« 平成21年12月定例議会 一般質問通告一覧表 | トップページ | 仕事は納得いくまでとことん。あごまって何? »

2009/11/28

大台ケ原日帰りドライブ 道中記

名阪国道の針インターで降りて、吉野方面へ向かう。このあたりの案内標識には方位の表示がしてあって珍しい。水平であるはずの方位磁石が垂直に立っているのでちょっと戸惑う。P1100690sc P1100845sc

 

 

 

 

吉野川の源流部にある川上村では、国土交通省の大滝ダムが建設中。ダム本体はすでに完成しているのだが、試験湛水中にダム上流部の斜面に亀裂が発見され、現在大規模な地すべり対策が施されている。この地すべり対策が完了するまで湛水は中止されている。P1100703sc P1100729sc P1100744sc P1100738sc P1100743sc P1100735sc

 

 

 

         ※満水時には木の刈ってあるところまで水没する。

日本ではダムによる大規模な地すべり災害は発生していないが、イタリアのバイオントダムの大惨事は世界的に有名だ。

P1100721sc ご多分に漏れず、ダムの傍らにはPR施設がつくられている。最近の大規模ダム工事現場には必須アイテムになっているが、これだけでもウン億円ではすまないだろう。数千億円から見ればはした金かも知れないが、地方自治体にしてみれば大金だ。今後の維持費や駐車場の入口に常駐しているガードマンや受付嬢の人件費はどうするのだろう。

中には、豪雨体験施設(巨大シャワー室)もあった。「歯車のしくみ」「滑車のしくみは」は意味不明。P1100714sc P1100717sc P1100718sc P1100720sc

 

 

 

 

展望台へ上がる螺旋階段の中心にはFPR製の巨大杉が設えられている。P1100708sc P1100713sc

 

 

 

 

確かにないよりはあったほうが良い施設はあるかもしれない。しかし、財政難の中で、余裕のあった昔でもやらなかったようなお金の使い方がなされていることを、公金を預かるのもは肝に命ずべきだと思う。

役場などの真新しい公共施設が立ち並ぶ一角のはずれには立派なホールと「森と水の源流館」があった。ダム関連の交付金で造られたのだろうが、中身はともかく、お客さんは来ないし、維持費もかかる。こういうハコモノを建てる前に村としてやるべきことはたくさんあるのではないかと思うのは、山村の事情を理解しない都市部の住むものの勝手な言い分だろうか。P1100827sc P1100828sc P1100829sc P1100830sc P1100831sc P1100832sc P1100833sc P1100834sc

 

 

 

 

こちらは吉野川沿いにある不動窟鍾乳洞。入口のレストハウスで500円はらって勝手に入る。立派な鍾乳石はあるわけではないけれど、中に結構水量のある川が轟々と流れていて、すぐ脇を流れている吉野川の川底につながっているのだそうだ。P1100760sc P1100763sc

 

 

 

 

この上流には、1973年に完成した農林水産省の大迫ダムがある。アーチ式ながら高さ70mとやや小ぶり。ダム湖を遡ると入之波温泉がある。石灰分が濃厚な含炭酸重曹泉で秘湯愛好家に人気があるようだ。これより上流には人家もなく、水源を辿れば大台ケ原に行き着く。P1100747sc P1100749sc

 

 

 

 

大台ケ原に車で行くには、国道169号線の伯母谷峠から大台ケ原ドライブウエイに入る。ドライブウエイといっても有料ではない。尾根伝いの比較的良い道。天気さえ良ければさぞ見晴らしがよさそうだが、残念ながら霧の中。ビジターセンターは開いていたが、11月末で道路が冬季閉鎖になるので閑散としている。P1100767sc P1100774sc

 

 

 

 

途中、道路わきで鹿をみつけた。大台ケ原の立ち枯れは、鹿の食害も原因のひとつと聞く。さすが年間4000mmの降水量を誇るだけあって、路肩は苔で覆われている。P1100781sc P1100786sc

 

 

 

 

霧の晴れ間から熊野方面を望む。山深い紀伊山地が果てしなく連なっている。P1100801sc

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、伯母谷峠の途中にあるループ橋。橋とトンネルの組み合わせで、1周以上回って高度を稼ぐ。至って快適だが、これも贅沢といえば贅沢だ。P1100766sc P1100803sc

|

« 平成21年12月定例議会 一般質問通告一覧表 | トップページ | 仕事は納得いくまでとことん。あごまって何? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80448/46918379

この記事へのトラックバック一覧です: 大台ケ原日帰りドライブ 道中記:

« 平成21年12月定例議会 一般質問通告一覧表 | トップページ | 仕事は納得いくまでとことん。あごまって何? »