« 臨時議会で「地方議員年金制度の廃止を求める意見書」を提案したものの・・・ | トップページ | 厄松池と切池の水質は(1月分) »

2010/01/29

東浦町教育フォーラム ~アレルギーをもつ子どもへの支援の在り方~ がありました。

前半は、あいち小児保健医療総合センターの専門医の伊藤さんから「学校におけるアレルギー対策 ~食物アレルギーを中心に~」と題して講演。

後半は、パネルディスカッション。
お子さんが卵、牛乳、小麦などの食物、それから花粉も含め、さまざまなものに対してアレルギーのある中林さんは、お子さんが小学校の頃から、給食センターから詳細な献立を取り寄せて、それに似せた除去食のお弁当を作ってきたのだそうだ。中林さんは、お子さんのクラスで、アレルギーのこと、注意しなければいけないことを、自作の紙芝居を使って、わかりやすくクラスメイトたちに説明したのだそうだ。
栄養教諭の久保田さんと養護教諭の都築さんからは、東浦町教育委員会で編集したアレルギー対応フローチャートのお話しがあった。主治医に「学校生活管理指導表」を書いてもらい、学校と個々の子どものアレルギー症状について注意すべき点を共有し、食物アレルギーや、喘息、アトピーなどその他のアレルギー、アナフィラキシーへの対応をあらかじめ確認し、症状が出たときに迅速な対処ができるようにつくられている。給食の除去食対応のフローチャートも作られていて、学校給食に詳しくない保護者でも、どこに相談して、どんな流れで、給食センターや学校の対応がなされるのかわかりやすくまとめられている。

これまでに、議会で給食のアレルギー対応に関する質問をしたことがあったが、フローチャートを作っていたのは知らなかった。対応のレベルについてはとりたてて先進的なわけではないが、だれにでもわかりやすくまとめたところがポイントではないかと思う。

Allergy20100129a

Allergy20100129b

Allergy20100129c

Allergy20100129d

「アレルギーに関する取り組み(アレルギー対応フローチャート)」をダウンロード

|

« 臨時議会で「地方議員年金制度の廃止を求める意見書」を提案したものの・・・ | トップページ | 厄松池と切池の水質は(1月分) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80448/47446837

この記事へのトラックバック一覧です: 東浦町教育フォーラム ~アレルギーをもつ子どもへの支援の在り方~ がありました。:

« 臨時議会で「地方議員年金制度の廃止を求める意見書」を提案したものの・・・ | トップページ | 厄松池と切池の水質は(1月分) »