« このはな音楽祭ホームページ | トップページ | 町の審議会等の会議の公開制度が始まりました。 »

2010/04/20

あいち炭やきの会総会・講演会・エクスカーションのご案内

炭やきの会からのご案内です。総会にあわせて、講演会、懇親会、エクスカーション(現地見学会)などが予定されています。一般参加も歓迎だそうです。

 

     平成22年度あいち炭やきの会総会のご案内

 陽春の候、皆様方におかれましては、ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。

平素は、本会の活動に格別なるご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

 さて、平成22年度総会を下記の通り開催しますのでご案内申し上げます。

 尚、今回は、第二回日本バイオ炭普及会(JBA)の総会・講習会・エクスカーションを「あいち炭やきの会」との協賛で実施いたします。従って、総会終了後はJBAの行事は同時に「あいち炭やきの会」の行事となります。今回の行事には台湾生態材料協会・竹炭の会より25名の参加も決定しており、国際的な催しでもあります。全員、奮ってご参加下さるようお願い申し上げます。

             

日時 平成22年5月22日(土)

   午前11時00分~11時45分 あいち炭やきの会総会

                   (受付は10時30分より)

会場 あいち健康プラザ

   愛知県知多郡東浦町大字森岡字源吾山1-1

   TEL 0562-82-0211

参加費用は、下記の通り(単位:円、消費税込み)です。

 

区分

講演会

 懇親会

宿 泊

エクスカーション

  合計

個人会員

1,000

3500

4000

2000

   10,500

法人・団体会員

1,000

3500

4000

2000

   10,500

関係者

1,000

\

3500

4000

2000

10,500

非会員

4,000

000

4000

7,500

3,000

   18,500

:年会費2000円支払も受付ます。

:講演会費はあいち炭やきの会会員のみの特別割引額です。(JBA会員:4,000円)

:宿泊は、4人の畳の相部屋です。

<注意>

今回はJBAとの協賛の会のため参加人数確定、及び会場の準備の都合上、同封ハガキにて4月23日までにご回答頂きたく、宜しくご協力下さるようお願い致します。

☆JBA総会

5月22日(土)午後1時より2時まで

☆講演会

5月22日(土)午後2時15分~5時45分

14:15~15:15 「農地における炭素貯留」

      名古屋大学教授 農学博士 木村眞人

15:15~16:15 「流木の炭化物、利活用について」

      台湾工業技術研究院 生態複合材料技術部経理 陳文祈

16:15~16:25   「休憩」

16:25~17:05 「炭やきが創る流域社会」

      株式会社創建 代表取締役 筒井信之

17:05~17:45 「持続可能な農業と地域活性化を目指した

                        バイオ炭普及」

      (社)日本プロジェクト産業協議会JAPIC

                    主席研究員 松林正之

5月23日(日)9時00分~11時30分

 9:00~10:00 「マツ林の再生と木炭」

      京都樹木医会会長 伊藤武

10:00~10:40 「カーボンマイナスとクールベジタブル」

      立命館大学地域情報研究センター

          産学コーディネーター博士(政策科学)柴田晃

10:40~10:50  「休憩」

10:50~11:30「炭素貯留の世界的動きとJBAとIBI

                         の可能性」

      (株)環境総合テクノス環境部マネージャー

                    農学博士 沖森泰行

11:30~11:50「講演会終了の総括挨拶」

      日本バイオ炭普及会(JBA)会長 小川眞

☆懇親会

5月22日(土)午後6時~午後8時 於:3階レストラン

                 山口公子氏炭琴演奏と懇親会食

☆エクスカーション

5月23日(日)午後から16時頃まで

昼食後、貸切バスにて岡崎市小久井農場見学。

 有限会社小久井農場

   岡崎市岡町字森東41番地 Tel:0564-53-5625

小久井農場の概要

岡崎市東部地区を中心に担い手のない休耕田を積極的に借り受け、自家製堆肥で低化学肥料・農薬による安全で美味しい農作物を大型機械による大規模農法で、木酢液の葉面散布もヘリコプターを使用している。日本の農業の新しい方向の一つとして皆さんにも参考になる事と思います。

・耕作規模:320ヘクタール・従業員34名

・経営方針:農業を通して人を育て、心を育てる。

・自家堆肥の製造:家畜糞(牛・豚・鶏)をベースとして木炭粉、モミガラ、木酢、微生物など20種類以上を混合して完全発酵させる。木炭粉の混合は発酵の効果を高めるために使用される。2千トンの堆肥原料に対し木炭粉50トンを使用する。現在はマレーシアからマングローブ粉炭を輸入しているが、あいち炭やきの会の竹炭の使用を検討中。

同時開催:各種炭化装置展示及び実演

小久井農場のご好意により同敷地内にて開催。

終了後、貸切バスにて、三河安城駅立ち寄り後、あいち健康プラザにて解散、17時頃。

|

« このはな音楽祭ホームページ | トップページ | 町の審議会等の会議の公開制度が始まりました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80448/48133541

この記事へのトラックバック一覧です: あいち炭やきの会総会・講演会・エクスカーションのご案内:

« このはな音楽祭ホームページ | トップページ | 町の審議会等の会議の公開制度が始まりました。 »