« 仕事は納得いくまでとことん。あごまって何? | トップページ | 自然環境学習の森と隣接する農免道路の拡幅・・・環境、景観への影響は大きい »

2009/11/29

自然環境学習の森の水路の草刈りと水源探査

(仮称)自然環境学習の森の水辺の草刈りの続きです。小川の水路の上をササやイバラやクズが覆っていて、水路は暗渠のトンネル状態。そこを草刈りして水路がどこを通っているか解明します。

この草刈りは、水の湧いている所や、水の流れ、水のたまっている所を確認し、少しでも良い水辺を再生させるためと、水辺にかぶさっている草などを取り除き、トンボの産卵できる環境をつくるために、今年の春から継続的に行っています。
トンボは、上空を飛んでいて、きらりと水面が光ることで水辺と判断し降りてきます。
ですから、水辺の一部が空から見えることが大切なのです。

きょうは当面の目標だった、木道より下流のほぼすべての水路沿いの草刈りと、木道上流部の湿地の水源の探査をしました。

木道上流は(昔の田んぼ跡らしく)農免道路沿いのぶどう園小屋の辺りまで谷全体が湿地になっていました。P1100867sc P1100993sc

 

 

 

 

谷を奥まで登りつめると、狭い棚田状の段々になっていて、各段ごとに湿地状になっています。それよりも上は昔畑だったらしくドンボチ(カメ)を見つけました。P1110017sc P1110025sc

 

 

 

 

その上は緩い斜面で、小さなため池が1つあったり、ヒノキの植林地があります。(ここはもう自然環境学習学習の森のエリア外です。)P1110036sc P1110047sc

 

 

 

 

自分の感覚で作った水路の地図を添えておきます。木道下流の水路沿いは草を刈って通行可能になっています。図中、青色は水路もしくは池です。水色は流れのはっきりしない湿地です。(クリックで拡大)Mizubesuiro20091129

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

斜面を登りつめて反対側へ降りると工場敷地が見えます。造成のときに植林した樹木はまだあまり育っていないようです。2つの工場の間を通って反対側の里山と林伝いに行き来できるようになると理想的なのですが・・・。P1110064sc P1110091sc

|

« 仕事は納得いくまでとことん。あごまって何? | トップページ | 自然環境学習の森と隣接する農免道路の拡幅・・・環境、景観への影響は大きい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80448/46916780

この記事へのトラックバック一覧です: 自然環境学習の森の水路の草刈りと水源探査:

« 仕事は納得いくまでとことん。あごまって何? | トップページ | 自然環境学習の森と隣接する農免道路の拡幅・・・環境、景観への影響は大きい »