« 海外メディアの日本版サイトをのぞいてみたら | トップページ | 里なび研修会in愛知 »

2010/03/05

平成22年度予算に盛り込まれた学校のトイレ改修費

今度の予算で、3500万円ほどかけて、小中学校のトイレを(各階に1箇所程度)全面改装して、洋式化(それまでなら頷けますが)、暖房便座、シャワートイレ、自動水洗小便器、自動水栓付き洗面器などを完備させるといいます。

教育長曰く、ほとんどの家庭にウォシュレットが入ってきて、学校で用を足せない子が増えている。」「洗面台のコックが触れない子がいて、手洗いをしないとインフルエンザが心配。」だそうです。

そういう子もいるかもしれませんが、これから野外活動も経験するでしょう。災害などもあるかもしれません。それで生きていけますか?
自分は親として、子どもには無用な贅沢はさせたくないと思っています。後戻りが利きませんから。
ウォシュレットも魅力ですが、自宅への設置は子どものためにも我慢しています。「ほとんどの家庭に」あるとも思いません。
学校の便器を暖めるだけの暖房便座も必要とは思えません。

トイレを使ったら水を流すのが教育の基本です。自分で流さなくても済むような装置が学校に必要なのでしょうか?
自動水栓つき洗面台も然りです。コックなしでキチンと掃除はできるのでしょうか?停電したらどうするのでしょうか? 障がいのある人はかえって使いづらいと聞いたこともあります。

家で子どもに聞いたら、多くの子どもが学校でトイレを使いたがらない原因は、(設備にあるのではなく)掃除が不十分だからだそうです。問題の本質が掃除にあるのですから、いくらお金をかけて豪華なトイレをつくったところで無駄になるのは目に見えています。おまけに豪華にすればするほど掃除はしにくくなります。便座がまともに拭けないのに、どうやってシャワートイレの掃除をするのでしょうか?

以上のことを本会議の予算質疑でもしましたが、近年、家庭に比べて学校の設備に遜色が見られることから、特に日進月歩の水周りは10年の計で投資したいと言うのが学校教育課の考えです。

みなさんはどうお考えですか?

|

« 海外メディアの日本版サイトをのぞいてみたら | トップページ | 里なび研修会in愛知 »

コメント

私は学校にウォシュレットは不要だと思います。どうしても必要性がある場合は、保健室や障がい者対応トイレ等、限られた場所に設置すれば良いと思います。

シャワートイレの清掃は確かに複雑です。私の手には負えませんので、家庭では設置者みずから責任をとって掃除してもらっています。それにシャワーは水の出しっぱなしやイタズラがありそうで要注意です。断水に弱いという欠点もあります。

但し、自動水栓付き洗面器については、あったほうがより衛生的かとも思います。子ども達の手の洗い方は本当に雑ですので、現状で蛇口がきれいだとは思えないからです。トイレの洗面に限って自動水栓にしてはどうでしょう。全児童生徒が丁寧に手洗いできるようにすることのほうが先決でしょうけれど。

投稿: 某傍聴マニア | 2010/03/20 01:55

いつもコメントありがとうございます。

某傍聴マニアさんのお宅では「設置者みずから責任を持って掃除」ですか。その伝でいけば、発案者であり設置者である学校教育課や賛同した議会も、一度掃除をしてみるといいかも??

自動水栓付き洗面器はあったほうが衛生的で良いとのお考えですね。みなさんのご意見を伺うと、いろいろな考え方があってとても参考になります。

ただし、「子ども達の手の洗い方は本当に雑なので、現状で蛇口がきれいだとは思えない」とありますが、”手洗いが雑⇒蛇口が汚い”の関連がよくわかりません。

投稿: 神谷 | 2010/03/22 00:26

ちなみに、わが家の設置者は私ではありません。「ぢ主」が自ら必要性を感じて設置したものです。主は便座を取り外して丹念に掃除しています。

それから、論理に飛躍があったようで申し訳ありません。

手の洗い方が雑⇒ばい菌の残っている手で蛇口を閉める⇒蛇口にばい菌がついた状態になる

よって私にとっては「汚い」と思えるので、自分が公共の水栓を使う時は、蛇口に水をかけて洗う癖がついております。もっとも、こういう神経質な人間がいること自体、問題だとは思いますが・・・。

投稿: 某傍聴マニア | 2010/03/22 00:46

私も、洗面のコックやトイレのドアノブが全く気にならないわけではありません。
でも、ばい菌も含めていろんな生き物たちと共生しているのが現実なのですから。行き過ぎた除菌文化・抗菌文化には違和感を感じます。海外などに行ったときにはどうするのでしょうか。

(昔、10年以上前です。中国に行ったとき、あるレストランの洗面所で客が手を洗ったあとにタオルを手渡すサービスをしていたので、思わず受け取りました。しかしタオルが水浸しなので振り返ってよく見ると、客が返したタオルをそのままピンセットで掴んで使い回していて、びっくりしたことがありました。文脈とは関係ありませんが、ついつい思い出しました。)

投稿: 神谷 | 2010/03/28 10:06

ごく一般の方達は、多少のばい菌は全く問題ないと思います。仮に、それで病気になったとしても、早く回復するだけの治癒力をもっているはずですし。

問題は、病弱な方や薬によって免疫力の下がっている方など、人数は少ないかもしれませんが、一般人以上に衛生に気をつけなければいけない人達への配慮をどうするかということです。胃腸風邪等の学校での感染率の高さをみると、ある程度の配慮は必要だと思うのですが・・・。

20年以上前のことですが、やはりアジアのある国の空港カフェで、口紅のついたカップでコーヒーを出されたことがあります。日本人が食器を洗うのに水を使いすぎだということは知っていますが、やはり飲む気がしませんでした。こんなことでは、日本人はサバイバルゲームで真っ先に負けますね。

投稿: 某傍聴マニア | 2010/03/30 00:45

いきなりすいません。ご無沙汰です、緒川のtodaです。
面白い話ですね!ぬけぬけと入っていいでしょうか。
僕のうちは町内にあり、まだまだ和式でがんばってますよ!
ちなみに、僕が小学生の頃、様式は友達と尻が間接的に触れるので僕は嫌でしたよ…。

何だろう、オートマの免許って、ミッション車なんて家にないしーって言ってる人がいて需要があると思うんですが、いざというときにミッションが必要になりますよ。
これがトイレだったら絶対みんなミッション取ると思うんですよ。困るじゃないですか。
もしそんなことでトイレにいけない子がいるんだとしたら、それは親がミッション用の教育をしてないことを責めるべきです。教育長たるもの、そんなこと教えない親に一括していただきたいものです!

世の中の蛇口が全部自動化されて、子どもたちが一生蛇口を触れずにすむならそれもいいかもしれませんが、そうも行きません。どこかで初めて蛇口に出会ったとき、そこで恥をかくぐらいなら、学校でいくらでも恥をかいたらいいと思います。学校の先生が、聞くは一時の恥、知らぬは一生の恥と、お得意に言ってやってくだされば。

掃除もしにくいですね。スポンジで泡をつけて、流せないよーってなりますね。

自分で蛇口を閉めないってことは、水の無駄遣いをやめましょうとか、そういう気持ちもなくなるのかな?出しっぱなしの蛇口をみて先生が怒るという教育ができませんね。

トイレ掃除を徹底させるだけ!ですよ。楽しく掃除できる子も中にはいるんですから!

なんにしても、
僕が仕分け人なら、完全に無駄と言いたい!!
です。

それ、誰が払うんですか???…orz

投稿: toda | 2010/03/31 00:10

todaさん、コメントありがとうございました。

車のトランスミッションは面白いたとえですね。
オートマしか乗れない人が多いので、マニュアル前提にしましょうというのは、安易だと思います。(そうなりかねない雰囲気はありますが・・・。)
ヨーロッパと違ってアメリカはオートマ文化ですが、そのアメリカでも学校のトイレをオートマ仕様にすることはないと思います。

日本的な発想として、余分な機能をコテコテつけると付加価値が付くようなところってありませんか。
エレベーターがしゃべるとか、省エネ機能を持たせるためにさらに装置をつけるとか。
便座でも省エネ暖房便座があるそうですが、そんなもんに待機電力を使わなくても、硬質プラスチックをやめて感触の暖かい素材を便座に使えばエネルギー消費はゼロにできます。なぜそうしないのかとても不思議です。

実際には、シャワートイレでないと用を足せないというよりは、掃除が行き届いていないのが大きな原因だと思います。それならば、原点に立ち返って、トイレを掃除しよう、きれいに使おう運動を、生徒も先生も親も参加して全校的に起こせば、トイレに対する愛着が湧いてくるのではとバカ正直に考えています。

トイレ改修の中身について、申し上げますと、22年度にトイレの改修をするのは、森岡小学校 北館2F中央、片葩小学校 北館1F中央、卯の里小学校 玄関横 多目的トイレ(新設)、東浦中学校 普通教室棟1F西側の計4箇所です。これに要する財源として、町の一般財源530万円、借金1930万円、国庫補助金984万円、計3444万円が予算計上されています。
他のトイレは、昔のままですので(すでに改修を終えたものもあります)、すべてがいきなり豪華トイレになるわけではありません。何年もかけて少しずつ時代に合った物に替えていく作業です。ですから和式トイレを使う機会を奪われるわけではありません。

しかし、いずれにしても10年後のトイレのあるべき姿を描いておかねばなりません。
私は、「シンプル」(豪華でも、みすぼらしくもなく、質素かつ機能的)で「清潔」(設計のみならず、使う側の手入れ、使い方、掃除も重要)であることが基本だと思います。

投稿: 神谷 | 2010/03/31 15:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80448/47831908

この記事へのトラックバック一覧です: 平成22年度予算に盛り込まれた学校のトイレ改修費:

« 海外メディアの日本版サイトをのぞいてみたら | トップページ | 里なび研修会in愛知 »