フォト
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

ウェブページ

« 里山ウォーキングのはずだったのに、雨が降るやら、風が吹くやら | トップページ | カンパニュラ、アマリリス、ユキノシタ »

2010/05/23

このはな音楽祭リハーサル・・・今夕はチェンバロ

きょう6時半から予定されている このはな音楽祭「チェンバロの夕」のリハーサル。

演奏するのは三橋桜子さんとパートナーでオランダ在住のパブロ・エスカンデさん。パブロさんは作曲家で、今日は桜子さんのために作曲した曲をお二人で連弾する趣向です。
P1030723nscf

休憩時間には近くで聴いていた人たちもチェンバロに触れる機会がありました。
P1030707nscf P1030712nscf

共鳴板に施された花柄の装飾。中央の穴の周りに書かれた”ME FECIT”とはラテン語で”made by”の意味なのだそうです。要は楽器が「俺を作ってくれたのはトーキョーのホリ エイゾウさんなんだ」と語っているんですね。
P1030711nscf

今夕のプログラムです。

2010523日(日)午後630分~ チェンバロの夕 

【出演】三橋桜子、パブロ・エスカンデ
【プログラム】 
J・S・バッハ 半音階的幻想曲とフーガBWV903
パブロ・エスカンデ パルティータ第1
スカルラッティ、ラモーの作品集からソナタ3曲小品3曲 その他

こちらは、5月末に京都と滋賀で開催予定の尊敬する叔母節子に捧げるコンサート
Mitsuhashi20100523a Mitsuhashi20100523b

« 里山ウォーキングのはずだったのに、雨が降るやら、風が吹くやら | トップページ | カンパニュラ、アマリリス、ユキノシタ »

音楽」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: このはな音楽祭リハーサル・・・今夕はチェンバロ:

« 里山ウォーキングのはずだったのに、雨が降るやら、風が吹くやら | トップページ | カンパニュラ、アマリリス、ユキノシタ »