« 水野家の家系 | トップページ | あいちサトラボ・・・モリコロパーク「里山づくり活動」新メンバー募集! »

2010/06/17

6月定例議会最終日。とりあえずと言うか、とうとうと言うか、やっと可決した地方議員年金廃止に向けた意見書。

1月の臨時議会で「議員年金廃止を求める意見書」案を提案して、否決されたことは以前お話ししました

反対していた最大会派が、6月定例議会で「地方議会議員年金制度に関し特段の措置を講じ廃止を求める意見書」案を提案してきました。内容的には、「廃止は流れとして避けられないが、廃止するんなら、自分たちの受給権やこれまで支払った掛金は、国の責任で満額保障して欲しい。」というものです。

私は以前書いたように、年金が破綻しようというときに国民の税金をつぎ込んでまで、既得権を主張するつもりはありません。第一、国会議員年金の廃止のときと同じく、既得権が100%保障されるとは誰も信じていないだろうと思います。

既得権の保障を強く求めている点が気になりましたが、まずは東浦町議会として全会一致で「廃止」を求めていくことが急務と考えて、意見書案に賛成しました。
意見書案は全会一致で可決されました。

私の賛成討論は以下の通りです。

私たち3人の議員が、1月臨時議会で「議員年金の廃止を求める意見書」案を提出したときに述べたとおり、議員年金の破綻は時間の問題です。これは紛れもない事実です。

あれから5ヶ月が経とうとしていますが、一刻も早く、地方議員自ら廃止の意思表示をして、廃止のための準備を進めていくことが必要です。

廃止に当たって、年金の受給権や自ら支払ってきた掛け金がどれだけ保護されるかは当事者の関心事であるでしょうし、当然さまざまな駆け引きがあるでしょう。それをどこで折り合いをつけるかの議論はこれからあるでしょうが、まずは、廃止の意思を明確にして、廃止に向けて全国の議会が舵を切っていくことが急務と考え、「地方議員年金制度に関し特段の措置を講じ廃止を求める意見書」案に賛成いたします。

|

« 水野家の家系 | トップページ | あいちサトラボ・・・モリコロパーク「里山づくり活動」新メンバー募集! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80448/48653082

この記事へのトラックバック一覧です: 6月定例議会最終日。とりあえずと言うか、とうとうと言うか、やっと可決した地方議員年金廃止に向けた意見書。:

« 水野家の家系 | トップページ | あいちサトラボ・・・モリコロパーク「里山づくり活動」新メンバー募集! »