« 来年年明けの東浦かるた大会は、中止になりました。 | トップページ | 英文中の”I”はなぜ大文字で書くのか? »

2009/11/12

ワインレクチャー&ヌーヴォーコンサート ~福田直樹によるチェンバロの演奏~ のご案内です。

Emahproject2009a  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎年この時期に、エマープロジェクトと銘打って知人がピアニストの福田直樹さんを招いて企画しているもので、今年は、11月21日(土) 18:30~大府市市民活動センター コラビアにて開かれます。福田さんのチェンバロ演奏を聞きながら料理とボジョレーヌーヴォー(例年ほとんど飲み放題)と肩肘張らない会話を楽しめる企画です。会費はお1人4000円(お車等でワインを飲まない方は3000円)。今年のテーマは没後200年のハイドン、そしてモーツアルト、弟子のベートーベンとの比較だそうです。

11月18日~26日の間、福田さんは県内各地の福祉施設や小学校を訪れてピアノやチェンバロを演奏される予定です。これらはどなたでも聴くことができると思います。(スケジュールは「emahproject2009b.jpg」をダウンロード)

コンサートにチェンバロを使うのは、持ち運びが(ピアノに比べればずっと)簡単だからだそうです。チェンバロは古くは14世紀ころから使われていたといわれ、バロック期にバッハにより非常にポピュラーになりました。ピアノの原型にもなった楽器ですが、ピアノは弦をハンマーで叩くのに対して、チェンバロは弦を引掻いて音を出します(なるほど、なんとなくギターの音と似ています。)。構造上、音の強弱を表現し難いので、18世紀以降ピアノに取って代わられました。ちなみに、ピアノの呼び名は「ピアーノ・エ・フォルテ」(piano e forte)から来ており、イタリア語で「弱い音も強い音も表現できる」という意味だそうです。チェンバロ(独:Cembalo, 伊:Clavicembalo)は、英語ではハープシコード(Harpsichord)といいます。

|

« 来年年明けの東浦かるた大会は、中止になりました。 | トップページ | 英文中の”I”はなぜ大文字で書くのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80448/46723694

この記事へのトラックバック一覧です: ワインレクチャー&ヌーヴォーコンサート ~福田直樹によるチェンバロの演奏~ のご案内です。:

« 来年年明けの東浦かるた大会は、中止になりました。 | トップページ | 英文中の”I”はなぜ大文字で書くのか? »