« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010/05/31

平成22年6月定例議会 一般質問通告一覧表

6月定例議会一般質問の質問順、質問者、質問事項です。6月4日と7日で計10人が順番に一般質問をします。質問要旨についてはページ数が多くなるので載せていません。興味のあるテーマがあれば、ぜひ傍聴にお越しください。(クリックで拡大)

Ippanshitsumon20100604

私は最後に質問することが多いのですが、今回は9番目です。
順番は、4番目までは各会派のローテーション、それ以降は質問通告書の提出順で決まります。他の議員や職員の方から意識的にトリを狙ってるんですかと聞かれることがありますが、自転車操業で質問通告書の作成が期限ギリギリになってしまうのが本当の理由です。順番が遅いと、時間をかけて一般質問の準備ができるのもメリットです。今回も2日目になると休日をはさむことが出来ます。

6月定例議会の日程と神谷明彦の一般質問の予定についてはhttp://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2010/05/post-1257.htmllをご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/30

厄松池と切池の水質は(5月分)

5月30日、午後6時の気温18℃、水温24℃、天気は晴れ&曇り。先週は風が強くて肌寒かったが、今日は暖かいです。ゴミゼロ運動前に、区の要望で町が草刈りをしたので岸辺がすっきりしています。

厄松池のようす

P1030836nscf_2

COD(化学的酸素消費量)  12ppm
溶存酸素             5ppm
リン酸イオン            0.4ppm
硝酸イオン             0.5ppm
アンモニウムイオン        0.1ppm

池の北東角にはアシがびっしり生えてきました。

P1030828nscf

 

切池のようす

P1030852nscf

             池の出口 バイパスパイプの生活廃水
COD(化学的酸素消費量)10ppm      17ppm
溶存酸素           6ppm       4ppm
リン酸イオン          0.1ppm     4ppm
硝酸イオン           5ppm      20ppm
アンモニウムイオン      0.1ppm     8ppm

バイパス水路のパイプの入口がゴミで詰まって生活廃水が池に流れ込んでいたので、取り除きました。池には油膜が浮いているところがあります。P1030859nscf P1030866nscf
岸近くにメダカの稚魚のような小魚が群れています。
P1030875nscf

| | コメント (0) | トラックバック (0)

(仮称)自然環境学習の森 今日のようす

自然環境学習の森の中ほどにある田んぼ(農家の方が耕作しておられます)の田植えが済みました。耕地整理されていない丸い田んぼや畦の曲線がとてもきれいです。
P1030766nscf P1030800nscf

こちらは、ヌートリアが作物を荒らさないように竹で柵を作っているところです。笹原だったところを少しばかり耕して保全グループのメンバーがサツマイモを植えつけました。
P1030774nscf P1030785nscf

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴミゼロで鼻をやられた~

P1030848nscf

きょうは5月30日。ごみゼロの日です。朝8時過ぎから地域の人たちが総出で草取りゴミ拾い。草ボウボウだった公園も復活しました。

今はちょうどイネ科の雑草(たぶんカモジグサ)の時期で、あちこちで刈った草が束になっています。それを軽トラで公民館に回収。油断してマスクをつけなかったのがたたって、くしゃみ鼻水が止まりません。今年はなぜかほとんど花粉症に悩まされていなかったのですけど・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/05/29

午前中はPTA。午後からモリコロパークへ

午前中は中学校のPTAの会議。スポーツ祭への参加、交通安全・あいさつ運動、通学路危険箇所や設備・備品・教育環境についての予算要望のとりまとめなど、22年度の活動が始まります。

午後から、モリコロパークで”県民公園づくり空間 ワークショップ(動こう編)”です。まずは、公園予定地で現地確認。砂利混じりで乾燥すると硬くなる瀬戸砂礫層の造成現場はまるで「火星」。こんなところで田畑の耕作が出来るか疑問です。それも極力人力で。耕作に適した土を客土してはと言う意見も出ましたが、まずは現状でどこまでやれるか過程を楽しもうという意見が優勢です。谷の奥のため池予定地では、コナラの木や上流の湿地を水没から守れないかが話題になりました。かたまってきた公園と拠点施設のおよそのレイアウトは以下の通り。

Morikoroplan20100529

里の活動グループと森の活動グループのことしの活動計画も次第にはっきりしてきました。まずはできることから始めていこうという考えです。開拓団員募集のチラシ案も出来ました。おとなりはこれからデビューするであろうイメージキャラのちょっとおデブなヤギの”サトコ”です。

 「里の活動グループ活動計画『火星で収穫!』」をダウンロード

 「森の活動グループ活動計画『森と親しくなろう!』」をダウンロード

Kaitakudanmoushikomi20100524Morikorosatoko20100529

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/28

セミの幼虫は「ごろじー」?それとも「ごっと」?

東浦町史によれば、関西言葉と関東言葉の境目は揖斐川で、愛知県は関西と関東の言葉が混ざり合うところにあります。その中で、東浦は尾張の国でしたが、三河と国境を接していたので、尾張言葉と三河言葉の混在するところなのだそうです。とくに豆搗川(まめつきがわ)よりも北の森岡、緒川、石浜は尾張弁の影響が強く、豆搗川より南の生路、藤江は三河弁の影響が強いのだそうです。

尾張方言では、会社を「ケァーシャ」、辛いを「カレァー」、無いを「ネァー」などいわゆる名古屋弁式の連母音変化があるのに対して、三河方言では語尾に「じゃん」「だらー」「りん」などを多用する傾向があります。

アクセントや音韻だけでなく、単語も町内で異なっているケースがたくさんあります。たとえば、セミの幼虫のことを、森岡・緒川・石浜では「ごろじー」、一方、緒川新田では「ごっとり」、生路・藤江では「ごっと」と呼ぶのだそうです。私は「ごっと」派ですが、「ごろじー」「ごっとり」には全く馴染みがありません。こんなせまいまちの中で呼び方が全く違うのは驚きです。

メダカを各地域の方言で呼ぶと、森岡では「でんば」「ねんばち」、緒川・石浜では「ねんばち」「ねんば」、緒川新田では「ねんばちょ」、生路・藤江では「めんば」となるのだそうです。ちなみに私は「めんば」を使ったことがありません。

子どもが遊びに使うメンコは、森岡「パンコ」「シャンシャン」、緒川・緒川新田「シャンシャン」、石浜「ケン」、生路「ケンゴト」、藤江「キャー」とかなり呼び方が違います。昔は自転車も親の送り迎えもないし、子どもの遊びの集団が地域に限定されていたことが窺えます。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010/05/27

グリーンウッドワークを体験しよう

雑木林研究会主催ワークショップ「グリーンウッドワークを体験しよう!」のご案内です。

グリーンウッドワークとは、生木を使った木工のことだそうです。スプーン、箸、お椀などの小物や椅子などの家具まで、工夫次第で身近なものを作ることができます。生木を使うことで、木を切ったその場で待たずに作れる、やわらかく削りやすい、乾燥時の変形を利用した細工ができるなどのメリットがあるようです。

  グリーンウッドワークってなに?
  NPO法人グリーンウッドワーク協会

Greenwoodwork20100530_2

上記案内チラシ「greenwoodwork20100530..pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/26

6月定例議会の日程と一般質問の予定

次回議会予定

6月定例議会の予定
 
平成22年6月定例議会本会議の開催予定は6月3(木),4(金),7(月),8(火),17(木)の5回で、いずれも朝9時30分からです。終了時刻は、概ね午後5時頃ですが、あらかじめ決まっているわけではありません。午前中に終わることもあれば、午後6時を過ぎることもあります。

平成22年6月定例議会の予定
6月3日(木) 本会議  議案の上程・説明
6月4日(金) 本会議  一般質問
6月7日(月) 本会議  一般質問
6月8日(火) 本会議  議案質疑・委員会付託
 6月10日(木)  経済建設委員会  議案の審査
 6月11日(金)  文教厚生委員会  議案の審査
 6月14日(月)  総務委員会     議案の審査
6月17日(木) 本会議  討論・採決

3日が議案の上程・説明、4・7日は一般質問、8日が議案の質疑、17日は討論・採決の予定です。

議会傍聴のおさそい

 東浦町議会を傍聴してみませんか。特に、一般質問では、議員が行政全般について執行状況や将来の方針を質問します。質問者は意見も述べることができるので、それぞれの議員の考え方が良くわかります。テーマは、行政のあり方を問うものから暮らしに密着したものまで、様々です。


 議会傍聴は、役場3階の傍聴席入口にて住所・氏名を記入すれば、どなたでも可能。町外の方も歓迎します。審議の妨げにならない限りは、未成年者もOKです。詳細は、東浦町議会事務局(0562-83-3111 内線310)までお尋ねください。

 ※お知らせ
  ・議会から傍聴者への資料提供が大幅に充実しました。
    一般質問については、通告書全文を傍聴者に差し上げます。
    また、議案の説明・質疑に際しては、議案書および参考資料をお貸しします。
    (以前は、一般質問の質問者と質問項目が書かれた紙一枚のみの提供でした。)

  ・3つの常任委員会(経済建設、文教厚生、総務)が原則一般公開になりました。

神谷明彦の一般質問の予定

 以下の4つをテーマに一般質問する予定です。

   1.市制施行について
       行政は市制施行に熱心ですが、住民の中には拙速な市政移行に疑問
      を感じている人もいます。
       はたして、現状で市政移行に伴う権限移譲に十分対応できるでしょうか。
      また、住民投票等で住民の意向を問うべきではないでしょうか。

   2.審議会、協議会、委員会などの諮問機関の活性化を
       アテ職で、知識・興味を持ついとまもないままに短期間でころころメンバー
      が代わっていったり、ひとりの人がいくつもの諮問機関を掛け持ちしなくては
      ならなかったり等の問題があると思います。議論が活性化しないとせっかく
      諮問機関を設置しても、結果として追認機関になりかねません。
      (1)興味や意欲のある市民をもっと公募で大幅に増やすべきではないか。
      (2)公募の場合、アテ職と違い再任すると在任期間が長くなりがちだと思う
       が、適度な新陳代謝を図る工夫は。
      (3)各種団体の長や地区連絡所長にアテ職が集中しているケースがあるが
       ひとりに負担をかけるよりも、団体内で分野に応じて担当者に役割分担して
       長の負担を軽減することはできないか。
      (4)議論の活性化のために、参加者の予備知識を充実させる勉強会などは
       考えられないか。

   3.パーセント条例について
       住民税の1%の使途を住民が決められる制度など、税金の使い道の面で
      住民の行政への関心や参加を募る制度を考えられないでしょうか。

   4.(仮称)自然環境学習の森の設置及び管理に関する条例について
       これからオープンに向けて条例制定をしていくものと思われますが、
      理念、保全のあり方や目指す姿を明確にして、森のルールをつくる必要が
      あります。細かいルールまで条例に入れ込むかどうかは別としても、ベース
      となる考え方は明確にすべきと考えます。条例制定までのスケジュールと
      それまでに押さえておくべきことを訊ねます。


   ※ 4(金)・7(月)の一般質問の日程のうち10人中、9番目の予定です。
     質問時間は、答弁を含めて一人1時間以内に制限されていますが、
     何時になるかは当日の進行状況によります。
     たぶん、6月7日(月)の14時頃からになると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/25

カンパニュラ、アマリリス、ユキノシタ

何の脈略もないけど、とにかく咲いています。花3種。

こちらはカンパニュラ。ツリガネソウ(釣鐘草)、フウリンソウ(風鈴草)、ベルフラワーともいいます。桔梗の仲間なのだそうです。蒔いた覚えはないのですが、ひょっこり出てきました。
P1030740nscf_2

アマリリスです。去年咲いたのを鉢のまま放っておいたら、つぼみが出てきて花が咲きました。彼岸花の仲間で、ヒガンバナと同じく球根には毒があるそうです。
P1030739nscf

これはなんでしょう? 下2枚の白い花びらは大きく、上3枚の模様つきの花びらは葉っぱのようでもあり、イベリコ豚の生ハム??のようにも見えませんか?
P1030694nscf
実はこれは、ユキノシタのいっぱい咲いた小さな花を拡大したものです。ユキノシタの名前の由来は、雪の下でも枯れずに残っているからと言う説や、白い舌状の花弁にちなんで「雪の舌」と呼ぶ説などなど、諸説あるようです。葉はてんぷらなどにして食べることができるし、絞り汁や葉を煎じたものは、消炎、利尿などの薬効があるそうです。
P1030735nscf

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/23

このはな音楽祭リハーサル・・・今夕はチェンバロ

きょう6時半から予定されている このはな音楽祭「チェンバロの夕」のリハーサル。

演奏するのは三橋桜子さんとパートナーでオランダ在住のパブロ・エスカンデさん。パブロさんは作曲家で、今日は桜子さんのために作曲した曲をお二人で連弾する趣向です。
P1030723nscf

休憩時間には近くで聴いていた人たちもチェンバロに触れる機会がありました。
P1030707nscf P1030712nscf

共鳴板に施された花柄の装飾。中央の穴の周りに書かれた”ME FECIT”とはラテン語で”made by”の意味なのだそうです。要は楽器が「俺を作ってくれたのはトーキョーのホリ エイゾウさんなんだ」と語っているんですね。
P1030711nscf

今夕のプログラムです。

2010523日(日)午後630分~ チェンバロの夕 

【出演】三橋桜子、パブロ・エスカンデ
【プログラム】 
J・S・バッハ 半音階的幻想曲とフーガBWV903
パブロ・エスカンデ パルティータ第1
スカルラッティ、ラモーの作品集からソナタ3曲小品3曲 その他

こちらは、5月末に京都と滋賀で開催予定の尊敬する叔母節子に捧げるコンサート
Mitsuhashi20100523a Mitsuhashi20100523b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

里山ウォーキングのはずだったのに、雨が降るやら、風が吹くやら

朝から、雨。町主催の「里山ウォーキング」は中止。

この日のために、ウォーキングの参加者に自然環境学習の森を紹介しようとパネル展示や保全活動ボランティア募集のチラシ配りを企画していたのに!とても残念。

この1週間、水辺部会の会長さんが中心となって部会のみんなでネット会議。せっかく展示内容(A1サイズ)やチラシ(A4サイズ)のデザインを作り終えたところだったのに。役場や竹林部会も協力して展示用のパネルスタンド作ってくれる手筈になっていたのに。残念。残念。

せっかく作ったので、まぼろしのパネル原稿とチラシを公開です。

Satoyamapanel20100523a

Satoyamapanel20100523b

Satoyamachirashil20100523m

次の機会に利用できればと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/21

地域の要望を募集中! 地区実態点検・・・各地区で身近な道路や水路に関する地域要望を取りまとめる・・・の季節になりました。要望は最寄の区協議員または町議会議員まで

 地区実態点検の季節です。やり方は各地区にお任せと聞いていますが、生路地区では区の協議員または町議会議員を通じて地域の要望を区長に届ける流れになっています。締め切りは6月24日(月曜日)です。参考までに、昨年度の要望箇所および役場の対応は下記の表のとおりです。

Chikujittaitenkenh21rep1

Chikujittaitenkenh21rep2

Chikujittaitenkenh21rep3

 先週、生路区の協議会が開かれました。そのとき、「地区実態点検は一部の人たちではなくて、地域住民みんなから要望を集めるのが本来の姿なので、要望を集める前に回覧などで住民全体に要望制度があることを周知すべきではないか。」との意見が出ました。
 以前、「コミュニティだより」に地区実態点検について載ったことがありましたが、要望を募る時期に回覧を出してはいません。今年はもう間に合わないけど、来年はあらかじめ回覧等で周知することになりました。

 要望がいっぱい出てきたら困ると言う心配があるかも知れませんが、現実にはそんなに出ることはないでしょうし、仮にたくさん出てきたならば、区の協議会で重要度を吟味すればよいと思います。
 町に丸投げする方法もありますが、地区で必要性を議論するのが地域の自主性というものだと思います。ただし、その場合の議論のもち方、合意形成のし方は工夫する必要がありそうです。
 「要望を書けと言われればそれなりに書けるが、たいていの場合、それがなければ暮らしていけないほどではない。どうせ要望しても、いつ実現するかわからないし。」という皮肉混じりの意見も出ていました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/05/20

どれがどれだか3色紫陽花

アジサイのつぼみが膨らんできました。去年、某所からいただいてきて、挿し芽をしたのがもうこんなに大きくなりました。3鉢とも違う色の花が咲いていたヤツです。確か、青紫、ピンク、白でしたが、今となってはどれがどれだかわかりません。花が咲くのがお楽しみです。

P1030675nscf P1030676nscf P1030677nscf P1030678nscf

右の2鉢は、調子に乗って肥料をやりすぎたので弱ってしまいました。一時期は集中治療室に入っていましたが持ち直しました。ただいま療養中です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/05/19

晩王柑の花

P1030611nscf_3 バンオウカンの花が枝にびっしりついています。これから冬にかけてグレープフルーツよりもひと回り大きい果実が鈴なりhttp://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2007/02/post_f771.htmlになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/18

晩春の花々

P1030602nscf P1030590nscf P1030605nscf P1030606nscf P1030616nscf P1030625nscf P1030627nscf P1030634nscf P1030637nscf P1030641nscf P1030659nscf P1030672nscf

この時期、あちこちで、色とりどりの花が咲いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/15

平成22年度第1回(仮称)自然環境学習の森保全・育成の会

於大公園このはな館講習室で今年度初めての保全・育成の会が開かれました。
協議の内容と結果は下記のとおりです。

①森の名称について
前回までは公募で名称を決めることになっていましたが、行政から、「自然環境学習の森」の仮称が定着しつつあるとして、「自然環境学習の森」を正式名称にしたいとの提案がありました。
これに対して、「自然環境学習の森では硬いし長すぎるので、住民に親しみが湧かない。もしどうしてもと言うのなら、もっと短い愛称をなるべく早く公募すべき。」「正式名称には他の自治体の同様の施設と区別できるように『東浦自然環境学習の森』とすべき。」との意見が大勢を占めました。

②平成21年度実績報告および平成22年度活動計画について
竹林部会と水辺部会から報告がありました。(これまでの活動についてはhttp://hsatoyama.exblog.jp/i0/http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2010/04/post-5029.html を参照)
会員企業の掲示板などに活動予定を掲示して参加を募ってはどうかとの意見がありました。

③新しい部会設置について
除伐、下草刈り、外来種の駆除、野鳥や自然観察会を行う「生きもの部会」の新設することになりました。
これについて、保全の方向性を一致させるためには、保全活動を各々の部会でやるよりも、活動別に部会を一本化した方がよいとの意見がありました。方向性の一本化はこれからの重要な課題だと思います。

④東浦の里山ウォーキング(COP10開催記念行事)への関与について
5月23日にイオン東浦から(仮称)自然環境学習の森まで歩く「東浦の里山ウォーキング」が予定されています。当日、保全・育成の会のメンバーが(仮称)自然環境学習の森のコース内に立って、ウォーキング参加者から質問があれば説明をすることになりました。
「せっかくのPRの機会なのだから、(仮称)自然環境学習の森を紹介する資料(A4版2枚程度)と保全活動への勧誘チラシを配ってはどうか。」「森や水辺の生き物や保全活動を展示するパネルを作った方がわかりやすいのでは。」などの意見が出ました。あと1週間足らずだが、さっそく手分けして準備することになりました。

今日は前向きな意見がたくさん出たと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハチクの竹の子

P1030555nscf_3

タケノコの時期が、孟宗竹から破竹に移ってきました。「破竹の勢い」のあのハチクです。
ついでにセリもちょっと採ってきました。
天麩羅と丸焼きにしました。

P1030564nscf P1030575nscf

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/13

ヤモちゃん登場

うちの家族が晩ご飯を食べるころ、ヤモリ君たちも窓の外でいっしょに晩ご飯。電灯で集まってくる虫が目当てのようです。

P1030231nscf

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/12

なぜ、カセットコンロの爆発が、7時のNHKのトップニュースになるの?

以前、「昨年11月1日昼すぎ、静岡県小山町にあるレーシング場『富士スピードウェイ』のコースの一角でカセットコンロのガスボンベが爆発し、調理をしていた男女6人がけがをした。調理にはボンベを覆う大きさのフライパンが使われていたということで、警察はフライパンの熱でガスボンベの温度が上がり、爆発した可能性もあるとみて調べている。」とのニュースがあった。製品評価技術基盤機構(NITE)が行ったカセットコンロの不適切な使用によるカセットボンベの爆発実験http://www.nite.go.jp/jiko/poster/data/0110.pdfも紹介された。

屋外で数人が怪我。原因は不適切な使い方。それなのに7時のトップニュース。なんか不自然。製品評価技術基盤機構(NITE)のコマーシャルだったのか?

その後も、極稀に100円ライターがポケットの中で着火するケースがあることをNITEが指摘しているという報道があった。つい先日もNHKニュースでNITEの実験が紹介されていた。独立行政法人の生き残りをかけたアピール作戦が始まったか??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/11

愛知県町村議会議長会が県内の町村議会議員に対して行った「町村議会議員年金制度に係るアンケート調査」の結果が出ました。

3月末に、愛知県町村議会議長会が県内の町村議会議員に対して行った『町村議会議員年金制度に係るアンケート調査』の結果が返って来ました。

それによれば、回収率60.7%で、そのうち過半数の54.3%が廃止したほうがよいとの回答です。
廃止したほうがよい理由(2つまで回答可)としては、「今以上の公費負担には国民の理解が得られない」(71%)、「これ以上掛け金を払いたくない」(51%)、「議員の職に年金は要らない」(39%)が上位を占めました。
もっと現状維持的な答えが多いと思っていましたが、予想以上に真っ当な答えでした。
後半(p5、p6)の集計表で、年代の差はあまり出ていませんが、1期目・2期目の議員に廃止論が多いのはわかる気がします。

このアンケート結果は、県内の町村議会議員の声として、町村議会議員年金の窓口である全国町村議会議長会にも届けられるそうです。

Questionnairegiinnenkin1

Questionnairegiinnenkin2

Questionnairegiinnenkin3

Questionnairegiinnenkin4

Questionnairegiinnenkin5

Questionnairegiinnenkin6

 「”町村議会議員年金制度に係るアンケート調査”結果の概要.pdf」をダウンロード

もはや制度は破綻しています。冷静に考えれば廃止は避けられません。
今後、存続か廃止かではなく、加入者の受給権を何割まで保障するか、掛金を何割まで払い戻すかに争点が移っていくのではないかと予感します。時間がたてば積立金はどんどんなくなっていきます。一刻も早く対処しなければなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/09

午後からは、アートの島、佐久島へ

きょうは久々に一日フリー。午前中は草刈り。
午後から、癒しとアートの島「佐久島」へ。三河湾に浮かぶ愛知県内最大の島だが、行くのは初めて。以前から行ってみたいと思っていた。
Sakushimaproject

一色さかなセンターの隣にできた新しいターミナルから佐久島行きの船に乗る。最近佐久島がアートの島として話題になってるだけあって若者が多い。今日はこの若者たちに混ざって、子連れの中年おじさんがデジカメのシャッターを押し捲りながら島の中をウロつくことになる。
P1030240nscf P1030263nscf

20分足らずで佐久島西港に到着。島を巡るスタンプラリーに。手始めは駐車場で記念写真。海岸にはいろんなものが打ち上げられている。ウミウシや得体の知れないラーメンの束のようなもの(何かの卵??)も。
P1030264nscf P1030267nscf
P1030285nscf
P1030274nscf P1030276nscf

西港の近くはとても落ち着いたたたずまいの集落がある。ちょっと中に入ると離島特有の狭い迷路のような路地。歩いているとワクワクする。妖怪の出そうな昼なお暗い道も。

P1030300nscf_2
P1030306nscf P1030308nscf
P1030310nscf P1030314nscf
P1030319nscf

ここはとにかく時間がゆっくり流れる。猫ものんびり寝ている。あちこちにお花畑も。
P1030320nscf_2 P1030324nscf

野原を突っ切って行くと、ポッカリ海岸に出た。
P1030326nscf P1030334nscf

そこにあるオブジェが「おひるねハウス」。海に面したカプセルホテルか??みんな思い思いに座ったり寝そべったり・・・。正面は青い海。
P1030346nscf P1030348nscf
P1030351nscf P1030358nscf
P1030387nscf P1030381nscf
P1030362nscf P1030392nscf

水の中でウニウニしているのは、抱きかかえないと持てないようなでっかいウミウシ。磯にはカメの手や小さな巻貝やイソギンチャクも。
P1030389nscf P1030373nscf
P1030403nscf2 P1030407nscf

ここから来た道に戻らず、磯伝いにショートカット。途中ちょっときわどいところもあったが何とか濡れずに踏破。
P1030425nscf P1030429nscf
P1030400nscf P1030440nscf

海の家で遅い昼ごはん。ちょっと時期遅れの焼き牡蠣だが、おいしそうなので思い切って食べてみる。
P1030446nscf P1030461nscf

佐久島よりもずっと小さい”大島”に渡る通路。途中に海を見渡すオブジェが。トンビがピーヒョロロと滑空している。まるで大河ドラマのよくある場面。
P1030463nscf P1030466nscf
P1030471nscf P1030477nscf
P1030485nscf P1030475nscf

こちらはお寺の裏山。鬱蒼とした照葉樹林の中にお墓が。”弘法みち”といって小さな祠がいっぱいある巡礼道を通って東港に到着。
P1030494nscf P1030495nscf
P1030496nscf P1030498nscf

5時15分の最終便で島を後にする。島にいたのは3時間ちょっとだが、のんびり散歩して十分楽しめた。
P1030500nscf P1030503nscf

帰宅してから、於大公園このはな館で開かれたコンサートを覗いてきた。急用が入って最後のさわりしか聴けなかったけど、素人の自分にはちよっと難解かな。詳細は”あたけのぶろぐ”を参照!
P1030517nscf P1030522nscf
P1030524nscf

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/08

平成22年3月定例議会報告をホームページにアップ

遅ればせながら、平成22年3月定例議会報告を神谷明彦のホームページにアップしました。http://homepage3.nifty.com/kamiya-a/rep220504.html

 議会報告目次

  平成22年3月定例議会報告
   一般質問
   ①飲料水の水源を木曽川に
   ②学校教育・・・習熟度別授業とディスカッション
   ③地域コミュニティ施策の次なる展開は
   
議案審議(学校のトイレのリニューアルほか)
   1月29日の臨時議会で「地方議員年金制度の廃止を求める意見書」を提案!

平成22年3月定例議会報告(PDF版)をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/04

あっちこっちのライブカメラで旅行気分

GWは、どこへも行く予定はありません。

各地のライブカメラで旅行気分に・・・。「世界の窓」というサイトで世界各地のライブカメラを検索できます。
昨日の人気ランキングベスト5は、

1
( 1→)
岐阜県
No.6388 「笠ケ岳山荘 ライブカメラ」 [静止画10秒]
北アルプス,「笠ケ岳山荘」から見た笠ヶ岳(標高2,898m)の今の景色
2
( 5↑)
東京都
No.6447 「東京スカイツリー ウェブカメラ」 [動画]][WebView]
2011年12月竣工予定の「東京スカイツリー」の建築現場の今の様子
3
( 8↑)
アメリカ合衆国 ハワイ州
No.0438 「Honolulu Web Cameras」 [★][動画][WindowsMediaPlayer]
ホノルルのワイキキビーチやクヒオビーチの今の様子
3
( 2↓)
メキシコ
No.6532 「Uruapan Me'xico live web cam」
メキシコ中西部,ウルアパンにある「ホテル・リアル・デ・ウルアパン」から見た街の中心部の今の景色
4
( 13↑)
アメリカ合衆国 ニューヨーク州
No.0777 「earthcam - Times Square Cam」 [★][動画]
マンハッタンのタイムズスクェアー周辺の街角の今の様子

今日のベスト5は、

1
( 1→)
岐阜県
No.6388 「笠ケ岳山荘 ライブカメラ」 [静止画10秒]
北アルプス,「笠ケ岳山荘」から見た笠ヶ岳(標高2,898m)の今の景色
2
( -)
英国
No.6536 「Glastonbury Market Place - webcam」 [動画]
イングランド南西部,グラストンベリーのマーケット広場の今の様子
3
( 2↓)
東京都
No.6447 「東京スカイツリー ウェブカメラ」 [動画]][WebView]
2011年12月竣工予定の「東京スカイツリー」の建築現場の今の様子
4
( 10↑)
兵庫県
No.3924 「PEARLBRIDGE.TV 明石海峡大橋ライブカメラ」 [★][動画]
「明石海峡大橋」とその周辺の今の様子
5
( 4↓)
アメリカ合衆国 ニューヨーク州
No.0777 「earthcam - Times Square Cam」 [★][動画]
マンハッタンのタイムズスクェアー周辺の街角の今の様子

残雪の北アルプスが、連続一位。この連休はお天気に恵まれてすばらしい景色に違いありません。
それと今話題の東京スカイツリー。
グラストンベリーはそろそろ野外音楽祭の季節かな?
タイムズスクェアは爆破事件の影響でしょうか?

弘前城の桜はこちらから見られます。http://www.hi-it.jp/~hirosaki_live/livecam3.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/03

ふらっと旧東海道 Vol.5

町内在住の方が旧東海道の徒歩紀行文を寄せてくれます。この方は旧東海道を「踏破」中。昨年末までに、京都三条大橋から静岡県内までを歩きとおして、残る区間は小田原~日本橋。お天気と相談しながら宿場から宿場へと少しずつ地図を塗りつぶしているところです。
今回は、小田原~平塚間27kmをご紹介します。私は以前小田原の近くに住んでいたことがあるので、何か懐かしい気がします。

 

                 2010.3.30~31

小田原宿~平塚宿27kmを歩く

 久しぶりに東海道を歩いた。青春18切符の使える期間とお天気をにらみ、且つふるさとガイドなどの日程から3月29日にホテルを確保して、急きょ3月30日~31日を決めた。

鈍行の利用できるのも最後か!!

 いつも乗る東浦駅を6.33”の電車は、今回のダイヤ改正で6.27”と少しだけ早くなった。つい最近武豊線を電化するという記事が新聞に載ったが、理由がふるっていた。いわく管轄内の車両整備計画の一環として、武豊線の車両を他の路線に転用するので、武豊線は電化するというのだ。これまで複線電化が叫ばれてきたが、複線にしなければお客が裁けないわけでもなし、その必要性はなかった。そんなことよりも、時間当たりの列車本数を今の2本から4本にすることの方がどんなにありがたいことか。対岸の名鉄三河線は人口の少ない高浜市と碧南市を結んでいるが、時間当たり4本の電車が走っている。高浜市よりも東浦の方がはるかに人口は多いが、JRは本数を増やしてはくれない。もっとも沿線市町も「複線電化」を目指すのはよいが、もっと素直に住民にとって最も良い方法は何かを考えて、JRに働きかけなくてはいけないのに現実をよく見ていないとしか思えない。今回のJRの経営方針から電化が実現するのは悪くないが、JRに沿線住民が一番望むのは、時間を気にしなくても電車に乗れるダイヤの実現に他ならない。エコ社会実現のためにも車だけに偏らず、鉄道の有効利用こそ求められていると思う。

 朝が早いので少しだけひんやりする、そのため服装はいつもどうりだが首筋にスカーフをまいてきたが、小田原まで5時間の電車旅であり、歩き出す時にはとっくに暖かくなっているだろう。今回は11.30”頃に小田原に到着するが、これから先はスタート地点が茅ヶ崎、神奈川新町の予定であり午前中の到着のためには鈍行では無理というもの。新幹線を使わないといけなくなるので、青春18切符だと11500円の旅費は新幹利用で40000円程になるだろう。1泊5000円として合計50000円、ならば2泊3日のスケジュールも考慮するなどの検討が必要になってくるが…

いつ見ても美しい富士山

 豊橋を過ぎて浜松で熱海行に乗り換える、掛川、島田、藤枝、静岡と静岡県の大きな都市を結ぶだけあって車内は常にかなりの混雑具合である。掛川あたりまで来た頃だろうか、山並みのあちこちに白い部分が見える。二日ほど前の寒波で雪が降っていたが、この辺りも雪が降ったようだ。そして、安倍川の鉄橋を渡るときの富士山は頂が真っ白でとても美しかった。やはり富士山には真っ白な雪がよく似合う、裾野までくっきりとその姿を見せてくれた。このようにくっきりと富士山が眺められると、何か得をしたような気分になるから不思議だ。富士山の持つ不思議な魅力とでもいうのかな!!

 静岡を過ぎて草薙駅に停車すると、小さなリュックを背負ったハイキング姿のおばちゃんたちが大勢降りた。ここからだと日本平を歩くのだろうか?そんなことを友と話し合いながら、また時には席を立ち足を伸ばしたり、屈伸をしながら足腰を動かすこともした。何せ同じ姿勢を長く保つことが、血流が悪くなる一番の原因になるのだ。坐骨神経痛になってからは電車の旅はよいが、立って体を動かすことのできないバスでの長距離移動は困難になった。

 富士、沼津、三島と過ぎて丹那トンネルをくぐると熱海に到着する。ここで東京行きに乗り換えるが何と15両編成だ。JR東海からJR東の管轄に入り、車両もオレンジの帯は小さくなりグリーンの太い帯が入る。そして、首都圏を走るだけあって2階建てのグリーン車2両を連結している。ここから22分で小田原駅に到着するが、熱海、湯河原などの観光地を控えているために、列車ダイヤは朝夕よりも昼の10.00”~16.00”が多い。それも1時間当たり10本走っているから驚きだ。

 Hurattotoukaidou20100330a_2 Hurattotoukaidou20100330b
 新たに整備された小田原城の門        国道1号に建つ東海道の宿場案内

桜の小田原城を見てスタート

 11.36”小田原駅に到着、すぐに駅前のさくら水産でランチにする。前回小田原に来た時見つけたお値打ちな店だ、今日のメニューはイワシの塩焼きとホルモン焼きで、友以外はイワシの塩焼きにした。普段イワシは塩焼きで食べることはなく、丸々太った大きなイワシはことのほか旨かった。サービスの生卵で卵ご飯にしてみそ汁に漬物、ふりかけ、海苔とあり、これで500円は言うことなし。腹ごしらえをしてまずは小田原城をめざしてスタートする。通りは人があふれ大都市であることがわかる。小田原城のお堀まで来ると桜が満開で、ここも大勢の人でにぎわっている。何かの因縁か前回来た時も桜が咲いている時だったが、隅櫓や門などが整備されていた。お城を通り過ぎて国道1号に出る。ここからが東海道のスタートで、この辺りが江戸から85kmのポイント、すぐに明治天皇が宿泊された本町行在所の石碑がある。その先本町交差点を過ぎた地点にも宮の前行在所の石碑がある。明治天皇が行きと帰りで別の家に宿をとったのだ。本町交差点で国道1号は左へ曲がるが旧東海道はまっすぐ進む。この通りは小田原名物蒲鉾の、それも立派なお店が並んでいるのが目につくのと祭り用品の専門店もある。この辺りは宿場のあった所なので狭い間口の区割りがはっきりしている。そんな一角にとても幅の狭いトロッコの線路が残っていた。大通りから魚や資材などを店の奥に運搬するために使われたものだろう。しばらく進むと道は左へ直角に曲がり新宿交差点で国道1号に出て右折する。ここから少し国道1号を歩くと小田原宿の東の入口である「江戸口見附.一里塚跡」で説明板が設置されている。

 Hurattotoukaidou20100330c Hurattotoukaidou20100330d
 蒲鉾の店                      江戸口見附跡

新田義貞の首塚

 出発して2.5kmほどの地点に「新田義貞」の首塚がある、地図を見ながら入口を探すが見当たらない。明らかに行き過ぎて左に曲がる所に案内が見つかった。街道沿いではなく少し奥にあるため、ぐるりと回らないと道がなかった。街道の裏手に回り少し戻った所にそれはあった、入り口に説明板があってその奥に6畳程の区画に碑と小さな墓石があった。新田義貞は越前藤島で討ち死にし、家臣の宇都宮泰藤が故郷に葬ろうと義貞の首を持ち帰ったが、ここで病のため没した。その際義貞の首も一緒に埋葬されたといわれている。

 新田義貞は鎌倉時代の御家人、南北朝時代の武将で正式な名前は源義貞。足利尊氏と同じ源氏からでた武家の名門だった。しかし、北条氏のもとでは足利氏よりも冷遇され源氏再興のため足利尊氏と共に闘い鎌倉幕府を倒しながらも、尊氏と対立する。そして1336年一度は尊氏を破るが兵庫の戦いで敗れ越前へ逃れる。そして1338年の越前藤島の戦いで討ち死にした。義貞のお墓は越前称念寺に祀られていたが後に上州大田(群馬)金龍寺に遺骨を持ち帰ったという。尊氏より知将に優れた人物だったといわれ、まじめすぎる性格が災いしたか運に恵まれることなく、ヒーローになりそこねた知将だったといわれる。そんな彼に手を合わせてお参りをした。

 Hurattotoukaidou20100330e Hurattotoukaidou20100330f
                 新田義貞の首塚

湘南の海が見える道

 13.00”に首塚を出ると旧東海道は国道1号を横切り、トヨタカローラ店の裏を通って酒匂(さかわ)川の堤防に向かう。ところが堤防に出ると酒匂橋につながる道路はなくて、結局来た道を戻り国道1号に出て酒匂橋を渡った。散策マップでは酒匂橋に82kmのマークがあり3km歩いたことになる、しかし、国道1号の距離ポストとは500m程ずれているようだ。橋を渡り10分程歩くと潘龍聖人の筆による石碑が立つ法船寺の前を通りさらに10分もいくと、赤い下地の天幕に今時は珍しい「支那そば」の白い文字が浮き上がったラーメン屋「池龍」がある。支那という言葉自体がつかわれなくなって久しく、とても珍しい。その先に松並木が現れた、ちょうど歩道橋があって昔と今の姿を見るようだ。でもそんなに続いてはおらず、次にはとても大きな楠が現れた。背後には大正時代を思わせる二階建ての洋館が見える、小田原市役所の酒匂支所だった。そして、14.00”に江戸から19番目の小八幡一里塚跡に到着した。説明板があるのみで少し寂しいが、ないよりましということかな。

 Hurattotoukaidou20100330g Hurattotoukaidou20100330h
 珍しいラーメン屋の看板            小田原市役所の酒匂支所

 ここまで湘南を歩いてきたが喫茶店はなかった、愛知ならすぐ見つかるのに、今日はまだ一度もコーヒーを飲んでいないので喫茶店を探しながら歩いた。でも見当たらずケンタッキーがあった、ここではコーヒーはないだろうとのぞいてみる。私は分からなかったが友が「あるよ」と声をあげた、それなら入ろう

と店に入ると狭いスペースに丸テーブルが一つとイスが四つあった。コーヒーくださいと言うと、かわいい娘さんが「今から入れますので少し時間がかかります」という。かまいませんとイスに腰をかけて、友はホット他の3人はアイスコーヒーを頼んだ。良いお天気でのども渇いており、アイスがほしい季節になった。すぐにコーヒーは出され、味もまずまずでホット一息つくことができた。それに値段は200円とお値打ちだった、これなら今後はケンタッキーのコーヒーを利用してもよい。でも難点は落ち着いて飲める雰囲気かどうかによる、ここもちょっと狭いのだ。しかし、他の客が2階から降りてきたので、ここは2階に食べる部屋があるようだった。

 ケンタッキーを出て少し行くと道端に箱や台を並べて、おばちゃんがいろいろな種類のミカンを売っていた。甘夏、伊予かん、タンカン、ネーブル、ポンカンそれに清美だったかな? この地方のみかんも並んでいた。ホテルで食べてもよいので、ネーブルを4個袋に入れて「おばちゃん、これちょうだい」と差し出すと、そことばかり最新式の計量ばかりを指差した。言われるようにはかりに乗せると、110円と返事が返ってきた。その先には果物屋がありネーブルなども並んでいたが、値段はよくわからなかった。お値打ちな買い物だったことにしておこう。

分からなかった間の宿の本陣

 その先親木橋を渡ると「岡入口」という交差点を通る。この時は気にもしなかったが、ここからとてもゆっくりと徐々に上り坂が続いていた。直に海抜5.9mの丸い表示板が現れた、小田原市のライオンズクラブの名前が入った看板が所々に掲げられており、17mが最高地点の丘だった。そしてJR国府津駅前を通る、この国府津駅は丹那トンネルができるまで東海道線は今の御殿場線回りであり、すべての列車が停車した駅だ。ここを過ぎてからゆっくり下り坂になると湘南の海が見えてきた、海岸に沿って国道1号と西湘バイパスが並行しているが、いずれも海から100mも離れていないのだ。相模湾の右手には伊豆半島が横たわり、大室山の特徴ある姿をはっきりと見ることができた。お天気は快晴、桜はあちこちで咲き誇り春の海を眺めつつのウオーキングはいうことなし!!

 岡入口から30分ほどで東前川の交差点を過ぎると、車坂碑があった。説明板の写真を撮ってきたのだが反射していて文字が読めない。十六夜日記に出てくる詩を、ここで誰かが詠んだものらしいのだが...肝心なことが分からない。ここから15分で中村川の押切橋を渡ると、東海道は国道1号から右へ分かれ押切坂になる。その坂を登りきると再び国道1号と合流するのだが、途中に大磯宿と小田原宿との間の宿にある「松屋本陣跡」をめざす。

 Hurattotoukaidou20100330i Hurattotoukaidou20100330j
 海抜17mを示す                   二宮の一里塚跡

 出だしからかなり急な坂で、最初は上りがかなりきつかった。ここらあたりだろうと目星をつけていくと旧式のポンプをのせた井戸があったが、それらしいものは何もなかった。その先国道1号と合流する手前に江戸より18里の一里塚跡がある、石碑と立派な石造りの説明板があった。時間的には19番目の小八幡一里塚跡からコーヒータイムも含め1時間30分で4kmを歩いてきたことになる。本陣跡も見つからず余計に疲れを感じたので、道端のブロックに腰掛けて休憩にした。友の細君より娘が作ったというお菓子をいただく。シフォンケーキの失敗作と言っていたが味はgooだった。おいしいお菓子もあってお茶も旨かったこと。休憩中に犬を連れたおじさんが通りかかったので松屋本陣跡の場所を聞いてみると、今は何もないが旧式のポンプをのせた井戸のある場所が本陣跡だと分かった。

 今日の目標である二宮駅まで1.5kmほどになった、歩き出して間もなく山西の交差点で東海道は国道1号から左へ分岐する。そこに小さな道祖神が2体と石碑が二つあったが、何の碑か確認もしなかった。少しお疲れになったのかな、ここから20分程で二宮駅に到着した。駅前のロータリーには「ガラスのうさぎ像」が建っている。ガラスのうさぎを抱いて静かにたたずむ乙女の像だ。第二次世界大戦中、二宮の空襲で父を失った体験を綴った高木敏子さんの小説「ガラスのうさぎ」にちなんで建てられたものだ。町民の平和への願いも込められている。ここまで小田原駅から17,056歩だった。16.25”の品川行きの電車に乗り平塚駅前のグランドホテル神奈中.平塚に16.45"到着、751号室に落ち着いた。

 Hurattotoukaidou20100330k
 二宮駅前の「ガラスのうさぎ像」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/01

めっちゃよかった。アラフォーおじさんたちのコンサート。

ここは栄のライブハウス。自分よりちょっと若い地元のおにいさん?たちが加わっている”ととじゃに”のライブを聴きに。

P1030109nscf P1030113nscf P1030104nscf P1030140nscf

名前の由来はTOTOJourney。その名のとおりTOTOとJourneyの懐かしい曲を交互に聞かせてくれる。家族や友人たちが結構来てる雰囲気だ。腕はどうしてなかなかのもので、おとうさんはめっちゃカッコよく輝shineいてる。アンコールは、バンド仲間の友情出演も加わって”Africa”で締めくくった。

P1030156nscf

今夜は缶ビール片手に、いい感じのライブをとっても気軽に楽しめた。
おじさんたちは忙しいなか時間をつくって練習してるんだろう。このくらい(一芸が)できるといいだろうなあとつくづく思う。

そういえば最近音楽を全然聴いていなかった。レコードはどこかにしまいこんだまま。TOTOのアルバムも確かあった。高校時代に自作した真空管アンプのオーディオもほこりをかぶったままだ。ちょっと引っ張り出してみようとふと思った。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

自然環境学習の森 物置の組み立て作業と水辺のトンボ池づくり

連休初日の1日は、朝から野外で健康的なフィジカルワーク。

ボランティアグループの作業道具などを入れるための物置を関係者みんなで組み立てました。
P1030025nscf P1030034nscf
まずは敷地を地ならしして土台の水平をとります。アングルを組み立てて、壁板を貼り付けていきます。
難解なマニュアルを読むのが億劫なので、ついつい当てずっぽうで組み立てて・・・あれれ?? やり直しすること数度。
P1030037nscf P1030049nscf
床を張って屋根をつけてシャッターをつけて、完成。何とか半日で組み立て終わりました。
物置の西側には藤の絡まる大きな木がありますが、南側には何にもありません。夏の日差し避けにちょっとした木陰が欲しいところです。隣奥には簡易トイレを設置する予定です。
P1030057nscf P1030028nscf

昼食後は、トンボ池の増設。大まかな形はもうできているので今日は池になる部分を深く掘って畦を高くします。
P1030064nscf P1030071nscf
大人が作業しているうちに露天風呂に入っていらっしゃる方も・・・。
P1030087nscf P1030074nscf
暖かくなって、草木もいっせいに茂ってきました。これから草刈りが大変です。
P1030062nscf

自然環境学習の森の入口近くの田んぼでは、もう少しすると田植えが始まります。
P1030090nscf

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »