« (仮称)自然環境学習の森 今日のようす | トップページ | 水野家の家系 »

2010/06/15

これはなんでしょう?

茎が長く伸びて、ヒャクニチソウのような葉がついています。
P1030559nscf

そして、こんな青い花が咲きます。
これ、なんだかわかりますか?ボクもはじめて見ました。
P1040272nscf_2

これは、チコリ(アンティーブ)です。

中津川インターのすぐ横にあるチコリ村で4月に買ってきたチコリ芋が成長して花が咲いたのです。

チコリ(フランスではアンティーブと呼ばれています。)はキク科の多年草で、太い芋のような根を待ちます。白菜の仲間ではありません。
食材に使われるあのほろ苦くて甘いチンゲンサイのような白い葉は、実は、チコリ芋を暗いところで発芽させた”もやし”なのです。
昔、ベルギーで地下室に置き忘れた根から発芽した葉を食べたらおいしかったというのがチコリ栽培の始まりなのだそうです。

|

« (仮称)自然環境学習の森 今日のようす | トップページ | 水野家の家系 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80448/48640766

この記事へのトラックバック一覧です: これはなんでしょう?:

« (仮称)自然環境学習の森 今日のようす | トップページ | 水野家の家系 »