・・。
なので、
大文字以上に大きな存在感が必要なのです。
これって、ベストアンサー・・?
で、
今回の爆裂のお返事がまだのようですが?
「I」は待ってます。
開宴、何時からやろう?

投稿: COVER ALL | 2009/11/13 12:42

こちらのIは6時半・・・う~ん、存在感が薄いなあ。
こちらの『I』は6時半頃からいけそ~かなあ。

投稿: かみや | 2009/11/13 22:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80448/46726309

この記事へのトラックバック一覧です: 英文中の”I”はなぜ大文字で書くのか?:

« ワインレクチャー&ヌーヴォーコンサート ~福田直樹によるチェンバロの演奏~ のご案内です。 | トップページ | ”I”からより複雑な言葉に・・・。言葉はどのようにしてできたのか。 »