« このはな音楽祭リハーサル・・・今夕はチェンバロ | トップページ | 6月定例議会の日程と一般質問の予定 »

2010/05/25

カンパニュラ、アマリリス、ユキノシタ

何の脈略もないけど、とにかく咲いています。花3種。

こちらはカンパニュラ。ツリガネソウ(釣鐘草)、フウリンソウ(風鈴草)、ベルフラワーともいいます。桔梗の仲間なのだそうです。蒔いた覚えはないのですが、ひょっこり出てきました。
P1030740nscf_2

アマリリスです。去年咲いたのを鉢のまま放っておいたら、つぼみが出てきて花が咲きました。彼岸花の仲間で、ヒガンバナと同じく球根には毒があるそうです。
P1030739nscf

これはなんでしょう? 下2枚の白い花びらは大きく、上3枚の模様つきの花びらは葉っぱのようでもあり、イベリコ豚の生ハム??のようにも見えませんか?
P1030694nscf
実はこれは、ユキノシタのいっぱい咲いた小さな花を拡大したものです。ユキノシタの名前の由来は、雪の下でも枯れずに残っているからと言う説や、白い舌状の花弁にちなんで「雪の舌」と呼ぶ説などなど、諸説あるようです。葉はてんぷらなどにして食べることができるし、絞り汁や葉を煎じたものは、消炎、利尿などの薬効があるそうです。
P1030735nscf

|

« このはな音楽祭リハーサル・・・今夕はチェンバロ | トップページ | 6月定例議会の日程と一般質問の予定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80448/48471644

この記事へのトラックバック一覧です: カンパニュラ、アマリリス、ユキノシタ:

« このはな音楽祭リハーサル・・・今夕はチェンバロ | トップページ | 6月定例議会の日程と一般質問の予定 »