« 雪の便り | トップページ | ヤギさんの電気柵をかさ上げ »

2009/12/22

農免道路拡幅工事が急ピッチ、樹木のトンネルはすでに伐採

自然環境学習の森に隣接する町道森岡藤江線(通称農免道路)の拡幅工事が超急ピッチで進んで来ました。
農免道路が自然環境学習の森に接しているところは、あたりが樹木で覆われ道路の東側には湿地が広がり、町内を走っていて最も気持ちのいいところでした。

しかし、すでに、樹木のトンネルは伐採されてしまいました。湿地にかかる法面の埋立て工事も始まっています。自然環境学習の森の側からも道路が丸見えになりました。ここにさらに法面が張り出してくることになります。

ここは、自然環境学習の森の中を流れる小川の水源にもなっているところです。12月定例議会の一般質問の答弁では、
①コンクリート擁壁などの人工的なものは使わない
②水の経路や湧水に配慮する
③自生による緑化をめざし植樹等はしない
等の配慮はするとのことでしたが、この部分を12m道路が貫く構造自体は変更されませんでした。20年たてばまたもとの景色に戻るじゃないかというのが行政の言い分です。

農免道路を北方向へ
Before(11/29撮影)       After(12/22撮影)P1100896sc P1000103nscf

 

 

 

 

農免道路を南方向へ
Before(11/29撮影)       After(12/22撮影)P1100960sc P1000230nscf

 

 

 

 

道路から自然環境学習の森の湿地を見下ろす
Before(11/29撮影)       After(12/22撮影)P1100934sc P1000216nscf

 

 

 

 

自然環境学習の森の湿地から
Before(11/29撮影)       After(12/22撮影)P1100863sc2b P1000199nscf

|

« 雪の便り | トップページ | ヤギさんの電気柵をかさ上げ »

コメント

12月一般質問の答弁を傍聴させていただきました。しかし、依然として疑問が残ったままです。

①コンクリート擁壁などの人工的なものを使わなければ自然破壊が許されるのか?

②土砂水の経路や湧水に配慮するというが、具体的なプランは? 

③自生による緑化で20年たてばまたもとの景色に戻るという根拠は?(戻らなかったら誰が責任をとってくれるのでしょうか?)

そもそも、なぜこの道路を拡幅しなければならなかったのか、理解に苦しみます。答弁では、
①ここを通らなければ住宅地を通ることになる
②木の枝がトラックにぶつかって苦情がくる
という理由が挙げられていましたが、拡幅しなければ交通渋滞になるほどの交通量が(おそらく建設ラッシュの時だけにせよ)見込まれるのでしょうか?

また、木がトラックにぶつかるのなら、剪定ではなく伐採しなければならないものでしょうか。町内に樹木のトンネルが100箇所以上あるというなら、まだ考えます。町内唯一の美しい景観を、いとも簡単に崩してはばからない行政に、非常に失望しました。


投稿: 某傍聴マニア | 2010/01/11 00:39

目先の利便性や安全(時には根拠のない「安心」であることもしばしばある。)は、常に自然環境や景観よりも優先度が高いのだろうかという問題提起のつもりでもありました。

こんなことを言うと変人扱いされるかと不安もありましたが、某傍聴マニアさんも同様のお考えのようなので安心するとともにとても勇気付けられました。

>①コンクリート擁壁などの人工的なものを使わな
>ければ自然破壊が許されるのか?
>②土砂水の経路や湧水に配慮するというが、
>具体的なプランは? 
>③自生による緑化で20年たてばまたもとの景色
>に戻るという根拠は?

のご指摘の通り、いささか突込みが足りませんでしたね。

道路拡幅の必要性として、万一、豊田自動織機の新工場が完成すれば、大型トラックが増えることが考えられますが、それにしても、歩道付きで一律12m拡幅、邪魔になる木は切って、丘は削って谷は埋めるでは、配慮が全くありません。

自然環境保護に詳しい人の中にも、木を切ったところで20年経てばまた生えてくるんだから、大きな問題ではないという人もいます。
たぶんそうなんでしょう。

でも、少なくとも、自分が野山を歩けて、子どもたちが原風景を頭に焼き付けるであろう自分達のタイムスケールの中では、あの景観は二度と再現しません。

また、小川の水源になっている湿地を半分近く埋めて、影響なしとは考え辛いです。
2年前に開発されてしまった飛山東(現在の南ヶ丘)の里山は外からは見えないひっそりとした谷があってとてもよいところでしたが、1つだけ今の自然環境学習の森の場所のほうが優れているところがあります。
それは、豊富な水です。その取柄さえ怪しくなったら、なんのためにここだけ残せたのかも怪しくなってきます。

投稿: 神谷 | 2010/01/18 15:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80448/47196324

この記事へのトラックバック一覧です: 農免道路拡幅工事が急ピッチ、樹木のトンネルはすでに伐採:

« 雪の便り | トップページ | ヤギさんの電気柵をかさ上げ »